「トルコ 冒険」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

#76 日曜劇場『集団左遷!!』撮影の日々に完全密着!!
無料
福山雅治と荘口彰久の「地底人ラジオ」 #76 日曜劇場『集団左遷!!』撮影の日々に完全密着!! 【福山雅治と荘口彰久の「地底人ラジオ」 毎週日曜日 22:00 〜 23:30 放送!】 引き続き、日曜劇場『集団左遷!!』に完全密着ラジオセルフィー!! 令和最初のタイトルコールはもちろん荘口さんとじゃないと始まらない! という事で、一流フリーアナウンサー荘口彰久さんがTBS緑山スタジオに潜入!! 果たして学長との令和最初のタイトルコールは収録できたのか!? その他、ドラマロケの合間の川崎散策等、内容おてんこ盛りの90分! 今回もTwitterやInstagramと連動した放送をお楽しみに! 是非お聴き逃しなく! 番組メールアドレス chiteijin@shiburadi.com
第6話 危ういトルコ石
「宝石商リチャード氏の謎鑑定」 第6話 危ういトルコ石 大学の友人・下村から同じサークルの置田あゆみを紹介される正義。あゆみは行方不明になった彼氏の手がかりを探していた。 エトランジェを訪れたあゆみは、手がかりであるトルコ石のイヤリングを見せる。このイヤリングをプレゼントされた直後に彼氏が行方不明になったため、イヤリングを売った店を探したいというのだ。 しかし、そのイヤリングを見たリチャードがいつもとは違う様子を見せる。 リチャードの心の内が気になる正義だった。
K-1 OUTSTANDING #23
K-1 OUTSTANDING K-1 OUTSTANDING #23 8・24 K-1大阪大会「日本vs世界・5対5」。日本の2連続KO勝ちで迎えた後半戦では、ブラジル代表の木村“フィリップ”ミノルが登場。元プロボクサーの大泉翔とのパンチ対決に挑む。そして、野杁正明はスイス国内でタイトルを獲得しているサミ・ラミリ。林健太はトルコの19歳の新鋭デニス・デミルカプと激突。
第17話 抜くに抜けない極寒の剣
魔神英雄伝ワタル 第17話 抜くに抜けない極寒の剣 センモスに乗って吹雪の中を旅するワタルとユーキ。緊迫感のある光景だ。“吹雪の原因は、ウララがアッサムに会えないことを悲しんでいるせいだろう”というユーキの女の子らしい推理にも注目。ドクトル・コスモの魔神はかなり強く、ワタルはユーキとセンモスに助けられる。
第52話 大人気!5年3組白鳥先生
キテレツ大百科 第52話 大人気!5年3組白鳥先生 5年1組と3組のクラス対抗リレーが近づいていた。3組担任のドラムカン(広井先生)が大キライなブタゴリラは、「絶対に3組に負けるな!」と、英一とトンガリをしごき続ける。ところがクラス対抗リレーの直前にドラムカンは産休をとることに……。そして、代わりに3組の臨時担任として赴任して来たのは、美人の白鳥先生だった。
第1話
無料
テギョン&ホンギの私たち結婚しました 第1話 テギョンが向かったのは靴に囲まれたオシャレなカフェ。グイグイと初対面し、英語でコミュニケーションをとることにするが...。
第10話 エリート魔物エシュロス
金色のガッシュベル!! 第10話 エリート魔物エシュロス 帰り道、ガッシュの遊ぶ公園に立ち寄った清麿は、魔本を持った少年・エシュロスを見かける。反射的に警戒する清麿。だが、パートナーの進一は、困っているガッシュを助けてくれた。清麿は心の優しい魔物を見つけた!と、思わずガッツポーズをとる。この二人なら友達になれるかもしれない。だが...。
第62話 Vの衝撃ベリーメロン!!
金色のガッシュベル!! 第62話 Vの衝撃ベリーメロン!! デボロ遺跡内を進むガッシュたちは、大広間で休息をとることに。フォルゴレがどこに持っていたのかメロンを取り出し、恵が何故か持っていた包丁とマナ板でそれを切り分け、おやつとしていただくことに。だが、メロンを美味しく食べている一同の側で、ビクトリームが誰も自分に気づかないことに激怒していた!
トルコリラの急落|Sparkle College -MONEY-
無料
Sparkle Sparkler トルコリラの急落|Sparkle College -MONEY- 【Sparkle Sparkler 毎週月〜木曜日 13:00 〜 16:00 生放送!】AIR-G Sparkle Sparklerで放送中のコーナー『Sparkle College』。聴くと役立つ!ためになる!情報を、その道のスペシャリストがわかりやすく解説。「MONEY」では、知っていると得するマネー術や気になっているけど実はわからない!という言葉など、ファイナンシャルプランナーが伝授!
第8話「英雄願望(アルゴノゥト)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 第8話「英雄願望(アルゴノゥト)」 「あなたは冒険者だ――」 冒険者が、その高みを目指すとき、更なる次元に足を踏み入れようとするとき……必要となるものは文字通り『冒険』。かつて冒険者であった先駆者は、そう口にした。 アイズ・ヴァレンシュタインとの特訓の日々を通じ、アイズも驚愕するほどの速度で力をつけてきたベル。そのベルが、次第にランクアップに興味を示すようになるのは当然の帰結であった。 いつもと同じダンジョン。いつもと同じ冒険者としての日々。だが、静かに、そして確実に近づいていた――ベル・クラネルにとっての本当の『冒険』の刻(とき)が――。