「トルコ 学園」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

シリア政権軍が部隊展開 トルコは軍事作戦続行
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 シリア政権軍が部隊展開 トルコは軍事作戦続行  シリアの政権軍はトルコが侵攻したシリア北部に部隊を展開しました。一方のトルコはシリア北部のクルド人勢力への軍事作戦を進める考えで、緊張が高まっています。  現地メディアなどによりますと、シリアのアサド政権はシリア北部を拠点にするクルド人勢力に協力してトルコに対抗する方針を決め、14日にシリア北部に部隊を展開させました。一方、シリア北部に侵攻したトルコ軍は攻勢を強めていて、これまでに約500人のクルド人勢力を殺害したということです。トルコのエルドアン大統領はクルド人勢力への軍事作戦を引き続き進める考えを強調しました。シリア政権軍がクルド人勢力と一緒にトルコと戦う姿勢を見せてもひるまない構えです。こうしたなか、アメリカのトランプ政権はトルコに対し、鉄鋼の関税を50%に引き上げるなどの制裁を発表しました。エスパー国防長官はトルコの侵攻によってクルド人勢力が収監していた過激派組織「イスラム国」の戦闘員らが大勢、脱走したとしてトルコを非難しました。トランプ大統領は安全確保の観点からシリア北部に駐留するアメリカ軍の撤収を命じましたが、イスラム国を監視するため一部の兵士を残す見通しです。
各国がトルコの軍事攻撃に懸念 安保理で緊急会合
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 各国がトルコの軍事攻撃に懸念 安保理で緊急会合  トルコによるシリアのクルド人勢力への攻撃を巡って国連の安全保障理事会が緊急会合を開き、各国が強い懸念を表明してトルコを牽制(けんせい)しました。  クラフト米国連大使:「アメリカは、トルコ政府によるシリア北部への軍事侵攻を決して支持しない」  安保理の非公式会合は10日、イギリスやフランスなどによる要請で開かれました。ヨーロッパ6カ国が共同で「トルコによるシリア北部への軍事攻撃を深く懸念している」と表明するとともに、トルコに対して軍事行動の停止を求めました。一方、シリア北部からのアメリカ軍の撤退が今回の事態を招いたと批判されるアメリカは「過激派組織『イスラム国』の封じ込めに失敗した場合には、その報いを受ける」などとトルコに警告しました。
シリア侵攻 トルコとアメリカが120時間停戦に合意
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 シリア侵攻 トルコとアメリカが120時間停戦に合意  シリア北部でのトルコ軍によるクルド人武装勢力への軍事作戦を巡り、トルコとアメリカは軍事作戦を120時間、暫定的に停止することで合意しました。  トルコは17日までにシリア北部の57の村と町を制圧し、クルド人武装勢力702人を殺害したと発表しました。この軍事作戦を巡り、トルコのエルドアン大統領とアメリカのペンス副大統領は17日に会談し、トルコによる軍事作戦を120時間停止することで合意しました。クルド人武装勢力をシリア北部の戦闘地帯から撤退させるための時間だとしています。アメリカは軍事作戦の停止が確認され次第、トルコへの追加の経済制裁の発動を中止する方針です。
シリア軍事作戦 米は制裁示唆 国連は停止求める
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 シリア軍事作戦 米は制裁示唆 国連は停止求める  トルコによるシリアのクルド人勢力への軍事作戦は激しい戦闘が続いていて、トルコ側でも生後9カ月の乳児を含む多数の民間人が死亡するなど被害は双方で拡大しています。  トルコのエルドアン大統領は10日、軍事作戦について「テロリスト109人を殺害した」と強調しました。これに対してクルド人勢力も反撃に出て、生後9カ月の乳児を含む民間人5人が死亡し、46人が負傷するなどトルコとクルド側の双方で被害が拡大しています。  トランプ大統領:「我々は恐らく制裁や他の金融の面で非常に厳しい行動に出るだろう」  一方、アメリカのトランプ大統領はトルコに対して制裁を科す考えを示唆しました。トルコに対する厳しい姿勢を見せることで、軍事作戦を黙認したという国内の批判を抑える狙いがあるとみられます。また、国連の安全保障理事会は緊急の非公式会合を開き、ヨーロッパ6カ国が共同でトルコに対して軍事行動の停止を求めました。
トルコの攻撃で民間人死亡 シリア内戦の長期化懸念
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トルコの攻撃で民間人死亡 シリア内戦の長期化懸念  トルコ軍が隣国シリアの北部でクルド人勢力に対する軍事作戦を始めたことに、アメリカのトランプ大統領はトルコに自制を求めました。  トランプ大統領:「(Q.クルド人が一掃されるのではと懸念している?)そんなことがあればトルコ経済を破壊する。彼(エルドアン大統領)が理性的に行動してくれることを望む」  トランプ大統領は「アメリカ軍はシリア北部からは撤収している」とアメリカ軍を関与させない考えを強調しました。トルコ軍は9日、シリア北東部のラス・アルアインなど複数の都市を攻撃し、イギリスに拠点を置く「シリア人権監視団」によりますと、民間人8人を含む少なくとも15人が死亡しました。トルコ軍の侵攻はシリア内戦をさらに長期化させ、壊滅状態にある過激派組織「イスラム国」の復活を招くとの懸念が強まっています。
トルコ大統領の訪日中止 「即位礼」参列見送りへ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トルコ大統領の訪日中止 「即位礼」参列見送りへ  トルコのエルドアン大統領が天皇陛下の「即位礼正殿の儀」に合わせて予定していた日本への訪問を中止することが明らかになりました。  トルコ大統領府は16日にANNの取材に対し、エルドアン大統領の訪日が中止になったと明らかにしました。エルドアン大統領は当初、天皇陛下が即位を内外に宣言する22日の即位礼正殿の儀に参列する予定でした。一方、トルコメディアはエルドアン大統領が22日にロシアを訪問すると伝えました。トルコ軍がシリア北部で進めているクルド人勢力への軍事作戦を含めたシリア情勢について、プーチン大統領と議論するとみられます。また、アメリカのペンス副大統領とポンぺオ国務長官が16日にトルコに向けて出発しました。事態の収拾のため、エルドアン大統領と会談する予定です。
米大統領、“子どものけんか”に例え停戦の成果強調
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米大統領、“子どものけんか”に例え停戦の成果強調  アメリカのトランプ大統領はシリア北部のクルド人勢力へのトルコ軍の攻撃について、子どものけんかになぞらえて停戦合意の成果を強調しました。  トランプ大統領:「時には当事者同士、戦わせなくてはならない。そうすれば戦いがいかに過酷かというのが分かるだろう。そうだろう?時には少し戦わせて、子ども同士がけんかして、後で引き離すみたいに、な」  アメリカとトルコの合意ではトルコ軍がシリア国内での軍事作戦を5日間停止する一方、クルド人勢力の部隊はトルコとシリアの国境地帯から撤退するとしています。また、その間にアメリカはトルコに対してさらなる制裁措置などは科さないとしています。アメリカ国内では、トルコ軍のシリアへの侵攻を容認するトランプ大統領の姿勢に議会などから批判の声が上がっています。
複雑化する中東情勢 米“撤退”でロシアが存在感
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 複雑化する中東情勢 米“撤退”でロシアが存在感  アメリカの働き掛けで一時的な停戦に合意したトルコですが、トルコとの緊密な連携を続けてきたロシアの動向も今後の情勢の行方を左右します。  シリア北部におけるクルド人勢力の掃討を狙うトルコが軍事作戦を始めたのは、クルド系武装組織を実質的に支援してきたアメリカがシリア北部から全面的に撤退したことがきっかけといえます。後ろ盾を失ったままでトルコを迎え撃つことになったクルド人勢力は、トルコと対立するシリアのアサド政権側に協力を要請し、シリア政府軍はすでに北部へと部隊を派遣しました。この複雑な情勢のなか、ロシアは関係各国と連携を続けてきました。ロシアはシリアのアサド政権に大きな影響力を持つほか、トルコ側とも兵器の輸出などを通じて緊密に連携を続けています。アメリカ軍の撤退以降、シリア北部ではロシア軍が「監視活動」を続けています。また、プーチン大統領がアメリカと同盟関係にあるサウジアラビアを12年ぶりに訪問するなど、アメリカが「制裁」などを通じて影響力の行使を図るのとは対照的に、ロシアは直接的な動きで存在感を強めています。プーチン大統領は22日にトルコのエルドアン大統領と会談する予定で、事態収拾を図るとともに混迷が続く中東地域での主導権を握りたい考えです。
トルコ一時停止で合意も 戦闘はいまだ続く…
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トルコ一時停止で合意も 戦闘はいまだ続く…  軍事作戦の一時停止で合意しましたが、戦闘はいまだ続いています。  17日に行われたトルコのエルドアン大統領とアメリカのペンス副大統領との会談では、クルド人武装勢力をシリア北部から撤退させるため、トルコによる軍事作戦を120時間停止することで合意しました。しかし、合意から一夜明けた18日、トルコ側からシリアとの国境沿いの町ラスアルアインに向けて砲撃が繰り返されるなど戦闘は続いています。合意が守られるかは不透明な状況です。
軍事作戦直後…選手が試合中に敬礼 UEFAが調査開始
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 軍事作戦直後…選手が試合中に敬礼 UEFAが調査開始  トルコによる軍事作戦の影響を受けてサッカーのトルコ代表チームがピッチ上で取った行動に波紋が広がっています。  観客席に向かって軍隊式の敬礼をする選手たち。それに応じる形で観客席のサポーターも一斉に敬礼しています。サッカーのトルコ代表は11日と14日に行われたサッカー、ヨーロッパ選手権の予選の試合中、得点を決めた後にこうした振る舞いを見せました。  エルドアン大統領:「国民を代表して、このテロとの戦いでの作戦成功を祈っています」  アカル国防相:「テロの回廊を殲滅(せんめつ)して平和の回廊を築きます」  トルコ軍は9日、「難民の帰還」などを目的とした軍事作戦をシリア北部で始めていて、その直後に行われた代表選手の行動は軍事作戦への支持を示したとみられています。トルコ代表の一連の振る舞いに対して欧州サッカー連盟は15日、「挑発的で政治的な行動」だとして調査を始めたことを明らかにしました。