「トルコ 記者 殺害」の検索結果

「トルコ 記者 殺害」に関する情報は見つかりませんでした。
「トルコ 記者」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

ゴーン被告逃亡の協力者?トルコメディアが映像公開
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ゴーン被告逃亡の協力者?トルコメディアが映像公開  日産の前の会長、カルロス・ゴーン被告が中東のレバノンに逃亡した際、手助けをしたとみられる2人の映像をトルコのメディアが報じました。  先月30日にイスタンブール空港の出入国審査場で撮影された監視カメラの映像です。グレーの服と黒い服を着た2人が書類やパスポートを提示して手続きをしています。トルコのメディアは、この2人がゴーン被告の逃亡に協力したとみられると伝えています。ゴーン被告の逃亡を巡っては、日本から経由地のイスタンブールまでアメリカ人とレバノン人の2人が同行したとされています。トルコの捜査当局は監視カメラの映像に映ったこの2人の行方を追っています。
シリアで拘束の安田純平さん 旅券の発給求め提訴
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 シリアで拘束の安田純平さん 旅券の発給求め提訴  ジャーナリストの安田純平さんが憲法に違反するとしてパスポートの発給などを求める訴えを起こしました。  安田さんはシリアで武装勢力に拘束された際にパスポートを奪われたため、去年、再発行の申請をしました。しかし、外務省は安田さんがトルコから入国禁止の措置を受けていることを理由にパスポートを発給しないと通知しました。安田さんは「外国への移動の自由を保障する憲法に違反する」として、国にパスポートの発給などを求める訴えを東京地裁に起こしました。安田さんは「前提となっているトルコ側の書面なども見ていない。1カ国入れないだけで世界中どこにも行けないというのは法律の運用としておかしい」と話しています。
ゴーン被告逃亡 逮捕の航空会社幹部が主導的役割か
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ゴーン被告逃亡 逮捕の航空会社幹部が主導的役割か  カルロス・ゴーン被告がレバノンに逃亡した事件で、逮捕されたトルコの航空会社の幹部の男が関西空港からトルコのイスタンブールへのフライトで主導的な役割を果たしていたことが分かりました。  トルコの検察によりますと、ゴーン被告の逃亡に関わった疑いで3日に逮捕されたトルコの航空会社の幹部の男は同じく逮捕されたパイロット4人に対し、イスタンブールへのフライトに関する情報を事前にメールで送っていました。こうしたことから、捜査当局はこの幹部の男がイスタンブールまでの逃亡に関して主導的な役割を担っていたとみています。一方で、関西空港からイスタンブールまでゴーン被告に同行していた2人のアメリカ人は到着後、市内の別の空港から定期便でレバノンに向かったということです。トルコの法相はこの2人の捜査を進めると明言しています。

おすすめの作品

埼玉・母子殺害 再逮捕の兄「2人を恨んでいた」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 埼玉・母子殺害 再逮捕の兄「2人を恨んでいた」  さいたま市桜区の集合住宅で先月、24歳の女性と3歳の息子が刃物で刺されて殺害された事件で、逮捕された女性の兄・安保友佐容疑者(26)が「妹とおいを恨んでいた」と供述していることが警察への取材で新たに分かりました。ただ、何を恨んでいたのかなど詳しいことは話していないということで、警察が引き続き動機を調べています。安保容疑者は妹の王子さんを殺害した疑いで逮捕されていましたが、おいの大翔ちゃんを殺害した疑いで今月19日に再逮捕されました。取り調べに対して「間違いありません」と容疑を認めているということです。
揺らぐ裁判員裁判 熊谷6人殺害死刑破棄
無料
アベマ倍速ニュース【平日よる7時~生放送】 揺らぐ裁判員裁判 熊谷6人殺害死刑破棄 気になるニュースをテレビ朝日の担当記者が徹底解説。現場を取材する記者ならではの「情報」「なるほど」が満載です。視聴者の皆様からのコメントや疑問に即時に反応。"ラジオ的掛け合い"も楽しめる "新感覚"ニュース番組です。
米国防総省を「テロ組織」指定 イラン議会
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米国防総省を「テロ組織」指定 イラン議会  イランの革命防衛隊の司令官がアメリカ軍の空爆によって殺害されたことを受けて、イランの議会はアメリカ国防総省を「テロ組織」に指定することを決定しました。  イランの国営メディアによりますと、イランの議会は7日、今回の司令官殺害を受けてアメリカ国防総省をテロ組織に、また殺害に関わったアメリカのすべての部隊や関係者らを「テロリスト」に指定する法案を可決しました。さらに議会では、司令官が所属していた「コッズ部隊」を強化するため追加で約242億円を割り当てることも決定しました。イランはアメリカへの「報復」を宣言していて、中東情勢は緊張が高まっています。
赤ちゃん放置し殺害か 自宅で出産…29歳母親を逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 赤ちゃん放置し殺害か 自宅で出産…29歳母親を逮捕  長野県松本市の自宅で先月、出産した男の赤ちゃんを放置して殺害したとして29歳の母親が逮捕されました。  殺人の疑いで逮捕されたのは松本市渚の金子奈々容疑者です。先月27日ごろに自宅で出産した男の赤ちゃんを放置し、殺害した疑いが持たれています。金子容疑者は体調不良を訴えて27日に市内の病院に入院しましたが、出産した兆候がありました。不審に思った病院から連絡を受けて警察が自宅を調べたところ、布団の上で遺体を発見しました。  近所の人:「(見掛けたことは)何度かあるが、あいさつしても返ってこない」  警察は容疑を認めているかどうか明らかにしていません。当時の状況や動機などを詳しく調べています。
イラン革命防衛隊がイラク国内の米軍駐留基地を攻撃
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 イラン革命防衛隊がイラク国内の米軍駐留基地を攻撃  イランの国営メディアは、イランの革命防衛隊が司令官殺害の報復としてアメリカ軍が駐留するイラク国内の基地にミサイル攻撃を行ったと伝えました。  イランの国営メディアは革命防衛隊がイラク国内にあるアルアサド空軍基地に向かってミサイルを発射したと伝え、この攻撃がアメリカ軍による革命防衛隊のソレイマニ司令官殺害の報復としています。
配置も目隠しも…暴れる被告 記者が見た異例の法廷
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 配置も目隠しも…暴れる被告 記者が見た異例の法廷  障害者施設「津久井やまゆり園」で19人が殺害され、26人がけがをした事件の初公判が開かれました。殺人などの罪に問われた植松聖被告が法廷で突然、暴れだすなど異例の展開となりました。これまで植松被告と接見するなど取材を続けてきた社会部・森本富人記者の解説です。
“世界大戦”懸念も…司令官殺害でイランが報復明言
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 “世界大戦”懸念も…司令官殺害でイランが報復明言  年明け早々に不穏な事態です。アメリカがイランの司令官を殺害した件に絡み、イランの軍事顧問は直接的な報復攻撃を明言しました。事態の影響で日本でも株価が急落しています。  2020年の年明け、アメリカでは不吉な言葉が飛び交いました。アメリカのSNSでは「第3次世界大戦」という言葉が1位となりました。事の発端は、やはりこの人でした。  トランプ大統領:「昨夜、私の指示によりアメリカ軍が完璧な攻撃を実行した。世界で一番のテロリストを殺害した」  3日、アメリカ軍はドローンによる空爆でイランの「ナンバー2」とも言われるソレイマニ司令官らを殺害。殺害された司令官は過激派組織「イスラム国」掃討作戦で大きな役割を果たし、イランで英雄視されている人物です。戦時中ではない国、さらに、大統領の指示による要人の暗殺という攻撃にイランは猛反発しています。  イラン、デフガン軍事顧問:「この争いを終わらせることができるのは、アメリカが自ら与えた一撃に匹敵する攻撃を受けることだ」  イラン政府は無制限にウラン濃縮を進める方針を表明。事実上、核合意からの離脱とみられています。  一方、今年秋の大統領選へ強気の姿勢を見せるトランプ大統領も一歩も引く構えを見せず、報復の連鎖がエスカレートしかねない状況です。  中東の危機は対岸の火事ではありません。ドルが売られて円高が進み、輸出企業を中心に全面安となった日経平均株価は一時、500円以上値下がりしました。
東証一時500円超下落 “湾岸ショック”の直撃で
最新の経済ニュース【随時更新】 東証一時500円超下落 “湾岸ショック”の直撃で  東京株式市場では6日から年明けの取引が始まりました。アメリカ軍がイランの司令官を殺害したことで中東情勢が緊迫することへの懸念が高まっていることから、日経平均株価は大幅安となっています。  (経済部・平元真太郎記者報告)  年明け早々、東京市場は「湾岸ショック」の直撃に大揺れです。晴れやかなムードの直後、株は急落して会場ではため息が聞こえました。午前の日経平均株価は去年末より483円安い2万3173円で取引を終えています。背景は、アメリカ軍によるイランの司令官殺害で中東情勢の緊張が高まっていることです。安全資産とされる円が買われ、6日朝は一時、107円台の後半まで円高が進んで輸出関連銘柄を中心に売りが広がっています。秋のアメリカ大統領選までは比較的、楽観的な見通しが多かった株式市場ですが、正月明けから暗雲が垂れ込めています。
イラン 12発超のミサイルで米軍駐留基地を攻撃
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 イラン 12発超のミサイルで米軍駐留基地を攻撃  イランの国営メディアは、イランの革命防衛隊が司令官殺害の報復としてアメリカ軍が駐留するイラク国内の基地にミサイル攻撃をしたと伝えました。  イランの国営メディアは、革命防衛隊がイラク国内にあるアメリカ軍が駐留するアルアサド空軍基地に向かってミサイルを発射したと伝えました。この攻撃がアメリカ軍による革命防衛隊のソレイマニ司令官殺害の報復だとしています。アメリカのホワイトハウスによりますと、トランプ大統領は攻撃の説明を受けて安全保障チームと協議をしているということです。
“19人殺害”やまゆり園 初公判前に家族が思い語る
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 “19人殺害”やまゆり園 初公判前に家族が思い語る  神奈川県の障害者施設で19人が殺害されて26人がけがをした事件で、殺人などの罪に問われた植松聖被告(29)の裁判が8日から始まります。法廷で陳述する予定の被害者家族が思いを語りました。  2016年7月、神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が殺害され、26人がけがをしました。殺人などの罪に問われた植松被告は捜査段階から一貫して犯行を認めたうえで、ANNの接見取材に対し、「意思疎通が取れない人は安楽死すべきです」などと話していました。  息子が重傷を負った尾野剛志さん:「犯した罪を償わなきゃいけないんだよということを彼(植松被告)に諭したいという気持ちはあるけど。ほんの少しでも良いから、少しでも良いから、亡くなった19人に申し訳ないとかそういう気持ちになってくれれば良いかな」  裁判は植松被告の責任能力の有無が争点となる見通しで、判決は3月16日に言い渡されます。