「トンイ 22話」の検索結果

今すぐ視聴する

第22話
トンイ 第22話 自分の仕事である監察をさせてもらえないトンイだったが、めげずに何度でも内需司に向かうのだった。そして不正がないか調べるために業務日誌を書庫から持ち出すが見つかってしまい、体罰を受ける。そんなトンイの姿によって目覚めたチャン尚宮たちは内需司に立ち向かうが...
第22話 恋のバトル
華麗なる遺産 第22話 恋のバトル ファンのウンソンへの気持ちを確信したスンミとジュンセ。スンミは衝撃のあまり失神してしまい、ジュンセは遂にファンを殴ってしまう。 東海の出張から戻り、ヘリは新しいネックレスをしているウンソンにファンとのことを尋ねる。ウンソンは素直にファンからもらったこと、そしてファンへの気持ちを話すのだった。「でも2号店の仕事が終わったら去るの」とつぶやきながら。 そんな中、ソンヒは東海クルーズへの入札を邪魔しようと...
第22話 廃妃復位運動
チャン・オクチョン 第22話 廃妃復位運動 惠民署で民に罵倒されたオクチョンは気落ちしていた。粛宗もまた衝撃を受ける。一方、チャン・ヒョンは粛宗を脅してついに国舅の位に上るが、娘の墓前で信じていた部下に命を奪われる。部下はチスに買収されていた。次に西人派はオクチョン兄のチャン・ヒジェを陥れる。ついに粛宗は西人派に折れ、廃妃を復位させる。

おすすめの作品

第14話
トンイ 第14話 捕庁にチョンスを捜しにいったトンイだったが、そこにチョンスはいなかった。トンイがチョンスに会いに来たと知ったヒジェはトンイをチョンスに近づけないためにトンイを始末しようと企むが、そこに現れたチョンスによってトンイは助けられた。死んだと思っていたチョンスとの再会を喜ぶトンイ。チョンスもまたこれからは離れずにずっと側でトンイを守ろうと誓うのだった。
第35話
トンイ 第35話 トンイが自分の捜していたチェ・トンイだと知ったソ・ヨンギは、その事実を自分の口から殿下に伝えトンイとチョンスを国法によって裁くとトンイに告げる。トンイの偽の戸籍証明をソリの協力によって手に入れたチョンス。だが都に戻ってみるとソ・ヨンギにトンイの正体を知られていた。
第29話
無料
トンイ 第29話 トンイと再会した粛宗はトンイの身を守るために宮廷外の私家にトンイをかくまる。そこで今まで秘めていたトンイへの思いが溢れ出してしまう。そんな粛宗の気持ちに気づいたチョンスの胸のうちは複雑だった。自分に対する粛宗の態度の異変に気づいた禧嬪は、粛宗がトンイをかくまっていると確信するのだった。
第44話
無料
トンイ 第44話 粛宗が駆けつけた時には、トンイはすでに自分の罪を自白した後だった。罰を甘んじて受ける覚悟のトンイだったが、トンイを放せない粛宗は、トンイを罪に問えと訴える重臣や儒生の声にも耳をかさない。そしてある夜、王子を見に行ったトンイは、王子の様子がおかしいのに気づく。
第11話
トンイ 第11話 何とか粛宗に助けられたトンイは、協力を得ようと訪ねたことを話す。判官を装っていた粛宗はその場をなんとかしのぎ、捕庁に向かい、トンイが明らかにしたオクチョンの証拠を直接目にする。またトンイの手柄によって助けられたオクチョンは、トンイを宮女として使おうと考えていた。
第15話
トンイ 第15話 判官だと思っていた粛宗が王だと知ったトンイとヨンダルたちは、自分たちが行った無礼な態度を思い出しどうしていいか悩んでいた。トンイに自分が王だと知られた粛宗はトンイを大殿に呼び、今までと変わらず気軽に接してくれと頼む。そのころトンイが独断で慕華館に忍び込み...
第20話
トンイ 第20話 トンイを捕らえ殺そうとしたのはトンイが邪魔だったヒジェの仕業だった。離れ離れになってしまったチョンスはトンイを探すためにヒジェの部下を脅し居場所をつきとめ、間一髪でトンイを救うことができた。だが唯一の手がかりだった、偽の換金証を発行した商団の書記が殺されてしまう。
第5話
トンイ 第5話 ソリの計らいで宮廷の掌楽院の奴婢として暮らし、6年の月日が経っていた。ある日トンイは、夜中にこっそりヘグムを弾いていると、その音色を粛宗王が気に入り、演奏して者を捜せと内官に命令する。だが奴婢であるトンイが弾いていたことが知れると主簿もトンイも罪に罰せられると思い、チュボのジュシクはトンイを宮廷の外にある楽器を作る鋳鐘所の手伝いとして行かせる。
第26話
無料
トンイ 第26話 トンイは、ヒジェに見つかり捕われてしまう。その時、ウンテクが現れ謄録類抄と交換にトンイを解放するよう申し出る。ウンテクは自分を犠牲にしてトンイを逃がすのだった。仕方なくトンイを解放したヒジェだったが、ウンテクが言った場所で謄録類抄が見つかり、ヒジェはそれを清国の官吏に渡し、禧嬪に呼ばれ都に帰ってしまう。
第39話
トンイ 第39話 トンイに王子ができたことで政務に励み誰よりも王子をかわいがっていた自粛。そしてトンイの子の百日の祝いが近づいていたが、トンイは祝宴の代わりに新たに粥所を設け、貧しい民に粥を配りたいと申し出た。トンイの意をくみ新たに粥所を設けることになった当日、活人署の提調が殺される事件が起こり...