「トンイ 3話」の検索結果

今すぐ視聴する

第3話
トンイ 第3話 チョンスは自分もトンイの父も兄も剣契だった事実を知らされる。チョンスはそこで生き延びたトンジェらと合流し捕らえられた同志を助け出す作戦を練る。そのために必要な火薬を調達に一緒に行ったトンイはそこで、イクホンが最後に見せた同じ合図をする宮女に出会う。それは粛宗王の側室になる予定の張玉貞だった。
第43話
トンイ 第43話 チャン・ムヨルにトンイと剣契の関係を知らされ、ソリの店に現れた粛宗。そこでケドゥラを必死で逃がそうとするトンイの姿を見てしまった。チャン・ムヨルによって連行されたトンイは、まず粛宗にすべてを話し、それから調査に応じるという。
第53話
トンイ 第53話 世子が子を授からないかもしれない大病を患っていると聞かされた粛宗は驚き、またその事実を隠していた禧嬪に対して怒りを覚える。粛宗に世子の病を知られたことを知った禧嬪は、世子だけは今の座を守れるよう粛宗に懇願するが受け入れてもらえない。その上、少論の重臣たちも禧嬪に背を向けてしまう。
第13話
無料
トンイ 第13話 ユ尚宮の思惑どおり試験に合格できなかったトンイは監察府の規律によって追い出されることになった。だが納得できないトンイは、習っていないものを試験の課題にするのは規律違反だと再試験を申し出る。トンイの切実な思いを知ったチョン尚宮は最高尚宮に再試験を受け入れるよう申し出るが...
第23話
トンイ 第23話 ヒジェが用意した刺客に追われたトンイは証拠を持ち、ソ従事官の友人である司憲府知事を頼る。知事は証拠を殿下に届けてトンイを避難させようとするが、刺客によって命を落としてしまう。手に入れた証拠を殿下に届けようと逃げ出したトンイだったが、刺客が投げた剣が胸に命中してしまう。
第33話
無料
トンイ 第33話 禧嬪はトンイの要求に対して世子の命を脅かした事件を収拾するために、何をかけるかと言い寄るが、トンイは自分の命をかけると断言するのだった。そうして3日の猶予をもらったトンイは監察府のイムジョンたちと共に疫病の原因を探るのだった。そうして宮女たちが使う化粧品に原因があるとつきとめるのだった。
第13話 新しい遺言状
華麗なる遺産 第13話 新しい遺言状 ウンソン、ファン、ヨンラン、ジョン、パク理事の前で、全ての遺産をウンソンに相続させるというスクチャの遺言状が明らかに。その前提条件は2号店の売上を20%増加させることで、ウンソンはスクチャの与えたチャンスを受けると宣言する。 その話を聞いたジュンセは、父親のパク理事とウンソンの板挟みに。一方ファンは挫折感に打ちひしがれ、酔って帰宅。そして偶然、スクチャがピョ執事に打ち明け話をするのを聞いてしまい...
第23話 深まる絆
華麗なる遺産 第23話 深まる絆 入札は成功。お祝いに、ウヌにそっくりな男の子がピアノ演奏をしているというバーに行くことになるが、そこへスクチャが倒れたという連絡が入る。 ウンソンはファンと共に病院に急ぐが、ヨンナンたちに追い出され、スクチャの顔も見ることができない。 これを機に会社乗っ取りを画策するパク理事とソンヒは、スクチャに認知症の兆しがあるという話を聞き、遺言状の無効裁判を起こすようヨンナンらに勧める。その話を偶然聞いたウンソンは...
第3話 ウヌの失踪
無料
華麗なる遺産 第3話 ウヌの失踪 ウヌがいなくなったと知り、街を捜し歩くウンソン。そのころ、ウヌは継母ソンヒのもとへ。しかしソンヒは、ウヌを地方都市の福祉施設「天使の家」の前に置き去りにしてしまう。そして自分と娘スンミの携帯電話を買い替え、これまでの人生と決別しようとするのだった。 弟を探しあぐねたウンソンは、友人ヘリの家の前で倒れてしまうが、偶然それを見つけたジュンセが助ける。一方、嫌々ながら家業の勉強を始めたファンは、自分を注意する店長を殴り、祖母の怒りを買う。
第3話 再会
無料
チャン・オクチョン 第3話 再会 東平君の開いた宴の席で再会したオクチョンとスン。スンはオクチョンの面影に見覚えあるが、思い出せない。一方、借金取りに追われるオクチョンは鎧を納品する商団が募集されると知り、商団を持つチャン・ヒョンに話を持ちかける。そんな中、世子嬪選びが始まり、オクチョンは候補の一人、インギョンの装いを手伝うことに。
第13話 生き残るために
無料
チャン・オクチョン 第13話 生き残るために 大妃がオクチョンに不妊の薬を飲ませようとしたことを知って、衝撃を受ける粛宗。王宮で生き残るためにはなんとしても世継ぎを生まなければならない。大妃は王妃をオクチョンより先に懐妊させようと占い師を呼ぶが、なんと王妃は石女だった。一方、ミン・ユジュンは清からやってきた謎の大富豪チンと密会していた。
第23話 王妃崩御
チャン・オクチョン 第23話 王妃崩御 仁顕王妃が復位するが、オクチョンは禧嬪として王宮に留まることを許される。ところが程なく、仁顕王妃は病の床に就いてしまう。さらに世子ユンまで痘瘡にかかって死線をさまようことに。ユンの身を案じたオクチョンは王室では禁止されている祈祷をする。世子は回復するも、仁顕王妃は粛宗に看取られ、この世を去っていく。