「ドバイ ホテル」の検索結果

「ドバイ ホテル」に関する情報は見つかりませんでした。
「ドバイ」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

第1話 「僕、グッドバイします!」
グッド・バイ 第1話 「僕、グッドバイします!」 WEBデザイナーの別所文代(夏帆)は仕事で外出中に、高校時代の部活の後輩・田島毛収(大野拓朗)と偶然再会する。別所の馴染みのバーで二人が再会を祝していると、酔っぱらった常連客の美春が別所に絡んできた。美春の失恋話につきあう別所を、感動のまなざしで見つめる田島毛。自分の話も聞いてほしそうな様子に気づいた別所が促すと、意を決して、田島毛が悩みを打ち明け始める。田島毛は現在単身赴任中で、秋には家族を呼ぶつもりだが、田島毛には愛人がいるという。それも4人。田島毛のモテ男ぶりを実感した別所は、ふと、この状況が太宰治の小説「グッド・バイ」にそっくりだと気付く。「太宰を見習って、グッドバイしなさい!」という別所のアドバイスに田島毛は...。
第2話 「恋人号泣!始まったグッドバイ」
グッド・バイ 第2話 「恋人号泣!始まったグッドバイ」 既婚者なのに複数の彼女がいるダメ男の田島毛(大野拓朗)に、「彼女たちとグッドバイしたら?」と思わずアドバイスをしてしまった別所(夏帆)。すっかりその気になった田島毛は、太宰治の小説「グッド・バイ」に登場する妻役を演じる女性の役を、別所にお願いしたいという。結婚指輪まで用意してきた田島毛に引きずられるように、別所は妻のフリをして、しぶしぶ彼女に会いに行く。最初に別れを切り出す恋人は、小説と同じく美容師のりりこ(佐津川愛美)にしたという田島毛。りりこが働く美容院に着くと、田島毛は別所を女房だと紹介してさっさと出て行ってしまう。後に残された別所は「いつも主人がお世話になっております」と声を絞りだすのだが...。
第3話 「女心は、もっとやわらかいもの」
グッド・バイ 第3話 「女心は、もっとやわらかいもの」 1番目の恋人・りりこ(佐津川愛美)と、別れるのに成功した田島毛(大野拓朗)と別所(夏帆)は、別所の会社の会議室で次の作戦を練る。今回も太宰治の小説「グッド・バイ」を参考に別れようと思っていた田島毛。しかし、小説が2番目の対決を前に終わっているのを知ってうろたえる。「自力で考えるしかない」という別所に背中を押され、2番目の恋人・キャバクラ嬢の遥(佐藤玲)の店に向かう。一人で遥に別れを切り出す田島毛だが、遥の「会いたい時に会えばよくない?セフレでよくない?」という都合のいい言葉に、断りきれなくなってしまう。別所を引き連れて、再び遥に話に行くが、妻役の別所を見た途端、遥の態度が急変する。
第4話 「大事なあの子とモーニングコーヒー」
グッド・バイ 第4話 「大事なあの子とモーニングコーヒー」 2番目の恋人・遥は、逆上して一触即発となったが、田島毛(大野拓朗)の涙で、なんとか別れてくれた。別所に嫌な思いをさせたと意気消沈する田島毛だが、すっかりやる気になった別所は、3番目の恋人・ストリートミュージシャンの静(三浦透子)に会いに行く。別所と結婚して転勤するという田島毛の嘘に、静は笑顔で祝福するのだが...。静とあっさり別れられた田島毛と別所は、別所の部屋で祝勝会をしていた。すると突然、田島毛が別所を押し倒そうとする。未遂に終わったものの動揺を隠しきれない別所。そんな中、静から別所のスマホに田島毛と別所の写真を見ながら大熱唱する静の映像が送られてきて...。
第5話 「2番目でもないならサヨウナラ」
グッド・バイ 第5話 「2番目でもないならサヨウナラ」 今回の相手は3番目の愛人、ストリートミュージシャンの静(三浦透子)。田島毛(大野拓朗)と別所(夏帆)の嘘の結婚話を祝福しつつも、田島毛と別れるつもりのない静に、別所が一人で会いに行く。話がかみ合わないまま、今度は田島毛を含めて三人で対決することに。田島からはっきりと別れを告げられた静は、いきなり田島毛の手を掴み、屋上に連れて行く。「別れるなら飛び降りる!」という静を、田島毛はなんとか説得しようとするが、うまくいかない。これからも月1回は会ってという静に、流されそうになる田島毛。そこで別所が思いがけない行動をとる...。
第6話 特別編「恋はいつでも不均衡」
グッド・バイ 第6話 特別編「恋はいつでも不均衡」 愛人を清算すると言いながらも、新たな彼女を増やしてしまった田島毛(大野拓朗)に激怒した別所(夏帆)は、自分の幸せだけを考えて生きると決意する。第6話は特別編。田島毛と別所の人生を振り返り、モテる人がモテて、モテない人がモテないわけを考える。現代に生きる男女に送る、恋の手引き。田島毛は愛人を増やしてしまったことを、心から反省していると別所に訴えるが、別所はもう協力できないと告げる。別所は田島毛の大きな裏切りに刺激され、久しぶりに自分の恋に目を向け始める。果たしてグッド・バイプロジェクトは終わりを告げるのか・・・。
第7話 「世界で一番必要なあなたへ」
グッド・バイ 第7話 「世界で一番必要なあなたへ」 新たに愛人を増やしてしまったことで別所(夏帆)に愛想を尽かされ、落ち込んでいる田島毛(大野拓朗)。片や自身の恋愛に踏み出そうとはしたものの、海津(清水優)とのデートにどうにも乗れない別所。帰り道に1人でバーへ向かうと、マスターの遠藤(マツモトクラブ)から直前まで田島毛が元カノを連れて飲みに来ていたと打ち明けられる。やっとの思いで別れさせた愛人たちと、よりを戻すことに憤りを隠せない別所は、マスターに諭され、田島毛に会いに行く。会社の前で待ち伏せしていた田島毛に、別所が事の真相を問いただすと・・・。
第8話 「あなたの嘘、知っています」
グッド・バイ 第8話 「あなたの嘘、知っています」 再び愛人の清算に向けて動き出す、田島毛(大野拓朗)と別所(夏帆)。次なる相手は、学習塾の先生をしている桃子(田中千絵)。これまでを鑑みて、夫婦関係を自然に振る舞うことで別れを告げようと作戦を立てる二人。桃子が勤める学習塾に子供の相談と言って訪れた田島毛と別所。そこで偶然、別所の大学時代の友人・千恵子(上地春奈)と出会ってしまう。田島毛と別所の夫婦のフリに、笑いが止まらない桃子。夫婦のフリを見抜かれてしまった別所は逃げ出すように学習塾を去るが、そこで思わぬ光景を目にすることに・・・。
第9話 「最後のバトルは君次第」
グッド・バイ 第9話 「最後のバトルは君次第」 長らく続いたグッド・バイプロジェクトも、終盤を迎えた田島毛(大野拓朗)と別所(夏帆)。最後の彼女、心療内科医の笠原(奥菜恵)と対峙する。別所一人では歯が立たず、再び田島毛と笠原のもとへ向かう。笠原を説得しようと意気込む別所の前に、田島毛の家族写真に写っていた親子が現れる。突然の出来事に、事態は思わぬ展開に・・・。田島毛はこれまで隠していた、ある真相を打ち明ける。
第10話 「おんどりゃーどういうこっちゃ」
グッド・バイ 第10話 「おんどりゃーどういうこっちゃ」 田島毛(大野拓朗)が実は結婚しておらず、妻も子もいないという思わぬ事実を打ち明けられた別所(夏帆)。とんでもない嘘をつかれていたことにショックを受け、涙が止まらない。職場に戻ってきた別所は、黒沼(米村亮太朗)に全てを話す。別所は、自分が愛人たちに“田島毛の妻”だと嘘をついていたことを謝り、グッド・バイプロジェクトに終止符を打とうと心に決める。一人ひとりに謝って回っていると愛人たちから、事前に田島毛が妻と一緒に別れを切り出しに来ても揉めないでほしいと愛人たちに根回ししていた事実を知る・・・。
第11話 「良縁は口に苦し」
グッド・バイ 第11話 「良縁は口に苦し」 遥(佐藤玲)に話があると呼び出された田島毛(大野拓朗)。なんとそこには、別所(夏帆)に協力してもらい別れたはずの愛人たちが勢ぞろいしていた。慌てる田島毛に、別所はどうして未婚の田島毛が“奥さんを大事にしたいから別れたい”などと嘘をついたのか、真相が知りたいと詰め寄る。しかし笠原(奥菜恵)は、田島毛はもともと嘘をつくつもりなど無く、別所からの誘導で嘘をついてしまったのではないか、また田島毛の優しさを愛人たちも利用していたのではないかと問いかける。納得できず絶叫する別所、紛糾する愛人たち。追い込まれる気弱な男、田島毛・・・。そして、ついに巧妙に練られた「グッド・バイ」プロジェクト、その驚きの全貌が明かされる!
最終話 「嘘は本当で本当は罪で!?~これぞホントのForever Love~」
グッド・バイ 最終話 「嘘は本当で本当は罪で!?~これぞホントのForever Love~」 別所(夏帆)への愛の告白も実らず、引きこもりがちな田島毛(大野拓朗)。その頃、別所は休暇を取り、地元へ帰っていた。笠原(奥菜恵)から思いを貫き通すよう背中を押された田島毛は、再び別所の会社へと向かう。別所の長期休暇を知り、後を追うように地元へ戻った田島毛。別所の実家に着くや否や、そこに現れたのは・・・。果たして田島毛にハッピーエンドは訪れるのか?太宰治も描けなかった衝撃の結末とは!?
第6話 「占い、信じる?」/「グローバルビレッジ」
無料
フリージ 第6話 「占い、信じる?」/「グローバルビレッジ」 「占い、信じる?」 お騒がせのウム・ハマス、今度は「サファイアの指輪が出てこない。あんたに貸したのよ。返してよ!」と3人に詰め寄った。「じゃあ、最近近所に引っ越してきた、霊媒師に占ってもらったら?」ということになり、早速4人は出かけていく。ウム・アラウィは「詐欺よ」と言うが…。 「グローバルビレッジ」 「今日さ、今月一か月分の買い物、済ませちゃったわよ。例のお祭りだったし、町は賑やかだったわよ。」というウム・ハマスの一言で会話が始まった。ドバイの大きなお祭りで、ウム・アラウィの話では「グローバル・ビレッジ」というゾーンに世界各国の出店があるらしい。遊園地のライドに乗って遊んだあとは、4人で買い物。「まずは、あたしの反物よ。」とウム・サイードが生地屋に入っていき…。
第5話 「砂漠の女王」
無料
フリージ 第5話 「砂漠の女王」 4人の中で一番の頭脳派ウム・アラウィにも苦手な科目があった。それは車の運転。やっとのことで運転免許を取得したアラウィは、さっそく4人で有名な砂漠エンプティクォーターへキャンプに繰り出した。長旅の疲れからぐっすり寝た翌朝、起きてみると「車がない!ウム・ハマスもいない!」 探し回る3人が発見したのは、砂漠の部族の集落。そこへ部族の女王が登場して…。ウム・ハマスの運命は…!?
#19 「シロちゃんクロちゃんのお悩み相談」1 ウエストランド
無料
しくじり学園 お笑い研究部 #19 「シロちゃんクロちゃんのお悩み相談」1 ウエストランド 安田大サーカスのクロちゃんが様々な悩みを解決する人生相談企画。今回は若手芸人のウエストランド。親身に優しいアドバイスをくれるクロちゃんと、ズバッと本音でアドバイスをくれるクロちゃん。悩みを解決してくれるのは本音と建前、どっちのクロちゃん?
第2話 「雑貨屋戦争」/「嘘はだめよ」
無料
フリージ 第2話 「雑貨屋戦争」/「嘘はだめよ」 「雑貨屋戦争」 4人が暮らす家の近所には、雑貨屋はたった1軒。いじわるでがめつい、アッガーの店。ところが、「最近できたラフィークの店、あんた知らないの?」「アッガーの店のすぐ隣なのよ。」。商売を取られたアッガーは、ラフィークにいろんないやがらせを始めるが…。 「嘘はだめよ」 ある日、ウム・サイードの家のドアの下から郵便物が滑りこみます。「何々? ここに鉄道を建設するので、市場価格の3倍の立退料を払います。」地図を見ると、ウム・ハマスの家だけ外れて通らない!?ケチケチばばあのジャミール婆さんが該当すると知り、立退料が欲しいハマスたちは荒業を思いつき…。
第3話 「帰ってきたダンナ」
無料
フリージ 第3話 「帰ってきたダンナ」 4人の未亡人の中で、ウム・ハマスはなんと3回結婚歴がある。ある夜、自宅で寝ていると、亡くなった最初の旦那が幽霊として現れた。「あのよ~、現世でのよ~、借金が発覚したせいで、あの世で幸せに暮らせない。お前がその借金を返してくれないと、一生、呪ってやるからな~」とお告げを残し、その後、毎晩枕元にでるようになった。でも、「借金の相手は誰よ?」「それはお前がなんとかして探せ!」 4人は、二度とハマスの亡くなったダンナが幽霊で戻らないように、借金の相手を突き止めた。そこでウム・ハマスが驚愕の行動をとる…。
第7話 「いたずらっ子、登場」/「昔はよかった?」
無料
フリージ 第7話 「いたずらっ子、登場」/「昔はよかった?」 「いたずらっ子、登場」 知り合いが孫に手を焼いているという話題で盛り上がったおばあちゃん4人組。ウム・サイードが「ここに孫がいなくて助かってるわ」と言葉を発したとたん、玄関先には孫のアブードが。ところが、このアブード君、大変な悪ガキで4人のおばあちゃんたちをほとほと困らせる…。 「昔はよかった?」 口癖のように「昔はよかった」というウム・サイード。そこで、ウム・アラウィが見つけてきた「古き良き生活を取り戻す」という謳い文句の合宿に皆で参加することに。でもそこは、ゆったりとした時間が流れる伝統的な生活とは真逆の軍隊式の研修所だった…。
第9話 「おとぎ話の中へ」/「私はキャスター」
無料
フリージ 第9話 「おとぎ話の中へ」/「私はキャスター」 「おとぎ話の中へ」 勉強大好きのウム・アラウィ。今日はブックフェアで、アラビアの古いおとぎ話集を買ってきた。皆にそのお話を読み聞かせると…あら不思議。ウム・サイード、ウム・ハマス、ウム・サルームが、次々とお話の中に入り込んで…。 「私はキャスター」 今日の話題は小さい頃の夢。ウム・アラウィが、「実はね、若いころは、テレビのキャスターになりたかったの。あたし、キャスターになる資質はあると思うのよ。」と自信をのぞかせる。「じゃあ、今からでも挑戦してみたら?」「あたし、テレビ局にコネがあるから」とウム・ハマスが言い出して…。
第19話 「革命」
無料
フリージ 第19話 「革命」 「革命」  今月はまだ12日だというのに、ウム・サイードの家の食糧はとぼしくなってきた。年金ももう底をつきそうだ。「あなた、年金落としたの?」「そんなわけないでしょ?アッガーが取り立てに来るのよ。」という話から、いかにアッガーが横暴な商売を40年にもわたってやってきたのかに、4人が憤慨する。「ツケで買うと、値段が2倍になるのよ。」という話をきっかけに、町内の集会を開き、集団でアッガーに抗議にいくが、アッガーはそんなことはどこ吹く風。「なんとか不正を暴く必要があるわ」と立ち上がる4人。壮大な計画を練ってアッガー―に立ち向かう!作戦の結末は…いかに!
第21話 「ラクダを買うぞ」
無料
フリージ 第21話 「ラクダを買うぞ」 「ラクダを買うぞ」 テレビで「クローン技術の最先端」というドキュメンタリーを見ていると、ウム・サイードが「こんなのつまんない、チャンネル変えて」と言い出す。適当にチャンネルを変えると、ラクダレースの番組に出くわす。そこへ、料理の配達からもどったウム・ハマスが入ってきて「そういえば、今日、料理届けた人はさ、二十一億円で競争用のラクダを買ったのよ。たかがラクダよ。」という。さらに「あの商売、絶対に儲かるわよ」とラクダで大儲けをしようと悪知恵を働かせる。あの手この手で、高く売れるラクダを探すのだが、最後にとんでもないドンデン返しが待っていた!
第10話 「余命10日」/「夢の海外旅行」
無料
フリージ 第10話 「余命10日」/「夢の海外旅行」 「余命10日 今日もお騒がせのウム・ハマスが勢いよく入ってきた。どうやらずっとお腹をこわしていて、どんな薬を服用しても効かないらしいので、ウム・アラウィの紹介で、大きな病院へいき、医師に診てもらったところ、「余命10日」の宣告を受けてしまう。しかし、その医者はヤブ医者で、でたらめな診断だったということがあとでわかった。だが、当のウム・ハマスは「余命10日」を信じ込んでしまい、急に宗教的に信心深い人間に変身。いままでの貯金を全額寄付して、孤児院を建てたりしていたが、「うまくいかなかった人との人間関係を修復することで、天国にいけるのよ」とのウム・アラウィのアドバイスで、天敵のジャミール婆さん、アッガーのところへ行き、関係を修復しようとする。 そうしている間に時は過ぎ、問題の10日目に。 「夢の海外旅行」 ウム・アラウィが、商店街の福引で、ロンドン往復2名様のチケットに当たったことから、当然のように、お金持ちのウム・アラウィがあと2名分を出さされて、4人でロンドンへ夢の海外旅行に行くことに。飛行機に搭乗したまでは良かったが、飛行機の中でひと悶着。ロンドンに着いたら着いたで、地下鉄でまたひと騒動。有名な蝋人形館、公園でもドタバタ珍道中が繰り広げられる。
#45:大悟の真面目アドバイスに有村藍里が涙…!
チャンスの時間 #45:大悟の真面目アドバイスに有村藍里が涙…! 有村藍里が大悟のガチアドバイスに思わず涙… ★50音モノマネ選手権 コージー冨田、アイデンティティー田島、メルヘン須長、長谷川恒希によるし烈なバトル! ★あなたのキス撮らせて下さい!紺野ぶるまvs大自然! ★大悟の人間性検証ドッキリ 有村藍里が大悟にガチ相談。大悟からどんな名言が飛び出すのか!?
第4話 「魔女の恋」/「不吉な女」
無料
フリージ 第4話 「魔女の恋」/「不吉な女」 「魔女の恋」 中東のお化け話によく登場する魔女(死神)のウム・アル・デゥアイス。 人間からは恐れられている彼女も、「実は結婚したい人がいる」らしい。恋心を抱いているお相手は、同じ魔界に住む海の魔人「ブ・ダルヤ」。その魔女が、ウム・ハマスのところに現れ、「私があの人と結婚できたら、お礼はたっぷり弾むから」と持ち掛ける。お金が大好きなハマスはこの話に乗るのだが…。 「不吉な女」 4人の中で一番うっかりもの、認知症気味のウム・サルーム。今度は病気!?…じゃない。なにか悪霊に取りつかれたかも?「そんなバカな」と否定していたウム・サイードも、自分がいるところで連続しておきる不吉な出来事に、「本当に魔女が自分にとりついたのかも」と半信半疑。「完全に取りつかれてるわね、ウム・サイードは。縁をきるしかないわね」とウム・ハマス。でもやっぱり友達だから、なんとかしようと考える4人は…。
第15話 「ご近所崩壊?」/「マーガレット」
無料
フリージ 第15話 「ご近所崩壊?」/「マーガレット」 「ご近所崩壊?」いつものように4人でウム・サイードの家でコーヒーを飲んでいると、天井から、建材のかけらが落ちてきて、ウム・サイードの頭を直撃。「痛い!」「だから引っ越しなさいって言ってるのよ」とウム・アラウイ。「嫌よ、あたしの家はここ!絶対に引っ越さないわ!」と主張するウム・サイード。「でも、顔見知りがどんどんいなくなっていく。そして、どんどん知らない人が近所に増えていく。」とぼやく。事実、ご近所の人たちは、外国から入ってくる労働者に家を貸して、郊外へ引っ越していく。「あたしがなんとかするわよ!」とウム・ハマスが立ち上がるが、インド人労働者に囲まれ、すぐに撤退。結局、ウム・アラウイの発案で、ご町内の問題解決をする行政機関に依頼する事に。他
第20話 「ウム・サイード倒れる」/「ウム・サイード行方不明」
無料
フリージ 第20話 「ウム・サイード倒れる」/「ウム・サイード行方不明」 「ウム・サイード倒れる」  ウム・サイードの家に、近所でも有名な「おせっかい焼き」のオーシャがやってきた。「あなた、最近、冠婚葬祭とかまったく顔を出さないじゃない。それで社会への義務を果たしているつもりなの?」とウム・サイードをなじる。そのお説教にすっかり感化されたウム・サイードは「そういうしきたりを守っていかないとね」と、それまでメールや電話で済ませていた挨拶などに直接出向くようになる。行く先々で相手の状況を間違え、オーシャを怒らせてしまう。「もう一回チャンスを頂戴」と申し出て、入院患者さんの見舞いを手伝うことに。でも、やはり病院でも患者を取り違え、大失敗。オーシャになじられ、廊下をトボトボ歩いていると、ウム・サイードは発作で倒れててしまう。心配する3人をよそに、ウム・サイードは、そのまま危篤状態に! 他
第24話「かなわぬ恋」/「美術の天才」
無料
フリージ 第24話「かなわぬ恋」/「美術の天才」 「かなわぬ恋」  いつものように、外でお茶を飲みながら、大笑いしていると、「なんと恥さらしな。それでも女か?」と、ちょっと前時代的な説教をするオッサンが現れた。「あの老人、だれ」とウム・ハマス?「あれは、伝説の漁師、サーレム・ビン・ナギドよ」とウム・サイードが言う。「あの人、確か何十年も昏睡状態だったはずよ」それもそのはず、サーレム・ビン・ナギド船長は若かりし頃、一人の「青い服を着た女性」に恋をしたのだが、結納金があまりにも高く、誰も潜ったことのない深さにある、大玉の真珠を取りに行き、海底で気を失ってから、昏睡状態だったのだ。その相手の女性が、なんと、ウム・サルームだった。しかし、目覚めたことを知らないウム・サルームにそれを伝えるべきかどうか、逡巡している間に、ウム・ハマスが船長をけしかけ、真珠とりに駆り立ててしまう。二人の恋は、かなわぬ恋なのか?他
Ep.1
無料
ザ・人体ミステリー 奇跡の生還 Ep.1 何らかの理由で異物が体に突き刺さってしまった人たちを紹介するシリーズ/もし何かが体に刺さっても自分では抜かないように!13センチの鉄製の柵が突き刺さったスコットランドの女性。男性の食道を突き破ったフレンチフライ。植木バサミが頭に刺さった86歳の男性。さらにオーストラリアのビーチでは銛で撃たれてしまった男性も。このような大変な事態でも、彼らは適切な判断で一命を取り留めることができた。もしあなたの体にあり得ないものが突き刺さったら?専門家のアドバイスは“自分では抜かないで”。
女性から依頼が殺到 大盛り系ラーメン店を個別指導
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 女性から依頼が殺到 大盛り系ラーメン店を個別指導  最近、野菜が山盛りのラーメンを食べる女性が増えています。そうしたなか、一緒にお店に行って注文の仕方や食べ方などを丁寧にアドバイスしてくれるサービスが人気となっていました。  ラーメン大好きの大学3年生の清水祐希さん(21)。先月から始めたサービスというのが…。  清水祐希さん:「(野菜大盛り系ラーメンに対して) 『食べきれるか不安』とか、そういう理由の方が多いので、僕が上手くサポートできるように 」  ということで、やって来たのは、普段は清水さんがアルバイトしているラーメン店。この店の自慢は、豚骨や豚肉をベースにしたスープで頂く、野菜大盛りラーメンです。  大盛り系を食べたことがない紀アナに、早速、清水さんからアドバイス。  清水祐希さん:「女性向けで『プチ』っていう、小食向けのラーメンがあるので、おすすめしたいなと思って」  さらに、野菜大盛り系ラーメン店にはこんなルールが。席に着いてから、トッピングのにんにくや野菜の量などを伝えるのです。プチサイズとはいえ、通常のラーメン店の並盛りと同じサイズだといいます。野菜大盛り系ラーメンは豪快に食べることが多いため、清水さんがさりげなく取り出したのが、ティッシュペーパーです。  依頼を受け、一緒に店に行き、注文の仕方や食べ方をアドバイスする清水さん。料金は交通費だけ。自分が食べるラーメン代は自腹です。依頼者の9割は女性。現在、約60件の予約が入っているといいます。
第8話 「転職は無理」/「大変身」
無料
フリージ 第8話 「転職は無理」/「大変身」 「転職は無理」 アメリカ留学中のウム・ハマスの息子から、「卒業できたから、帰国する」と連絡が入った。喜ぶはずが、なにか浮かない顔をしている。「どうしてもっと喜べないの?」「息子と仕事がかぶるっていうなら、あなたの方が新しい仕事を始めてみるっていうのはどうかしら?」そう提案するウム・アラウィに、「さすがあんた、大学出だわ」と乗り気になったウム・ハマス。もっと儲かる、かっこいいキャリアに転身しようと、いろんな仕事に手をだすが…。 「大変身」 実はここ20年、自分の顔を鏡で見ていないウム・ハマス。ひょんなことから鏡を覗いて、死ぬほどショックを受ける。ウム・アラウィから「アンチエイジングは、それなりに時間がかかるのよ」と言われ、ウム・サイードからも「人間は歳をとるの。あきらめなさい」とたしなめられても、そこはウム・ハマス。「いやよ!今すぐに、若さと美貌を取り戻すの!」と言い放ち…。