「ドラえもん 今日 テレビ」の検索結果

今すぐ視聴する

#530 思い出せ!あの日の感動(2014年12月30日放送)
ドラえもん #530 思い出せ!あの日の感動(2014年12月30日放送) 今日も寝坊をしてしまったのび太は、「つくづくイヤになった…」となげき、学校へ行くのをやめると言い出す。退学届を書き出すのび太をあわてて止めるドラえもんだったが、なんと今日は日曜日だった…。 しかし、それでも「明日から学校に行かない」と昼寝をはじめるのび太に、ドラえもんはあの手この手で遊ぼうと誘うが、のび太は裏山で昼寝すると言い出す。そこで、ドラえもんは『ハジメテン』を取り出し、あくびをするのび太の口の中へと放り込む。 すると、むりやりしずかちゃんの家に連れていかれたのび太は、まるで初めて会ったかのようにオーバーアクションでしずかちゃんをほめ始めた! その後もすべてのことに感動するのび太。実はこのハジメテンを飲むと、何にでも初めてのような感動を受けるのだ。 楽しい一日を過ごしたのび太とドラえもんが帰宅すると、パパとママがケンカをしていた。そこでドラえもんは、ケンカする二人の口にハジメテンを放り込んで…!?
#539 チリつもらせ機
ドラえもん #539 チリつもらせ機 今日食べるどら焼きがないことに気づいたドラえもん。のび太におこづかいを貸して欲しいと必死に頼むが、のび太に貸せるおこづかいなどなく、ガッカリ…。そこで取り出したのが、欲しいものをいろいろなところから少しずつ集めてくれるひみつ道具『チリつもらせ機』。日本中のどら焼きから、目に見えないほど小さなかけらを集めて食べようと思いついたのだ。 はずかしいことだと一度は止めようとしたドラえもんだったが、結局は集めたどら焼きをおいしそうに食べてしまう。それを見たのび太は、自分も使ってみたいと言い出し、まずは試しに神成さんのかみの毛を増やしてみることに。すると、神成さんのかみの毛があっという間にフサフサになったからビックリ! その後も、のび太はドラえもんが止めるのも聞かず、チリつもらせ機でいろいろなものを集めようとするが…!?

おすすめの作品

#562 身代わりテレビで南の島へ
ドラえもん #562 身代わりテレビで南の島へ 夏休み、みんなとスネ夫の家の別荘に遊びに行くことになったのび太は、大よろこび! ところが、当日の朝になって高熱を出し、行けなくなってしまった…。そんなのび太をかわいそうに思ったドラえもんは、しずかちゃんに「これをのび太くんの代わりだと思って持って行って!」と、『身代わりテレビA』というひみつ道具をあずける。 しばらくして、少し熱が下がったのび太が「今ごろみんなはどうしているかなぁ」と残念がっていると、ドラえもんが『身代わりテレビB』を取り出した。ドラえもんに言われるがまま、のび太がそれを頭にかぶったところ、なんと別荘に到着したスネ夫たちの映像が見えたからビックリ! 身代わりテレビAを通じて、遠く離れた場所にいるみんなの様子が見えるのだという。 その後、見ているだけではつまらなくなったのび太が、ドラえもんに言われた通り、身代わりテレビBのボタンを押したところ、なんと身代わりテレビAに手足が出現! のび太の分身として動き回ることができるようになって…!?
映画ドラえもん のび太の日本誕生
映画ドラえもん 映画ドラえもん のび太の日本誕生 7万年前の世界に家出したドラえもんたち。だが、そこには、恐ろしい力を自在に操る、精霊王ギガゾンビがいた。ドラえもんたちは、ヒカリ族の少年ククルを助けて、ギガゾンビに立ち向かう!
#559 いねむりシール
ドラえもん #559 いねむりシール のび太が学校から帰宅すると、部屋でドラえもんが道具の手入れをしていた。ところが、話しかけても反応がなく、のび太が不審(ふしん)に思っていると、急に目覚まし時計が鳴り、ドラえもんが目からシールをはがしたからビックリ! 実は、これは『いねむりシール』というひみつ道具で、予定を言いつけて目に貼ると、眠りながら働くことができるのだという。ドラえもんは眠りながら道具の手入れをしていたのだ。それを聞いたのび太は大よろこびで、貸して欲しいとドラえもんに頼み込む。 まず、宿題とママに頼まれたおつかいに行くことにしたのび太だったが、起きていてもできない宿題が寝ながらできるわけはなく、答えはめちゃくちゃ。それを見たドラえもんは心配になり、おつかいに行くのび太についていくことに。 すると、やはり眠ったままでは買い物ができず、ドラえもんの助けでどうにかおつかいができた。ところが、そんなこととは知らず、ママにおこづかいをもらって調子に乗ったのび太は、いねむりシールを使って寝たまましずかの家に遊びに行くことに…!?
映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)
映画ドラえもん 映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ) ある日、テレビのヒーローに憧(あこが)れたのび太は、みんなでヒーロー映画を創(つく)ろうと言い出す。ドラえもんは、ひみつ道具<バーガー監督(かんとく)>を出して、のび太たちが「銀河防衛隊(ぎんがぼうえいたい)」というヒーローになって宇宙(うちゅう)の平和を守るという映画を撮影(さつえい)し始めた。 ところがその時、地球に不時着(ふじちゃく)していたポックル星人のアロンに、本物のヒーローとまちがわれて一緒(いっしょ)に宇宙(うちゅう)へ行くことになってしまう……。
#524 石ころぼうし
ドラえもん #524 石ころぼうし パパやママ、ドラえもんにまで口うるさく注意されてばかりののび太は、放っておいて欲しいと怒り出す。ドラえもんが、みんながのび太のことを気にかけているからだとなだめるが、だれにも気にされなくなる道具が欲しいと言い返すのび太。 ドラえもんはしかたなく、ポケットから『石ころぼうし』を取り出す。このぼうしをかぶると、道ばたに転がっている石のように、だれにも気にされなくなるのだという。 さっそくのび太がぼうしをかぶったところ、ドラえもんはのび太がいることをまったく気にしなくなり、話しかけても反応しなくなる。その様子を見たのび太は、これで何をしてもだれにも文句を言われなくなると大よろこび。パパやママにいたずらをした後、道で会ったしずかちゃんの後をついていき、しずかちゃんの部屋の中にまで入っていくが…!?
#529 おすそわけガム
ドラえもん #529 おすそわけガム 最近、おやつが少ないことをなげくのび太とドラえもん。道で会ったスネ夫の家に遊びに行こうとするが、これからとってもおいしいメロンを家で食べるからダメだと断られてしまう。ガッカリするのび太に対し、なぜかスネ夫の後をついていくドラえもん。そして、スネ夫がメロンを食べようとする前にポケットからガムを出すと、三分の一をスネ夫に渡し、残りをのび太と自分の口に入れる。 実はこのガムは『おすそわけガム』と言い、ガムをわけた相手が食べたものが、自分の口にも伝わるというのだ。スネ夫がメロンを食べ始めると、のび太とドラえもんの口にもおいしいメロンの味が広がり、二人は大まんぞく。 これに味を占めたのび太は、ドラえもんに再びおすそわけガムを出してもらうと、みんなのおやつを聞きながら、ガムを半分ずつ配り始めて…!?
#564 ダジャレでやっつけろ!
ドラえもん #564 ダジャレでやっつけろ! 自信たっぷりに言ったダジャレを、「つまらない」とスネ夫にバカにされ、くやしくてたまらないのび太。それを聞いたドラえもんは、ポケットから、ヘルメットのようなものを取り出す。それは『ダジャレーダー』という未来のパーティーグッズで、これをかぶってダジャレを言うと、15分間だけダジャレのとおりになるのだという。 さっそく、のび太が「ネコが寝転んだ!」と言うと、ドラえもんがゴロンと寝ころび、「昆布がよろコンブ!」と言うと、キッチンで昆布たちが「ワーイ!」とよろこび出した! その様子を見たパパが、ダジャレなら得意だと言い出し、ダジャレーダーをかぶってダジャレを連発。止まらないパパに、のび太とドラえもんはうんざりしてしまう…。 その後、ダジャレーダーをかぶって外に出たのび太は、ダジャレでスネ夫に仕返しをすると、ドラえもんにもうひとつダジャレーダーを出してもらい、スネ夫と“ダジャレ対決”をすることにするが…!?
豪雨被害のドラえもん募金に1億3500万円
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 豪雨被害のドラえもん募金に1億3500万円  テレビ朝日では九州をはじめ、各地の豪雨で被災された方々を支援するため、7月8日から22日まで「ドラえもん募金」を行いました。皆様から寄せられた募金はテレビ朝日からの寄付を加え、総額で1億3500万円となりました。お寄せ頂いた全額を熊本県をはじめ、特に被害の大きかった熊本県、福岡県、大分県、鹿児島県、岐阜県の5県にテレビ朝日福祉文化事業団を通じてお送りします。皆様の温かいご支援に感謝致します。
#520 珍加羅峠の宝物
ドラえもん #520 珍加羅峠の宝物 ドラえもんから、「100円、貸(か)して」といわれたのび太。ところが、ドラえもんがいきなりその100円玉を空き地の草むらにほうり投げたから、のび太はビックリする。 じつはドラえもんは、宝ものを自動的に見つけだしてくれるひみつ道具『宝さがし機』を使って、日本各地にねむる埋蔵金(まいぞうきん)を探しあてることを思いつき、100円玉でためしてみようと考えたのだ。 しかし、この宝さがし機は1000円以下のものは宝としてみとめない仕組みだったため、のび太の100円玉は見つからない。怒るのび太をなんとかなだめ、2人は宝探しに出発する。場所は、2000万両もの宝がうめられたという伝説がのこる“珍加羅峠(ちんからとうげ)”。だが、宝さがし機はなかなか反応せず…!?
第8話 血液循環
はたらく細胞 第8話 血液循環 二酸化炭素を肺に届け、酸素を体中の細胞たちに届ける、それが赤血球の大切な仕事。相変わらず方向音痴で道に迷ってばかりの赤血球だけど、いつまでも半人前ではいられない。今日こそは先輩たちの力を借りず、一人で循環器を一周しようと意気込むが、その傍らには心配そうに見守る白血球(好中球)の姿があった……