「ドラゴン 堀江 結果」の検索結果

「ドラゴン 堀江 結果」に関する情報は見つかりませんでした。
「ドラゴン 堀江」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

第49話 帰って来た紅蜂 他
プロゴルファー猿 第49話 帰って来た紅蜂 他 『帰って来た紅蜂』…猿は球斎名人の指示に従って、紅蜂と再戦することになった。ドラゴンの道場で修行を積んだ彼女は、恐るべき実力を身に付けていた!
第39話 忍び寄る強敵の影 他
プロゴルファー猿 第39話 忍び寄る強敵の影 他 『忍び寄る強敵の影』…ドラゴンは猿の腕前に興味を示し、彼との対戦に同意する。一方の猿は、ドライバーを破損し、かつてない窮地に追い込まれてしまう。
第40話 風雲!竜ヶ峰コース 他
プロゴルファー猿 第40話 風雲!竜ヶ峰コース 他 『風雲!竜ヶ峰コース』…試合の当日の朝、ついに完成した新ドライバー・雷電。日本の竜ヶ峰コースを舞台に、猿とドラゴンの死闘の火ぶたが切って落とされた。
第42話 雪の日の訪問者 他
プロゴルファー猿 第42話 雪の日の訪問者 他 『雪の日の訪問者』…中国の竜ヶ峰コースで再開されることになった猿とドラゴンの後半戦。しかし雷電を自在に使いこなせない猿は、心に迷いを抱えていた。
第43話 死闘再開!!-中国竜ヶ峰コース- 他
プロゴルファー猿 第43話 死闘再開!!-中国竜ヶ峰コース- 他 『死闘再開!!-中国竜ヶ峰コース-』…中国奥地の高山地帯にある、もうひとつの竜ヶ峰コースを目指す猿たち。現地ではドラゴンが、試合の直前まで滝行にうち込んでいた。
第44話 竜の腹 他
プロゴルファー猿 第44話 竜の腹 他 『竜の腹』…フェアウェイが洞窟内を直進する地下ホール。猿は修羅球寺での修行の成果を発揮して、ドラゴンとの打数を残り1打までに縮める。
第45話 天運はいずれに!? 他
プロゴルファー猿 第45話 天運はいずれに!? 他 『天運はいずれに!?』…突然の豪雨ののち、再開された8番ホールの死闘。天運を味方にした猿は、得意の岩返しを成功させ、ドラゴンと一打差まで追いついた。
第46話 新たなる伝説 他
プロゴルファー猿 第46話 新たなる伝説 他 『新たなる伝説』…高地での死闘を重ね、延長戦に応じる体力を失った猿。ドラゴンを突き放して試合を決めるため、猿は最後のパットにすべてを賭けた!
第四十八廻 「ドラゴンの伝道師」
シャーマンキング 第四十八廻 「ドラゴンの伝道師」 今日もアンナにきびしい特訓をさせられる葉。そんな時、ホロホロの妹・ピリカがパッチ村にやって来た。ピリカを歓迎したホロホロは、村の広場で妙な予言をしている男・ロニーと出会う。ロニーは、「子供はシャーマンキングになれない」と断言し、ホロホロにつきまといはじめるのだった。  そして翌日、ホロホロたちの次の対戦相手は、ロニー率いるチーム・サバスだった。チーム・サバスは悪魔に関連した能力を持っているというが…。

おすすめの作品

#13:【未公開付き】最終回 完全版 もう一度冬が来たら
月とオオカミちゃんには騙されない #13:【未公開付き】最終回 完全版 もう一度冬が来たら 【前回のあらすじ】 メンバーたちは期限内に100着の服を作り終え、「落ちないで投票」の結果発表に臨んだ。スクリーンに映された月がすべて満ちた時に、ナナの復活が確定する…。三日月から半月へと徐々に満ちていく月を、10人は固唾をのんで見守った。 しかし、もうすぐで満月というところでスクリーンが突如暗転。メンバーたちの前に赤い手紙が登場した。代表して手紙を読んだとおるは、あふれる涙を堪えきれず、泣き崩れた。手紙には「『落ちないで 投票』の結果、脱落メンバーの復活は行われません。最終告白は10人で行います」と記されていた…。 提供:Indeed
第11話 「大橋高校文化祭【前編】」
無料
とらドラ! 第11話 「大橋高校文化祭【前編】」 2学期が始まり、竜児たち2年C組の男子生徒は、文化祭の出し物でメイド喫茶やコスプレ喫茶をやりたいと言って盛り上がっていた。その翌日、クラスの皆で文化祭の出し物とミスコンの出場者を決める話し合いが行われた。だがその結果、意外なことに、クラスの出し物は「プロレスショー(ガチ)」に、ミスコンの出場者はなぜか大河に決まる。その大河には、近頃、父・逢坂陸郎から頻繁に電話がかかってきていた……。しかし、陸郎に深い恨みを持つ大河は一切その電話に出なかったため、それが災いして彼から生活費を止められてしまう。そんな時、再び陸郎から大河に電話がかかってきた! お金がないのは困るという大河は電話に出たものの……。
第21話 「どうしたって」
無料
とらドラ! 第21話 「どうしたって」 修学旅行でスキー場を訪れた2年C組の面々。スキーを楽しむ生徒たちとは対照的に、スキーができない竜児と大河だけが初心者コースのリフト乗り場に並んでいた。そんな中、木原と能登が北村のことで喧嘩を始めてしまう! その喧嘩は実乃梨や亜美らをも巻き込み、楽しい修学旅行に険悪な雰囲気をもたらす。みんな何を考えているのかわからないと思っていた竜児のもとに、実乃梨がやって来た。彼女とあれこれ話をしているうちに、信じがたい光景を目の当たりにした竜児は、やはり実乃梨は自分の思いを受け入れてはくれないと落ち込んでしまう。さらに、彼はあるアクシデントに巻き込まれた結果、実乃梨と亜美の修羅場を垣間見ることに。
#1 「史上最強のメイド、トール!(まあドラゴンですから)」
無料
小林さんちのメイドラゴン #1 「史上最強のメイド、トール!(まあドラゴンですから)」 朝、会社に出ようとしたらドラゴンがいた。 茫然とする小林さんの目の前で、そのドラゴンは角あり尻尾ありのメイド服を着た美少女へと変身した。トールと名乗るそのドラゴン娘は「今日からメイドとして働かせてください!」と申し出る。どういうことか分からず尋ねると、昨夜酔った勢いで小林さんが家に誘っていたようだった。「人を雇う余裕はない」と断る小林さんだったが、会社に遅刻してしまいそうな時間だと気づき――。
#10 「劇団ドラゴン、オンステージ! (劇団名あったんですね)」
小林さんちのメイドラゴン #10 「劇団ドラゴン、オンステージ! (劇団名あったんですね)」 クリスマスも近づいてきたある冬の日。トールは老人ホームで行われるクリスマスパーティーの出し物を頼まれる。 忙しい小林さんに迷惑はかけないようにとトールたちだけで劇をすることになったのだが、小林さんという制御を失ったドラゴンたちが考える劇はやはりハチャメチャな方向に……。 そうしてついに始まるトールたちの劇。小林さんは心配そうな表情でステージを見つめるが――。
#8 「新たなるドラゴン、エルマ! (やっと出てきましたか)」
小林さんちのメイドラゴン #8 「新たなるドラゴン、エルマ! (やっと出てきましたか)」 カンナに遠足に持っていくお弁当を頼まれた小林さん。自分に任せてくださいと言うトールとの間で、どっちが上手いか勝負が勃発!ルコア、ファフニールを審判員に迎え、二人の料理対決がいま始まる! そしてついに新たなドラゴン娘が登場! 突如小林さんちの壁を破壊し現れたのは、トールと犬猿の仲であるエルマ。秩序を重んじるエルマは、人間との関係を拗らせかねないトールを無理矢理連れ戻そうと勝負を挑んでくる――!!
#3 「新生活、はじまる!(もちろんうまくいきません)」
小林さんちのメイドラゴン #3 「新生活、はじまる!(もちろんうまくいきません)」 トールに加えカンナも住むようになった小林さんち。賑やかになったのはいいが、いかんせん狭いマンションに三人暮らしは窮屈。そこで引っ越しを決意する小林さん。 引っ越した先で滝谷を呼んでパーティーを開くことになったのだが、そこにトールの知り合いである洞窟住まいのファフニールや、太古からこちらの世界に住まうルコアなど、新しいドラゴンたちが小林さんちを訪ねてくる……。
#9 「運動会!(ひねりも何もないですね)」
小林さんちのメイドラゴン #9 「運動会!(ひねりも何もないですね)」 カンナの運動会。しかし小林さんは仕事が忙しく行けそうにないと知ると、カンナは拗ねてしまう。 親でもない自分にどうしてそこまで来てほしいのかわからない小林さんだったが、カンナにとって小林さんは既に親も同然。滝谷からも「行けるかどうかより、行きたいかどうかで決めた方がいい」と言われてしまう……。 そうしていよいよ始まった運動会。ドラゴンであるカンナの身体能力は圧倒的のはずだったが――!?
#11 「年末年始!(コミケネタありません)」
小林さんちのメイドラゴン #11 「年末年始!(コミケネタありません)」 一年の終わりも近づいてきたころ。商店街でトールが福引を引くと、当たったのはなんと温泉旅行――ではなくコタツだった。 ついに小林さんちに導入されたコタツに、トールたちはごろごろごろごろ……。コタツは人間どころかドラゴンまでをもダメにしてしまう。そんな感じでだらだらと年末年始を過ごす小林さんち。平和な休日がただ無為に過ぎて行く。 そんな中、トールたちは初詣に行くために着物を着させてもらうことに――!?
#2 「第二のドラゴン、カンナ!(ネタバレ全開ですね)」
小林さんちのメイドラゴン #2 「第二のドラゴン、カンナ!(ネタバレ全開ですね)」 小林さんとトールの共同生活が馴染んできたころ。 トールと一緒にお買い物へと出かける小林さん。トールが商店街の人たちと仲良くしているのを目の当たりにし、そのコミュ力の高さに驚く。でも当の本人は「なんか適当に愛想よくしただけ」とブラック発言。未だ人間の感情は理解していないご様子。 そんなある休日、小林さんが一人家にいると尋ね人が。扉を開けるとそこにいたのは、角と尻尾を携えた幼女だった――!?