「ドンウォン」の検索結果

今すぐ視聴する

第21話
本当に良い時代 第21話 ドンソクは、自分たちの出生を知りたがるドンジュとドンウォンに母親はソシムではないこと、そして間違いなく二人は血の繋がった家族だと告げる。二人は父親がドンヒでなければ良いと口を揃える。そんな中、ドンヒはドンジュとドンウォンを連れて海に行く。一方、ドンソクはオ・チスがハン部長の事件に関わっていると確信し、オ・チスの自宅に向かう。
第12話
本当に良い時代 第12話 新しい彼氏を喫茶店で待つジョンア。そこでドンヒはジョンアに向き合い、必死で怒りを押さえながらも家に帰ろうと伝える。しかしジョンアは、今が一番幸せだとそれを拒む。そこにジョンアの彼氏が現れ、ドンヒは悲しみを抱え家へ帰るのだった。一方、ムルと口喧嘩の末、地面に寝転んでお餅を食べていたドンウォンがのどを詰らせ...。
第18話
本当に良い時代 第18話 「身の程を知らずに妄想を捨てられずにいるのはあんただ」とヘウォンが見ている前でミョンスンに冷たく言ったドンソクはソシムを連れて病院から出る。ミョンスンはショックを受けて意識を失う。ドンオクがドンソクを異性として好きだという話を聞いた家族は非常事態となる。ドンジュとドンウォンは自分たちの出生に対する疑惑を抱く。
第19話
本当に良い時代 第19話 ドンソクはヘウォンに正直に気持ちを告白し、本当の恋愛をしようと告げる。ドンヒは双子のドンウォンとドンジュに認められるように勉強を始めるが、ドンタクは手伝うと言いながら山をかける方法を教える。ドンソクはミョンスンに胸ぐらをつかまれる侮辱を受ける。一方、スンフンはヘウォンを家族に紹介するために実家へ連れて行くが...。
第20話
本当に良い時代 第20話 自分たちの出生に対する疑惑を調べていたドンジュはドンウォンと一緒に家出する。そして、双子がいなくなったことに気付いた家族は二人を捜し始める。一方、ドンソクはハン部長の病室でへウォンがチスへの復讐を企んでいる事を知る。チスはヘウォンの父が生前に金を借りた証拠となる借用証書をヘウォンに見せ、ヘウォンの家は差押えられる。
第22話
本当に良い時代 第22話 ヘウォンはオ・チスに、自分に何が足りなくて結婚できないのかとまくし立てる。オ・チスは激怒しヘウォンに水をかけ、その様子をドンソクが目撃していた。ヘウォンはドンソクの姿を見て驚き、思わずその場を後にする。一方、ドンヒはドンジュとドンウォンを連れて海に行き、本当の父親について話すが、それを聞いた二人は泣き出す。
第23話
本当に良い時代 第23話 ドンタクが目を離した隙にヘウォンは姿を消し、オ・チスと無理心中を謀ろうとしていた。その様子を見ていたドンヒが止めるが、そこにやってきたドンソクはこれが復讐の結末かと言い放ち去って行く。一方、従兄弟になったドンジュとドンウォンに今までの仕返しをするムル。ドンソクはオ・チスを調査する中、パク捜査官の携帯からオ・チスの連絡先を見つける。
第33話
本当に良い時代 第33話 ドンソクが入院した病院に駆けつけたヘウォンは、彼のそばで看病するうちに心が揺れ動く...。ヨンチュンはドンジュとドンウォンに母親が生きているという事実を言ってしまう。それに怒ったドンヒはヨンチュンを追い出そうとするが、そこでドンタクが秘密を明かしてしまう。一方、ヘウォンは道ばたで借金取りに追われている男に出会い、彼を助ける。
第36話
本当に良い時代 第36話 酔っ払って部屋に入ろうとするテソプにソシムは“あの日”の話をしながら腹を立てる。ヨンチュンとテソプの弟たちは、“あの日”の話を知りたがる。一方、ドンジュとドンウォンに母親に会いたいとせがまれたドンヒは、ジョンアに電話するも、これ以上関わりたくないと冷たく突き放される。途方に暮れたドンヒは教師のマリに相談する。
第39話
本当に良い時代 第39話 ドンジュとドンウォンを見て自分の母親を思い出したドンヒは、ヨンチュンになぜ自分を捨てたのか聞く。事故のことを分かったうえで交際すると言う覚悟を知ったテソプだが、ドンソクにヘウォンだけはだめだと言う。しかしドンソクは、自分にはヘウォンしかいないと告げる。そしてソシムにヘウォンから聞いたことを打ち明けようとするテソプだが...。
第49話
本当に良い時代 第49話 ドンヒはドンオクの説得も聞かず、ヨンチュンとドンジュ、ドンウォンを連れて家を出ると宣言する。そんな時、ドンヒを残し一人で出て行こうとしていたヨンチュンの前にハンビンが現れプロポーズする。一方、へウォンは偶然見かけたハンビンに好印象を持つが、ドンソクとのデート中、ハンビンが他の女性と仲良くしている姿を見てしまう。
最終話
本当に良い時代 最終話 ドンソクは、旅行先でヘウォンにソウル支庁への出向が決まったと話す。慶州を発つヘウォンとドンソクのためにドンジュとドンウォンはビデオレターを作成する。映像を見た二人は家族の温かいメッセージに涙を流すのだった。その後、ドンタクはスターになる夢を叶え、ドンヒは警察を目指して勉強、テソプも豚足屋に就職し、家族はそれぞれの道を歩み始めた...。