「ナルト 日向」の検索結果

今すぐ視聴する

劇場版NARUTO-ナルト- 疾風伝
劇場版NARUTO-ナルト- 疾風伝 劇場版NARUTO-ナルト- 疾風伝 かつて世界を破滅の一歩手前まで追い込んだ魔物が何者かの手によって復活した。 今回のナルトの任務は、鬼の国の巫女(みこ)・紫苑(しおん)を守ること。 紫苑には2つの特殊な能力がある。 1つは、復活した魔物を封印する力。もう1つは、人の死を予言すること。 今まで“死の予言”を一度もはずしたことはない紫苑が言う。 「ナルト、お前は死ぬ」 紫苑に死を予言された者が、死から逃れる方法はただひとつ。 それは、紫苑から離れること。 しかし、ナルトが紫苑から離れることは魔物を封印できる唯一の存在である紫苑の死、そして世界の破滅へと繋がる。 ナルトは絶対に避けられない“死の予言”に挑むが……。
第8話 魔術師になるということ
グランベルム 第8話 魔術師になるということ 水晶と戦う満月と九音は、水晶の不気味な雰囲気に押され、苦戦するも切り抜ける。新月の家で目を覚ました満月は、寧々からのメッセージに気づき、家を訪ねる。昨夜の戦いを振り返るも、寧々からアンナについての記憶が消えてしまっていた。違和感を覚えた新月たちは急いでフーゴ家に向かうのだが...。
第45Q 軽いものなはずないだろう
黒子のバスケ 第2期 第45Q 軽いものなはずないだろう ウインターカップ二回戦、対中宮南戦。誠凛はリコの采配により黒子・火神を除いたメンバーで挑むも、本調子が出ず思わぬ苦戦を強いられる。しかし「日本一になる」という強い想いでなんとか勝利を収める。一方『キセキの世代』紫原を擁する陽泉高校は、前代未聞の連続無失点勝利を飾っていた。その他海常・秀徳・洛山といった優勝候補もそれぞれ順調にコマを進める。そしてついに準々決勝、誠凛VS陽泉戦が始まる!
#11 男の意地と女のプライド
あひるの空 #11 男の意地と女のプライド クズ高バスケ部の練習を見学していた奈緒は、「このチームで試合に勝てるとは思えない」と言い放つ。奈緒の分析が正しいかを検証するために、女子バスケ部と試合をすることになった。女子が負けたら円が裸になると奈緒が勝手に約束したため、俄然やる気になった空たちは順調に得点を重ねていくが、奈緒が「作戦」を円たちに実行させると、試合状況が少しずつ変わっていく。
THE LAST -NARUTO THE MOVIE-
THE LAST -NARUTO THE MOVIE- THE LAST -NARUTO THE MOVIE- 第四次忍界大戦終結から2年後…。 冬の祭典が迫る木ノ葉隠れの里。忍界大戦の英雄となったナルトは、共に成長してきた仲間たちと楽しい時を過ごしていた。そんなナルトをずっと見守ることしかできなかったヒナタの想いは、こっそり編んだ1本のマフラーとともに未だ届けられずにいる。 そんな中、謎の男の出現と共にもたらされた月の異常接近という緊急事態。男の名は大筒木トネリ。その正体はかつてナルト、そしてサスケと死闘を繰り広げたチャクラの祖・大筒木かぐやの子孫だった。ヒナタを執拗に狙うトネリの目的とは? 刻々と地上に近づく月から降り注ぐ隕石との壮絶な防衛戦の中、トネリを追うナルトたちに明かされた恐ろしき「真の最終計画」――ナルトは世界を、そして大切な存在を守ることが出来るのか? 原作者・岸本斉史がストーリー総監修を務める、「原作のその先」の物語。

おすすめの作品

第参話 宿敵!?サスケとサクラ
NARUTO -ナルト- 第参話 宿敵!?サスケとサクラ 「下忍(げにん)」として晴れて忍者となったナルトは、「三人一組(スリーマンセル)」の班を組むことに。ナルトと同じ班になったのは、春野サクラとうちはサスケ。ナルトはサクラにゾッコンだったが、肝心のサクラはサスケに夢中だ。しかもサスケはナルトと違い、見た目だけでなく実力もピカイチのエリート。おもしろくないナルトは、サスケにひとあわふかせようと、ある陰謀を企む。
第十四話 意外性No.1 ナルト参戦!
NARUTO -ナルト- 第十四話 意外性No.1 ナルト参戦! 白の「魔鏡氷晶(まきょうひょうしょう)」により、ピンチに陥ったサスケ。そこにナルトが飛びこんできた。しかし、魔鏡氷晶を内と外から崩そうと考えていたサスケの作戦はナルトの行動で台無しになってしまう。白はナルトとサスケに、「大切な人のためにあなたたちを殺します」と告げる。
第六話 重要任務!波の国へ超出発
NARUTO -ナルト- 第六話 重要任務!波の国へ超出発 本格的に忍者の任務を受け持つことになったナルトたち。しかしその任務はといえば、迷子のネコを探すなど退屈な仕事ばかりだった。次第に不満がたまるナルトは、ついに三代目火影に猛抗議。ヘソを曲げたナルトに少々困惑気味の火影だが、ナルトのやる気を感じとり、より難易度の高い任務を与えることにする。 それは、「タズナ」という人物を祖国の「波の国」まで護衛する任務で……。
第七話 霧の暗殺者!
NARUTO -ナルト- 第七話 霧の暗殺者! 波の国にたどり着いたナルトたちは、この国が「ガトー」という悪徳商人に支配されていることを知る。そんな中で現れた刺客「桃地再不斬(ももちざぶざ)」。思わぬ強敵出現に興奮するナルトだが、そんなナルトにカカシは、「とうていお前のかなう相手ではない」と告げる。いつもと様子のちがうカカシに、ナルトたちはただならぬものを感じ……。
第八話 痛みに誓う決意
NARUTO -ナルト- 第八話 痛みに誓う決意 再不斬の「水牢(すいろう)の術」に閉じこめられてしまったカカシ。もはやタズナを守るのはナルトたち三人のみになってしまった。しかもナルトとサスケの攻撃もまったく通用しない。圧倒的な力の差にがく然とするナルトだが、「二度と逃げない」という左手の誓いを思い出し踏みとどまる。そんなナルトの脳裏に起死回生の作戦が閃く!
第十六話 解放された封印
NARUTO -ナルト- 第十六話 解放された封印 白の猛攻を受け続けるナルトとサスケ。しかしサスケは、この戦いの中で、自分自身が秘めた血継限界・写輪眼の能力に目覚めつつあった。それに気づいた白は、このまま長期戦になればサスケの方が有利になると判断し、一気に勝負に出る!だが白の狙いはサスケではなく、動けないナルトに向けられ……。
第二十一話 名乗れ!現れた強敵たち!!
NARUTO -ナルト- 第二十一話 名乗れ!現れた強敵たち!! 木ノ葉からも中忍試験に受験生を送ることになった。その中にはナルトたちも含まれている。だが彼らの参加にイルカは強く反対。まだナルトたちは若すぎ、経験、実力ともに未熟すぎるというのだ。「未熟なままナルトたちの可能性をつぶしてしまうつもりなのか?」とイルカは推薦人のカカシを問い詰めるが……。
劇場版NARUTO‐ナルト‐ ブラッド・プリズン
劇場版NARUTO‐ナルト‐ ブラッド・プリズン 劇場版NARUTO‐ナルト‐ ブラッド・プリズン 脱獄か死か。 いわれなき罪により囚われたナルトは、脱獄不可能の監獄、鬼灯城(ほおずきじょう)に送られる。 城主の無為(むい)により忍の力を奪われたナルトに、近づく謎の囚人たち。 草隠れの暗部・竜舌(りゅうぜつ)、いわくありげなマロイ……果たして、彼らの目的は? 無実を主張するナルトは脱獄を繰り返すが、何者かに命を狙われる! ほおずき―その花言葉は「偽り」。 凶気の城に隠された悲しき真実が明らかになる時、誇りをかけた忍たちの最後の闘いが始まる……。
劇場版総集編 前編 『ハイキュー!! 終わりと始まり』
劇場版総集編 前編 『ハイキュー!! 終わりと始まり』 劇場版総集編 前編 『ハイキュー!! 終わりと始まり』 ふとしたきっかけでバレーボールに魅せられた少年、日向翔陽。中学3年になった日向は、部員がいない逆風にも負けず、やっとの思いでメンバーを集め、最初で最後の公式戦に出場。しかし「コート上の王様」と異名を取る天才プレーヤー・影山飛雄に惨敗する。リベンジを誓う日向は憧れの烏野高校に入学するも、そこで影山と再会してしまう。はなから衝突の絶えない日向と影山だったが・・・。
第70Q 覚悟の重さ
黒子のバスケ 第3期 第70Q 覚悟の重さ 誠凛VS洛山戦は第3Qに突入。誠凛は諦めることなく、スコアラーの日向と火神に希望を託す。しかしわずかな希望すらも赤司は摘み取ろうとしていた。その矛先は日向に。攻める気持ちを逆手に取るような実渕のシュート「地」の罠にかかりファウルを取られた日向は、審判に反論し痛恨の4つ目のファールを取られてしまう。絶体絶命のピンチの中で、再び黒子がコートに立つ。「影の薄さ」という武器を失った黒子に勝算はあるのか?! 新旧「幻の6人目(シックスマン)」黒子と黛が対決する!