「ナレーター木幡ケンヂ」の検索結果

今すぐ視聴する

More センター争奪麻雀バトル#1
More センター争奪麻雀バトル More センター争奪麻雀バトル#1 女流雀士16人で構成された本格アーティストグループMoreの次期センターを決めるための麻雀バトル!16名が4組に分かれて半荘1回を打ち、トップを取った者が決勝進出。決勝戦で勝利を納めた者がMoreの次期センターとなる。16人の意地とプライドを賭けた戦いの幕が切って落とされる!
More センター争奪麻雀バトル#2
More センター争奪麻雀バトル More センター争奪麻雀バトル#2 女流雀士16人で構成された本格アーティストグループMoreの次期センターを決めるための麻雀バトル!16名が4組に分かれて半荘1回を打ち、トップを取った者が決勝進出。決勝戦で勝利を納めた者がMoreの次期センターとなる。16人の意地とプライドを賭けた戦いの幕が切って落とされる!
More センター争奪麻雀バトル#3
More センター争奪麻雀バトル More センター争奪麻雀バトル#3 女流雀士16人で構成された本格アーティストグループMoreの次期センターを決めるための麻雀バトル!16名が4組に分かれて半荘1回を打ち、トップを取った者が決勝進出。決勝戦で勝利を納めた者がMoreの次期センターとなる。16人の意地とプライドを賭けた戦いの幕が切って落とされる!
More センター争奪麻雀バトル#4
More センター争奪麻雀バトル More センター争奪麻雀バトル#4 女流雀士16人で構成された本格アーティストグループMoreの次期センターを決めるための麻雀バトル!16名が4組に分かれて半荘1回を打ち、トップを取った者が決勝進出。決勝戦で勝利を納めた者がMoreの次期センターとなる。16人の意地とプライドを賭けた戦いの幕が切って落とされる!
More センター争奪麻雀バトル#5
More センター争奪麻雀バトル More センター争奪麻雀バトル#5 女流雀士16人で構成された本格アーティストグループMoreの次期センターを決めるための麻雀バトル!16名が4組に分かれて半荘1回を打ち、トップを取った者が決勝進出。決勝戦で勝利を納めた者がMoreの次期センターとなる。16人の意地とプライドを賭けた戦いの幕が切って落とされる!

おすすめの作品

島牧村のクマ騒動
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2019【土曜放送】 島牧村のクマ騒動 この夏、北海道島牧村でクマによる被害が相次いだ。2頭のクマが駆除されたが、問題を起こしていたのは別のクマだった。建物を壊す。池のコイを狙う。何度追い払っても気にもしない。恐れ知らずのクマだった。ハンターが追いまわすと、翌日には墓場を荒らし、骨壺まで破壊した。捕獲できない日々。ハンターへの報奨金がかさんでいく。小さな村が2ヵ月間、1頭のクマに翻弄された記録。
中洲の夜間保育園
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2019【土曜放送】 中洲の夜間保育園 「夜中に子供を預けるなんて、子供が可哀想?」「シングルマザーになったのは、自業自得?」核家族化、女性の社会進出、昔の話とはちょっと違ってきています。九州一の繁華街、中洲。眠らない街の片隅に眠らない保育園があります。夜遅くまで保育園で迎えを待つ子供たち。子どものため、生活のために夜遅くまで働くシングルマザーやシングルファザーたち。様々な事情や突然のアクシデントも夜間保育園はそっと支えてくれます。
那須岳雪崩事故の真相
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2019【土曜放送】 那須岳雪崩事故の真相 017年3月、栃木県那須岳の雪崩事故で、大田原高校山岳部の生徒7人と教諭1人が亡くなった。県の検証委員会は「自然発生と、人為発生という両方の可能性を否定できない」と結論付けた。真実が明らかにされていないと、強い不満を抱く遺族たち。その日、山岳部員たちはどのルートを、どのように行動していたのか。そして雪崩はどこで発生したのか。関係者の証言、事故現場の画像解析で、雪崩の全容に迫った。
AYA世代の闘い ~がんと向き合う19歳~
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2019【土曜放送】 AYA世代の闘い ~がんと向き合う19歳~ 19歳の青年に突き付けられた現実は残酷だった。 脳に見つかった悪性腫瘍。がんを宣告された中村嶺也さん(19)は7年前に母親を亡くしていた。 15歳から30代後半にかけてのがん患者は「AYA世代」と言われ、進学や就職などの将来への不安や葛藤を抱えている。 19歳の青年が直面した苦難。その時家族は 。―何気ない日常を取り戻す19歳の姿をカメラが追った。
縄文 祈りの木柱列 ~日本海巨木文化の謎を追う~
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2019【土曜放送】 縄文 祈りの木柱列 ~日本海巨木文化の謎を追う~ 石川県の能登半島にある真脇遺跡には、10本の巨大な柱が円を描いてそびえ立つ。環状木柱列と呼ばれる謎の遺跡だ。「集会場」「住居跡」など様々な推測がなされているが、何に使われていたのか分かっていない。そして遺跡からは、足の踏み場もないほど大量のイルカの骨が見つかっている。木柱とイルカの骨は関係があるのか?最新の考古学や文化人類学からこの謎を解明しようと試みる。そこから見えてきたのは、縄文人の精神世界だった。
“3.11”を忘れない 2度目の再起 ~与えられた運命を愛す~
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2019【土曜放送】 “3.11”を忘れない 2度目の再起 ~与えられた運命を愛す~ 宮城県気仙沼市の菅野一代さん一家は津波で養殖の仕事と自宅を失った。その後、夫と共に養殖を再開、学生ボランティアの面倒をみた経験から民宿を開業した。震災からの復興をとげた2017年3月、再び悲劇に襲われる。漁船が転覆し、夫と義息が行方不明になり、長女が亡くなった。ショックで寝込む一代さんの心にかつて義父に言われた「与えられた運命を愛せよ」という言葉が浮かんできた...。2度目の再起を目指す民宿の女将を取材した。
“3.11”を忘れない 廃炉にゆれる町
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2019【土曜放送】 “3.11”を忘れない 廃炉にゆれる町 多くの県民の生活を一変させた福島第一原発事故。その第一原発から南に12kmにあるのが、津波に襲われながらも事故を免れた福島第二原発。今年6月、東京電力が初めて示した第二原発廃炉の方針は、県などが震災後から求めてきた念願だった。しかし、いまだ復興途中の立地町からは再稼働を望む本音も聞こえる。原発に多くのモノを奪われても、原発に頼らないといけないジレンマ。多くの恩恵を受けてきた町は、廃炉に揺れている。
いつか見ていろ ~最高峰で戦う村のクラブ~
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2019【土曜放送】 いつか見ていろ ~最高峰で戦う村のクラブ~ 練習場所は村民体育館。生活費を選手自ら稼ぐ信州の小さなクラブチームが、実業団のトップ選手がしのぎを削るバレーボールの最高峰リーグに挑んでいる。創立10年で悲願のトップリーグ入りを果たした「VC長野トライデンツ」を率いるのは若干33歳の熱血漢。運営会社の社長も兼務しスポンサー集めや選手のスカウト、就職先の斡旋に奔走する。「実業団チームよ いつか見ていろ」。恵まれているとは言えない環境で奮闘する弱小チームに密着した。
知るのは“罪”なのか ~母と子 取り違え60年~
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2019【土曜放送】 知るのは“罪”なのか ~母と子 取り違え60年~ 自分が生まれた直後、実は別の新生児と取り違えられていた。それがわかったのは40代になってから。産院のミスで全く別人の人生を歩んでいたことに憤り、苦悩する日々。過ぎた時間は取り戻せないが「せめて生みの親に一目会いたい」。母親も「生んだ子が今どうしてるか知りたい」と願う。しかし、取り違え相手を捜し始めると様々な壁が立ちはだかった。知ることは“罪”なのか。新生児取り違えの被害者が直面する悲劇の実態を追う。
のれんを下ろす日 ~人情親父 仙台最後の屋台~
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2019【土曜放送】 のれんを下ろす日 ~人情親父 仙台最後の屋台~ 昭和30年代には数百軒の屋台が軒を連ね、博多と並ぶ『屋台の街』として知られていた仙台。しかし、その後、「主の代替わりは認めず」とする当局の規制により、街から屋台の姿が消えていく...。今、残るのは1軒だけ。東京オリンピックの年から半世紀以上にわたり、屋台を営んできた85歳の主は、数年前から引退を考えつつも踏み切れずにいる。「働くことは世間とつながること」と話す男性の姿を通じて、人が働くことの意味、現代社会から失われつつあるものを見つめる。