「ナレーター木幡ケンヂ」の検索結果

今すぐ視聴する

More センター争奪麻雀バトル#1
More センター争奪麻雀バトル More センター争奪麻雀バトル#1 女流雀士16人で構成された本格アーティストグループMoreの次期センターを決めるための麻雀バトル!16名が4組に分かれて半荘1回を打ち、トップを取った者が決勝進出。決勝戦で勝利を納めた者がMoreの次期センターとなる。16人の意地とプライドを賭けた戦いの幕が切って落とされる!
More センター争奪麻雀バトル#2
More センター争奪麻雀バトル More センター争奪麻雀バトル#2 女流雀士16人で構成された本格アーティストグループMoreの次期センターを決めるための麻雀バトル!16名が4組に分かれて半荘1回を打ち、トップを取った者が決勝進出。決勝戦で勝利を納めた者がMoreの次期センターとなる。16人の意地とプライドを賭けた戦いの幕が切って落とされる!
More センター争奪麻雀バトル#3
More センター争奪麻雀バトル More センター争奪麻雀バトル#3 女流雀士16人で構成された本格アーティストグループMoreの次期センターを決めるための麻雀バトル!16名が4組に分かれて半荘1回を打ち、トップを取った者が決勝進出。決勝戦で勝利を納めた者がMoreの次期センターとなる。16人の意地とプライドを賭けた戦いの幕が切って落とされる!
More センター争奪麻雀バトル#4
More センター争奪麻雀バトル More センター争奪麻雀バトル#4 女流雀士16人で構成された本格アーティストグループMoreの次期センターを決めるための麻雀バトル!16名が4組に分かれて半荘1回を打ち、トップを取った者が決勝進出。決勝戦で勝利を納めた者がMoreの次期センターとなる。16人の意地とプライドを賭けた戦いの幕が切って落とされる!
More センター争奪麻雀バトル#5
More センター争奪麻雀バトル More センター争奪麻雀バトル#5 女流雀士16人で構成された本格アーティストグループMoreの次期センターを決めるための麻雀バトル!16名が4組に分かれて半荘1回を打ち、トップを取った者が決勝進出。決勝戦で勝利を納めた者がMoreの次期センターとなる。16人の意地とプライドを賭けた戦いの幕が切って落とされる!

おすすめの作品

島牧村のクマ騒動
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2019【土曜放送】 島牧村のクマ騒動 この夏、北海道島牧村でクマによる被害が相次いだ。2頭のクマが駆除されたが、問題を起こしていたのは別のクマだった。建物を壊す。池のコイを狙う。何度追い払っても気にもしない。恐れ知らずのクマだった。ハンターが追いまわすと、翌日には墓場を荒らし、骨壺まで破壊した。捕獲できない日々。ハンターへの報奨金がかさんでいく。小さな村が2ヵ月間、1頭のクマに翻弄された記録。
中洲の夜間保育園
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2019【土曜放送】 中洲の夜間保育園 「夜中に子供を預けるなんて、子供が可哀想?」「シングルマザーになったのは、自業自得?」核家族化、女性の社会進出、昔の話とはちょっと違ってきています。九州一の繁華街、中洲。眠らない街の片隅に眠らない保育園があります。夜遅くまで保育園で迎えを待つ子供たち。子どものため、生活のために夜遅くまで働くシングルマザーやシングルファザーたち。様々な事情や突然のアクシデントも夜間保育園はそっと支えてくれます。
那須岳雪崩事故の真相
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2019【土曜放送】 那須岳雪崩事故の真相 017年3月、栃木県那須岳の雪崩事故で、大田原高校山岳部の生徒7人と教諭1人が亡くなった。県の検証委員会は「自然発生と、人為発生という両方の可能性を否定できない」と結論付けた。真実が明らかにされていないと、強い不満を抱く遺族たち。その日、山岳部員たちはどのルートを、どのように行動していたのか。そして雪崩はどこで発生したのか。関係者の証言、事故現場の画像解析で、雪崩の全容に迫った。
AYA世代の闘い ~がんと向き合う19歳~
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2019【土曜放送】 AYA世代の闘い ~がんと向き合う19歳~ 19歳の青年に突き付けられた現実は残酷だった。 脳に見つかった悪性腫瘍。がんを宣告された中村嶺也さん(19)は7年前に母親を亡くしていた。 15歳から30代後半にかけてのがん患者は「AYA世代」と言われ、進学や就職などの将来への不安や葛藤を抱えている。 19歳の青年が直面した苦難。その時家族は 。―何気ない日常を取り戻す19歳の姿をカメラが追った。
ダムに沈められた町
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2019【土曜放送】 ダムに沈められた町 死者5人を出した愛媛県西予市野村町。甚大な被害の理由は清流・肱川の氾濫だ。町の広範囲を津波のような水が襲った。被災者の1人は「殺人だ!」と訴える。氾濫は町の上流にある「野村ダム」の“緊急放流”直後に起きた。町が避難指示を出したわずか1時間後、ダムは避難の状況を確認せず緊急放流を始め、瞬く間に町の広範囲が水没した。避けることが出来なかった被害なのか?それとも“人災”か?水没した町で見えたもの...ダムによる治水の限界とは。
ひとものこころ ~「型」が拓く未来~
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2019【土曜放送】 ひとものこころ ~「型」が拓く未来~ 愛知県常滑市のマエダモールドは、急須など陶器を量産するための石膏型を製造してきた。陶器産業の低迷を受け、乳がんで乳房を失った女性の向けの人工乳房を作っている。去年、交通事故で全身に熱傷を負った女性から依頼を受けた。事故で失った耳や手の指を補う人工部位を作ってほしいというものだ。難しい依頼に戸惑いながらも、依頼者の回復に協力することを決めた「型」職人。人の心、未来を変える、ものづくりの現場を追った。
カナリアたちの叫び
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2019【土曜放送】 カナリアたちの叫び 北海道倶知安町で人気のスイーツの店。菓子職人の藤井隆良さんは、店先から流れてくるにおいで体調を崩す。化学物質過敏症と診断された。日本では6万7000種類以上の化学物質が使われているという。化学物質は「香料」の成分にもなっているが、香料による害は今「香害」と呼ばれている。しかし、香料が原因なのか、厚生労働省などでは「発症メカニズムは分かっていない」としている。化学物質過敏症をめぐる問題を伝える。
私らしく ~脱毛症 斉藤淳子~
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2019【土曜放送】 私らしく ~脱毛症 斉藤淳子~ 静岡県に住む主婦、斉藤淳子さん(46)は、全身の毛がない汎発型脱毛症です。脱毛症は生死に関わる病気ではないため、研究があまり進んでいないと言われています。ほとんどの人がカツラを着けて生活していますが、淳子さんは3年前カミングアウトし、講演会などで自分のことを伝える活動をしています。ありのままの姿で大勢の前に出るには抵抗があります。それでも「自分らしく生きたい」と、少しずつ壁を乗り越えていく姿を9カ月間、見つめました。
縄文 祈りの木柱列 ~日本海巨木文化の謎を追う~
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2019【土曜放送】 縄文 祈りの木柱列 ~日本海巨木文化の謎を追う~ 石川県の能登半島にある真脇遺跡には、10本の巨大な柱が円を描いてそびえ立つ。環状木柱列と呼ばれる謎の遺跡だ。「集会場」「住居跡」など様々な推測がなされているが、何に使われていたのか分かっていない。そして遺跡からは、足の踏み場もないほど大量のイルカの骨が見つかっている。木柱とイルカの骨は関係があるのか?最新の考古学や文化人類学からこの謎を解明しようと試みる。そこから見えてきたのは、縄文人の精神世界だった。
“3.11”を忘れない 2度目の再起 ~与えられた運命を愛す~
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2019【土曜放送】 “3.11”を忘れない 2度目の再起 ~与えられた運命を愛す~ 宮城県気仙沼市の菅野一代さん一家は津波で養殖の仕事と自宅を失った。その後、夫と共に養殖を再開、学生ボランティアの面倒をみた経験から民宿を開業した。震災からの復興をとげた2017年3月、再び悲劇に襲われる。漁船が転覆し、夫と義息が行方不明になり、長女が亡くなった。ショックで寝込む一代さんの心にかつて義父に言われた「与えられた運命を愛せよ」という言葉が浮かんできた...。2度目の再起を目指す民宿の女将を取材した。