「ニュース 動画」の検索結果

今すぐ視聴する

中国の検察官装い詐欺未遂か “台湾”の男逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 中国の検察官装い詐欺未遂か “台湾”の男逮捕  東京・調布市の中国人の女性から中国の検察官を装うなどして現金をだまし取ろうとしたとして、自称・台湾出身の男が逮捕されました。  高志文容疑者(30)は9日、仲間と共謀して調布市に住む中国人の20代の女性から現金をだまし取ろうとした疑いが持たれています。警視庁によりますと、高容疑者らは国際電話で中国の検察官を装って「持っている現金が違法なものか調べる」と嘘の電話を掛け、調布駅のロッカーに現金50万円を入れるよう指示しました。女性は前日にも同様の電話を受けて現金約140万円をロッカーに入れていたことから不審に思い、中国大使館に相談して詐欺だと気付きました。高容疑者は現金の受け取り役とみられ、警視庁は外国人による組織的な犯行とみて捜査しています。
救助の男性、転落し死亡 キックバイクで男児崖下に
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 救助の男性、転落し死亡 キックバイクで男児崖下に  新潟県でペダルのない子ども用のキックバイクに乗っていた4歳の男の子が崖から転落して大けがをしました。そして、助けに向かった男性が崖から転落して死亡しました。  10日午後6時ごろ、新潟県関川村の駐車場に隣接する道路から近くに住む4歳の男の子がキックバイクごと崖下に転落しました。この様子を見ていた大工の須貝秀之さん(54)が助けに向かいましたが、須貝さんも崖から転落して頭を強く打って死亡しました。男の子は骨折するなどの重傷です。警察は詳しい事故の原因を調べています。
“帰省ラッシュ”高速きょうピーク 32キロ渋滞も
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 “帰省ラッシュ”高速きょうピーク 32キロ渋滞も  11日もお盆をふるさとや行楽地で過ごす人たちの帰省ラッシュで各地の高速道路は激しく混雑しています。  映像は現在の東北自動車道の埼玉県久喜インターチェンジ付近の様子です。下りの渋滞は11日がピークで、各高速道路は朝から混雑しています。東北自動車道は午前11時半現在、栃木県の矢板インターチェンジ付近を先頭に26キロ、東名高速道路は神奈川県の伊勢原ジャンクション付近を先頭に32キロの渋滞になっています。日本道路交通情報センターによりますと、今後、下りの混雑は各高速道路、緩やかに解消していくということです。上りの渋滞のピークは14日と15日と予測されています。
信号無視し衝突か 交差点で出合い頭に…3人死傷
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 信号無視し衝突か 交差点で出合い頭に…3人死傷  岐阜県で乗用車2台が出合い頭に衝突し、1人が死亡して2人がけがをしました。  11日午前2時45分ごろ、岐阜県瑞浪市の信号のある交差点で普通乗用車と軽乗用車が出合い頭に衝突しました。この事故で、普通乗用車を運転していた岐阜県恵那市の会社員・伊藤佳市さん(43)が頭を強く打って死亡したほか、助手席に乗っていた53歳の女性が肋骨(ろっこつ)を折るなどの重傷、軽乗用車を運転していた54歳の女性も内臓を損傷する重傷を負いました。警察は、どちらかの車が信号無視をした可能性もあるとみて事故の原因を詳しく調べています。
山の日に人気 伝統の「納め太刀」 神奈川・大山
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 山の日に人気 伝統の「納め太刀」 神奈川・大山  8月11日は「山の日」です。神奈川県の大山では伝統の「納め太刀」が行われました。  納め太刀は願い事を書いた木製の太刀を大山阿夫利神社に納める行事です。参加者らは1メートルを超える太刀を抱え、標高約700メートルの神社を目指しました。源頼朝が必勝を祈願して太刀を奉納したのが始まりとされ、今では山の日の人気イベントになっています。
11歳女児が海に流され…救助の女性が重体 母親か
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 11歳女児が海に流され…救助の女性が重体 母親か  11日正午前、神奈川県小田原市の海岸で11歳の女の子が流され、女の子を助けようとした母親とみられる44歳の女性が意識不明の重体です。  午前11時半ごろ、小田原市の早川新港付近の海岸で「子どもが海に流されている」と119番通報がありました。警察などによりますと、海岸で水遊びをしていた11歳の女の子が流されましたが、その後、救助されて軽いけがだということです。また、この女の子を助けようとした母親とみられる44歳の女性と通り掛かった男性(44)が相次いで流され、母親とみられる女性が心肺停止の状態で病院に搬送されましたが、意識不明の重体です。現場は遊泳禁止の場所で、警察が事故原因を詳しく調べています。
日航機墜落事故から“34年” きょう灯籠流し
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 日航機墜落事故から“34年” きょう灯籠流し  520人が犠牲となった日航ジャンボ機の墜落事故から、12日で34年が経ちます。この後、遺族らは現場近くの川に灯籠(とうろう)を流し、冥福を祈ります。  墜落現場の麓を流れる群馬県上野村の神流川では、毎年、事故の前日の8月11日に灯籠流しが行われています。この後、遺族らが手作りの灯籠を川に浮かべて、事故の犠牲者520人の冥福を祈ります。  当時9歳の息子を亡くした美谷島邦子さん:「変わらないのは安全への願い、安全への祈りだと思います」
釣り船に漁船が衝突 客の男性が頭打ち死亡
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 釣り船に漁船が衝突 客の男性が頭打ち死亡  熊本県宇城市の沖合で、釣り船に漁船が衝突し、釣り客の男性が死亡しました。  熊本海上保安部によりますと、11日午前6時40分ごろ、宇城市の沖合で止まって釣りをしていた釣り船の側面に漁船が衝突しました。釣り船には5人の客が乗っていて、熊本市の会社経営・橋村章吾(35)さんが衝突してきた漁船に頭を打って搬送先の病院で死亡が確認されました。他の釣り客も骨折や打撲などの重軽傷を負いました。熊本海上保安部の調べに対し、漁船を操縦していた72歳の船長は「前を見ていなかった」と話しているということです。国土交通省の運輸安全委員会は、12日に事故調査官を派遣して原因を調べることにしています。
台風10号“最新の進路”は 小田原市の海岸で事故も
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 台風10号“最新の進路”は 小田原市の海岸で事故も  お盆休みを直撃する可能性が高まっている台風10号。神奈川県小田原市の海岸では男女3人が沖に流され、うち1人が意識不明の重体となる事故が起きました。
海岸で釣り中に行方不明に 「友人の姿が…」と通報
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 海岸で釣り中に行方不明に 「友人の姿が…」と通報  11日午前、神奈川県三浦市の海岸で釣りをしていた37歳の男性が行方不明になり、横須賀海上保安部や消防が捜索を続けています。  午前9時すぎ、三浦市の海岸で釣りをしていた男性から「友人の姿が見当たらない」と横須賀海上保安部に通報がありました。海上保安部によりますと、行方が分からなくなっているのは東京・葛飾区に住む菊地悠太さんで、午前5時から友人と一緒に釣りをしていたということです。菊池さんは午前7時ごろから行方が分からなくなっていて、当時、救命胴衣などは着けていませんでした。海上保安部や消防はヘリコプターや巡視船などで捜索を続けています。
日航機墜落事故から34年 遺族らが灯籠流し
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 日航機墜落事故から34年 遺族らが灯籠流し  520人が犠牲となった日航ジャンボ機墜落事故から12日で34年です。群馬県上野村では遺族らが現場近くの川で灯籠(とうろう)を流して犠牲者の冥福を祈りました。  墜落現場の麓を流れる上野村の神流川では毎年、事故の前日の8月11日に灯籠流しが行われています。遺族らは「事故のない世界」「命を大切に」などと書かれた手作りの灯籠に火をともし、川に浮かべて犠牲者の冥福を祈りました。  祖父を亡くした若本崚さん:「子どもが生まれたので祖父からするとひ孫の紹介。会いに来ましたを第一に報告しようと」  父を亡くした若本千穂さん:「ここに父がいると思っているので、ここで報告したいなと毎年思う。皆でここで会いたいなと思う」  遺族らは12日、事故現場となった「御巣鷹の尾根」へ登って犠牲者へ祈りを捧げます。
お盆休み水の事故相次ぐ 神奈川と千葉で5人死亡
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 お盆休み水の事故相次ぐ 神奈川と千葉で5人死亡  お盆休みに入り、各地で水の事故が相次いでいます。神奈川県では4人が死亡、1人が行方不明になっていて、千葉県では1人が死亡しています。  11日午前11時20分ごろ、神奈川県小田原市の海岸で「11歳の女の子が流された」と119番通報がありました。警察などによりますと、女の子を助けようとした母親(44)と近くにいた男性(44)も流され、病院で母親の死亡が確認されました。女の子と男性は軽傷でした。神奈川県では他にもサーフィンをしていた40代ぐらいの男性と家族で海水浴に来ていた66歳の男性ら合わせて3人が波にのまれてそれぞれ救助されましたが、3人とも病院で死亡が確認されました。神奈川県三浦市では友人と釣りに来ていた東京・葛飾区の菊地悠太さん(37)が行方不明になっています。千葉県勝浦市でも海水浴場で泳いでいた44歳の男性が沖に流されて心肺停止の状態で救助されましたが、病院で死亡が確認されました。
埼玉 小学生死亡ひき逃げ時効間近 情報提供求める
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 埼玉 小学生死亡ひき逃げ時効間近 情報提供求める  時効が近付いている埼玉県熊谷市の小学生死亡ひき逃げ事件で、遺族や友人らが11日に情報提供を呼び掛けました。  2009年9月、熊谷市で当時小学4年の小関孝徳君(10)がひき逃げされて死亡しました。自動車運転過失致死罪の時効が来月30日に迫るなか、11日、遺族や友人らが現場周辺で情報提供を呼び掛けました。  小関君の友人:「彼だけやりたいことができなくなってしまったのがあまりにも無念で」「孝徳のために署名を行って、これで良い方向に進めばと思っています」  母親は交通犯罪の時効撤廃を求めていて、すでに2万7000人が賛同の署名をしています。
家族と帰省中に事故 8歳女児はねられ重体
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 家族と帰省中に事故 8歳女児はねられ重体  山梨県大月市の国道で家族と帰省していた小学3年生の女の子が車にはねられ、意識不明の重体です。  11日午後4時前、大月市の国道20号で「車と女の子が衝突した」と通報がありました。警察によりますと、61歳の男性が軽自動車で道路を直進していたところ、横断しようとした女の子をはねたということです。女の子は頭などを強く打って救急搬送されましたが、意識不明の重体で、現在も入院中です。現場は片側1車線で付近に信号機や横断歩道はありませんでした。女の子は家族とともに山梨県に帰省していて、事故が起きた時も一緒にいたということです。警察は事故原因について詳しく調べています。
大型の台風10号 15日ごろに西日本に上陸か
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 大型の台風10号 15日ごろに西日本に上陸か  大型の台風10号は小笠原・父島の南西にあって西北西に進んでいます。15日ごろに西日本に接近し、上陸する恐れがあります。  気象庁の観測によりますと、大型の台風10号は12日午前3時には父島の南西約490キロにあって、時速15キロで西北西へ進んでいます。台風の影響で小笠原諸島では非常に強い風が吹き、海はうねりを伴った猛烈なしけとなっています。台風10号は13日にかけて日本の南を北西へ進み、その後は進路を北寄りに変えながら15日ごろには西日本に接近し、上陸する恐れがあります。東日本と西日本の太平洋側では12日午後から台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込み、台風が接近する前から一部で大雨となる恐れがあります。
逆走車がひき逃げか 2人死傷 高齢男性の身柄確保
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 逆走車がひき逃げか 2人死傷 高齢男性の身柄確保  12日未明、東京・墨田区の水戸街道で逆走した車に男性2人がひき逃げされて1人が死亡し、1人が重傷です。警視庁は、高齢の男性の身柄を確保して事情を聴いています。  午前2時半ごろ、墨田区向島の水戸街道で「車が何件もぶつけて走り去った」と目撃者から110番通報がありました。警視庁によりますと、自転車で新聞配達中の男性ら2人が倒れていて、このうち60代から70代の男性が病院に搬送されましたが、死亡が確認されました。また、27歳の男性が頭を打つなどして重傷です。目撃者の情報などから、車は道路を逆走していたとみられています。警視庁で緊急配備を敷いたところ、現場から3キロほど離れた東京・台東区の路上でフロントガラスが割れたワンボックスカーが見つかりました。現在、この車を運転していた高齢男性の身柄を確保して事情を聴いています。
8歳女児はねられ重体 親族ら目離した隙に国道へ…
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 8歳女児はねられ重体 親族ら目離した隙に国道へ…  11日、山梨県大月市で家族と帰省していた小学3年生の女の子(8)が車にはねられて意識不明の重体です。女の子は親族らが目を離した隙に道路に飛び出したということです。  午後4時前、大月市の国道を横断しようとした小学3年生の女の子が軽乗用車にはねられました。女の子は病院に運ばれ、現在も意識不明の重体です。警察によりますと、女の子は家族で祖父母の家に帰省していました。事故直前に国道を挟んで反対側にある駐車場に親族と一緒にいましたが、親族らが目を離した隙に国道に飛び出したということです。事故現場には信号機や横断歩道はありませんでした。
関越道で30km超 お盆の帰省で高速道路は朝から渋滞
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 関越道で30km超 お盆の帰省で高速道路は朝から渋滞  お盆休みをふるさとや行楽地で過ごす人たちで12日も高速道路が朝から渋滞となっています。  午前11時半現在、関越道の下りは埼玉県東松山インターチェンジを先頭に29キロの渋滞となっています。このほか、東北道は埼玉県の羽生インターチェンジを先頭に27キロ、伊勢湾岸道では三重県の湾岸長島インターチェンジを先頭に16キロの渋滞です。行楽地などに向かう高速道路の渋滞は解消に向かっていて、午後から夜にかけては都心などに向かう上りで渋滞となる見通しです。関越道の上りは、高坂サービスエリアで夕方から夜にかけて35キロと予想されています。
名神高速道路で車6台が絡む事故 58歳の男性が死亡
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 名神高速道路で車6台が絡む事故 58歳の男性が死亡  12日未明に大阪府高槻市の名神高速道路で車6台が絡む事故があり、58歳の男性が死亡しました。  午前1時前、名神高速道路下り線の高槻ジャンクション付近で、トラック2台と乗用車4台が絡む事故がありました。接触事故を起こし、追い越し車線に止まっていたトラックに乗用車が追突。そのはずみで乗用車は隣の車線にはみ出し、後ろから走ってきた別のトラックに追突されたということです。この事故で、乗用車を運転していた愛知県高浜市の会社員・山下利明さんが頭を強く打つなどして死亡しました。他の5台の車に乗っていた人にけが人はいません。警察は脇見運転が事故原因の可能性もあるとみて調べています。
“日航機墜落”孫の世代も慰霊登山 事故から34年
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 “日航機墜落”孫の世代も慰霊登山 事故から34年  乗客乗員520人が犠牲となった日航機の墜落事故から12日で34年です。現場の群馬県上野村では遺族らが慰霊の登山をしています。  (社会部・日置雄太記者報告)  12日朝から約200人の遺族が家族が眠る山に入り、墓標に手を合わせていました。  祖父を亡くした男性:「ここに来ると一番近い所に来ている思いがするので、こうして家族で来られたということがうれしいですね」  訪れた遺族のなかには事故当時、生まれていなかった孫の世代が1歳の子どもを連れ、家族の近況を報告する様子もありました。墜落現場となった御巣鷹の尾根では、去年9月の台風24号の影響で作られていた墓標の一部が流されてしまうなどの被害がありましたが、遺族や山の管理人らが復旧作業を行い、新しい場所に墓標がたてられました。夕方には慰霊式が行われ、事故が起きた時刻に合わせて黙祷(もくとう)が捧げられます。
7日連続でクマ現れる 猟友会に出動を要請 札幌市
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 7日連続でクマ現れる 猟友会に出動を要請 札幌市  連日、クマが出没している札幌市南区で12日朝もクマが現れました。猟友会のハンターも初めて出動し、警戒が続いています。  午前7時ごろ、南区の住宅街でまたクマが歩き回る姿をカメラが捉えました。南区の住宅街では6日夜から連日クマが目撃されていて、12日朝に墓地の近くにクマが現れたことから札幌市が12日に初めて猟友会に出動を要請しました。ハンター3人が住宅街での警戒を続けています。  墓参りに来た人:「ちょっと怖いですよね。こんな住宅街に出てくるなんて。お供え物は持ってこなかった。花と飲み物だけで、すぐ帰ります」  札幌市環境局クマ対策担当係長・坂田一人さん:「地域の安全面を考えて捕獲を含めた対応について、猟友会を呼んだ」  札幌市は箱罠を設置したほか、外にごみを放置しないよう注意を呼び掛けています。
海岸で男性5人が波に流され 2人が行方不明に
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 海岸で男性5人が波に流され 2人が行方不明に  12日朝早く、千葉県館山市の海岸で遊んでいた5人の男性が波に流され、そのうち2人の行方が分からなくなっています。  午前6時ごろ、館山市の布良海岸の沖合で「男性らが波に流された」と通報がありました。海上保安部などによりますと、5人が波に流されましたが3人は自力で岸に戻り、2人の行方が分からなくなったということです。行方不明になっているのは、石川晃汰さん(18)と柴崎悠輝さん(19)です。  ライフセーバーの男性:「沖合は波がきょうはすごく高いので、波が上がっているだけでなく沖の方も潮の流れは速かったです」  海上保安部はヘリコプターと巡視艇などで捜索しています。気象庁によりますと、11日夜から館山市では最大4メートルの波を観測していて、波浪注意報が出ています。
大型の「台風10号」北上 太平洋側はすでに高波
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 大型の「台風10号」北上 太平洋側はすでに高波  日本の南の海上を大型の台風10号が北上しています。まだ本州から1000キロほど離れていますが、すでに波は高くなっています。  太平洋側には台風10号からのうねりが入り、日に日に波が高くなっています。13日にかけて予想される波の高さは小笠原諸島で9メートル。四国や九州南部、近畿や東海でも6メートルから7メートルです。台風の北上に伴って今後、波はさらに高くなる見込みです。大型の台風10号はこの後、発達しながら時速15キロと比較的ゆっくりとしたスピードで北へ進む予想です。15日には西日本に上陸し、大雨や暴風の影響が長引く恐れがあります。今後の情報にご注意下さい。また、台風が接近するまでは猛暑が続く見込みです。最高気温は京都や鳥取、佐賀で37度の予想です。名古屋では36度、長野でも猛暑日が予想されるなど、東日本、西日本でこの後、35度前後まで上がる予想です。12日も引き続き熱中症には警戒して下さい。
「血だらけだった」60代男性の車が逆走か 2人死傷
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「血だらけだった」60代男性の車が逆走か 2人死傷  東京・墨田区で逆走した車に男性2人がひき逃げされて1人が死亡しました。警視庁は60代の男性の身柄を確保して事情を聴いています。  12日午前2時40分ごろ、墨田区の国道6号で「車が何件もぶつけて走り去った」と110番通報がありました。警視庁によりますと、現場には2人が倒れていて、そのうち自転車で新聞配達をしていた60代の男性が死亡し、27歳の男性が腰や足の骨を折るなどして重傷です。目撃者の情報などから車は道路を逆走していたということです。  近隣住民:「血だらけになっている人たちを救急車2台で運ぼうとしていました。(事故現場に)止まってる車がどこにも見えなかったので、ひき逃げだと」  事故の後、警察官が現場から3キロほど離れた東京・台東区の路上でフロントガラスの割れたワンボックスカーを見つけました。警視庁はこのワンボックスカーを運転していた60代の男性の身柄を確保し、詳しく事情を聴いています。
“帰省”最新の高速道路情報 関越道で33キロ渋滞
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 “帰省”最新の高速道路情報 関越道で33キロ渋滞  お盆休みをふるさとや行楽地で過ごす人たちで、12日も高速道路が朝から渋滞になっています。  映像は埼玉県の関越道・東松山インターチェンジ付近の様子です。新潟方面への車線が渋滞しています。午前10時現在、関越道の下りは埼玉県の東松山インターチェンジを先頭に33キロの渋滞となっています。このほか、東北道は栃木県の上河内サービスエリアを先頭に23キロ、滋賀県の名神高速蝉丸トンネルでは名古屋方面に向かって27キロの渋滞です。行楽地などに向かう高速道路の渋滞はこれから午後にかけて解消する見通しですが、午後から夜にかけては都心などに向かう渋滞が予想されています。
海水浴場で男の子2人が溺れ 1人が意識不明の重体
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 海水浴場で男の子2人が溺れ 1人が意識不明の重体  愛知県田原市の海水浴場で男の子2人が溺れて救助されましたが、1人が意識不明の重体です。  12日午前9時半ごろ、田原市の白谷海水浴場で「男の子の呼吸が苦しそうだ。もう1人は呼吸がない」などと海水浴場の監視員から消防に通報がありました。消防によりますと、6歳と9歳とみられる男の子2人が海で溺れたということです。2人は救助されて病院に運ばれましたが、このうち9歳とみられる男の子が意識不明の重体です。6歳とみられる男の子は意識があるということです。2人は家族と一緒に海水浴に来ていた可能性が高く、警察が当時の状況などを調べています。
「呼吸がない」海水浴場で男の子2人溺れ 1人が死亡
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「呼吸がない」海水浴場で男の子2人溺れ 1人が死亡  愛知県田原市の海水浴場で男の子2人が溺れて救助されましたが、1人が死亡しました。  12日午前9時半ごろ、田原市白磯の白谷海水浴場で「男の子の呼吸が苦しそうだ。もう1人は呼吸がない」などと海水浴場の監視員から消防に通報がありました。警察や消防によりますと、6歳と9歳とみられる男の子2人が海で溺れて病院に運ばれましたが、このうち9歳とみられる男の子が死亡しました。6歳とみられる男の子は意識があるということです。2人は家族と一緒に海水浴に来たとみられていて、警察が当時の状況を詳しく調べています。
台風10号 超大型に…関東もあすから下り坂
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 台風10号 超大型に…関東もあすから下り坂  きょうの「633天気」はこちら、「台風10号 超大型に…関東もあすから下り坂」です。
マグロ稚魚3000匹が13匹に…青森市の水族館で展示
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 マグロ稚魚3000匹が13匹に…青森市の水族館で展示  現在、生き残って展示されているのはわずか13匹となっています。  青森市の浅虫水族館。大きな水槽で展示されているのは、大分県の研究センターから譲り受けた完全養殖された体長5センチほどのクロマグロの稚魚です。5日前に出発した時には3000匹いましたが、相次いで死んでしまい、現在わずか13匹しか生き残っていません。稚魚が繊細なことに加え、水質や水流の変化などが原因と考えられるということです。
今年も520のろうそくを灯し…墜落事故34年の鎮魂
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 今年も520のろうそくを灯し…墜落事故34年の鎮魂  日航ジャンボ機墜落事故から12日で34年です。追悼慰霊式では、墜落の時刻の午後6時56分に合わせて遺族らが黙祷(もくとう)を捧げました。  追悼慰霊式は午後6時から始まり、犠牲者と同じ520人分のろうそくに火がともされました。墜落の時刻に合わせて黙祷も捧げられました。これに先立ち、12日は約280人の遺族が墜落現場の「御巣鷹の尾根」に登りました。遺族の1人は「34年が経ち、草木が茂り、怖かった山が優しくなった」「御巣鷹を優しさと命の大切さを伝える象徴として引き継いでほしい」と語っています。遺族の高齢化も進んでいます。そして、慰霊のために山へ登ることも年々きつくなるという声も聞かれるのが現実です。今も飛行機は飛んでいます。空の安全を徹底してほしいです。