「ニュース 警視庁」の検索結果

今すぐ視聴する

違法パチスロ店の店員に刃物 200万円奪ったか
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 違法パチスロ店の店員に刃物 200万円奪ったか  違法パチスロ店に押し入り、現金約200万円を奪ったとして逮捕されました。  吉野行成容疑者(30)は去年9月、東京・池袋の違法パチスロ店に押し入り、店員に包丁を突き付けて「バッグに金を入れろ」と脅し、売上金約200万円を奪った疑いが持たれています。この事件では、実行役の男ら4人がすでに逮捕・起訴されています。警視庁によりますと、吉野容疑者は主犯格とみられ、4人とは客引きの仕事で知り合ったということです。取り調べに対し、「間違いありません」と容疑を認めています。
駅トイレに父親の遺骨放置か 母親の怒り恐れて?
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 駅トイレに父親の遺骨放置か 母親の怒り恐れて?  父親の遺骨を地下鉄のトイレに置いたということです。  比志島浩明容疑者(53)は去年11月、東京メトロ丸ノ内線の東京駅の男子トイレに父親の遺骨が入った骨つぼを捨てた疑いが持たれています。警視庁によりますと、母親と暮らしていた比志島容疑者は離婚して別居中の父親が死亡したという連絡を受け、遺骨を引き取って帰宅する途中でした。約1時間後に女性清掃員がトイレの個室内で骨つぼを見つけたということです。取り調べに対し、「家に持って帰ったら同居する母に怒られると思った」などと容疑を認めています。
空自元幹部、早期警戒機の“秘密”漏洩か
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 空自元幹部、早期警戒機の“秘密”漏洩か  防衛上の秘密を漏らしたとして航空自衛隊の元幹部を逮捕です。  菅野聡容疑者(58)は航空自衛隊の幹部だった2013年、埼玉県の入間基地でレーダーで敵などを監視する早期警戒機の性能などの「特別防衛秘密」を航空機関連会社の社員に漏らした疑いが持たれています。警視庁公安部によりますと、この情報がアメリカの航空機メーカーの社員に渡り、この社員がアメリカ政府に通報して発覚しました。菅野容疑者は容疑を否認しています。河野防衛大臣は「日米間の信頼関係を揺るがしかねない事案で大変遺憾」などと話しました。
介護中の母親を息子が木刀で…「意識ない」自ら通報
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 介護中の母親を息子が木刀で…「意識ない」自ら通報  介護中の82歳の母親を木刀で殴り、けがをさせた疑いです。  八木章裕容疑者(48)は21日、東京・渋谷区の都営アパートで82歳の母親を木刀で殴り、けがをさせた疑いが持たれています。警視庁によりますと、八木容疑者は自ら「母親の意識がなさそうだ」と119番通報していました。母親は病院に運ばれ、命に別状はありません。八木容疑者は現在、無職で母親の介護をしながら2人で暮らしていました。八木容疑者と母親は親族との同居を巡ってトラブルになっていたということです。取り調べに対して「木刀では殴ってない」と一部容疑を否認しています。
歌舞伎町でカーチェイス 暴力団組員が覚醒剤使用か
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 歌舞伎町でカーチェイス 暴力団組員が覚醒剤使用か  東京・歌舞伎町でカーチェイスをした後、確保されました。  指定暴力団住吉会系組員の高橋佑樹容疑者(43)は今月、覚醒剤を使用した疑いが持たれています。警視庁によりますと、高橋容疑者は17日、新宿区歌舞伎町で車を運転中に職務質問されて道路を逆走するなどして400メートルに渡って車で逃走しました。さらに車を乗り捨てて走って逃げましたが、パトカーで追跡してきた警察官に確保されました。車からは覚醒剤の注射器が見つかり、尿検査で覚醒剤の陽性反応が出ています。取り調べに対し、容疑を認めているということです。
「セリフ言える自信なく」メモ見せ“コンビニ強盗”
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「セリフ言える自信なく」メモ見せ“コンビニ強盗”  メモを見せて脅した理由を「セリフを言える自信がなかった」と話しています。  無職の宮沢翔太容疑者(25)は先月31日、東京・府中市のコンビニ店に押し入って店員に刃物を突き付け、現金約20万円を奪った疑いで逮捕されました。警視庁によりますと、宮沢容疑者は無言で「金をレジ袋に入れろ」などと書かれたメモを見せていました。取り調べに対して「お金がなくなったのでやってしまった」と容疑を認めていて、メモを見せた理由については「店員に指示するセリフを言える自信がなかった」などと供述しています。
東京五輪まで半年 会場でテロが起きた想定で訓練
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 東京五輪まで半年 会場でテロが起きた想定で訓練  東京オリンピックまで半年。東京消防庁がイベント会場でテロが起きた想定で訓練を行いました。  訓練は東京・八王子市にある東京消防庁の防災施設を商業施設に見立て、金メダリストによるトークショーが行われている会場にサリンがまかれた想定で行われました。サリンの被害を受けた患者を搬送する際に二次災害が起きないようテントを設置し、温水で除染する手順を確認しました。また、警視庁の警察官が刃物で客などを襲う男を制圧しました。東京消防庁は「オリンピックを前に有事への対応を確認し、万全を期したい」としています。
外国人観光客を連れ込み乱暴か 自称ホストを逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 外国人観光客を連れ込み乱暴か 自称ホストを逮捕  酒に酔って路上で寝ていた外国人観光客の女性を自宅に連れ込んで乱暴したとして、自称・ホストの男が逮捕されました。  沢村量山容疑者(27)は去年9月、酒に酔った20代の外国人観光客の女性を東京・渋谷区の自宅で乱暴した疑いが持たれています。警視庁によりますと、女性は家族旅行で日本を訪れていましたが、家族と飲食をした後に1人で行動して酒に酔い、路上で寝ていました。沢村容疑者は自宅から数分の路上にいる女性を見つけると、声を掛けて自宅に連れ込んだということです。翌日、女性は家族とともに警察署を訪れて被害を訴えました。取り調べに対し、沢村容疑者は容疑を認めています。
医師ではないのに注射 薬剤師の男ら2人を逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 医師ではないのに注射 薬剤師の男ら2人を逮捕  医師ではないのに患者に対して処方箋(せん)を出したり注射などをしたとして、薬剤師の男ら2人が逮捕されました。  東京・港区にある「十番ファーマシー薬局」の経営者で薬剤師の増田光信容疑者(64)ら2人は去年3月、併設している「十番クリニック」で男女6人の患者に対して医師ではないのに処方箋を出したり注射をしたなどの疑いが持たれています。警視庁によりますと、増田容疑者は十番クリニックも経営していて90代の医師を院長として雇っていましたが、医師が体調不良でいなかった間に医療行為などを行っていたということです。増田容疑者らは「注射はしていません」などと容疑を一部、否認しています。
Twitterに「裏バイト」受け子など詐欺集団に勧誘か
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 Twitterに「裏バイト」受け子など詐欺集団に勧誘か  ツイッターに「裏バイト」などと書き込み、受け子や出し子を集めていました。  吉田智博容疑者(26)ら3人は去年、栃木県鹿沼市に住む男性(当時72)からキャッシュカード2枚をだまし取った疑いが持たれています。警視庁によりますと、吉田容疑者は男性からカードを受け取ったとして詐欺などの罪で起訴されている21歳の男を詐欺グループに勧誘していました。吉田容疑者はツイッターに「裏バイト」などと書き込み、特殊詐欺のいわゆる受け子や出し子約10人を集めていたということです。取り調べに対し、吉田容疑者は容疑を否認しています。
メイド喫茶の女性との交際に腹立て暴行 男ら逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 メイド喫茶の女性との交際に腹立て暴行 男ら逮捕  東京・秋葉原のメイド喫茶の元店長が従業員の女性と交際したことに腹を立てて暴行を加えて大けがをさせたとして、店の運営に関わっていた暴力団関係者の男ら6人が逮捕されました。  白石久峰容疑者(32)ら6人は去年8月、東京・荒川区のJR西日暮里駅前で元メイド喫茶店長の男性(28)を車に乗せて監禁し、暴行を加えてけがをさせた疑いが持たれています。男性は肋骨(ろっこつ)などを折る重傷を負いました。警視庁によりますと、白石容疑者らは男性が店長をしていた秋葉原のメイド喫茶の運営に関わっていました。男性が従業員の女性と交際し、無断で店を辞めたことに腹を立てて犯行に及んだということです。
違法パチスロ店強盗 計画した男を新たに逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 違法パチスロ店強盗 計画した男を新たに逮捕  去年9月に東京・豊島区の違法パチスロ店で現金約200万円が奪われた事件で、事件を計画した23歳の男が逮捕されました。  渡辺健斗容疑者は去年9月、豊島区西池袋にあった違法パチスロ店に押し入って店員に包丁を突き付けて「バッグに金を入れろ」と脅し、売上金約200万円を奪った疑いが持たれています。警視庁によりますと、渡辺容疑者はすでに逮捕されている主犯格の吉野行成容疑者とともに事件を計画したということです。取り調べに対し、渡辺容疑者は「分からない」と容疑を否認しています。事件を巡っては去年12月に実行役の男ら4人が逮捕されていました。
SB元部長機密情報漏洩か ロシア側から繰り返し接待
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 SB元部長機密情報漏洩か ロシア側から繰り返し接待  逮捕されたソフトバンクの元部長の男はロシア側から繰り返し接待を受けていました。  荒木豊容疑者(48)はソフトバンクの部長だった去年2月、会社から機密情報2点を不正に得た疑いが持たれています。情報は電話の基地局など通信設備に関するもので、警視庁公安部は荒木容疑者が在日ロシア通商代表部の幹部らに情報を渡したとみて調べています。その後の関係者への取材で、荒木容疑者は東京都内の飲食店などでこの幹部らから繰り返し接待を受けていたことが分かりました。また、現金も受け取っていました。こうした見返りに機密情報を渡したとみられます。
表参道ヒルズの貴金属店強盗 英と身柄引き渡し協議
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 表参道ヒルズの貴金属店強盗 英と身柄引き渡し協議  東京の表参道ヒルズで1億円相当の貴金属が強奪された事件で、国際手配されたイギリス人の容疑者の引き渡しに向けて日本とイギリスの警察当局が協議していることが分かりました。  2015年11月、東京・渋谷区表参道の宝石店で指輪など46点、1億600万円相当が奪われました。警視庁はイギリス人のケリー・ダニエル・リー容疑者(41)ら3人の逮捕状を取り、国際刑事機構を通じて国際手配していました。その後の警察当局への取材で、3人の身柄の引き渡しに向けて日本とイギリスの警察当局が協議していることが分かりました。日本とイギリスは「犯罪人引き渡し条約」を結んでいませんが、実現すれば条約を締結していない国からその国民が引き渡される初めてのケースになります。
会社員27歳男を逮捕 ネットで「アポ電強盗」に応募
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 会社員27歳男を逮捕 ネットで「アポ電強盗」に応募  東京・東久留米市の男性の自宅に侵入し、金を奪い取ろうとしたとして27歳の男が逮捕されました。男はインターネットで「アポ電強盗」の仕事に応募したということです。  会社員の仲野晋太郎容疑者は去年11月、東久留米市内の男性(当時66)が住む家に別の男2人と侵入し、スコップを振り下ろすなどして金を奪い取ろうとした疑いが持たれています。警視庁によりますと、仲野容疑者はインターネット上でアポ電強盗として募集されていた仕事に応募し、指示役の人物から強盗に入る場所を指定されたということです。この事件では男2人が逮捕・起訴されていて、仲野容疑者は「借金返済のために3人で強盗に行った」と容疑を認めています。
不正アクセスで勤務先からビットコイン詐取の疑い
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 不正アクセスで勤務先からビットコイン詐取の疑い  他人のIDを使って仮想通貨取引所に不正にアクセスし、ビットコイン約7800万円分をだまし取ったとして仮想通貨運用会社の元幹部の男ら2人が逮捕されました。  「VIPSTAR」元幹部・鬼塚勇人容疑者(25)と無職・笹木拓磨容疑者(28)はおととし、仮想通貨取引所に12回にわたって不正にアクセスし、会社が所有するビットコイン約7800万円分をだまし取った疑いが持たれています。警視庁によりますと、鬼塚容疑者は当時、会社の技術責任者でIDやパスワードを知り得る立場にあり、インターネット上で知り合った笹木容疑者に指示をして不正にアクセスさせました。鬼塚容疑者は「社長の経営方針が気に食わなかった」「会社を潰そうと考えた」と容疑を認めています。
機密情報不正取得で男逮捕 ロシアに情報渡したか
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 機密情報不正取得で男逮捕 ロシアに情報渡したか  会社のサーバーから機密情報を不正に得たとしてソフトバンク元社員の48歳の男が逮捕されました。男は取得した情報を在日ロシア通商代表部の職員らに渡したとみられています。  ソフトバンクの元社員・荒木豊容疑者は去年、会社のサーバーにアクセスして機密情報2点を不正に得た疑いが持たれています。警視庁公安部によりますと、荒木容疑者は在日ロシア通商代表部の職員らにそそのかされ、この情報を渡したとみられています。荒木容疑者は容疑を認めていて、情報を渡したことについても「小遣いが欲しかった」などと話しているということです。また、警察庁は外務省を通じて情報を受け取ったとみられる在日ロシア通商代表部の職員ら2人の出頭を要請しました。
架空取引で13億円だまし取ったか 会社経営者ら逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 架空取引で13億円だまし取ったか 会社経営者ら逮捕  中国から化学原料の「炭化ケイ素」を輸入して販売すると嘘の話を持ち掛けて昭和電工の孫会社から13億円をだまし取ったとして、京都市の会社経営者の男ら2人が逮捕されました。  和田清容疑者(69)ら2人は2016年11月から2017年1月にかけて、自身が経営する会社が中国から化学原料の炭化ケイ素を輸入して販売すると偽り、昭和電工の孫会社から合わせて13億円をだまし取った疑いが持たれています。警視庁によりますと、和田容疑者らは自身が経営する別の会社が買い取ると嘘の話を持ち掛けて、実際には輸入していない化学原料の代金を得ていたということです。和田容疑者は「取引が架空であったことは被害者も知っていたので、詐欺ではない」と容疑を否認しています。
警察庁長官に松本氏 東京オリパラへの意気込み
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 警察庁長官に松本氏 東京オリパラへの意気込み  全国の警察のトップである警察庁長官に松本光弘氏(58)が就任し、半年後に迫った東京オリンピック・パラリンピックについて「安全で円滑な開催に万全を期す」と意気込みを述べました。  松本新長官はこれまで神奈川県警本部長、警視庁の公安部長を歴任しました。就任会見では、喫緊の課題として東京オリンピック・パラリンピックを挙げて「必要な態勢はすでに整っている」「安全な円滑な開催に万全を期す」と抱負を語りました。また、国民の生活スタイルが大きく変化しているとの認識を示し、こうした変化に「警察が適応していかなければならない」と述べました。一方、退任した栗生俊一前長官は長官時代に印象に残ったこととして、天皇の代替わりに伴う行事を挙げて「国民の皆様の理解と協力なしに成し得たことはない」と振り返りました。
ひき逃げ疑いで逮捕「会社の信用落ちると思い…」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ひき逃げ疑いで逮捕「会社の信用落ちると思い…」  東京・練馬区で乗用車で左折した際、バイクを巻き込んでバイクの50歳の男性に重傷を負わせたうえ、現場から逃走したとして32歳の男が逮捕されました。  リフォーム会社に勤める池沢直紀容疑者は先月5日午後5時すぎ、練馬区平和台の環状8号線で乗用車で左折をした際に左後ろから来た50歳の男性が乗るバイクを巻き込み、そのまま逃走した疑いが持たれています。男性は腰の骨を折るなどの重傷です。警視庁によりますと、池沢容疑者は道路沿いのコンビニエンスストアに入るために左折をして事故を起こしました。周辺の防犯カメラに池沢容疑者の乗用車が映っていたということです。池沢容疑者は外回りの仕事を終えて会社に帰る途中で、「事故が分かると会社の信用が落ちると思った」と供述していて、容疑を認めています。
妊婦に性的暴行疑いの院長 マッサージと偽り個室に
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 妊婦に性的暴行疑いの院長 マッサージと偽り個室に  産婦人科を受診した妊婦に性的な暴行をしたとして院長の男が逮捕された事件で、男が診察後にマッサージをすると言って妊婦を個室に連れ込んでいたことが分かりました。  東京・足立区にある「矢追医院」の院長・矢追正幸容疑者(55)は去年11月、診察に訪れた30代の妊婦に胸や下半身を触るなどの性的な暴行をした疑いが持たれています。その後の捜査関係者への取材で、矢追容疑者は診察後に「マッサージをする」と言って妊婦を個室に連れ込んでいたことが分かりました。その際、「目をつむりなさい」と言って行為に及んでいました。取り調べに対し、「性欲を抑えられなかった」という趣旨の供述もしているということです。この医院の患者からは同じ手口で被害に遭ったという相談が複数寄せられていて、警視庁は余罪について調べています。
ロシア側から繰り返し接待 SB元社員機密情報漏洩か
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ロシア側から繰り返し接待 SB元社員機密情報漏洩か  ソフトバンクの機密情報を不正に得たとしてソフトバンクの元社員が逮捕された事件で、この元社員は在日ロシア通商代表部の幹部らから繰り返し接待を受けていたことが分かりました。  荒木豊容疑者(48)は社員だった去年2月、ソフトバンクから機密情報2点を不正に得た疑いが持たれています。警視庁公安部は、荒木容疑者が在日ロシア通商代表部の幹部らに情報を渡したとみて調べています。その後の関係者への取材で、荒木容疑者は東京都内の飲食店などで幹部らから繰り返し接待を受けていたことが分かりました。また、現金も受け取っていました。こうした見返りに機密情報を渡したとみられています。情報は電話の基地局など、通信設備に関するものだったということです。荒木容疑者は「小遣いが欲しかった」と話し、容疑を認めています。