「ニュース 車」の検索結果

今すぐ視聴する

目の前に逆走する車が…関越道死亡事故直前の映像
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 目の前に逆走する車が…関越道死亡事故直前の映像  群馬県渋川市で関越自動車道を逆走した軽乗用車が乗用車と正面衝突して軽乗用車を運転していた80代の男性が死亡した事故で、事故直前の映像が入ってきました。  関越道の上り車線を走行していた車から撮影された映像には、下り車線を逆走する車が映っています。映像には「おじいさんだった…。皆よけてる」という声も入っています。事故があったのは、渋川市赤城町の関越道の下り車線です。消防などによりますと、1日午後2時半ごろに「逆走してきた軽乗用車が車とぶつかった」と目撃した女性から119番通報がありました。この事故で軽乗用車を運転していた80代の男性が心肺停止の状態で救出されましたが死亡、乗用車に乗っていた70代の男女がけがをしました。警察は、軽乗用車がどこから逆走してきたのかなど事故の状況を詳しく調べています。
遮断機の棒が電車に刺さる 相鉄線の踏切で車が接触
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 遮断機の棒が電車に刺さる 相鉄線の踏切で車が接触  乗用車が踏切内に進入し、遮断機の棒が電車に刺さったとみられています。  電車のドアに突き刺さった遮断機の棒を駅の職員とみられる男性が引き抜いています。警察などによりますと、29日午後5時20分ごろ、横浜市保土ケ谷区の踏切で相鉄線の下り電車と乗用車が接触しました。この際に遮断機の棒が電車に突き刺さり、窓ガラスが割れたとみられます。乗用車に乗っていた女性と子ども、電車の乗客にいずれもけがはありませんでした。警察は乗用車がいったん停止した後、踏切内に進入したとみて、事故原因を詳しく調べています。
日産 新型車“連続投入”で業績回復目指す
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 日産 新型車“連続投入”で業績回復目指す  業績の低迷が続く日産自動車が来年度、5車種前後の新型車を投入するなどして経営の早期立て直しを図ることが分かりました。  関係者によりますと、日産は来年度、先月の東京モーターショーで初公開した大型SUV(スポーツ用多目的車)タイプで4輪駆動の電気自動車「アリア」など5車種前後の新型車を投入します。また、2021年度以降には、エンジンで発電してモーターで走る独自のハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載した車を中国など海外で展開します。日産は去年11月にゴーン前会長が逮捕されて以降、軽自動車「デイズ」をフルモデルチェンジした以外に新型車を出していません。今後、新型車の連続投入で、ブランドイメージの回復と大幅に落ち込んだ業績の早期回復を目指します。
ワゴン車が乗用車に衝突 6人死傷 運転の男を逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ワゴン車が乗用車に衝突 6人死傷 運転の男を逮捕  宮城県でワゴン車が停車中の乗用車に突っ込み、64歳の女性が死亡、男女5人がけがをしました。警察はワゴン車を運転していた男を逮捕しました。  1日、宮城県大和町でワゴン車がセンターラインを越えて反対側の歩道を約100メートル走った後、交差点で一時停止していた乗用車に衝突しました。この事故で、乗用車の助手席に乗っていた遠藤ちゑ子さんが全身を強く打って死亡し、ワゴン車の運転手を含む男女5人が重軽傷を負いました。警察はワゴン車を運転していた会社員・佐々木元輝容疑者(20)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕し、事故の原因を調べています。
関越道で逆走、衝突し大破 1人が心肺停止2人けが
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 関越道で逆走、衝突し大破 1人が心肺停止2人けが  群馬県渋川市の関越自動車道で80代の男性が運転する軽乗用車が逆走し、乗用車と正面衝突しました。この事故で1人が心肺停止、2人がけがをしています。  事故があったのは渋川市赤城町の関越自動車道下り車線です。消防などによりますと、1日午後2時半ごろ、「逆走してきた軽乗用車が車とぶつかった」と目撃した女性から119番通報がありました。この事故で軽乗用車を運転していた80代の男性が心肺停止の状態で車内から救出され、乗用車に乗っていた70代の男女がけがをしました。警察は、軽乗用車がどこから逆走してきたのかなど事故の状況を詳しく調べています。この事故により、関越自動車道下りの赤城インターチェンジから昭和インターチェンジの間で通行止めになっています。
関越道で逆走し衝突 80歳の運転手が死亡 2人けが
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 関越道で逆走し衝突 80歳の運転手が死亡 2人けが  1日午後、群馬県渋川市の関越自動車道で逆走した軽乗用車が乗用車と衝突し、軽乗用車の80歳の男性が死亡しました。  関越道を走っていた車から撮影された映像には逆走する車が映っていて、直後に事故が起きたということです。警察によりますと、午後2時半ごろ、渋川市の関越道の下りで逆走した軽乗用車が乗用車と正面衝突しました。軽乗用車を運転していた80歳の男性は病院で死亡しました。乗用車には70代の夫婦が乗っていて、夫(74)が両足首を骨折し、助手席の妻(72)が軽いけがです。警察は逆走の経緯などを調べています。
一時停止の車にワゴン車が衝突 女性1人が死亡
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 一時停止の車にワゴン車が衝突 女性1人が死亡  宮城県大和町でワゴン車が停車中の乗用車に衝突した事故で、意識不明の重体だった女性が死亡しました。他に男女5人が重軽傷です。  1日午前9時50分ごろ、大和町のT字路交差点で一時停止していた乗用車に左側から来たワゴン車が衝突しました。衝突された乗用車は横転して激しく損傷し、乗っていた60代の女性が搬送先の病院で死亡が確認されました。そのほか、男女2人が重傷、双方の車の3人が軽傷です。警察はワゴン車を運転していた男を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しています。現場の交差点は信号はありませんが、見通しが良く、警察が事故の原因を調べています。
車にバイクと自転車が衝突 2人死亡 千葉・白子町
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 車にバイクと自転車が衝突 2人死亡 千葉・白子町  3日朝、千葉県白子町で乗用車に原付きバイクと自転車が衝突して原付きバイクと自転車に乗っていた男性2人が死亡しました。  午前5時半すぎ、白子町の交差点で走っていた乗用車に右側から飛び出してきた原付きバイクと自転車が衝突しました。原付きバイクと自転車に乗っていた佐久間敏博さん(24)と前島勇樹さん(31)が病院に搬送されましたが、その後、死亡しました。警察によりますと、現場は見通しの良い交差点で、当時、乗用車側が青信号だったということです。警察は事故の状況を詳しく調べています。
東武東上線踏切で急行電車と車衝突 埼玉・富士見市
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 東武東上線踏切で急行電車と車衝突 埼玉・富士見市  埼玉県富士見市の東武東上線の踏切で電車と車が衝突しました。  東武鉄道によりますと、27日午後5時すぎ、富士見市の東武東上線の上りの急行電車がみずほ台駅近くの踏切で乗用車と衝突しました。警察によりますと、乗用車を運転していた男性が腰の痛みを訴えて病院に運ばれましたが、命に別状はないということです。電車の乗客や乗員がけがをしたという情報はありません。この事故の影響で、東武東上線は志木駅と川越市駅の間の上下線で運転を見合わせています。
“あおり” 追突後に殴る蹴るの暴行か 兄弟を逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 “あおり” 追突後に殴る蹴るの暴行か 兄弟を逮捕  車を追い掛け回して追突したうえ、暴行を加えたということです。  大嶌宣克容疑者(25)は24日、熊本県山鹿市の県道を車で走行中に軽乗用車に追突し、運転手らにけがをさせてそのまま逃走した疑いが持たれています。さらに、大嶌容疑者の車に乗っていた弟の仁斗容疑者(21)は軽乗用車の運転手に殴る蹴るの暴行を加えたとして逮捕されました。追突前に大嶌容疑者の車が軽乗用車を追い越して進路をふさぎ、停車させていたということです。警察は、あおり運転を巡るトラブルが原因とみて調べています。
出勤の父親見送ろうと…その車の下敷きで1歳児重体
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 出勤の父親見送ろうと…その車の下敷きで1歳児重体  1歳の男の子が父親の運転する車の下敷きになりました。  4日午前7時すぎ、佐賀市にあるアパートの駐車場で「家族の車の下に1歳の息子が挟まれた」と母親から119番通報がありました。警察などによりますと、1歳の男の子が父親(28)の運転する車の下敷きになり、意識不明の重体です。事故当時、男の子や母親は父親の出勤を見送るために駐車場に出てきていたということです。警察は父親が男の子に気付かず、車を発進させて駐車場から道に出ようとした際に巻き込んだとみて調べています。
北海道 車を降りたところ後続車にはねられ2人死亡
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 北海道 車を降りたところ後続車にはねられ2人死亡  北海道旭川市で道路上にいた2人が車にはねられ、2人とも死亡しました。歩行者をはねたドライバーが車を降りたところ、後続車にはねられたとみられています。  27日午後5時20分ごろ、旭川市の道路で近くに住む北條美江子さん(54)が運転する車が歩行者の高齢の男性をはねました。男性はその後、死亡が確認されました。また、警察によりますと、北條さんは男性の様子を見るために車を降りて路上にいたところを後続の車にはねられたとみられ、病院に搬送されましたが死亡が確認されました。警察は北條さんをはねたとみられる50代の男性運転手から詳しい事情を聴いています。
危ない!無人車が突然バック 意外な原因にザワつく
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 危ない!無人車が突然バック 意外な原因にザワつく  ガソリンスタンドで給油する1台の車。持ち主の女性が車に戻ろうとすると、誰も乗っていないはずなのに勝手に動き出しました。すぐ後ろは大通りです。女性は止めようとしますが、転倒してしまいます。そして、そこへ車が…。衝突すれば大事故です。バックする無人の車は奇跡的に衝突せずに止まりました。それにしても、なぜ無人の車は勝手に動き出したのでしょうか。  その答えは車に乗っていたワンちゃん。この車はもともと、ギア操作にトラブルを抱えていました。そのうえ、ワンちゃんが偶然にもシフトレバーをバックに入れてしまったために動き出したということです。
車掌が無賃乗車させ…「同僚女性と話したくて」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 車掌が無賃乗車させ…「同僚女性と話したくて」  同僚の女性を新幹線に無賃乗車させていました。  JR西日本によりますと、山陽新幹線の50代の男性車掌は先月21日、新大阪から岡山にかけて同僚の30代の客室乗務員の女性を運賃なしで往復させていました。乗車させたのは往復とも「ひかり」のグリーン車で、女性は新大阪駅で入場券を買って入っていました。男性車掌は「客室乗務員の女性と話がしたかった」と話しているということです。JR西日本はすでに2人を処分しましたが、「第三者や利用客に迷惑を掛けていない」として処分内容を明らかにしていません。
奈良の放火殺人事件 車内に死亡男性の血痕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 奈良の放火殺人事件 車内に死亡男性の血痕  奈良県橿原市のアパートで起きた放火殺人事件で、現場の駐車場にあった車の中に付いていた血痕は死亡した男性のものだったことが分かりました。  橿原市のアパートで25日未明に起きた火事で首に刺し傷がある焼死体が見つかり、この部屋の住人とは別の奈良県桜井市に住む山岡直樹さん(28)と確認されました。火災現場の駐車場にあった白色の軽自動車は車内やナンバープレート付近、運転席側のドアノブに血痕が付着していて、このうち車内のものは山岡さんの血痕だったことがDNA鑑定の結果で新たに分かりました。この車は依然、連絡が付かないままになっている火元の部屋の住人の男性会社員(20)が使っていたもので、警察は男性の行方を捜すとともに、他の血痕の鑑定も進めるとしています。
関越道逆走事故 80歳男性 SAで出口を間違えたか
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 関越道逆走事故 80歳男性 SAで出口を間違えたか  関越自動車道を約100キロのスピードで逆走して乗用車と正面衝突、死亡した80歳の男性は足が悪く、近所の人は車の運転は控えた方がいいと話していたということです。  猛スピードで走る軽自動車。高速道路の下り車線を逆走しています。そして、逆走していた軽自動車は乗用車と正面衝突。この事故で、逆走車を運転していた80歳の男性が死亡、乗用車を運転していた70代の男女も重軽傷です。80歳の男性は一体なぜ、高速道路を逆走していたのでしょうか。  事故が起こったのは関越道下りの昭和インターチェンジと赤城インターチェンジの間です。逆走がどの位置から始まったかはまだ分かっていませんが、その区間には赤城高原サービスエリアがあります。実は、このサービスエリアは入り口も出口も同じ方向にあるという特徴があります。間違えて入り口の方から本線に入ってしまったのでしょうか。進入禁止の標識を見落としたのでしょうか。親族によりますと、80歳男性は10年ほど前から足が悪くなり、それ以降は車で遠出することはなかったそうです。80歳男性の近所の住民は2週間前の出来事をこう語ります。  逆走した男性の近所の住民:「ガス欠で(車が)止まっちゃったんですよ。2人で押してあげたんですけど、その時にもうハンドルをやっと持つ感じだったですね。全くガス欠にも気付かなかったみたい。(免許を)返納した方がいいんじゃないと遠い親戚の方にそう言いました」  映像を撮影した人によりますと、事故現場から約4キロ離れた赤城高原サービスエリア付近か…
「自動ブレーキ」義務化へ 新型車は2021年以降
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 「自動ブレーキ」義務化へ 新型車は2021年以降  高齢ドライバーによる相次ぐ事故を背景に政府は今後、販売される新型車に自動ブレーキの搭載を義務付ける方針を固めました。  政府は早ければ2021年以降に販売される新型車やモデルチェンジする車に自動ブレーキの搭載を義務付ける考えで、乗用車のほか、軽自動車や軽トラックが対象になります。その後、既存の車種に対しても搭載を義務付けていく方向で調整を進めています。高齢ドライバーによる事故が相次ぐなか、政府関係者は「高齢者の安全な移動手段の確保は喫緊の課題だ」と話していて、国は予算を付けて自動ブレーキの普及に向けて取り組む考えです。
九州道でごみ収集車横転 荷台が外れ2車線ふさぐ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 九州道でごみ収集車横転 荷台が外れ2車線ふさぐ  28日午前、福岡県福津市の九州自動車道でごみ収集車が横転して2つに分離し、道路を完全にふさぎました。  警察によりますと、午前9時すぎ、福津市本木の九州道下りで30代の男性が運転するごみ収集車が中央分離帯に衝突して横転しました。運転席と荷台部分が離れて2車線をふさいだため、九州道は下りの八幡インターチェンジと古賀インターチェンジ間が一時、通行止めとなりました。男性はひじを打つなどの軽傷です。男性は「ハンドル操作を誤った」などと話していて、警察で事故原因を調べています。
潜水艦「いそしお」の海士長 軽乗用車を盗んだ疑い
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 潜水艦「いそしお」の海士長 軽乗用車を盗んだ疑い  広島県呉市の海上自衛隊の男が駐車場に止めてあった車を盗んだ疑いで逮捕されました。  海上自衛隊呉基地を母港とする潜水艦「いそしお」の海士長・鳥川修平容疑者(25)は先月29日から今月1日午前8時ごろまでの間に、呉市の駐車場に止めてあった軽乗用車を盗んだ疑いが持たれています。車は近くの路上で見つかっていて、鳥川容疑者は取り調べに対して「間違いないと思います」と話しているということです。潜水艦「いそしお」の久保野洋人艦長は「誠に申し訳なく思っております。厳正かつ適切に対応して参ります」とコメントしています。
車の内部からも血痕が… 奈良・アパート放火殺人
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 車の内部からも血痕が… 奈良・アパート放火殺人  奈良県橿原市の集合住宅で起きた放火殺人事件で、現場の駐車場にあった車の内部からも血痕が見つかっていたことが分かりました。  橿原市の集合住宅で25日未明に発生した火災では首に刺し傷がある焼死体が見つかり、奈良県桜井市に住む山岡直樹さん(28)と確認されました。また、火災が起きた日には桜井市内の路上で血痕が見つかり、DNA鑑定で山岡さんのものと判明。その後の取材で、火災現場の駐車場にあった白色の軽自動車の内部にも血痕があったことが新たに分かりました。この車は火元の部屋の住人で行方不明になっている男性会社員(20)のもので、警察によりますと、車内の後部や後ろのナンバープレート付近に血痕があったということです。血痕の一部は山岡さんのものと判明していて、警察は住人の男性の行方を捜しています。
広島市の消防局職員を酒気帯び運転の疑いで逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 広島市の消防局職員を酒気帯び運転の疑いで逮捕  広島市で消防局の職員が酒気帯び運転の疑いで逮捕されました。その際、車には2歳の息子が同乗していました。  広島市消防局南消防署に勤務する小熊祐一郎容疑者(35)は先月30日午前8時半ごろ、広島市西区のコンビニエンスストアで停車中の車に接触し、そのまま逃走しました。約30分後に警察が小熊容疑者の車を発見して車から降りるよう求めましたが、再び逃走しました。小熊容疑者からは基準値の4倍にあたるアルコールが検出され、車には2歳になる息子が乗っていました。職員の逮捕を受け、広島市消防局は速やかに事実関係を把握して厳正に対処するとコメントしています。
とんだ災難…道路陥没で車が“すっぽり”
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 とんだ災難…道路陥没で車が“すっぽり”  マレーシアで突然、幹線道路が陥没し、付近を走っていた車がすっぽりと道路にのみ込まれました。  24日午後11時半ごろ、マレーシアの首都クアラルンプールの幹線道路が突然、陥没し、走っていた乗用車がのみ込まれました。穴の大きさは車1台分ほどあり、車体の半分以上がすっかり中に入ってしまっています。運転していたマレーシア人女性(42)は近くを走っていたバイクの運転手らに助け出され、幸いけがはありませんでした。当時、付近は渋滞していたため、車はゆっくりと走っていたということです。現場近くではトンネル工事が行われていましたが、陥没との関連は分かっておらず、現地当局は原因を調べています。
奈良放火殺人事件 行方不明の火元住人の車から包丁
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 奈良放火殺人事件 行方不明の火元住人の車から包丁  奈良県橿原市のアパートで起きた放火殺人事件で、現場の駐車場にあった火元の部屋の住人の車の中から包丁が見つかったことが分かりました。  橿原市のアパートで先月25日未明に起きた火事では首に刺し傷がある焼死体が見つかり、この部屋の住人とは別の奈良県桜井市に住む山岡直樹さん(28)と確認されました。アパートの駐車場には血の付いた白色の軽自動車があり、車内から包丁が見つかったことが新たに分かりました。捜査関係者によりますと、包丁には血が付いていなかったということです。また、火元の部屋の住人で、白い軽自動車の持ち主の男性会社員(20)が火事の前に複数の食品を買う様子が防犯カメラに映っていたことも捜査関係者への取材で分かりました。警察は複数人で行動していた可能性も視野に入れ、引き続き男性の行方を捜しています。
凍結していた道路でスリップか 2台衝突し男性死亡
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 凍結していた道路でスリップか 2台衝突し男性死亡  群馬県長野原町で車2台が衝突し、1人が死亡しました。当時、路面が凍結していたため、警察はスリップが原因とみています。  警察によりますと、3日午前7時40分ごろ、長野原町の国道292号で軽自動車とワンボックスカーが衝突しました。軽自動車を運転していた52歳の男性が心肺停止で病院に運ばれましたが、その後に死亡が確認されました。ワンボックスカーを運転していた50代の男性もけがをしました。現場は片側1車線の緩い左カーブの道路で、事故当時、路面は凍結していたということです。警察は草津方面から来た軽自動車がスリップし、センターラインを越えて対向車線にはみ出したとみています。現場付近は路面が凍結することが多い場所だということです。
EV1台で「公民館」3日分…日産が試算 非常用電源に
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 EV1台で「公民館」3日分…日産が試算 非常用電源に  9月に千葉県で起きた大規模な停電を踏まえて、日産自動車は非常時に電気自動車1台で公民館なら3日分の電力を供給することができるという試算を示しました。  台風15号の強風による千葉県を中心とした大規模停電の際には、自動車メーカー各社から電気自動車が派遣されて停電の起きた施設や家庭などで電源として活用されました。こうした経験を踏まえて、日産はスマートフォン500台分の充電や冷蔵庫、液晶テレビなど最低限の利用をした場合に電気自動車1台で「公民館」なら3日間、電気ストーブや電子レンジなども使う「福祉施設」では2日間、対応できるとの試算を公表しました。経済産業省では今後、電気自動車の活用方法などを周知して災害時の利用を促したい考えです。
昆布積み中にクレーン車追突 漁師投げ出され死亡
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 昆布積み中にクレーン車追突 漁師投げ出され死亡  荷台でコンブを積む作業をしている最中にクレーン車が追突しました。  29日朝、北海道様似町の国道でクレーン車が停車中の軽トラック2台に追突しました。その衝撃で軽トラックの荷台でコンブを積む作業をしていた漁師の男性(78)が投げ出され、頭を強く打って死亡しました。警察はクレーン車を運転していた渋谷靖宏容疑者(56)を過失運転傷害の疑いで、その場で逮捕しました。渋谷容疑者は調べに対して「漫然と運転していた」と話しているということです。
大雪の北海道 衝突後、建物に突っ込む事故相次ぐ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 大雪の北海道 衝突後、建物に突っ込む事故相次ぐ  大雪に見舞われている北海道では4日朝から車の事故が相次いでいます。  午前6時半ごろ、江別市の道道で同じ方向に走っていたワンボックスカーとトラックが衝突し、そのはずみでトラックが歯科医院に突っ込みました。車の運転手がそれぞれ軽いけがをしました。一方、札幌市北区でも午前8時ごろに乗用車2台が正面衝突する事故があり、一方の車が住宅に突っ込みました。この事故でも、双方の車を運転していた男性2人が軽いけがをしました。
軽乗用車にはねられ99歳男性重体 運転女性自ら通報
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 軽乗用車にはねられ99歳男性重体 運転女性自ら通報  30日朝、甲府市で99歳の男性が軽乗用車にはねられました。男性は頭を強く打って意識不明の重体です。  午前6時すぎ、甲府市の県道で「歩行者とぶつかってしまった」と軽乗用車を運転していた38歳の女性から110番通報がありました。この事故で99歳の男性が市内の病院に搬送されましたが、頭を強く打つなどして意識不明の重体です。現場は見通しの良い片側1車線の直線道路で、警察は軽乗用車を運転していた女性から当時の状況を聞くとともに、事故の原因を詳しく調べています。
高速道路に「冥土の使い」凍結路面で21台が次々と…
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 高速道路に「冥土の使い」凍結路面で21台が次々と…  高速道路の路面が凍り、自動車20台が次々とスリップしました。  高速道路を走る車のドライブレコーダーです。前方でスリップ事故が起きました。事故に巻き込まれた男性でしょうか。停止するよう手で合図をしています。ところが、事故に気付くのが遅れた車が走り込んできて間一髪、男性は飛びのきますが、そこへまた別の車が。  原因は、路面に薄い氷が張ったブラックアイスバーンでした。黒い路面との区別が難しく、凍っているように見えないことが事故が事故を呼び込む結果となっていました。現場は、橋の上で風が吹き付けるブラックアイスバーンが発生しやすい場所で、結局、この多重事故には、乗用車やトラックなど21台が巻き込まれ、5人が負傷したということです。韓国では、「道路の暗殺者」「冥土の使い」などと呼ばれるブラックアイスバーン。事故を防ぐためには十分な車間距離や急加速、急ブレーキを避けることなどが大切になります。
散歩中の犬も…高齢女性ひき逃げ死亡 茨城・笠間市
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 散歩中の犬も…高齢女性ひき逃げ死亡 茨城・笠間市  29日朝、茨城県笠間市で犬の散歩をしていた高齢女性がひき逃げされ、死亡しました。現場には車のバンパーの破片が落ちていて、警察は逃げた車の特定を進めています。  午前7時10分ごろ、笠間市の県道で「高齢者が倒れている」と目撃した男性から通報がありました。警察が駆け付けると、女性が犬と一緒に倒れていて、犬はすでに死んでいました。70歳から80歳とみられる女性は病院に運ばれましたが、死亡が確認されました。現場にはバンパーの破片が落ちていて、警察は逃げた車の特定を進め、女性の身元の確認をしています。現場は北関東自動車道に沿った道路で、片側1車線で歩道があります。