「ニュース 12月」の検索結果

今すぐ視聴する

イケアがマグカップを回収 化学物質が社内基準超え
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 イケアがマグカップを回収 化学物質が社内基準超え  イケアが携帯用のマグカップを自主回収です。  自主回収の対象となるのは、去年7月から12月に販売されていた携帯用マグカップ約8500個です。製品テストで接着剤や殺虫剤の製造などに使われる化学物質「フタル酸ジブチル」の溶け出す量が社内基準を超えていることが分かったということです。今のところ、健康被害の報告はないとしています。イケア・ジャパンは商品を購入した人に直ちに使用を中止するよう呼び掛けていて、「お客様に多大なご迷惑をお掛け致しますことを深くおわび申し上げます」とコメントしています。
ファーウェイ副会長の審理開始 GPS装置を足に装着
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ファーウェイ副会長の審理開始 GPS装置を足に装着  ファーウェイ副会長の身柄引き渡しを巡る審理が始まりました。  中国の通信機器大手「ファーウェイ」の孟晩舟被告は、イランとの違法な取引に関与したとして、おととし12月にアメリカの要請でカナダで逮捕されました。アメリカに身柄を引き渡すかどうかを巡る審理が20日に始まり、孟被告は保釈条件として義務付けられたGPS装置を足首に装着して出廷しました。孟被告側はイランとの取引はカナダでは違法ではないなどと主張しています。審理は今年の秋まで続く予定で、米中貿易摩擦の象徴的な存在として注目されています。
違法パチスロ店強盗 計画した男を新たに逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 違法パチスロ店強盗 計画した男を新たに逮捕  去年9月に東京・豊島区の違法パチスロ店で現金約200万円が奪われた事件で、事件を計画した23歳の男が逮捕されました。  渡辺健斗容疑者は去年9月、豊島区西池袋にあった違法パチスロ店に押し入って店員に包丁を突き付けて「バッグに金を入れろ」と脅し、売上金約200万円を奪った疑いが持たれています。警視庁によりますと、渡辺容疑者はすでに逮捕されている主犯格の吉野行成容疑者とともに事件を計画したということです。取り調べに対し、渡辺容疑者は「分からない」と容疑を否認しています。事件を巡っては去年12月に実行役の男ら4人が逮捕されていました。
「心の闇晴らすため」教師がトイレにひわいな落書き
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「心の闇晴らすため」教師がトイレにひわいな落書き  千葉県習志野市のショッピングモールのトイレにひわいな落書きをしたとして、中学校の教師で47歳の男が逮捕されました。  船橋市立の中学校教師・小林裕一郎容疑者は去年12月、習志野市内のショッピングモールの男子トイレに黒色の油性ペンでひわいな落書きをした疑いが持たれています。警察によりますと、約2年前から周辺の公共施設のトイレで小林容疑者が勤務する中学校の生徒などを中傷するひわいな落書きが100件以上見つかっていて、生徒名や防犯カメラの映像から小林容疑者が浮上しました。取り調べに対し、「心の闇を晴らすためにやった」などと容疑を認めているということです。警察は小林容疑者が他の落書きについても関与しているとみて調べています。
青梅男性殺害 愛知に逃走“監視役”ら男2人逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 青梅男性殺害 愛知に逃走“監視役”ら男2人逮捕  東京・青梅市の住宅で多額の現金を持っていると話していた67歳の男性が頭を殴られて死亡した事件で、実行役の2人とは別に新たに監視役とみられる男ら2人が逮捕されました。  簗瀬誠容疑者(23)と橘健吾容疑者(26)は去年12月、青梅市成木の住宅に金品を奪う目的で侵入し、小川和男さんの頭を殴って死亡させた疑いが持たれています。警視庁によりますと、橘容疑者は監視役だったとみられています。橘容疑者ら2人は事件の後、ミニバンで愛知県に逃走していました。取り調べに対して、簗瀬容疑者は「身に覚えがあります」と供述し、橘容疑者は容疑を否認しています。この事件では実行役の男2人がすでに逮捕・起訴されています。警視庁は共犯が他にもいるとみて捜査しています。
輸出入ともに3年ぶり↓ 中国など世界的景気減速で
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 輸出入ともに3年ぶり↓ 中国など世界的景気減速で  去年の日本の貿易は世界的な景気の減速を背景に輸出、輸入ともに3年ぶりのマイナスとなりました。  財務省が発表した2019年の貿易統計によりますと、輸出は中国経済の減速などを背景に3年ぶりに前の年に比べて5.6%の減少となりました。自動車部品や中国向けの半導体等製造装置などが大きく落ち込んでいます。一方、輸入も原油価格の下落などから3年ぶりに5.0%減少しました。この結果、輸出から輸入を差し引いた2019年の貿易収支は1兆6438億円の赤字となっています。赤字は2年連続です。ただ、足元では12月の中国向け輸出が10カ月ぶりにプラスに転じていて、このまま持ち直していくかが注目されます。
“新型肺炎”で69歳の男性死亡 中国で2人目の死者
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 “新型肺炎”で69歳の男性死亡 中国で2人目の死者  中国・武漢で集団発生している「新型コロナウイルス」による肺炎で、新たに69歳の男性が死亡しました。中国での死者は2人目になります。  湖北省武漢市の衛生当局は新たに69歳の男性が15日未明に死亡したと発表しました。中国で新型コロナウイルスによる肺炎で死者が発表されるのは2人目となります。男性は去年12月31日に発熱して入院治療を続けていましたが、深刻な心筋炎や胸水の症状が見られ、今月15日に死亡しました。一方、台湾メディアなどによりますと、武漢で感染が確認されている41人のうち13人は多くの患者が関係している海鮮市場には行っていないということで、「ヒトからヒトへの感染」が疑われています。
ファーウェイ副会長 米国への引き渡し審理始まる
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ファーウェイ副会長 米国への引き渡し審理始まる  カナダで逮捕された中国の通信機器大手「ファーウェイ」の孟晩舟副会長を巡って身柄を求めるアメリカに引き渡すかどうかを巡る審理が始まり、孟被告側は拒否する姿勢を示しました。  ファーウェイの副会長・孟被告はおととし12月に、イランとの違法な取引に関与したとしてアメリカの要請でカナダで逮捕されました。保釈の条件としてGPS(全地球測位システム)装置の装着などが義務付けられ、24時間監視される状態が1年以上、続いています。先ほど終了した審理初日で、被告側はイランとの取引はカナダでは違法ではないなどと主張しました。審理は今年の秋まで続く日程が組まれていて、アメリカと中国の貿易摩擦の象徴的な存在として注目されています。
IR汚職 大手カジノ運営者の日本法人を捜索
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 IR汚職 大手カジノ運営者の日本法人を捜索  カジノを含むIR(統合型リゾート)事業を巡る汚職事件で、東京地検特捜部がマカオでカジノを運営する事業者の日本法人を関係先として捜索していたことが新たに分かりました。  IR担当の副大臣だった秋元司容疑者(48)は、2017年12月のマカオなどを訪れた際の旅費約150万円相当の利益供与を中国企業側から受けた疑いなどで東京地検特捜部に再逮捕されています。秋元容疑者はこのマカオ訪問でカジノに立ち寄っていましたが、その後の関係者への取材で、このカジノを運営する事業者の日本法人を特捜部が事件の関係先として捜索していたことが新たに分かりました。この日本法人はANNの取材に「秋元容疑者に対して接待をしたことや便宜を図ってもらったことは一切ない」としています。
HDD流出問題で再逮捕 18個は神奈川県の破棄依頼品
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 HDD流出問題で再逮捕 18個は神奈川県の破棄依頼品  個人情報が入った神奈川県庁のハードディスクがデータ処理会社から盗まれて流出した問題で、別のハードディスクを盗んだなどとして逮捕・起訴されていたこの会社の元社員の男が再逮捕されました。  高橋雄一容疑者(52)は去年6月から12月までの間、東京・大田区で社員として働いていた記憶媒体のデータ処理を請け負う会社からハードディスク24個を盗んだ疑いが持たれています。警視庁によりますと、盗まれたハードディスクはネットオークションに出品され、このうち18個は神奈川県がデータの破棄を依頼したものだったということです。取り調べに対して「ほぼ毎日盗んで800回から900回くらいやった」と容疑を認めています。高橋容疑者は別のハードディスクを盗んだとしてすでに逮捕・起訴されていました。警視庁は高橋容疑者がハードディスクを転売し、少なくとも2000万円を売り上げていたとみて調べています。
収賄容疑で衆院議員の秋元司容疑者を再逮捕
最新の社会ニュース【随時更新】 収賄容疑で衆院議員の秋元司容疑者を再逮捕  IR(統合型リゾート)事業を巡る汚職事件で、東京地検特捜部はIR担当や国土交通省の元副大臣で衆議院議員の秋元司容疑者(48)を収賄の疑いで再逮捕しました。  再逮捕されたのはIR担当や国交省の副大臣だった秋元容疑者と贈賄側の中国企業「500ドットコム」の顧問だった紺野昌彦容疑者(48)と仲里勝憲容疑者(47)、副社長だった鄭希容疑者(37)です。特捜部や関係者によりますと、秋元容疑者は2017年9月に那覇市で開かれた500ドットコム主催のシンポジウムでの講演料200万円を受け取ったほか、同じ年の12月にはプライベートジェットでマカオなどを訪れた際の旅費約150万円相当の利益供与を受けた疑いが持たれています。逮捕前の取材や弁護人によりますと、秋元容疑者はこれらの容疑も否認しています。また、特捜部は500ドットコム側から現金300万円を賄賂として受け取ったほか、おととし2月に北海道留寿都村への家族旅行の代金、約76万円相当の利益供与を受けた罪で秋元容疑者を起訴し、元政策秘書だった豊嶋晃弘被告(41)を共犯として在宅起訴しました。加えて、贈賄側の紺野容疑者ら3人を起訴し、札幌市の加森観光の会長・加森公人被告(76)を在宅起訴しました。紺野容疑者と鄭容疑者は2017年9月に海外から現金1500万円を不正に国内に持ち込んだ外為法違反の罪でも起訴されました。
悪質…正月に“高級客室”の無断キャンセル相次ぐ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 悪質…正月に“高級客室”の無断キャンセル相次ぐ  栃木県内の7つの旅館などで正月に団体の宿泊予約が入っていたものの、無断キャンセルが相次いでいたことが分かりました。いずれも同じ名前を名乗る人物が予約していました。  栃木県那須塩原市にある温泉郷。源泉かけ流し100%の天然温泉が自慢の旅館で、2日、10人の団体予約が無断キャンセルされました。予約の電話があったのは去年8月で、露天風呂付きの高額な部屋を要望されたそうです。  「湯守田中屋」専務取締役・田中佑治さん:「正月の時期だったので、特別メニューを用意した。総額は36万円強になる。(電話の相手は)年配ではない感じだった」  宿泊予定日が近付いた去年12月に旅館側から確認の電話をしたところ、つながらず、そのまま連絡もない状態だったといいます。  「湯守田中屋」専務取締役・田中佑治さん:「来る可能性もゼロではないので、勝手にキャンセルする対応はしない」  他の宿泊施設に相談したところ、那須塩原市や栃木県日光市などで同様の無断キャンセルが栃木県内で合わせて7件起きていたことが新たに発覚。いずれも予約日は1月2日と3日で、それぞれの宿泊施設で同じ名前を名乗る人物によって10人規模の予約が入っていたことが分かりました。  「湯守田中屋」専務取締役・田中佑治さん:「うちだけと思っていたものが7施設で見つかり、前代未聞でびっくりしている。民事で訴訟を考えているし、7施設で相談しながら今後、進めていきたい」
死刑確定の元暴力団組長が死亡 自殺の可能性も
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 死刑確定の元暴力団組長が死亡 自殺の可能性も  2003年に前橋市のスナックで4人を殺害した罪などで死刑が確定していた元暴力団組長の矢野治死刑囚(71)が東京拘置所で死亡したことが分かりました。法務省は自殺の可能性があるとみています。  法務省によりますと、26日午前7時47分ごろ、矢野死刑囚が東京拘置所の部屋で首から血を流して倒れているのが見つかりました。すぐに救命措置が取られましたが、午前8時10分に死亡が確認されたということです。法務省は首に切り傷があることから、自殺の可能性があるとみて死因などを詳しく調べています。矢野死刑囚は指定暴力団住吉会系の元暴力団組長で、前橋市のスナックで2003年に4人が射殺された事件などで犯行を指示したとして、殺人などの罪で死刑が確定していました。矢野死刑囚は死刑が確定した後、他に男性2人を殺害したと告白する手紙を警察に送り、2人を殺害した罪で起訴されましたが、東京地方裁判所はおととし12月、「死刑執行を引き延ばすために嘘の告白をする動機が十分にあり、信用できない」などと指摘し、無罪を言い渡していました。この事件で前橋市のスナックに居合わせて拳銃を乱射されて殺害された大河原照次さんの長女は「どのような理由でなぜこの日に死亡したのか分かりませんが、矢野死刑囚には父と私たちに謝ってもらいたかったです」とコメントしています。
記録的暖冬 冬物商戦に異変 天然記念物も減少?
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 記録的暖冬 冬物商戦に異変 天然記念物も減少?  記録的な暖冬の影響で冬物商戦に異変が起きています。さらに、この暖かさは国の天然記念物にも大きな影響を与えています。  朝から雪かき。これぞ、冬の秋田です。21日の積雪は13センチ。これでは平年の5分の1ほどです。  暖冬の影響は各地に広がっています。八ケ岳では天然氷を作る時期ですが…。  八義蔵元・高橋秀治さん:「(Q.きれいに凍っているように見えるが?)まだちょっと厚みが足らない」「(Q.こういうことは?)初めてです」  天然氷は15センチにならないと出荷できませんが、気温が高い日が多く、今は5センチほど。  動物にとっても厳しい環境に。ニホンヤマネ。年々数が減っている国の天然記念物です。12月になると雪の中で冬眠するそうですが今年は…。  清泉寮やまねミュージアム・饗場葉留果さん:「雪がまばらにしかない。雪の布団がないことで温度変化が体に伝わりやすくなり、冬の間もしかしたら起きてしまっている可能性もある」  ヤマネが冬眠に入るのは8度。この冬、周辺の最高気温は平年に比べ2度以上高く、8度を下回る日は少ないです。  清泉寮やまねミュージアム・饗場葉留果さん:「(Q.住みにくい環境ができると?)生活スタイルを崩すということになります。下手すると、ヤマネの数にも影響を与えるかもしれません」  暖冬のため、冬物衣料で苦戦した百貨店では、まだ厚手のコートが売れる時期ですが、すでに春物が人気に。寝具コーナーでは、すでにタオルケットへの問い合わせも多く、花粉症の対策グッズも売れている…
“新型ウイルス”に新たな懸念 市場以外でも感染か
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 “新型ウイルス”に新たな懸念 市場以外でも感染か  日本でも感染が確認された「新型コロナウイルス」の感染源について、新たな懸念が持ち上がっています。  2人目の死者となったのは69歳の男性です。中国・武漢市の衛生当局によると去年12月31日に発熱して入院、治療を続けていましたが15日未明に死亡しました。さらに…。17日、タイの保健省が武漢からタイに観光に訪れていた74歳の女性への感染が確認されたと発表したのです。タイでの感染者は2人目となります。そして、気になることを話しているといいます。患者の多くが出入りしていた問題の海鮮市場には行っていないというのです。さらに、台湾メディアなどが武漢の感染者41人のうち13人も問題の海鮮市場には行っていないことが分かったと報じました。日本の神奈川在住の中国人男性も「行っていない」と話しています。一体これは何を意味するのでしょうか。  慈恵医科大学分子疫学研究部・浦島充佳教授:「(問題の)海鮮市場以外の所にも少なくとも感染源はある可能性がある。実はもっと他の地域に広域に広がっている可能性もあると思う。ヒト→ヒト感染は少なくともあると思う」  日本でも感染が確認されたいま、武漢を訪れるなどして疑わしい症状がある人はどうすればよいのでしょうか。  一方で、中国では来週から春節の大型連休を迎え、延べ30億人が移動するとみられます。いまのところ、中国国内では北京や上海など武漢以外の都市での感染は報じられていません。しかし、疑問の声も。  ネットへの書き込み:「中国の公式発表が信用できない」「武漢だ…
視界不良 ~揺れる商業捕鯨再開~
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2019【土曜放送】 視界不良 ~揺れる商業捕鯨再開~ 去年12月、日本は国際捕鯨委員会からの脱退を表明し、今年7月からの商業捕鯨再開を決めた。 南極海捕鯨の基地として発展してきた山口県下関市。悲願の再開に歓迎の声が上がる一方、戸惑いが広がった。漁場が日本の領海と排他的経済水域内に限定されたのだ。 南極海にはもう行けない。新たな漁場でクジラは捕れるのか。鯨肉消費が低迷する中、商業捕鯨は成立するのか。視界不良の中、捕鯨船団は下関を出港した。
#61 年末最新シネマニュースSP 二十代映画欲求 2019年12月14日放送
無料
二十代映画欲求 #61 年末最新シネマニュースSP 二十代映画欲求 2019年12月14日放送 【二十代映画欲求 毎週土曜日 12:00 〜 12:30 放送中!】 22歳の女優・夏子と21歳の監督・松本花奈が20代ならではの新しい視点で映画を斬る『新感覚 MOVIE TALK』!もしもあの映画が今年公開されていたらもっと評価されていたはず!あの不朽の名作をリメイクするならこうすべき!など、今まであまり語られなかったテーマはもちろん、あの名監督の20代ってどんな感じだったの?今イケてる10代の映画監督って誰?という突っ込んだテーマにも挑戦!映画ファンに捧げる、超濃密な映画の世界をぜひお楽しみに! ▷バックグラウンド再生の方法 AbemaTVアプリ内の[≡]>[設定]>[バックグラウンド再生]を有効にしてください。