「ニュース 4」の検索結果

今すぐ視聴する

解除県は“越境”移動に警戒 商売と感染拡大で葛藤
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 解除県は“越境”移動に警戒 商売と感染拡大で葛藤  15日、新型コロナウイルスの新規の感染者数が約2カ月ぶりに一桁となった東京で16日、新たに14人の感染が確認されました。こうしたなか、14日、39の県で緊急事態宣言が解除されました。そして15日の各地の人出ですが、感染拡大前と比べると緊急事態宣言が続く8都道府県では4割から7割弱の減少。一方で、解除された地域では約1割から4割の減少となりました。緊急事態宣言の一部解除後、初めての週末ということで解除された地域では少しずつ人の姿が戻りつつあります。
東京で14人の感染者 11人死亡 11日連続で40人以下
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 東京で14人の感染者 11人死亡 11日連続で40人以下  東京都に報告された新型コロナウイルスの感染者14人の内訳が分かりました。  東京都に16日に報告があった14人のうち、6人は感染経路が分かっていない、もしくは調査中です。すでに陽性が明らかになっている人との濃厚接触者は8人で、このうち3人は集団感染が起きた江東区の特別養護老人ホーム「北砂ホーム」の入所者だということです。一日の報告数が40人を下回るのが11日続いています。これで都内の感染者数は5051人となりました。また、新たに11人の死亡が確認されて都内で亡くなった人は230人です。
解雇・雇い止めが1万人超に コロナ感染拡大影響で
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 解雇・雇い止めが1万人超に コロナ感染拡大影響で  新型コロナウイルスの感染拡大の影響で解雇・雇い止めとなった人が1万人を超えたことが分かりました。  厚生労働省によりますと、感染が拡大した2月以降、企業などから解雇や契約を更新されない、いわゆる雇い止めとなった人の数は今月21日までに1万835人に上っています。2月が282人、3月が835人、4月が2654人、5月が7064人と日を追うごとに増加幅が大きくなっていて、宿泊業やバスやタクシーの運転手、飲食業などが目立つということです。厚労省は、従業員に休業手当を支払う企業に対して支給される「雇用調整助成金」を活用して雇用を維持するよう呼び掛けています。
記録的大雨は今夜から 関東も警戒を!
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 記録的大雨は今夜から 関東も警戒を!  きょうの「633天気」はこちら、「記録的大雨は今夜から 関東も警戒を!」です。
4月の外食産業売上高 約4割減 過去最大の減少幅
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 4月の外食産業売上高 約4割減 過去最大の減少幅  4月の外食産業の売上高は前の年の同じ月に比べて約4割減少し、過去最大の減少幅となったことが分かりました。  日本フードサービス協会によりますと、4月の外食産業の売上高は緊急事態宣言による営業時間の短縮や休業の影響を大きく受けて前の年の同じ月に比べて39.6%減少し、調査開始以来、最大の下げ幅となりました。特にアルコール類を扱う店の落ち込みが大きく、パブ、ビアホールで95.9%、居酒屋で90.3%の減少となりました。ファミリーレストランは59.1%、ディナーレストランは84%、喫茶は72.4%と大幅な減少となった一方、ファストフードは「巣ごもり消費」で持ち帰りや宅配を利用する客を取り込んで15.6%の減少にとどまりました。
北海道の新たな新型コロナ感染者は15人 2人死亡
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 北海道の新たな新型コロナ感染者は15人 2人死亡  北海道が24日に確認した新型コロナウイルスの感染者は15人でした。また、新たに2人の感染者が亡くなりました。
「十数杯飲んだ」飲酒で逆走 小学生ら4人重軽傷
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「十数杯飲んだ」飲酒で逆走 小学生ら4人重軽傷  東京・江東区の明治通りで酒を飲んで車を逆走させ、4人に重軽傷を負わせたとして27歳の男が逮捕されました。  甲谷哲也容疑者は1月、江東区の明治通りで酒を飲んだ後に車を運転して約1.6キロ逆走したうえ、交差点で車2台と絡む事故を起こして小学生の女の子を含む4人に重軽傷を負わせた疑いが持たれています。警視庁によりますと、甲谷容疑者は事故の後に現場を離れましたが、約40分後に自ら110番通報をしました。「事故直前に仲間とサワーなどを十数杯近く飲んだ」と供述し、逆走したことについては気付いていなかったということです。
感染者200人超の東京・永寿総合病院が一部診療再開
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 感染者200人超の東京・永寿総合病院が一部診療再開  入院患者や職員など200人以上が新型コロナウイルスに感染した東京・台東区の永寿総合病院が、26日から一部の診療を再開しました。  永寿総合病院では入院患者や医師、看護師などの職員、合わせて214人の感染が確認され、このうち患者43人が死亡しました。永寿総合病院は院内での感染拡大を受け、3月から外来診療などを取りやめていましたが、拡大防止の体制が整ったなどとして今月26日から一部の診療を再開しました。当面は必要性が高いと病院が判断した患者の予約診療のみですが、今後は手術室を陰圧にするなど対策を進め、他の診療も順次、再開したいとしています。
鹿児島県奄美南部で震度4
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 鹿児島県奄美南部で震度4  午前4時33分ごろに鹿児島県奄美南部で震度4の地震がありました。  震源地は沖縄本島近海で、地震の規模(マグニチュード)は4.9と推定されます。  この地震による津波の心配はありません。
安全か経済か…感染者ゼロの島“観光再開”に葛藤
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 安全か経済か…感染者ゼロの島“観光再開”に葛藤  東京都の大島では新型コロナウイルスへの対応を巡り、島の中で意見が対立する事態となっています。争点は観光客の受け入れを再開するかどうか、その背景には島特有の問題がありました。
東京の新たな新型コロナ感染者は14人 3日ぶり2桁に
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 東京の新たな新型コロナ感染者は14人 3日ぶり2桁に  関係者によりますと、24日に東京都が確認した新型コロナウイルスの感染者は14人でした。23日まで2日連続で5人未満でしたが、3日ぶりに感染者が2桁になりました。
全国の入院者数が約2000人にまで減少 厚労省
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 全国の入院者数が約2000人にまで減少 厚労省  新型コロナウイルスの全国の入院患者が約2000人にまで減少したことが分かりました。  厚生労働省によりますと、21日時点での全国の入院患者は2058人で、前回調査の13日時点の3423人から大幅に減少しました。そのうち重症者も251人から184人となり、200人を切りました。ホテルなどの宿泊施設で療養している人も半分以上、減って289人となっています。一方、入院患者向けに確保した病床数は約400床増加し、1万7698床となりました。厚労省は緊急事態宣言が解除された後も一定程度、病床数を確保する必要があるとしていますが、具体的な数については今後、予想される再流行の規模など専門家の意見を踏まえて判断するということです。
小池知事が会見 要請・緩和の「ロードマップ」発表
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 小池知事が会見 要請・緩和の「ロードマップ」発表  東京都の小池知事は自粛要請などを緩和したり、再要請したりする際の基準を会見で発表しました。一日あたりの新規感染者が20人未満等で緩和を検討、50人を上回ると再要請するとしています。
宮城県南部、福島県中通り、福島県浜通りで震度4
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 宮城県南部、福島県中通り、福島県浜通りで震度4  午後0時17分ごろに宮城県南部、福島県中通り、福島県浜通りで震度4の地震がありました。  震源地は福島県沖で、地震の規模(マグニチュード)は5.3と推定されます。  この地震による津波の心配はありません。
車内にいた男女2人死亡…バッテリーから有毒ガスか
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 車内にいた男女2人死亡…バッテリーから有毒ガスか  作業員の男女が車の中で意識不明の状態で見つかり、2人とも死亡しました。  2人が見つかったのは新潟県の上信越道の工事現場で、交代の作業員が見つけて119番通報しました。運転席にいた若井智子さん(34)と助手席の布施信作さん(73)に意識はなく、搬送された病院で死亡が確認されました。2人は25日夕方から舗装工事の巡回業務にあたっていたということです。駆け付けた救急隊員が「車内から異臭がした」と話していることから、警察はバッテリーから有毒ガスが出たものとみて、詳しい原因について調べています。
緊急事態宣言期間中 都内の交通事故が45%減少
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 緊急事態宣言期間中 都内の交通事故が45%減少  緊急事態宣言の期間中、東京都内では交通事故が去年の同じ時期に比べて45%減少していたことが分かりました。  先月7日から今月25日までの緊急事態宣言の期間中、都内の交通事故の件数は去年の同じ時期に比べて45.1%減り、2271件だったことが分かりました。警視庁によりますと、けが人は48%減少の2547人、死亡者は15人でした。緊急事態宣言の解除で、交通量は増えることが予想されるとともに、自転車を使った宅配業者が急増していることから、警視庁は来週から交差点などでの指導や取り締まりを強化していく方針です。
「一国二制度」危機? 全人代で国家安全法を審議へ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「一国二制度」危機? 全人代で国家安全法を審議へ  新型コロナウイルスの感染拡大で2カ月半、延期されていた中国の全人代(全国人民代表大会)が22日に開幕しました。  日本の国会にあたる全人代は日本時間の午前10時から始まり、李克強首相が政治活動報告に臨んでいます。新型コロナの影響で例年、発表する経済成長率の目標は今回は見送られ、異例ずくめの会議となっています。また、香港を対象にした「国家安全法」が審議されることになっていて、これが成立すれば「一国二制度」で保証された香港の言論の自由や自治が危機にさらされることになります。この国家安全法に対してアメリカのトランプ大統領は早速、中国を牽制(けんせい)しています。  トランプ大統領:「一体、どういうものかはっきりしないが、もしそうなれば極めて強力に対処する」  そのうえで、トランプ大統領は「必要な時に声明を発表することになるだろう」と述べました。
「コロナで仕事が休みに」山でタケノコ盗んだ疑い
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「コロナで仕事が休みに」山でタケノコ盗んだ疑い  新型コロナウイルスの影響で仕事が休みに。山に入った2人が盗んだものとは。  警察によりますと、59歳と46歳の男性は先月27日、岐阜県垂井町の山に無断で入り、タケノコ8本を盗んだ疑いで書類送検されました。2人は会社の同僚で、警察に対して「新型コロナウイルスの影響で仕事が休みになり、一緒に山に入った」と容疑を認めています。2人は山に入った後、途中ではぐれたため1人が警察に通報し、一時、警察官ら40人以上や防災ヘリコプターが出動して捜索する騒ぎになりました。警察は、「不要不急の外出を控えるべき時期に残念」とコメントしています。
「レゴランド」も縮小再開 それでも子どもは大喜び
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「レゴランド」も縮小再開 それでも子どもは大喜び  愛知県が遊園地の休業要請を解除したことを受けて、23日から名古屋市の「レゴランド」が営業を再開しました。  訪れた客:「ジェットコースターに乗りたい」「各自が気を付けながら、前のような日常になるよう貢献できたら」  レゴランドは新型コロナウイルスの影響で先月10日から休業していましたが、愛知県が今月22日に遊園地の休業要請を解除したことを受けて23日に再開しました。感染を予防するため、屋内のアトラクションを一部休止するなどの対策が取られています。当面、営業は金曜から月曜までの週4日とし、時間も午前11時から午後5時までに短縮するということです。
関西3府県など、喜びと不安交差する解除後初の週末
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 関西3府県など、喜びと不安交差する解除後初の週末  23日、東京では新たに2人の新型コロナウイルス感染が確認されました。東京都は国が25日に緊急事態宣言を解除した場合、最速で26日に休業要請を緩和する見通しです。一方で、21日に緊急事態宣言が解除された大阪などでは23日午前0時にほとんどの休業要請が解除されました。バーベキュー場やゲームセンターが営業を再開するなど各地で動きがみられました。
1都3県で8人の感染確認 緊急事態宣言出てから最少
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 1都3県で8人の感染確認 緊急事態宣言出てから最少  新型コロナウイルスの新たな感染者が23日、東京で2人、神奈川で5人など首都圏の1都3県で合わせて8人となり、緊急事態宣言が出てから最も少なくなりました。  東京都によりますと、新たに60代と30代の女性2人の感染が確認されました。一日に確認された感染者数が3人を下回ったのは感染者ゼロだった3月16日以来、68日ぶりです。また、新たに8人が死亡しました。神奈川県では横浜市と川崎市で20代から90代までの男女5人の感染が確認され、2人が死亡しました。埼玉県では20代の女性の感染が確認されました。また、80代の女性が再陽性となりました。一方、千葉県は新規の感染者がゼロでした。
1-3月期の実質GDPは年率マイナス3.4% コロナ影響
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 1-3月期の実質GDPは年率マイナス3.4% コロナ影響  今年1月から3月の実質GDP(国内総生産)成長率は年率マイナス3.4%と新型コロナウイルスの影響を大きく受けて2四半期連続のマイナス成長となりました。  今年1月から3月のGDPは実質でマイナス0.9%、年率に換算するとマイナス3.4%でした。新型コロナウイルスが1月下旬に中国で感染拡大したのをきっかけに中国人をはじめとした訪日外国人が減少し、その後、自動車などの輸出入に影響しました。3月は影響がさらに広がり、外食やサービス業が大幅に落ち込みました。4月以降はさらに大きな影響が見込まれていて、民間エコノミストらが公表した予測では4月から6月の年率換算でマイナス21%と戦後最大の落ち込みとなっています。
「コロナ探知犬」訓練 症状現れる前に感染者判別へ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「コロナ探知犬」訓練 症状現れる前に感染者判別へ  イギリスで、新型コロナウイルスの症状が現れる前に感染者のにおいを嗅ぎ分ける「探知犬」の訓練が始まりました。イギリス政府も日本円で6000万円以上の予算を投じています。  イギリス政府の発表によりますと、ロンドンにある大学の研究チームらは6匹の犬に対し、新型コロナウイルスに感染した人と感染していない人のにおいを嗅ぎ分ける訓練を始めます。訓練は最短で6週間から8週間にわたって行われる予定です。成功すれば、1時間に最大で250人のにおいを嗅ぎ分けることができるということで、空港などでの活躍が見込まれています。イギリス政府はこの訓練に対し、50万ポンド=日本円で約6400万円の予算を投入するなど大きな期待を寄せています。
新型コロナの新たな感染者 北海道15人 東京14人
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 新型コロナの新たな感染者 北海道15人 東京14人  北海道では新たに15人の感染が確認され、2人が死亡しました。このうち6人は札幌市の病院の看護師や患者で、集団感染が発生した疑いがあるということです。そのほか、2人が集団感染の発生している介護施設の入所者でした。また、東京では関係者によりますと、24日に新たに14人の感染が確認されました。東京の新たな感染者は22日と23日、2日連続で5人未満でしたが、3日ぶりに2桁になりました。また、9人が亡くなったことも分かりました。これで新型コロナウイルスによる東京都内の死者は280人になりました。このほか、神奈川県では新たに5人の感染が確認されています。  一方、大阪府の新たな感染者は23日に続いてゼロでした。24日は午後5時までに全国で感染者が36人、死者が11人、新たに確認されています。
倒産7年ぶり1万件超の見通し 休廃業も2万5000件に
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 倒産7年ぶり1万件超の見通し 休廃業も2万5000件に  民間調査会社の調べで、新型コロナウイルスの感染拡大による企業の倒産件数が7年ぶりに1万件を超える見通しとなっていることが明らかになりました。  帝国データバンクによりますと、今年1月から4月の倒産件数は2800件を超えていて、このペースで推移すると年間で1万件を超える見通しだということです。また、経営者が自主的に事業を畳む「休廃業」も増加傾向にあり、年間で2万5000件に達する見通しだとしています。こうしたなか、「うどんすき」で知られる「東京美々卯」が関東で展開する6店舗すべてを閉店することが分かりました。外出自粛などの影響で売り上げが落ち込んでいて、事業の継続が困難だと判断したということです。ただ、「現時点で資金繰りに困っているわけではない」としています。
徳島県南部で震度4
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 徳島県南部で震度4  午後8時38分ごろに徳島県南部で震度4の地震がありました。  震源地は紀伊水道で、地震の規模(マグニチュード)は4.5と推定されます。  この地震による津波の心配はありません。
新型コロナ 東京都内で新たに8人の感染確認
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 新型コロナ 東京都内で新たに8人の感染確認  関係者によりますと、25日に東京都が確認した新型コロナウイルスの感染者は8人でした。24日に3日ぶりに感染者が2桁となりましたが、25日に再び10人を下回りました。
200万円で利息140万円…コロナで違法に貸し付けか
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 200万円で利息140万円…コロナで違法に貸し付けか  新型コロナウイルスで違法な高利貸しです。200万円の貸し付けに140万円の利息を受け取る契約をしていました。  警察によりますと、今村武史容疑者(42)ら2人は新型コロナの影響で資金繰りに困っていた飲食店を経営する男性に法律で定められた利息を超える金利で現金200万円を貸し付けた疑いが持たれています。その利息は140万円にも及び、男性が返済に困って7日に警察に相談したことで発覚しました。調べに対して2人は容疑を一部、否認しているということです。
天然記念物を身近に…「コウノトリの郷公園」が再開
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 天然記念物を身近に…「コウノトリの郷公園」が再開  天然記念物を観察できる公園が約2カ月ぶりに再開しました。  兵庫県豊岡市のコウノトリの郷公園は国の特別天然記念物のコウノトリを身近に観察できる施設ですが、新型コロナウイルスの感染が拡大したため、3月20日から臨時休園していました。しかし、兵庫県が休業要請を部分的に解除したことを踏まえ、19日に2カ月ぶりの再開となりました。  来園者:「楽しみに待っていたので。(コウノトリが)元気でいましたかという感じ」  感染の拡大を防ぐため、入園者はマスクの着用と消毒液を使った消毒が求められています。
4月の訪日外国人…わずか2900人 前年比99.9%減少
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 4月の訪日外国人…わずか2900人 前年比99.9%減少  月を追うごとに日本を訪れる外国人の数が減っています。  観光庁によりますと、先月に日本を訪れた外国人は前の年の同じ時期に比べて99.9%少ない、わずか2900人でした。今年3月と比べても19万人以上、減ったことになります。地域別にみると、新型コロナウイルスの感染者が多いドイツ、イタリア、スペインなどの国から訪れる人が特に少なく、いずれも10人未満だということです。1月から先月までの人数は全体で390万人余りとなっていて、政府が目標に掲げている年間4000万人の達成は非常に厳しくなっています。