「ニュース日大」の検索結果

「ニュース日大」に関する情報は見つかりませんでした。
「ニュース日」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

プロ野球 6月19日開幕を決定 臨時12球団代表者
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 プロ野球 6月19日開幕を決定 臨時12球団代表者  日本野球機構は25日午後、臨時の12球団代表者会議を行い、緊急事態宣言の全国解除を前提に今シーズンのプロ野球開幕日に関して、6月19日とすると発表をしました。当初は無観客での試合開催となります。
夢の途中で~基準なき入管の”裁量”~
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2020【土曜放送】 夢の途中で~基準なき入管の”裁量”~ 日本で暮らす外国人の人権が問題になっている。 入管行政の根底にあるのは、1978年に最高裁が示した「外国人に対する憲法の基本的人権の保障は外国人在留制度の枠内で与えられているに過ぎない」という判断だ。日本の政策が外国人を労働力として受け入れる方向に舵を切る中、人権に対する意識は41年前のままで問題はないのか。 日本で社会福祉士になるという夢を追う中国籍の少女を取材。現状と制度のギャップに焦点を当てる。
もう塀には戻さない ~受刑者のための求人誌~
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2020【土曜放送】 もう塀には戻さない ~受刑者のための求人誌~ 日本の再犯率は48%。 つまり出所しても半数はまた刑務所に戻ってしまう。この負の連鎖を断ち切ろうと、日本初のユニークな雑誌が創刊された。それは元受刑者専用の求人誌「Chance!!」(チャンス)。「絶対にやり直す」覚悟のある受刑者と受け入れる企業を繋ぐ。 この求人誌で職を得て出所する受刑者と、創刊者である三宅さんとの交流を軸に、二度と塀の中には戻らない、戻さない覚悟で必死に生きる人々を追う。
おっぱい2つとってみた~46歳両側乳がん~
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2020【土曜放送】 おっぱい2つとってみた~46歳両側乳がん~ 日本人女性11人に一人がかかるといわれる乳がん。そのひとりが私でした。しかも右にも左にも... 両側に乳がんが見つかった。一気に両胸を失う不安。再建を考えて病院を選んだのになんと、手術前日にその人工乳房が使用不可能に。3時間以上にわたった手術、その後の治療、生活、仕事、家族...そして自分の未来はどうなる? 46歳、両胸を同時に失なったディレクターが自らをカメラに収めた。
前を向く~宮城産ホヤ 風評被害に負けない~
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2020【土曜放送】 前を向く~宮城産ホヤ 風評被害に負けない~ 日本一の水揚げを誇る宮城のホヤ。しかし、福島第一原発の事故後、最大の輸出先だった韓国が輸入禁止措置を続けています。安全性には全く問題はありませんが...。 日本は禁輸...措置の解除を求めてWTO(世界貿易機関)に提訴しましたが、今年4月、最終審でまさかの逆転敗訴。生産地には不安と失望が広がりました。 韓国では、放射能への不安が根強く残っていました。震災から8年が経っても拭えない風評被害の現状。そして、風評被害に屈することなく奮闘する漁師の姿を追いました。
感染症差別や偏見など 民放連と新聞協会が共同声明
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 感染症差別や偏見など 民放連と新聞協会が共同声明  日本民間放送連盟と新聞協会は感染の拡大で社会にどのような差別や偏見が生まれているのか専門家と意見交換を行い、共同声明を発表しました。  意見交換では感染者のプライバシーがネット上で暴かれそうになったり、患者を受け入れた医療機関の従事者や家族が心ない言葉で傷付けられるといった様々な人権侵害の問題が発生していることを改めて確認しました。民放連と新聞協会は、今後一層、差別・偏見がなくなるような報道を心掛けるとしています。
日産 最終赤字6712億円 “リーマン”以来11年ぶり
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 日産 最終赤字6712億円 “リーマン”以来11年ぶり  日産が6712億円の最終赤字に転落しました。  日産自動車・内田誠社長:「大きな赤字を計上しているということに関して、経営責任として非常に重く受け止めています」  日産自動車は2020年3月期の決算を発表し、純損益が前の年より1兆円近く減って6712億円の赤字でした。最終赤字はリーマン・ショックの時以来、11年ぶりです。販売不振が続くなか、新型コロナウイルスが業績悪化に拍車を掛けました。今後、スペインなどの工場を閉鎖して世界で生産能力を2割減らすなどして業績回復を目指します。
日銀8年半ぶり臨時会合 中小企業資金繰りに新制度
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 日銀8年半ぶり臨時会合 中小企業資金繰りに新制度  日銀は臨時の金融政策決定会合を8年半ぶりに開き、中小企業の資金繰りを支える新たな制度の導入を決定しました。  新型コロナウイルスの影響で経営の厳しい中小企業を支えるため、政府が今月に始めた緊急経済対策では民間の金融機関が中小企業に対して実質「無利子・無担保」でお金を貸す仕組みが設けられました。これに連動して日銀は、来月から中小企業にお金を貸した金融機関に対して貸し出しの原資を金利0%で供給することを今月22日に決定しました。金融機関に有利な条件となる資金を供給することで、中小企業への積極的なお金の貸し出しを促す狙いがあります。
JALが採用活動中断を発表 コロナが経営に影響甚大
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 JALが採用活動中断を発表 コロナが経営に影響甚大  日本航空は新型コロナウイルスの感染拡大が経営に甚大な影響を及ぼしているとして、来年度入社の採用活動を中断すると発表しました。  JALグループでは全体で約1700人を採用する計画でエントリーの受け付けがすでに始まっていました。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大が経営に甚大な影響を及ぼし、今後の事業環境を見通すことが困難だとして、来年春に卒業する大学生らの採用活動を中断すると発表しました。再開するかは「未定」で、再開する場合でも採用人数を減らす可能性があるということです。パイロットや企画職の障がい者採用については中断しない方向です。航空業界では、ANAホールディングスも採用活動の中断を発表しています。
Wの悲喜劇特別版「Mの悲喜劇」~令和のキング・オブ・オッサン~
無料
Wの悲喜劇 〜日本一過激なオンナのニュース〜 Wの悲喜劇特別版「Mの悲喜劇」~令和のキング・オブ・オッサン~ 日本がダメなのはオッサンのせい?今年も謎の生物オッサンの生態に迫る。 令和になっても迷惑全開!キレる...いまだにバブル...燃えないゴミみたいなオッサンに「オッサン被害者の会」とSHELLY・りゅうちぇる怒り爆発。 Wの悲喜劇特別版「Mの悲喜劇」は男子も女子もオッサンも見て結構!
去年7月からゴーン被告と接触か 逮捕された米国人
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 去年7月からゴーン被告と接触か 逮捕された米国人  日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン被告の逃亡を手助けしたとして逮捕されたアメリカ人の親子に関し、息子については逃亡の数カ月前からゴーン被告と接触していたことが分かりました。  20日に逮捕されたアメリカ特殊部隊の元隊員、マイケル・テイラー容疑者(59)と息子のピーター・テイラー容疑者(27)は去年12月に、保釈中のゴーン被告の中東レバノンへの出国を手助けした疑いが持たれています。今回、明らかになったアメリカの裁判資料によりますと、ピーター容疑者は去年7月以降、日本に3回渡航し、ゴーン被告と少なくとも7回会っていたことが分かりました。ゴーン被告はレバノンで開いた会見で、逃亡の計画について「数カ月かけたという報道は間違いだ」と語っていました。また、マイケル容疑者についてアメリカのメディアは、マサチューセッツ州の自宅で逮捕されたと報じています。裁判所は日本から正式な要請を受けた後、2人の身柄を引き渡すかどうか判断します。
コロナも手書きでFAX「もうやめようよ」医師が訴え
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 コロナも手書きでFAX「もうやめようよ」医師が訴え  日本の医療現場からは「手書きにFAX」などとシステムの遅れを指摘する悲鳴に近い声が聞かれました。  きっかけは新型コロナウイルスと闘う医師の悲鳴とも言える訴えでした。SNSに投稿したのは呼吸器内科医「キュート先生」こと田中希宇人先生です。これは新型コロナウイルス感染症の発生届です。感染した人の名前や職業、症状まで細かく手書きで記すようになっています。キュート先生の病院ではPCR検査結果の報告も紙やFAXなどでやり取りしていたそうです。  「もう止めようよ…。手書きの発生届…」と1回の投稿で何度もこの言葉を繰り返したキュート先生。これに反応したのが河野防衛大臣です。河野大臣からパスを受けた平内閣府副大臣。感染症の拡大防止対策のデータなどを活用するチームの事務局長を務めています。  平将明内閣府副大臣:「『私が預かります』と厚生労働省を呼んで色んな話をさせて頂きました」  実は、その時点で厚労省によるコロナの陽性者のデータベース化は進んでいて、15日から一部の自治体でコロナ発生届はウェブで入力できるようになりました。
タイのオンライン学習は「テレビ」…格差や課題も
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 タイのオンライン学習は「テレビ」…格差や課題も  日本ではネットでのオンライン授業が定着し始めてきていますが、タイではパソコンもテレビもない家庭が多く、日本では見られないような対策が取られています。  幼稚園から大学まで6月末まで休校が続く予定のタイ。首都バンコクから250キロほど行ったナコンラチャシマ県の山の中にある村を訪ねました。  18日から小中高校でオンラインプログラムが始まっていますが…。子どもたちが見ているのはテレビです。まだまだ貧しい人が多い田舎などでは、スマホやパソコンを持っていない人が多いため、政府は小学校の授業をそれぞれ学年ごとにケーブルテレビで放送しているのです。ちなみに、今、見ているのは2年生の授業です。ところで、テレビで見られるのは一度に1つの学年の授業です。兄弟がいる家庭では、どうしているのでしょうか。  TVで“オンライン学習”をするマナオちゃん(10):「先に弟に(テレビを)見せてあげるの。お父さんやおばあちゃんもテレビを見るから“オンライン学習”ができない時もあるわ」  テレビの先生の声に耳を傾け、懸命に床でノートをとる子どもたち。しかし、先生に質問できるネットでのオンライン学習ではなく、一方通行のテレビには限界があります。  TVで“オンライン学習”をするマナオちゃん:「学校だと先生がもっとゆっくり教えてくれるけど、“オンライン”は早すぎてついていけない時があるの」   テレビもスマホもない家庭では…。危機感を持った地域の先生たちが自主的に家庭訪問して勉強を教えているのです。そんな先生た…