「ニュース番組 夜」の検索結果

今すぐ視聴する

ガストやバーミヤンで深夜営業廃止 宅配など強化へ
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 ガストやバーミヤンで深夜営業廃止 宅配など強化へ  「新しい生活様式」の広がりで「ガスト」や「バーミヤン」が深夜営業を取りやめます。  ファミリーレストラン大手のすかいらーくホールディングスは、深夜に営業しているほぼすべての店舗で7月以降、午後11時半以降の営業を取りやめると発表しました。対象となるのは全体の8割にあたる約2600の店舗です。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、外出の自粛や在宅勤務など「新しい生活様式」が広がり、深夜の利用客が減る傾向が続くと判断したということです。今後は需要が大きく伸びている持ち帰りや宅配を強化するとしています。
記録的大雨は今夜から 関東も警戒を!
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 記録的大雨は今夜から 関東も警戒を!  きょうの「633天気」はこちら、「記録的大雨は今夜から 関東も警戒を!」です。
赤外線で敵を発見、撃破…自衛隊 夜間演習を初公開
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 赤外線で敵を発見、撃破…自衛隊 夜間演習を初公開  陸上自衛隊は、大規模な実弾射撃演習である富士総合火力演習の夜間の部を初めて報道公開しました。  初めて公開された夜間演習では東京ドームとほぼ同じ広さを照らす照明弾などを使い、射撃訓練を行いました。また、演習は人間の目では確認できない赤外線を発して敵を発見し、暗視装置などを使って撃破する場面もありました。今年の富士総合火力演習は新型コロナウイルスの感染拡大に配慮し、一般公開は中止されました。また、静岡県外の隊員が研修に参加することも見送られ、規模を縮小して行われました。
あす朝もポツリ…夜は雷雨注意! 気温も湿度も上昇
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 あす朝もポツリ…夜は雷雨注意! 気温も湿度も上昇  きょうの「633天気」はこちら、「あす朝もポツリ…夜は雷雨注意! 気温も湿度も上昇」です。
死亡ひき逃げで23歳男逮捕 「障害物に乗り上げた」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 死亡ひき逃げで23歳男逮捕 「障害物に乗り上げた」  22日夜に群馬県高崎市で路上に倒れている女性が見つかり、その後に死亡したひき逃げ事件で、警察は23歳の理容師の男を逮捕しました。  高崎市の理容師・田村優行容疑者は22日夜、市道を車で走行中に68歳の李美良子さんと衝突して死亡させたうえ、その場から逃走した疑いが持たれています。李さんは娘の自宅を訪れる途中で、事故直後は意識はありましたが、搬送先の病院で死亡しました。警察は目撃者の情報や防犯カメラの解析などの捜査を進め、24日夜に田村容疑者を逮捕しました。田村容疑者は勤務先からの帰宅途中だったということです。取り調べに対して「障害物に乗り上げた」などと話し、容疑を否認しています。
ブラジルからの入国禁止 米が2日前倒しで発動へ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ブラジルからの入国禁止 米が2日前倒しで発動へ  アメリカのトランプ政権は感染が拡大するブラジルからの入国禁止について、当初の予定から2日前倒しして26日深夜から発動することを発表しました。  トランプ大統領:「ブラジルからの入国禁止をもうすぐ開始する」  トランプ政権は25日、過去14日間にブラジルに滞在していた外国人について26日深夜から入国を禁止することを明らかにしました。当初は28日深夜から制限をかける予定でしたが、2日前倒ししました。ブラジル保健省の26日の発表によりますと、感染者は39万人を上回り、死者は前の日より1039人増えて2万4512人に達しています。しかし、ボルソナロ大統領は大勢の支持者の前でマスクを外して飲食をするなど、外出制限に否定的な姿勢を続けています。
死亡の暴力団関係者 事件以前に傷害容疑で逮捕状も
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 死亡の暴力団関係者 事件以前に傷害容疑で逮捕状も  長野県坂城町の住宅で22歳の長女ら3人が死亡した事件で、警察が死亡した一人の暴力団関係者について、避難して無事だったこの家の長男に暴行を加えたとして逮捕状を取っていたことが分かりました。  26日夜、坂城町の市川武範さんの住宅で長女の杏菜さんと次男の直人さん(16)、暴力団関係者の小沢翔組員(35)が倒れているのが見つかり、その後に死亡が確認されました。捜査関係者によりますと、小沢組員が2人に拳銃を発砲した後、自殺したとみられています。警察は24日夜から翌日にかけて、長野県上田市内で小沢組員が長男に暴行を加えたとして傷害容疑などで逮捕状を取って行方を追っていました。長男は警察による避難措置で26日夜は自宅にいませんでした。長野県警は「こうした事件は残念だが、適切に対応していた」としています。
“宣言解除”から一夜明け…都内の通勤客の様子は
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 “宣言解除”から一夜明け…都内の通勤客の様子は  新型コロナウイルスの緊急事態宣言が全国で解除されてから一夜が明けました。東京都内では朝の出勤の風景や鉄道会社の対応が少しずつ元に戻り始めています。  通勤客:「田舎の(地元の駅)の方はかなり(人が)増えていました。まだまだね、予断を許さないですからね。気を抜かないようにとは思ってますけど」  首都圏の在来線は特急などを除き、ほぼ通常通りのダイヤで運行されています。東海道新幹線は去年の6割程度で運行していましたが、来月1日から8割ほどに増やします。東京メトロは一部の出入り口や改札を閉鎖していましたが、26日の始発から利用を再開しています。
飲食店が“深夜営業”再開 にぎわい戻る大阪の夜
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 飲食店が“深夜営業”再開 にぎわい戻る大阪の夜  大阪府では23日から飲食店の営業時間の制限がすべて解除され、にぎわいが戻り始めています。  大阪市浪速区にある24時間営業の串カツ店は府の要請に従って営業時間を短縮していましたが、23日から午前0時までに延長しました。入り口での検温をはじめ、座席の数を制限したりテーブルを消毒したりと、感染防止の対策を取っています。  来店客:「自粛期間しんどかったですね」「家にこもるよりは発散したいやん」  串カツ店の従業員:「いつ元に戻るのか分からないので、頑張ってやっていくしかない」  一方、接待を伴うナイトクラブなどは引き続き休業要請の対象となっていて、解除するかどうかは29日までに判断されます。
首都圏3県の休業要請緩和 今夜からあすにかけ決定
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 首都圏3県の休業要請緩和 今夜からあすにかけ決定  首都圏の3県も動き出します。千葉県は26日にも大学や学習塾、映画館などの休業要請を解除する方針です。  千葉県は休業要請している施設を感染のリスクが低い順にAからDの4つに分けていて、A区分の博物館や図書館はすでに22日に解除されています。25日夜、対策本部会議を開いて大学や劇場が含まれるB区分の解除を決定する見通しです。神奈川県は業種によって時短営業などの条件を付けたうえで、27日午前0時からすべての休業要請を解除する方針です。その後、時短営業を解除するなど2段階に分けて休業要請を緩和する方針です。埼玉県は県内と隣接する東京都の感染者が直近の1週間で県が定めた基準以下になれば、専門家に諮問したうえで休業要請と外出自粛を緩和する方針です。
関東はあすも雨…朝と夜に2回 気温は20℃前後に
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 関東はあすも雨…朝と夜に2回 気温は20℃前後に  きょうの「633天気」はこちら、「あすも雨2回 一瞬の晴れ間はいつ?」です。
「緊急事態」39県で解除 一夜明け“期待と不安”
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「緊急事態」39県で解除 一夜明け“期待と不安”  「緊急事態宣言」解除から一夜明け、39の県では再開に向けて動き出しています。  新潟県にある月岡温泉。こちらのホテルは15日から営業再開です。緊急事態宣言が解除された14日から急に問い合わせが増え、15日に25人の予約が入りました。期待と不安を胸に客を迎えます。そして、待ちに待った再開後、初の客が来ました。  再開に向け前途多難な所もありました。福岡県北九州市にあるボウリング場です。15日から再開する予定でしたが、しばらく止めていたエスカレーターの調子が悪いようです。ようやく動き出しました。40日ぶりにピンが並びました。と、そこへ第1号の客がやってきました。ステイホームでたまったストレスを発散していました。  奈良県名産の柿の葉すし。緊急事態宣言を受けて先月から店を閉めていました。県は感染防止対策の徹底を前提に15日から休業要請を解除する方針です。  一方、15日に営業再開のはずができなかった所もあります。金沢市にあるスーパー銭湯。15日に営業を再開する予定でしたが…。ふたを開けてみると、床面積が1000平方メートルを超えるスーパー銭湯は休業要請解除の対象外でした。ちなみに、こちらは1800平方メートル。15日朝に気付きました。
50本以上の傘へし折ったか 少年2人を逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 50本以上の傘へし折ったか 少年2人を逮捕  50本以上の傘を折った疑いで少年2人が逮捕されました。  警察によりますと、今年2月、大分市内の小学校の敷地内に設置されている児童育成クラブから、所有する傘54本が折られていると通報がありました。警察は、防犯カメラの映像などから大分市内に住む少年2人を特定し、25日夜に器物損壊の疑いで逮捕しました。傘は、足で踏みつけられたなどとみられ、無作為に折られていました。2人は小中学校の友人で、ともに容疑を認めていて、警察は動機などを調べています。
全国初“電気救急車” 担架も電動で職員の負担軽減
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 全国初“電気救急車” 担架も電動で職員の負担軽減  電気自動車の救急車が全国で初めて導入されました。  電気自動車のEV(電気自動車)救急車は都内有数の繁華街を抱える東京消防庁池袋消防署に全国で初めて導入されました。EV救急車は一回7時間の充電で130キロ走ることができます。現在は、育児や介護などの理由から夜間の勤務が難しい職員が働く「デイタイム救急隊」が運用しています。このEV救急車には電動ストレッチャーも備えられていて、女性職員が患者を搬送する際の負担を軽減できるということです。
“緊急事態”解除後の人出 きのう都心で1~6%増加
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 “緊急事態”解除後の人出 きのう都心で1~6%増加  緊急事態宣言の解除から一夜明けた26日、東京都心への人出は25日に比べて1%から6%の増加だったことが分かりました。  NTTドコモによりますと、26日午後3時時点の東京都心各地の人出は25日に比べて品川駅で6.2%、新宿駅で6%、東京駅で5.2%、銀座で1.2%の増加となりました。緊急事態宣言の解除で都心に出勤する人や買い物に出掛ける人などが少し増えたとみられます。一方、北海道は札幌駅で0.2%の増加、すすきので1.9%の減少と緊急事態宣言が解除されても外出に慎重な人が多かったとみられます。
“暴走ミキサー車”交差点に突っ込み多数の死傷者
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 “暴走ミキサー車”交差点に突っ込み多数の死傷者  中国でミキサー車が暴走。交差点に突っ込み、多数の死傷者が出ました。  車載カメラが捉えた映像。1台のミキサー車が速度を上げたまま交差点に突っ込みました。中国メディアによりますと、四川省で17日夜にミキサー車が車や歩行者を巻き込みながら暴走して商店に突っ込んだ後、停止しました。この事故で多数のけが人が病院へ搬送され、1人が死亡しました。現場を目撃した人は「ミキサー車はブレーキが利いていないようだった」と語っています。警察はミキサー車の運転手の身柄を拘束して暴走の経緯などを調べています。
7カ月息子が“脳挫傷”で死亡 当時19歳父親を逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 7カ月息子が“脳挫傷”で死亡 当時19歳父親を逮捕  7カ月の息子に暴行を加えて死亡させたとして、当時19歳の父親が逮捕されました。  おととし3月31日の夜から翌朝にかけて、当時19歳の少年は宇都宮市の自宅アパートかその周辺で7カ月の息子に暴行を加えたうえ、死亡させた疑いが持たれています。警察によりますと、朝に仕事から帰宅した妻が息子の異変に気付いて119番通報したということです。男の子は病院に運ばれましたが、頭の骨などが折れていて脳挫傷のため死亡しました。取り調べに対して「やっていません」と容疑を否認しています。警察は虐待の疑いもあるとみて捜査しています。
桜を見る会めぐり 弁護士ら安倍総理らを刑事告発
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 桜を見る会めぐり 弁護士ら安倍総理らを刑事告発  安倍総理大臣主催の「桜を見る会」の前夜に開かれた夕食会を巡り、全国の弁護士らが公職選挙法違反などの疑いで安倍総理らの告発状を東京地検に提出しました。  告発したのは全国の弁護士と法学者ら合わせて600人以上で21日午前、東京地検に告発状を提出しました。告発状では安倍総理と後援会の代表、会計責任者の3人に公職選挙法違反と政治資金規正法違反の疑いがあるとしています。具体的には2018年の桜を見る会の夕食会を巡って「一人あたり1万1000円の飲食代を5000円ずつしか徴収せず差額を提供した」「徴収した分とホテルに支払った費用を収支報告書に記載しなかった」などと指摘しています。
解除受け大阪、京都、兵庫 一部除き施設や店舗再開
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 解除受け大阪、京都、兵庫 一部除き施設や店舗再開  緊急事態宣言の解除を受け、大阪、兵庫、京都では休業要請の大部分を終了します。  吉村大阪府知事:「なんとか感染拡大を抑えながら経済活動を両立させていくという新たなステージに入った」  大阪府は23日午前0時から休業要請を大幅に緩め、大型パチンコ店やユニバーサル・スタジオ・ジャパンなどの遊園地の営業を認め、居酒屋の営業時間の制限も撤廃します。一方、ライブハウスや接客を伴う夜の飲食店、スポーツクラブなど集団感染が起きた業種は引き続き休業要請が出されます。また、兵庫県や京都府はおおむね大阪府と足並みをそろえ、休業要請の大部分の解除を決めました。ただ、京都府は大学の再開について休校要請を続けるとしています。
北海道 独自基準で判断 夜間の酒類提供自粛緩和へ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 北海道 独自基準で判断 夜間の酒類提供自粛緩和へ  北海道は新型コロナウイルスの感染拡大が抑えられているとして、近く独自に飲食店のアルコール提供の自粛要請をさらに緩和する方向で検討していることが分かりました。  北海道は休業要請を緩和する基準として、直近1週間の新たな感染者数やそのうち感染経路が分からない人の数、入院している患者数などを挙げていますが、道内では20日からこの基準をクリアしています。このため道は休業要請を再び緩和し、札幌市を含む石狩管内についてもすでに緩和されている他の地域と同様、午後7時以降の飲食店のアルコール提供の自粛要請を近く解除することなどを検討しています。鈴木知事が22日午後にも会見で明らかにする見通しです。
服に“タイヤの跡”68歳女性ひき逃げされ死亡 群馬
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 服に“タイヤの跡”68歳女性ひき逃げされ死亡 群馬  22日夜、群馬県高崎市の市道で68歳の女性が倒れているのが見つかり、その後に死亡しました。警察は現場の状況などからひき逃げ事件として捜査しています。  午後7時半すぎ、高崎市の市道で車を運転していた男性から「人が倒れている」と110番通報がありました。警察が駆け付けると、近くに住む自営業の李美良子さんが道路に倒れていて、その後に死亡しました。李さんの服にタイヤの跡のようなものがあったことから、警察は李さんがひき逃げされたとみて捜査を始めました。現場は片側1車線の道路で車の破片やブレーキの跡はなく、車は南の方向に走っていったとみられます。警察は、防犯カメラの映像や事故の目撃者を捜すなど車の特定を進めています。
無人宇宙船「こうのとり」国際宇宙ステーション到着
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 無人宇宙船「こうのとり」国際宇宙ステーション到着  21日に打ち上げられた日本の無人宇宙輸送船「こうのとり9号機」が25日夜にISS(国際宇宙ステーション)に到着しました。  こうのとり9号機は21日にH2Bロケットに載せられて打ち上げられ、25日午後9時13分にISSのロボットアームにキャッチされました。こうのとり9号機には宇宙飛行士の食料や実験機器など約6.2トンが積まれています。こうのとりは2009年からすべての打ち上げが成功していますが、今回で最後になります。JAXA(宇宙航空研究開発機構)は後継機としてHTV-Xを開発して来年度中に打ち上げる予定で、今後、建設が計画されている月を周回する宇宙ステーション「ゲートウェイ」にも物資を運ぶ予定です。
サイクロン「アンファン」がインド直撃 84人死亡
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 サイクロン「アンファン」がインド直撃 84人死亡  インド洋で発生したサイクロン「アンファン」がインド東部に上陸し、これまでに少なくとも84人が死亡しました。  サイクロン「アンファン」は20日夜にインドに上陸しました。沿岸部では強い風や雨の影響で住宅が壊れるなどの被害が出ていて、地元メディアなどによりますと、インドと隣国のバングラデシュではこれまでに合わせて84人が死亡し、約265万人が避難を余儀なくされました。新型コロナウイルスの感染が拡大しているなか、避難所では定員を制限するなどの対策が取られましたが、人が密集する状況で感染がさらに広がる恐れがあります。インドで新型コロナウイルスの感染者は11万2000人を超えていて、アジアでは最多となっています。
米のレンタカー大手ハーツが“最大規模”経営破綻
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米のレンタカー大手ハーツが“最大規模”経営破綻  新型コロナウイルスによる小売り大手の経営破綻が相次ぐアメリカで、今度は大手レンタカー会社が経営破綻しました。  レンタカー大手「ハーツ・グローバル・ホールディングス」は22日夜、日本の民事再生法にあたる連邦破産法11条の適用を裁判所に申請し、経営破綻しました。新型コロナウイルスの感染拡大によって旅行者が大幅に減少し、レンタカーの利用が落ち込んでいました。アメリカメディアによりますと、負債総額は約190億ドル=2兆円に上り、新型コロナウイルスの影響による経営破綻としては最大規模です。ハーツは世界140か国以上に1万店余りを展開していますが、ヨーロッパやオセアニアの店舗は申請の対象ではないということです。
妻へ暴行疑い ボビー・オロゴンさんを釈放
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 妻へ暴行疑い ボビー・オロゴンさんを釈放  自宅で妻(46)をたたいたとして暴行の疑いで現行犯逮捕されたタレントのボビー・オロゴンさん(54)が18日夜に釈放されました。  ボビー・オロゴンさんの事務所関係者:「この度は関係者の皆様、まずは妻、多大なるご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございませんでした」  釈放されたタレントのオロゴンさんは午後10時すぎ、事務所関係者とともに頭を下げ、無言で埼玉県警浦和警察署を出ました。オロゴンさんは16日、さいたま市の自宅で妻の顔をたたいたとして暴行の疑いで現行犯逮捕されました。警察によりますと、オロゴンさんは「口論がきっかけで妻を突き放した」「暴力は振るっていない」と容疑を否認していました。妻は警察に対し、「夫から長年、DVや嫌がらせを受けてきた」と説明しているということです。警察は在宅で捜査を継続する方針です。
時短の店等狙い…窃盗9件、被害額15万円 同一犯か
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 時短の店等狙い…窃盗9件、被害額15万円 同一犯か  東京・昭島市で、新型コロナウイルスの影響から営業時間を短くしている店などを狙った窃盗事件が9件起きていることが分かりました。  先月上旬から時短営業を行っている昭島市の飲食店では、今月19日夜から20日未明にかけて小窓から何者かが侵入し、現金約2万円が盗まれました。  被害店舗の店員:「ここの窓が全部開いてまして、そういうこと(窃盗事件)があるというのはネットとかで見ていたので、気を使ってはいましたけど」  また、先月、この飲食店の近くにある美容室でも店内が荒らされる被害がありました。警視庁によりますと、市内で同様の事件が先月14日からこれまでに9件起きていて、約15万円の被害が出ています。ほとんどの店で窓やドアを壊して侵入する手口だったということです。警視庁は同一犯の可能性があるとみて捜査しています。
緊急事態宣言解除へ 移動やイベント段階的に緩和
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 緊急事態宣言解除へ 移動やイベント段階的に緩和  政府は4都県と北海道に出している新型コロナウイルスの緊急事態宣言の解除を専門家に諮問し、25日午前に了承されました。これにより、全国の緊急事態宣言が解除されることになります。  西村経済再生担当大臣:「すべての都道府県において緊急事態措置を実施する必要がなくなったと認められ、緊急事態解除宣言を行うことが了承されました」  政府の方針では、緊急事態宣言が全国で解除された後も感染拡大を予防する「新しい生活様式」の定着や業種ごとに策定されるガイドラインの実践が前提になるとしています。また、都道府県をまたぐ移動については今月末まで自粛を呼び掛ける考えです。イベントの開催は3週間ごとに地域の感染状況を評価し、段階的に制限を緩和するとしています。25日夜に政府の対策本部が開かれ、正式に決定されます。
“緊急事態”解除3府県 あす休業要請を大幅緩和へ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 “緊急事態”解除3府県 あす休業要請を大幅緩和へ  政府の緊急事態宣言が解除された大阪、兵庫、京都の3つの府県では、23日午前0時から休業要請が大幅に緩和されます。  大阪府は午前0時から大型パチンコ店や遊園地などについて休業要請を解除するほか、居酒屋を含む飲食店の営業時間の制限を取りやめます。一方、ライブハウスや夜の接待を伴う飲食店などには引き続き休業を要請し、29日をめどに解除するか改めて判断します。  会社員:「経済面ですごく困ってる方が多いので、そういう意味では良かったと思います」  専業主婦:「(解除は)早すぎるんじゃないかと思う。第2波、3波につながると思う」  兵庫と京都は大阪とほぼ足並みをそろえましたが、京都は府外から通学する学生が多いことを理由に大学への休校要請を継続します。  飲食店勤務:「元々、海外の方が多く来ていたので、人自体は少なくなると思うけど。大阪とか近い所から来る人も多いので(心配)」
黒川検事長 賭け麻雀報道 与党「事実なら辞任を」
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 黒川検事長 賭け麻雀報道 与党「事実なら辞任を」  東京高検の黒川検事長が賭け麻雀をしていたという週刊誌の報道について、与党幹部からも事実であれば辞任は避けられないとの声が上がっています。  週刊文春は20日付のインターネット版の記事で黒川検事長が1日夜から2日未明にかけて緊急事態宣言が続く都内にある知人の新聞記者の自宅で麻雀をしていたと報じました。  公明党・石田政調会長:「事実であれば、賭け麻雀はやってはいけない。中枢の幹部が言われているようなことをやれば職務を続けられるという話ではないだろうと思う」  野党側からも厳しい声が上がっています。  立憲民主党・蓮舫副代表:「自粛を要請しているなか、賭博という違法行為に検察のトップと目される方が行っているとは思えないが、事実かどうかをまず政府が明らかにすべきだ」  野党側は黒川氏から事実関係を確認したうえで森法務大臣や菅官房長官が国会で説明するよう求めています。
制限緩和で野外パーティーに数千人の若者 逮捕者も
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 制限緩和で野外パーティーに数千人の若者 逮捕者も  アメリカでは外出禁止などの制限が緩和され始めていますが、お祝い気分で泥酔したり数千人の若者がパーティーに集まるなど、警察が出動する騒ぎが相次いでいます。  ニューヨークのバーから警察官2人が男性を連行していきます。次の瞬間、体を持ち上げて地面にたたき付けました。現地メディアは、男性は泥酔していて身分証明書の提示を拒んで暴れたため拘束されたと伝えています。一方、南部のフロリダ州では大規模な野外パーティーが週末に夜通しで開かれ、3000人もの若者が集まりました。参加者の一部が出動した警察官にペットボトルを投げ付けたり車の中から銃を向ける騒ぎなどを起こし、武器の違法所持などの容疑で男2人が逮捕されました。経済活動の再開に向けた動きは全米50州すべてに広がっていますが、気の緩みが感染の再拡大を招くという懸念も出ています。