「ニュース番組 視聴率」の検索結果

今すぐ視聴する

藤井七段、また快挙 「3年連続勝率8割以上」確定
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 藤井七段、また快挙 「3年連続勝率8割以上」確定  将棋の藤井聡太七段が24日、王位戦挑戦者決定リーグ白組で稲葉陽八段との対局に勝利し、史上初めて3年連続で勝率8割を超える快挙を達成しました。  藤井七段は今年度、対局をもう1局残していますが、24日に勝利したことで今年度の勝率が8割以上になることが確定しました。これまで、勝率8割を2回以上達成した棋士は、藤井七段を含めて3人だけです。中原誠十六世名人と羽生善治九段はいずれも2年連続で達成しましたが、3年連続は藤井七段が初めてとなりました。
高齢化進む日本にも警告「イタリアのような事が…」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 高齢化進む日本にも警告「イタリアのような事が…」  イタリアで新型コロナウイルスの感染による致死率が高い理由は、高齢化が一因だとする論文をイギリスの大学が発表しました。高齢化が進む日本にも警告しています。  オックスフォード大学の研究チームはイタリアでの致死率の高さについて、65歳以上が人口の23%を占めるなど世界2位の高齢化率を一因としています。新型コロナによるイタリアの致死率は10%に上ります。  オックスフォード大学、メリンダ・ミルズ教授:「(日本は)桜の季節で外に出たくなるでしょう。しかし、社会的な距離を取ったり行動制限をしなければイタリアのようなことが起きてしまう」  ミルズ教授は高齢化率がイタリアより高い日本について、イタリアのように感染が拡大した場合は多くの死者が予想されると指摘しました。
中国の研究チーム「無症状でも感染力強い」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国の研究チーム「無症状でも感染力強い」  中国の研究チームは、無症状の感染者も高い感染力を有するとの調査結果を発表しました。  浙江省の研究チームは新型ウイルスの感染者187人とその濃厚接触者2147人への感染率について、調査結果を公表しました。そのなかで、発症した感染者からの感染率が6.3%、無症状の感染者は4.11%だったとして、「感染力に大きな差はない」との分析が示されています。中国政府の調査チームトップの鍾南山医師も28日のテレビのインタビューで「無症状でも感染力は非常に強い」と指摘しました。現在、中国政府は「せきやくしゃみをせず、感染の確率が低い」として無症状の感染者を統計に加えていません。
ドイツ 新型コロナ致死率低い理由「大量検査で…」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ドイツ 新型コロナ致死率低い理由「大量検査で…」  ドイツで新型コロナウイルス感染者の致死率が低い理由について、現地の専門家は「大量の検査で感染者を早期に発見しているため」との見方を示しました。  ドイツでは約4万人の感染者に対し、死者は229人にとどまっています。致死率は0.6%程度で、イタリアの10%、スペインの7%などに比べて低くなっています。この理由について、ドイツの専門家は「週50万件の検査による感染者の早期発見がある」と指摘しました。WHO(世界保健機関)も、パンデミックの抑え込みには都市封鎖などに加えて徹底した感染者の発見が必要だとしています。フランスではこれまで重症者や濃厚接触者らの検査に重点を置いてきましたが、範囲を広げて来週には一日最大3万件の検査ができるよう準備を進めています。
独の低い致死率“週50万検査で早期発見”と専門家
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 独の低い致死率“週50万検査で早期発見”と専門家  ドイツで新型コロナウイルス感染者の致死率が低い理由について、現地の専門家は「大量の検査で感染者を早期に発見しているため」との見方を示しました。  ドイツでは4万人以上の感染者に対し、死者は267人となっています。致死率は0.6%程度で、イタリアの10%、スペインの7%などに比べて低くなっています。この理由について、ドイツの専門家は「週50万件の検査による感染者の早期発見がある」との指摘をしました。WHO(世界保健機関)も、パンデミック(大流行)の抑え込みには都市封鎖などに加えて徹底した感染者の発見が必要だとしています。フランスではこれまで重症者や濃厚接触者らの検査に重点を置いてきましたが、範囲を広げて来週には一日最大3万件の検査ができるよう準備を進めています。
首都圏ターミナル駅「外出自粛」で利用者大幅に減少
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 首都圏ターミナル駅「外出自粛」で利用者大幅に減少  首都圏では週末のターミナル駅の利用者が大幅に減りました。  JR東日本によりますと、首都圏での外出自粛要請を受け、28日の東京駅と上野駅の利用者は前の年の同じ時期に比べて約8割少ない18%になりました。また、新宿駅は24%、渋谷駅は26%の利用にとどまりました。前の週の21日と22日の利用者は、各駅で前の年の48%から67%だったため、今回の外出自粛要請で大きな影響を受けたことになります。一方、28日と29日の東北・上越など各新幹線の利用率は30%、山手線の利用率も30%に落ち込んでいます。
JALが国内線を来月2割減便へ 感染拡大で予約半減
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 JALが国内線を来月2割減便へ 感染拡大で予約半減  日本航空が国内線を2割ほど減便です。  日本航空は来月6日から19日までの間、国内線の57路線、合わせて2450便の減便を決めました。減便となるのは国内線全体の約2割です。羽田と新千歳を結ぶ便が最も多く、一日あたり5往復程度減ることになります。4月の国内線の予約率は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、前の年の同じ時期に比べて半分ほどに落ち込んでいます。一方、全日空も来月は約2割の減便を決めています。
政府のイベント自粛要請を7割超が評価 ANN世論調査
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 政府のイベント自粛要請を7割超が評価 ANN世論調査  大規模イベントの自粛要請について評価するとした人が7割を超えました。  ANNの世論調査は週末に行われました。政府がイベントの自粛要請を続けていることについて「評価する」とした人は73%で、「評価しない」とした人は16%でした。一方で、政府の新型コロナウイルス対策について「評価する」とした人は44%で、「評価しない」とした人は37%でした。感染拡大に伴う経済対策として、消費税率を引き下げることに「賛成」とした人は53%、「反対」とした人は38%でした。
「希望割」提案 災害の「ふっこう割」をさらに拡充
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 「希望割」提案 災害の「ふっこう割」をさらに拡充  「ふっこう割」をさらに拡充する「希望割」を提案しました。  自民党・二階幹事長:「これまでの『ふっこう割』の規模を超える『希望割』を創設する」  政府はこれまでにも、2016年の熊本地震など自然災害の際に旅行代金を最大7割助成する、ふっこう割を導入してきました。自民党の二階幹事長は、対象も全国に広げて割引率もさらに上げる希望割を提案しました。新型コロナウイルスが収束後、すぐに運用できるように制度設計を進めたい考えです。
百貨店の落ち込み過去最大 外出控え、外国人も来ず
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 百貨店の落ち込み過去最大 外出控え、外国人も来ず  大手百貨店の売上高が過去最大の落ち込みです。  新型コロナウイルスの影響で外国人観光客が減少し、国内でも外出の自粛が広がった結果、「大丸」や「松坂屋」を運営する「Jフロントリテイリング」の3月の売上高は去年より43%減少しました。同様に「高島屋」では35%減少、「三越伊勢丹ホールディングス」も35%減少しました。いずれも過去最大の下落率です。今後も土日の臨時休業や営業時間の短縮が続くため、各社とも「今後の見通しはかなり厳しい」としています。
米雇用統計 非農業部門の就業者数70万人減
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米雇用統計 非農業部門の就業者数70万人減  新型コロナウイルスの感染拡大で経済への深刻な影響が懸念されるなか、アメリカ政府は景気動向を示す非農業部門の就業者数が約70万人減ったと発表しました。  アメリカの非農業部門の就業者数は、労働省が発表した3月の雇用統計で新型コロナウイルスの影響で前の月より70万人減り、9年半ぶりのマイナスとなりました。失業率は4.4%と前の月から0.9ポイント増えて大幅に悪化しました。調査は3月前半に実施されたもので、4月の雇用統計はさらに厳しいものになると指摘されています。
NY市警1048人感染、5600人超に疑い 治安に影響は?
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 NY市警1048人感染、5600人超に疑い 治安に影響は?  ニューヨークの警察官1000人以上が感染しました。  ニューヨーク市警察は31日、警察官3万6000人のうち1048人が新型コロナウイルスに感染したと明らかにしました。これまでに5人が死亡し、5600人以上に感染の疑いがあるということです。ニューヨークでは事実上の外出禁止となっていますが、警察官は巡回などを続けています。感染拡大を抑えるためにマスクと手袋、消毒液を15万個ずつ購入しています。ニューヨーク市警は外出する市民が減ったほか、人と人が一定の距離を取っているため「犯罪の発生率は減っている」と説明しています。
外出規制で犯罪は減少 家庭内暴力は増加 アメリカ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 外出規制で犯罪は減少 家庭内暴力は増加 アメリカ  新型コロナウイルスの感染が広がるアメリカでは2億人以上が外出を規制され、在宅率が上がったことで殺人などの犯罪が減少していることが明らかになりました。  ロサンゼルスでは多くの人が自宅待機を命じられた先月は殺人や窃盗などの犯罪が大きく減少し、逮捕者は2月に比べて15%のマイナスでした。シカゴでは先週、殺人などの重大な犯罪が前の年に比べて23%減りました。ニューヨークでも先月第3週の犯罪が前の年よりも17%減少するなど、アメリカ全土の主要都市で犯罪件数が低下しています。しかし、家庭内でのトラブルは逆に増えているとみられ、西部のシアトルでは先月前半の2週間は家庭内暴力の通報が前の年の同じ時期と比べて22%増加したということです。
「6月初旬にも」感染拡大の歯止め時期 米副大統領
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「6月初旬にも」感染拡大の歯止め時期 米副大統領  アメリカ政府で新型コロナウイルスの対策チームを率いるペンス副大統領は、アメリカ国内の感染拡大に歯止めがかかる時期について「6月上旬にも可能」との認識を示しました。  アメリカ、ペンス副大統領:「このまま対策を取り続ければ、6月上旬のどこかの段階までに感染拡大は大きく抑えられるだろう」  ペンス副大統領はこのように述べましたが、感染拡大について警戒を緩めない姿勢も強調しています。トランプ大統領は「今後、2、3週間でピークを迎える」と述べています。一方、国防総省は70人以上の感染者が報じられた原子力空母「セオドア・ルーズベルト」について一部の乗組員を残し、半数以上にあたる約2700人を数日以内に下船させて隔離する方針を示しました。
ジャズ発祥の地で医療崩壊の危機 祭りで感染拡大か
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ジャズ発祥の地で医療崩壊の危機 祭りで感染拡大か  アメリカでは新型コロナウイルスの感染者の数が10万人を超えました。ジャズ発祥の地で知られるニューオーリンズでは感染者の増加が著しく、医療崩壊の危機が迫っています。  アメリカ南部のルイジアナ州では25日正午までの24時間で感染者が3割増え、世界で最も増加率が高い地域とされています。27日までの感染者は約2700人に上っています。  ルイジアナ州・エドワーズ知事:「新型コロナウイルス感染者治療のための対応能力を超えるかもしれない。4月4日か5日になるだろう」  ルイジアナ州のなかでも感染者が集中しているニューオーリンズでは、先月下旬まで「マルディグラ」と呼ばれる恒例の祭りが開かれ、約140万人が参加していました。この祭りが感染を広げたという見方が強まっています。
在宅促すため「ライオン放たれた」ロシアで噂広がる
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 在宅促すため「ライオン放たれた」ロシアで噂広がる  ロシアでは国民に在宅を促すために「街中にライオンが放たれた」といううわさが広がり、外務省の報道官が火消しする事態になっています。  ロシアではウイルスの感染拡大を防ぐため、28日から全土で食料品店や薬局を除くほぼすべての店舗が休業しています。そんななか、インターネット上に流れたのは「プーチン大統領の命令で、ロシア全土にライオンとトラ合わせて800頭がすでに放たれた」といううわさでした。  ロシア外務省・ザハロワ報道官:「大統領が街にライオンとトラを放つというのは面白い。だが、伝統と効率を考えて実はクマを放っているのだ」  ザハロワ報道官は冗談を交えてうわさを否定しました。プーチン大統領は28日から1週間の間、国民に家にとどまるよう強く訴えています。
米の“外出自粛”4月30日まで延長 トランプ氏発表
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米の“外出自粛”4月30日まで延長 トランプ氏発表  アメリカでは新型コロナウイルスの感染者が14万人を超え、トランプ大統領は外食などの自粛を求める行動の指針を来月末まで延長すると発表しました。  アメリカ政府が今月中旬に発表した外食などの自粛を求めた指針について、トランプ大統領は今月末の期限を前に来月30日までの延長を発表しました。  トランプ大統領:「致死率は2週間後に最も高くなると推定されている」  トランプ大統領は来月12日のキリスト教の復活祭までに経済活動を正常化して、ウイルスの影響が比較的小さい地域では指針を緩和することを検討していました。しかし、29日に事態の深刻化を受けて国全体を対象により長い期間の自粛に踏み切り、「6月1日までには回復の軌道に乗るだろう」と修正しました。また、トランプ政権の感染症対策にも関わる専門家は、死者の数がアメリカで10万人から20万人に上る可能性があると話しました。
コロナ治療の切り札「ECMO」 過酷な現場を医師激白
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 コロナ治療の切り札「ECMO」 過酷な現場を医師激白  もし感染してしまったら。新型コロナウイルスの治療薬がまだない状態で「最後の切り札」とされるのがECMO(体外式膜型人工肺)による治療です。ただ、その最前線をのぞくと過酷な現実に直面しました。  東京都立多摩総合医療センター感染症科の医師たちです。新型コロナウイルスに感染した患者のなかでも、主に重症の人たちをここで受け入れています。重症化した患者は隔離用の個室で治療を受けています。元々は結核病棟だそうで、シャワーもトイレも独立。換気や温度調節などもそれぞれ行うことができます。  肺の機能が著しく低下した患者が人工呼吸器で改善が見られなかった場合、最後の切り札として行われる集中治療がECMOです。ECMOは肺の代わりを担う装置で、首などから太い管を入れて血液を体の外へ吸引し、人工肺で血液に酸素を送り込んでから体内に戻します。これにより、肺をいったん休ませ、回復を促すことができるそうです。  このECMO治療のエキスパートが清水敬樹医師です。清水医師によりますと、ECMOの治療を受けて退院できる確率は6割。また、実施には医師や技師など複数人が必要で現在、多摩総合医療センターに8台あるECMOのうち、同時に運用できるのは3台だということです。  新型コロナウイルスと闘う医療現場からはECMOを扱うことができる人材の育成が急務だと指摘する声が上がっています。また、これ以上患者が増えた場合、医療崩壊の恐れもあると言います。
人との接触「1日で17分」まで…データ解析で警告
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 人との接触「1日で17分」まで…データ解析で警告  感染を食い止めるにはどこまで制限する必要があるのでしょうか。ウイルス感染拡大をデータで分析する専門家が1人の人が1週間に出歩ける具体的な時間を示し、警鐘を鳴らしています。  諸外国が強い外出規制をするなか、独自路線を突き進む日本。しかし、専門家は警鐘を鳴らしています。  横浜市立大データサイエンス学部・佐藤彰洋教授:「疫病という名のこれは大規模自然災害なんだと」  集団行動のマネジメントが専門で人々の社会活動と感染症拡大の関係を研究する佐藤教授の計算では、例えば、東京都内のこれまでの感染数や感染率などの数値をもとにシミュレーションした場合、他者と接触する活動をこれまでの1.8%まで減らす必要があるというのです。神奈川県の場合は5%。いずれにしても暮らし方を大きく変えざるを得ない数字です。  そうした行動制限をしない場合の東京都の感染者数の増え方を予測したグラフ。  横浜市立大データサイエンス学部・佐藤彰洋教授:「(計算では)4月9日で東京都内1200人を突破する。指数関数的に増えていく。これが最悪の状況」  そうなってからロックダウンを行っても遅いといいます。一方、強力な行動制限を行った場合は…。  横浜市立大データサイエンス学部・佐藤彰洋教授:「1.8%まで低下させると14日後、感染者がほとんど確認されなくなる。感染が止められるしきい値」  人と接触する機会を1.8%まで減らすとは、具体的にどういうことでしょう。仮に一日のうち仕事や買い物、余暇などで人と接触する機会が普段…
欧州のコロナ禍が首脳に影響 日本の感染者数に注目
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 欧州のコロナ禍が首脳に影響 日本の感染者数に注目  新型コロナウイルスによる死者でイタリアが中国を超えるなど世界で感染が広がるなか、日本の感染者の少なさに疑問が広がっています。  夜の街を走る軍用車。イタリアでは犠牲者のあまりの数に遺体を軍のトラックで墓地へと運んでいるといいます。今や世界170近くの国と地域で感染が確認され、感染者は約33万人、死者は1万4000人を超えました。戦後最も厳しい危機と首相が話すイタリアは感染者約6万人、死者約5500人と死者数では中国本土を抜きました。感染者約2万5000人のドイツでは、なんとメルケル首相にまで影響が…。20日に肺炎球菌の予防接種を受けたものの、その後、診察した医師の感染が判明。これを受けてメルケル首相は数日間、隔離されて自宅で執務することになりました。国境が事実上、閉鎖されるハンガリーでは他の国へと向かう車で大渋滞となっています。  インドでは市民が鍋のふたや食器をたたいて治療にあたる医療従事者を応援しています。また、フランスでも医療従事者を応援しようとエッフェル塔のライトアップを点滅させました。  そんななか、実は今、中国と地理的にも近く、人の行き来も多いにもかかわらず、感染者数などが少ないと日本が世界から注目されているのです。海外メディアは日本の文化と関連付けた分析をしています。  海外メディア:「(日本の)人々は握手やハグよりも、お辞儀をする」「手洗いをする率も高い」  しかし、批判的な見方も。  海外メディア:「日本は7月に東京オリンピックを開催する予定で、感染者数を…
「性交渉経験率」と「収入」に相関関係 未経験者に聞いてみた
無料
けやきヒルズ【平日ひる12時〜生放送】 「性交渉経験率」と「収入」に相関関係 未経験者に聞いてみた ネット×TV報道 にとことんこだわったランチタイムの1時間!通勤通学、ちょっとした空き時間、そしてお昼休みに今日のニュースをアップデート!最新ニュースはもちろん、SNSで話題のモノ/ヒトもスピーディーに独自中継を交えて徹底リサーチ!気になる午後のお天気や交通情報もお届け。元SKE48のキャスター柴田阿弥とママキャスター大木優紀が地上波とは一味違った個性派コメンテーターと共に皆さんのランチタイムに厳選したニュースをお届けします。
ロシアの流儀
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 ロシアの流儀 4期目がスタートした、ロシアのプーチン大統領。経済が低迷しても、国際社会で孤立を深めても、高い支持率は衰え知らず。大統領自ら、庶民の質問に4時間も答え続ける名物番組「プーチン・ホットライン」とは?「クリミア併合」をロシア国民はどう捉えているのか?プーチンの「力の源泉」エネルギー戦略とは? 長くロシアを取材し続けてきた記者が、謎多き超大国の「流儀」を紐解く。
#45 ゲストに竹中平蔵氏を迎え消費税増税・軽減税率についてほろ酔いトーク
無料
NewsBAR橋下 #45 ゲストに竹中平蔵氏を迎え消費税増税・軽減税率についてほろ酔いトーク 今回のゲストは元経済財政政策担当大臣の竹中平蔵さん! 関西電力の会長・社長が辞任を表明した件に対して橋下さんの見解とは? また消費税増税がスタートし国民の生活はどう変わるのか? 更に視聴者からの子供に対する「お金の教育」についての質問に竹中さんが真意に答える! 『NewsBAR橋下』。ぜひ、お見逃しなく!! 番組公式アカウント @abemanews_barHT
#41 ゲストに田村淳氏を迎えフリーランスの働き方についてほろ酔いトーク
無料
NewsBAR橋下 #41 ゲストに田村淳氏を迎えフリーランスの働き方についてほろ酔いトーク 今回のゲストは2回目の登場ロンドンブーツ1号2号の田村淳さん! 小泉進次郎衆院議員の入閣について二人の率直な意見とは? 「第四次安倍再改造内閣」新体制の狙いについて橋下さんが思う事は? 更に淳さんが今だからこそ話したい「フリーランスの働き方について」を熱弁! そして淳さん自身の慶応大学退学や慶応大学大学院メディアデザイン研究科のお話しも! 『NewsBAR橋下』。ぜひ、お見逃しなく!! 番組公式Twitterアカウント @abemanews_barHT
#49 ゲストに廣瀬俊朗氏を迎え大熱狂で終わったラグビーW杯についてほろ酔いトーク!
無料
NewsBAR橋下 #49 ゲストに廣瀬俊朗氏を迎え大熱狂で終わったラグビーW杯についてほろ酔いトーク! 今回のゲストはラグビー元日本代表の廣瀬俊朗さん! 今回は丸々1時間ラグビー談義! 北野高校ラグビー部の先輩・後輩の関係である2人が初めてお酒を交えて語る! ラグビーW杯日本代表の躍進! ラグビー選手は大企業で出世する?! ラグビー発展のためにすべき事は? チームを率いるリーダーの資質とは? 元日本代表の廣瀬さんだがら話せるラグビーの話が盛りだくさん! 『NewsBAR橋下』。ぜひ、お見逃しなく!! 番組公式アカウント @abemanews_barHT
「麻薬」のある世界
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 「麻薬」のある世界 今回のテーマは「麻薬」。今年10月カナダで娯楽用大麻が合法化された。その背景にはカナダ国民の4割以上が大麻を経験しているという状況がある。一方日本は、厳格な取り締まりで薬物の横行を防いできたが、反面、覚せい剤で検挙された人のうち再犯者率が65%にものぼることから、その徹底した規制主義の意義を問い直す声もあがっている。そんな中、スイスでは、ヘロイン中毒者に医師の管理下で公的にヘロインを処方する試みが進められている。厳罰ではなく治療によって薬物に対応していこうという考え方だ。決してなくなることのない「麻薬」、その現実を前に、揺れる理想と現実を見つめる。
「野獣」という名の列車をたどって
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 「野獣」という名の列車をたどって トランプ大統領が壁の建設をめざす米国境。押し寄せる移民の波は、実はメキシコよりもさらに南の、中米諸国出身者だった。しかも、なぜか子供が多い。彼らは、「野獣」と呼ばれる貨物列車に飛び乗り、命からがら米国境をめざしたという。「野獣」とはどんな列車なのか?さらに、国を捨てた人々が口々に訴える、凶悪ギャング“マラス”の実態とは?記者が20年ぶりに訪れたエルサルバドルは、マラスに浸食され、殺人発生率が世界ワースト1の危険地帯となっていた。新たな壁建設を前に、いまいったい何が起きているのか?去年10月の「トランプの壁」特集で米国境3200キロをたどった記者の、渾身の続編。