「ネット 動画 ダウンロード」の検索結果

今すぐ視聴する

謎の飛行物体
怪事件ファイル 謎の飛行物体 UFOに関する体験談はあとを絶たない。さらに凶暴な青い目の生き物の目撃談も...。1978年、あるオーストラリア人のパイロットが訓練飛行を行った。その時、彼は航空管制官に"飛行機の上を奇妙な物体が飛んでいる"と必死に訴えていた。2005年にはテキサスに家畜を襲う動物が出没。それは青い目を持つ不思議な姿の生き物だという。これらの奇妙な事件の真相は?
幽霊船
怪事件ファイル 幽霊船 火の気のない場所での突然の発火と、"幽霊船"の真相に迫る。2003年、シチリア島で超常現象が何件も報告された。テレビやソファなどが突然燃えるというのだ。あらゆる機関が解明に乗り出したが説明がつかない。果たして真相は?そして2007年、オーストラリア沖で漂流する船が見つかる。コーヒーもパソコンもそのまま。しかし乗っていた3人があとかたもなく姿を消していた...。
ミイラの呪い
怪事件ファイル ミイラの呪い 今回は家畜の無残な死の謎と凍ったミイラの呪いに迫る。19世紀から家畜の謎の死が何件も報告されている。家畜は血や臓器がなくなった状態で発見。世界各地で同様の事件が起きているのだ。一方、1991年、アルプスで約5000年前の死体が氷の中から発見された。遺体は毛皮や靴や弓矢まで完全な状態で保存されていた。しかしこのミイラに関わった人物が次々と謎の死を遂げるという事態に...。
人体自然発火
怪事件ファイル 人体自然発火 人体の発火とUFO...。恐ろしい事件の真相とは?2013年オクラホマ。男性が自宅で灰となって発見された。消防がいくら検証しても火元が分からない。果たして人体が勝手に発火したのか?そしてメキシコシティの上空でパイロットがUFOに囲まれる。誰も彼の話を信じなかったが、その時の音声が18分間レコーダーに残されていた。
赤い雨
怪事件ファイル 赤い雨 赤い雨に、謎の地響き、さらに誰も解読できない古文書とは?スリランカには血のような雨が降る地域がある。この雨水には未知の生命が含まれているのか?ノースカロライナの海沿いの町は地響きに悩まされている。その原因は解明できるのか。そして1912年に発見された、誰も解読できない暗号でかかれたヴォイニッチ手稿の謎にも迫る。
インド1
ワイルド!フランク インド編 インド1 フランクのベンガルトラを探す旅はヒマラヤから始まる。まず出会ったのはヤクの群れ。ヤクは氷点下のヒマラヤでも生きられる寒さに強い生き物だ。そして川ではゾウの群れを発見。襲われないように気をつけながら、泥浴びをするゾウに近づく。さらに、落ち葉に同化して潜んでいたラッセルクサリヘビを発見。噛まれれば死に至るほどの猛毒を持つヘビを素手で捕まえようとして...。
ハウスボート改造
BigドリームSmallハウス ハウスボート改造 ジャージーショアに住むカップルは古くなったハウスボートを海に浮かぶドリームハウスにしたいと思っている。両親に協力してもらい、2人の個性があふれる独創的な家を造るという。果たして、どんな家が完成するのだろうか?
シーズン3 Ep.1 1971年式カマロ パート1
CAR FIX シーズン3 Ep.1 1971年式カマロ パート1 ルーとジャレッドが新たなプロジェクトにとりかかる。ジャレッドが夢見ていた1971年式カマロの改造だ。2人に依頼をしたのは燃料劣化防止剤で有名なゴールドイーグル社。普通なら1年かかってしまうプロジェクトだが、なんと90日間でやってほしいとのこと。果たしてどんな車に改造する計画なのだろうか。
シーズン3 Ep.2 1971年式カマロ パート2
CAR FIX シーズン3 Ep.2 1971年式カマロ パート2 ルーとジャレッドは1971年式カマロの改造を続ける。ゴールドイーグル社の新製品のPRのために依頼されたのだ。レストアだけではつまらないため、レースカーに変身させる。ジャレッドはテールの部分のデザインを完全に変えてしまうことにする。果たしてその判断は吉と出るか凶と出るか。
シーズン3 Ep.4 1971年式カマロ パート4
CAR FIX シーズン3 Ep.4 1971年式カマロ パート4 ゴールドイーグル社の依頼を受けて1971年式カマロを改造中。緑のつまらないカマロは美しいレースカーに変身しつつある。ルーとジャレッドは子育てをしている気分で、手放すのが悲しくなってきた。そして作業はようやく最終段階。2人は車をテストする。こだわりが詰まったカマロをお披露目する。
シーズン3 Ep.8 1970年式ビュイック・スカイラーク パート1
CAR FIX シーズン3 Ep.8 1970年式ビュイック・スカイラーク パート1 ルーがSNSを使って次のプロジェクトを探していた。するとガレージで眠っている1970年式ビュイック・スカイラークを発見。再び走れるように、この車をよみがえらせることにする。一番の問題はトランスミッションだが、簡単に交換できそうだ。ところが思わぬトラブルが発覚。そう簡単にはいかなそうだ。
シーズン3 Ep.9 1970年式ビュイック・スカイラーク パート2
CAR FIX シーズン3 Ep.9 1970年式ビュイック・スカイラーク パート2 SNSで見つけた1970年式ビュイック・スカイラークの製作がそろそろ終わる。車のオーナーのカーティスは、早くよみがえった車が見たくて仕方がないようだ。トランスミッションをマニュアルに変え、見違えるようになった。ところがこの車を見たカーティスから衝撃発言が。
シーズン5 Ep.6 オクテインVSマスタングGT
CAR FIX シーズン5 Ep.6 オクテインVSマスタングGT 現代のマッスルカーと現代のマッスルバイクが対決する。ジャレッドはヴィクトリーモーターサイクルズの2017年式オクテインをカスタマイズ。ルーがカスタマイズするのはマスタングGTだ。クォーターマイル・レースで勝つのはどっちだ?
シーズン5 Ep.7 1969年式ポンティアック・GTO
CAR FIX シーズン5 Ep.7 1969年式ポンティアック・GTO 今回ルーとジャレッドがレストアするのは1969年式ポンティアック・GTO。すぐに止まってしまうので、オーナーはどうにかしてほしいと困っている。2人は古いキャブレターを電子制御燃料噴射装置にアップグレード。さらにHEIキットを取り付ける。
シーズン6 Ep.5 ベンツ300D
CAR FIX シーズン6 Ep.5 ベンツ300D 今回ジャレッドとルーは、セダンのディーゼル車でも、ものすごいパワーが出せることを証明しようとする。ルーはヴィンテージ車のメルセデス・ベンツ300Dに、インタークーラーと大きなターボを取りつける。一方、ジャレッドはBMW 335dに高性能のエンジンコントロールユニットをプラスする。果たして、その結果は?
オーストラリア
ザ・秘境生活 オーストラリア 今回、エドが向かったのはオーストラリアの北西部沿岸。焼けつくような日差しが照りつける中、粘土を利用して熱から身を守ったり、水を運ぶ容器を作ったりする。海岸の近くにキャンプを作れば、食料の貝も集めやすくなる。しかし、イリエワニに襲われる可能性が常にあり、油断できない状況だ。エドはこの厳しい環境に耐えるため、今までの経験から得たあらゆるサバイバルの知識を投入するのだった。
ボツワナ
ザ・秘境生活 ボツワナ エドが南アフリカのボツワナにあるオカバンゴ・デルタでサバイバル。ここは世界でも最大級の湿地帯。目の前に広がるのは大自然だけだ。彼は、わずかに残る乾燥した場所でキャンプをする。近くにはクロコダイルやライオン、ヒョウ、ゾウ、カバなどがいて危険だ。まずは身を守るために火をおこさねばならない。しかし、キャンプにヒヒが侵入したり、カバと遭遇したりと、次々に予期せぬことが起こり...。
ベネズエラ
ザ・秘境生活 ベネズエラ 今回、エドが挑むのはベネズエラにある神秘的で危険なグランサバナ。ジャングルには毒ヘビやジャガーなど危険な動物が潜んでいる。さらに雨や寒さも影響し、かつてないほど苦戦を強いられる。1日目はシェルターもなく、あわや低体温症になりかける。洪水がいつ起きてもおかしくない状況で、腹を空かせたジャガーがうろつく中、シェルターを作り、食料を確保せねばならないのだが...。
ルワンダ
ザ・秘境生活 ルワンダ エドは草原の広がるルワンダの高原地帯に入り、厳しい大自然に挑む。赤道直下で、標高は約2000メートル。灼熱の太陽が照りつける。ここにはゾウやキリンがおり、食料はほとんどない。そのため、食料のある場所を求めて1日中歩き回るはめになる。危険を冒して歩いたかいがあり、やがて食べ物のある湖にたどりつく。そこでは人生を変えるような動物との出会いがあるのだった。
アリゾナ
ザ・秘境生活 アリゾナ 今回エドが向かったのは、焼けつくような日差しが照りつけるアリゾナ州のソノラ砂漠。気温は40度を超え、雨期には危険な洪水が起きるという。ガラガラヘビやネコ科の獰猛な動物と遭遇する危険がある中、彼はかつてこの地に住んでいた先住民にならって暮らす。砂漠で変わった植物や動物を手に入れ、飢えをしのぐ。中には強烈な臭いを発するものもあり...。果たして、今回のサバイバルは成功するのだろうか。
サバイバルの法則
ザ・秘境生活 サバイバルの法則 今回はエドが8つの過酷なサバイバル体験で得た10の教訓を発表。カメラ以外に何も持たず、番組スタッフも同行せず、たった1人で撮影を敢行してきた。彼は時に、予期せぬことが良い結果を招くことがあると知る。アフリカのサバンナやアメリカの砂漠、ヨーロッパの山々やアジアのジャングルなどの辺境の地で味わった天国と地獄。逆境を乗り越えられるサバイバル術とは、どのようなものだろうか。
モンゴル
ザ・秘境生活 モンゴル モンゴルのゴビ砂漠で、かつてない試練に挑む。都会から何千キロも離れたこの地では、常に高温と脱水症の危険にさらされる。そのような中、エドは砂漠のオアシスを発見する。クマも生息するオアシスは、エドにとって大事な水と食料調達の場となる。彼は、そこに石や木で寝床を作ることに。順調とは言えないスタートを切ったものの、ハリネズミやジリスを捕まえることに成功する。
グアテマラ
ザ・秘境生活 グアテマラ 今回はグアテマラのジャングルでサバイバル。ウスマシンタ川にある小さな島に降り立ったエドは、まずジャングルを目指す。そこにはクロコダイルが潜んでいる。彼は熱帯雨林で生き延びることの難しさを痛感する。その後、美しい湖を見つけ、そこで野宿することに。しかし、雨期のため火をおこすのが難しく、食べる物もなくて苦戦する。追い込まれた彼は、イカダを作り、クロコダイルのいる湖へ出るのだった。
ナミビア
ザ・秘境生活 ナミビア 今回はアフリカ南部にあるナミビアでサバイバル。乾期はもうすぐ終わろうとしていた。辺りに人が食べられるようなものは、ほとんどない。エドは湖畔にある木の上に寝床を作り、そこで毎晩、眠ることにする。持ち前のサバイバル術を生かし、罠を仕掛けて小魚や鳥を捕まえることに成功する。しかし、もっと大物を捕まえようとして、思わぬ失敗をしてしまう。不毛の地で、一体どうやって生き延びるのだろうか?
パタゴニア
ザ・秘境生活 パタゴニア 今回、エドが降り立ったのはアルゼンチンのパタゴニア。アンデス山脈のふもとでサバイバル生活に挑戦する。この地方の気候は独特で、昼間は焼けつくような日差しが、夜は凍えるような気温がエドを苦しめる。渓谷を拠点にすると、植物やオタマジャクシ、アリの卵を常食とする。また、川では魚釣り機を作って、魚を生け捕りにする。最後の夜を盛大にするため、晩餐の準備をするのだった。
フィリピン
ザ・秘境生活 フィリピン 今回、エドがやって来たのはフィリピンのコロン島。誰もいないビーチでサバイバルに挑戦する。目の前には水がたくさんあるが、そのまま飲むことはできない。エドにとって、島でのサバイバルは久しぶりだ。途中で体調を崩してしまい、ヤシの葉で作ったベッドで寝込んでしまう。すぐにでも飲み水と食料を見つけなければ、ゲームオーバーとなる。果たしてエドはギブアップしてしまうのか?
ノルウェー
ザ・秘境生活 ノルウェー 今回、エドはノルウェーの雪山に挑む。番組史上初となる極寒の地でのロケだ。サバイバルを開始する前には危険に備え、特別な訓練を受ける。雪山ではあまりの寒さに服を着込むが、いつも通り食料とナイフは持っていけない。寒さをしのげる寝床を作らねばならず、土が湿っていてたき火がしづらいので、いつも以上に工夫が必要だ。低体温症や大潮の対策もせねばならず...。
シーズン1 Ep.1 制作舞台裏
ザ・マンハント シーズン1 Ep.1 制作舞台裏 今回は「ザ・マンハント」シリーズの制作の舞台裏を紹介。アメリカ海軍特殊部隊に所属していた経歴を持つジョエルは世界の特殊部隊を相手に壮大な鬼ごっこを繰り広げてきた。追手から逃げる中でどんなところに苦労したかを彼が語る。それに危険なのは彼だけではない。撮影は僻地で行われ、重傷を負う者や命を落としかけるスタッフもいるのだった。
シーズン1 Ep.2 南アフリカ
ザ・マンハント シーズン1 Ep.2 南アフリカ ジョエルは南アフリカの動物保護区で国際密猟撲滅基金の部隊に勝負を挑む。保護区にはライオンやヒョウ、ゾウやサイなど危険な動物がたくさんいる。彼は動物と追手の両方に注意せねばならない。元軍人や元密猟者からなる部隊はハイテク機器がなくても、わずかな手がかりだけで追跡することができる。しかし、彼らは途中でライオンの群れを発見。事態は一気に急変するのだった。
シーズン1 Ep.3 ポーランド
ザ・マンハント シーズン1 Ep.3 ポーランド 今回ジョエルが対戦するのはポーランドの国境警備隊だ。彼らはサーマルカメラを搭載したヘリや全地形対応車、追跡犬を広範囲に配備。世界レベルの国境警備隊が全力でジョエルの確保を目指す。苦戦を強いられたジョエルは20メートル以上の崖を下り、トラックでの移動を試みる。果たして勝つのは誇り高き国境警備隊か、それとも特殊部隊仕込みの技を持つジョエルだろうか。