「ノーブル M12」の検索結果

「ノーブル M12」に関する情報は見つかりませんでした。
「ノーブル」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

Ep.1
本当にあった奇妙な科学実験史 Ep.1 俳優ジョン・ノーブルが、かつて実際に行われた一風変わった科学実験の数々を紹介/死を操作することは可能だろうか。人間の死にかかわる実験を検証する。飛行家チャールズ・リンドバーグは人間の死を覆そうとし、延命技術の開発に取り組んでいた。ラースローとレジェーが1933年に作った曲“暗い日曜日”はハンガリーの自殺ソングとして知られている。この歌が原因で18人が自殺したというのだ。しかし本当に歌が人を死に追いやることがあるのだろうか。死後、遺体が献体されることはよくある話だが、事故で胃に穴が開いたアレクシス・セント・マーティンは一命を取りとめたものの、医療科学の実験体となる。
Ep.2
本当にあった奇妙な科学実験史 Ep.2 俳優ジョン・ノーブルが、かつて実際に行われた一風変わった科学実験の数々を紹介/精神を制御したり、その仕組みを解明するために行われた試みを検証する。医師のエガス・モニスは精神疾患を治療するため、ロボトミーという精神外科手術を考案した。何十年もの間、大勢の患者に治療が施されたが、患者から人間性を奪う恐れがあったため、物議を醸すことになる。言葉で人の命を操ることは可能だろうか。1930年代、ヴァンスは呪術師に呪いをかけられ、みるみる衰弱していった。主治医はヴァンスの精神状態を利用し、彼を救おうと試みる。ジョージ・プライスは生物の進化と利他的行動の関係を科学的に解明するのだが...。
Ep.3
本当にあった奇妙な科学実験史 Ep.3 俳優ジョン・ノーブルが、かつて実際に行われた一風変わった科学実験の数々を紹介/死者の蘇生などモラルと大きくかかわる実験の歴史を振り返る。1934年、ロバート・コーニッシュは死んだ者をすぐに蘇生させられると主張する。しかし実験に協力しようとする者は死刑囚ぐらいだった。1956年、CIAはモラルを気にせず人を洗脳できる医者を探していた。そこで見つけたのが精神科医のキャメロンだ。彼は人から古い記憶を奪い、新たな思想を植えつけることができると考えていた。ルイス・パスツールは偉大な科学者として知られているが、狂犬病のワクチンを完成させるため、あるウソをついていた。
Ep.4
本当にあった奇妙な科学実験史 Ep.4 俳優ジョン・ノーブルが、かつて実際に行われた一風変わった科学実験の数々を紹介/手術の弊害で起きた記憶障害の症例や実験中に起きた悲劇を検証する。外科医ウィリアム・スコヴィルは、てんかんの患者を治すため脳の手術をする。しかし目的は達成したものの、患者には記憶障害の症状が出る。新しい出来事を記憶できなくなったのだ。1914年、アメリカ南部では、ペラグラという病気で大勢の死者が出ていた。ジョセフ・ゴールドバーガーは病気の原因を突き止めるが誰にも信じてもらえない。そのため自ら実験体となり、証明しようとする。1946年、ルイス・スローティンはプルトニウムの実験中に手を滑らせ臨界事故を起こしてしまう。
Ep.5
本当にあった奇妙な科学実験史 Ep.5 俳優ジョン・ノーブルが、かつて実際に行われた一風変わった科学実験の数々を紹介/偉大な功績を残した科学者たちは波乱に満ちた人生を送っていた。化学者フリッツ・ハーバーは窒素固定法を確立し、大勢の人が飢餓に苦しまぬよう農作物の肥料を作る。しかし第一次大戦が勃発すると、彼はその技術を毒ガス作りに使うのだった。1980年代、ウィリアム・ラングストン博士はパーキンソン症候群の患者の症状を和らげるため、物議を醸していた治療法の採用に踏み切る。女優ヘディ・ラマーは第二次大戦中に無線の研究をし、潜水艦同士が検知されずに通信できる方法を考案するのだが、美しすぎることが時に彼女の研究の障害となるのだった。
Ep.6
本当にあった奇妙な科学実験史 Ep.6 俳優ジョン・ノーブルが、かつて実際に行われた一風変わった科学実験の数々を紹介/科学者たちは実験にのめり込み、やがて自分を見失っていく。1971年、フィリップ・ジンバルドーは“スタンフォード監獄実験”を行う。意図的に善人を悪人に変えられるか試したのだ。1934年、エドウィンは実験のために致死量のコカインを自分の腕に注射する。自殺行為とも取れるその実験で、彼は何を確かめようとしたのだろうか。第二次大戦中は奇妙な兵器も考案された。ある歯科医は小型爆弾をコウモリにつけ、日本の上空から落とそうと提案するのだった。
Ep.7
本当にあった奇妙な科学実験史 Ep.7 俳優ジョン・ノーブルが、かつて実際に行われた一風変わった科学実験の数々を紹介/結果を求めるがゆえに行われた非人道的な実験が悲劇を生む。40年にわたり、アメリカの科学者は市民をモルモットとして利用していた。梅毒の患者を治療せずに放置し、病気の進行過程を調べたのだ。フランスの物理学者ルネ・ブロンロは新たな放射線“N線”を発見したと発表する。N線の存在を証明する実験結果はフランス国内ではいくつも得られたが、国外では得られない。それには意外な理由があった。1959年、複数の雪山遭難者が遺体で発見された。遺体は、ほとんど衣服を身に着けておらず、内臓に損傷が見つかる。果たしてイエティの仕業なのだろうか。
第49話
金よ出てこい☆コンコン 第49話 父親のあとを継いで、ノーブルダイヤの社長に就任したヒョンス。ヒョンジュン、ヒョンテは心からヒョンスを祝福し...。
EPISODE 4 「花の名は、アマルガム」
戦姫絶唱シンフォギアXV EPISODE 4 「花の名は、アマルガム」 この地、この刻の天地に描かれるレイラインによって鼓動するシェム・ハの腕輪。 全ては、神の力を手に入れんとする風鳴訃堂の思惑であった。 不協和に奏でられる音の羅列に続いて大噴火する人体が、蜘蛛の結界を突き破る。 駆けつけた装者たちと相対するヴァネッサは、戦う理由を語る事で響を翻弄する。 ペースを乱されながらも理解を深めようとする響を無碍に拒むヴァネッサ。 その言葉は、異質と隔たれた存在が覚える諦観からくるものであった。 起動儀式の祭壇より、逃走を果たすノーブルレッドと風鳴訃堂。 だが、装者を「強き相手」と括った高に、弱さを知るマリアの機知が付け入られると、 ここに盤面は覆り、シンフォギア装者たちの反撃が総力をもって開始される。 圧倒的な彼我の戦力差。それでも背を向けずに迎え撃つノーブルレッドの不敵な笑み。 巧妙・周到に張り巡らされた策の果てに囚われてしまった装者6人は、 閉鎖空間内に圧縮されたエネルギーに打ちのめされ、猫噛む窮鼠の逆襲に昏倒してしまう。 朦朧とした意識の中、投げ掛けられた言葉に響は、花咲く勇気を思い出すのであった。
EPISODE 10 「卑しき錆色に非ず」
戦姫絶唱シンフォギアXV EPISODE 10 「卑しき錆色に非ず」 風鳴訃堂の懐く護国の妄執は剣と共に折り砕かれ、呼応するかのように周辺天地が鳴動する。 屋敷の地下より屹立するは光、柱、そして――玲瓏たるシェム・ハの姿。 月がもたらすバラルの呪詛を憂うシェム・ハはマリアと対決し、神の不条理を見せつける。 激突の最中、マリアの纏うアガートラームに知己の気配を感じ取ったシェム・ハは、 その力の謂れをマリアに問い質すものの、真実は既に失われており、マリアもまた答えられない。 さらに、シェム・ハの力の一端にて在り方を書き換えられたノーブルレッドも闖入し、 時間稼ぎの役目も果たしたマリアは、これ以上の窮地に陥る前に撤退を試みるのであった。 解決には程遠く、さらに混迷が深まるばかりの状況は、不可抗力に離反した翼に特赦を下す。 仲間から差し出された言葉と手は温かかったが、いまだ戸惑う翼には受け入れる事ができなかった。 シェム・ハの語った言葉より、次なる目的を月遺跡と絞り込んだS.O.N.G.は、 米国特殊部隊を送り込む探査ロケットの警護と、その後に地下より伸長したユグドラシルの攻略と定める。 だが、完全怪物と成り果てたノーブルレッドはシンフォギアを圧倒し、ついにはロケットをも圧し砕く。 それは力を手にしたものだけが披露する「強さ」であり、初めて見せる「弱さ」でもあった。
EPISODE 7 「もつれた糸を断ち切って」
戦姫絶唱シンフォギアXV EPISODE 7 「もつれた糸を断ち切って」 解体途中のチフォージュ・シャトーに、物質化顕現(マテリアライズ)を果たす「神の力」。 それはシェム・ハの腕輪から抽出された、余りにも不気味で巨大なエネルギー塊。 設置されたジェネレイターを稼働させたのは魔眼に弄られたエルフナインであり、 数多に廃棄されたオートスコアラーの躯体に残存する「想い出」であった。 緊急事態にヘリで急行する装者たちであったが、 高次元の存在である神の力に対して有効打を見舞うのは困難を極め、 たったひとり、神殺しの拳を備えた響だけが、互角以上に立ち回る事が出来た。 だが――響もまた、バラルの呪詛から解き放たれたと仮説される少女である。 不意をつかれ、器と見初められた身体に向かって巨大なエネルギーが本能的に殺到・集束。 ギアと相殺する事で辛うじてその凌辱を殺したものの、ダメージに倒れ伏してしまう響。 緒戦にて切り札を欠く訳にはいかぬと、装者たちは撤退を余儀なくされてしまう。 一方、囚われの身となっているエルフナインにもノーブルレッドの魔の手が迫る。 高周波に振動するヴァネッサの手刀は、彼女にとってどこまでも必殺必至の一振りであった。
EPISODE 8「XV」
戦姫絶唱シンフォギアXV EPISODE 8「XV」 廃棄された不要無用たち(エルフナインとオートスコアラー)が、為すべき事のありったけを振り絞った此処こそが「全」。 即ち、オレの立つ瀬とばかりに再誕を果たすキャロル・マールス・ディーンハイム。 スフォルツァンドに残響する奇跡殺しの錬金術は、ノーブルレッドらを蹴散らしていく。 その間にも神の力は、神そのものへと至ろうと、侵蝕のまさぐりを緩める事は無かった。 エルフナインたっての頼みを聞いて小日向未来奪還へと動くキャロルは、 S.O.N.G.にワールドデストラクターであるチフォージュ・シャトーを用いた策を提案する。 それは中断と分解の両面作戦。さらに「もうひとつ」を密かに忍ばせた二段の構え。 だが、命を燃やして放った絶唱を以ってしてもチフォージュ・シャトーは呼応せず、 キャロルもまた、哲学が編んだダイダロスの迷宮に囚われてしまうのであった。 窮地を回天させる為、キャロルは最後の一手である全開のフォニックゲインを装者に託す。 エクスドライブと、稼いだ時間に復帰した神殺しの拳にて物理的正面突破を試みるが―― 無情にも、残酷が掻き鳴らした旋律は、迷い子たちの手を引いて墜ちていく。 そこに在る、在るはずのないカタチ――それこそが、既知にして未知の紫影(エクストラ ヴァイオレット)であった。