「ハットリくん 猫」の検索結果

「ハットリくん 猫」に関する情報は見つかりませんでした。
「猫」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

episode1 つばさファミリー其ノ壹
猫物語(黒) episode1 つばさファミリー其ノ壹 ゴールデンウィーク初日の朝。阿良々木暦は、頬に怪我をしている羽川翼と出会う。羽川家の事情について知ることになったが、このことは誰にも言わないでほしい、と翼に懇願されてしまう。
episode2 つばさファミリー其ノ貳
猫物語(黒) episode2 つばさファミリー其ノ貳 忍野メメを訪ねた暦。今日翼と一緒に、車に轢かれた「猫」を埋葬してやったことを話すと、メメから今すぐ羽川の無事を確認してくるよう言われる。不思議に思いながら羽川の家を訪ねようとすると、その途中にいたのは……。
episode3 つばさファミリー其ノ參
猫物語(黒) episode3 つばさファミリー其ノ參 羽川家を訪れ、その異様な光景に逃げるように後を去る暦。その後、障り猫が次々に人を襲っているという噂が世に広まる中、再び障り猫に対峙した暦はついにその目的を知る。
episode4 つばさファミリー其ノ肆
猫物語(黒) episode4 つばさファミリー其ノ肆 障り猫に「邪魔をするな」と忠告を受けた暦だが、羽川翼を助けるためある行動に出る。そして、妖刀『心渡』と秘策を携え、障り猫との直接対決に向かった。
第1話 迷い猫、駆けた
無料
迷い猫オーバーラン! 第1話 迷い猫、駆けた 梅ノ森学園に通う高校一年生の都築巧は、 洋菓子店「ストレイキャッツ」で、オーナーである姉の乙女と二人暮らし。 幼なじみでクラスメイトの芹沢文乃、梅ノ森学園理事長の孫娘である梅ノ森千世、親友でオタクの菊池家康、 柔術道場の跡取り息子である幸谷大吾郎などに囲まれ、賑やかながらも平穏な日常を過ごしていた。
第2話 迷い猫、笑った
迷い猫オーバーラン! 第2話 迷い猫、笑った 乙女が拾ってきた無口な美少女の名前は、霧谷希。いろいろと事情を尋ねてみるも、希は答えようとせず、あまつさえ口を開けば「迷惑なら、出て行く」と言い出す始末。 文乃と乙女の取りなしもあって、希は都築家に同居することになったのだが、巧は困惑を隠しきれない。だが、翌日、試しにとやらせてみたケーキ作りで希は天才的な腕を発揮し、乙女は歓待ムード。少し照れくさそうに笑う希を見て、巧は何となく安心するのだった。
第3話 迷い猫、見つけた
迷い猫オーバーラン! 第3話 迷い猫、見つけた 台風の夜、乙女が書き置きをおいて人助けに行ってしまい、二人きりで過ごすことになった巧と希。 そこに、状況を心配した文乃が様子を見にきたのだが、停電になり、また雨が強くなったこともあって、結局は三人で一晩を過ごすことに。 そのときの態度を見て、文乃の巧に対する気持ちに気づく希。 翌日、無事に台風は通過していったのだが、それと同時に、希の姿もストレイキャッツから消えていたのだった……。
第4話 迷い猫、脱いだ
迷い猫オーバーラン! 第4話 迷い猫、脱いだ 巧、文乃、千世、希、家康、大吾郎の六人は、梅ノ森家所有の温泉施設にやってきていた。 理由は、家康の「お嬢様に見えない」という一言に激した千世が「梅ノ森財閥の実力を見せてやる」とばかりに無理やり巧たちを連れてきたためだ。その後、ひょんなことから山奥で一人ぼっちになってしまう巧。 雨も降り出し、不安にかられて山の中を駆けずり回った巧は、そこで和服姿の一人の美少女と出会うのだった……。
第5話 迷い猫、泣いた
迷い猫オーバーラン! 第5話 迷い猫、泣いた 新しいパティシエール希の評判もあって、連日大賑わいのストレイキャッツ。 乙女が人助けで家を空けているため、巧たちは毎日大忙し。 そのため、千世の宣言した「サークル活動」は活動を開始する間もなく、いきなり座礁してしまう。ぽつんと一人取り残され、寂しさを感じる千世。 そんな彼女の前に、たおやかに微笑む一人の少女が現れた。 それは竹馬園夏帆。 千世の悩みを聞いた夏帆が、彼女の耳元で囁く。 「それでしたら……」
第6話 迷い猫、困った
迷い猫オーバーラン! 第6話 迷い猫、困った 紆余曲折はあったが、いよいよ活動を開始した「迷い猫同好会」。 その初代会長を自認する千世は、同好会の名を広く世界に知らしめるため、プロモーションビデオの制作を決定する。キーワードは「ワールドワイド」。 家康を監督に開始されたビデオ制作のロケ地は、そのコンセプト通り、日本だけに留まらず世界中を飛び回ることに。過密スケジュールと音楽制作を依頼された文乃と千世の不和。 そんな中で、とある事件が彼らに襲いかかり……。
第7話 迷い猫、乗った
迷い猫オーバーラン! 第7話 迷い猫、乗った 「勇者超人 グランブレイバー」 第26話 ―覚醒の光― 機械帝国にさらわれたさやか、しのぶ、ちづるの三人を助けるため、飛びだしていったブレイブカイザー、ブレイブマッハ、ブレイブドリルの三体。 しかし、そんな彼らの前に、はづきの乗るビッグバトラーが立ちはだかる。グランブレイバーとビッグバトラーが激突しようとしたそのとき、上空から地球侵略軍司令の機械公爵が姿を現した。さやかたち三人を体内に取り込んだ機械公爵は強大で、カイザーたちは絶体絶命のピンチに陥る。
第8話 迷い猫、抜いた
迷い猫オーバーラン! 第8話 迷い猫、抜いた 第一回スーパーブロックスチャンピオンシップ決勝――その戦いの地に集まった文乃、千世、希、乙女、巧、家康、大吾郎、夏帆の八名。 スーパーブロックスと呼ばれる立体パズルゲームは、抜いたブロックに書かれている命令を実行しなければならないという過酷なルール。恥ずかしい命令の数々と、 千世・家康のコンビ技に苦戦をしいられる文乃。しかし、彼女には、どうしても優勝したいという強い想いがあった……。
第9話 迷い猫、泳いだ
迷い猫オーバーラン! 第9話 迷い猫、泳いだ ある日、『夏のバカンス特集』というテレビ番組を観ていた希が「楽しそう……」と呟きをもらす。 それをきっかけに、ストレイキャッツ慰安旅行へと行くことになった巧たち一同。 海水浴場についた巧たちは、希の願いを叶えるべく全員で夏のバカンスを満喫する。「楽しかった……」と満足そうな希。 「みんなは?」と聞かれ、笑みを浮かべてうなずき返す巧たち。 その後、千世の思いつきで巧たちは一泊していくことになったのだが……。
第10話 迷い猫、持ってった
無料
迷い猫オーバーラン! 第10話 迷い猫、持ってった 夏休みも終わり間際のストレイキャッツに、一人の女の子がやってきた。彼女の名前は、ほのか。 乙女が連れてきたのだが、乙女は詳しい事情を話す間もなく用事があるとかですぐに立ち去ってしまう。 どことなく冷めているようなほのかの態度に、接し方をはかりかねる文乃。 一方、千世は平然とほのかと接し、希は歓迎ムード。 やがて頑なだったほのかの態度も軟化していく。ほのかも「迷い猫」の一人なのだと思う文乃たちであったが……。
第11話 迷い猫、割れた
無料
迷い猫オーバーラン! 第11話 迷い猫、割れた 間もなく行われる梅ノ森学園の体育祭。 ストレイキャッツでは誰でも参加OKのフリークラス二人三脚で誰が巧とペアを組むのかと大騒ぎ。 それと時を同じくして、迷い猫同好会本格活動一発目となる希の「踊ってみた」動画がインターネットで大人気に。 さらには、千世が梅ノ森学園の体育祭を全世界に配信すると言いだし、いつものごとく文乃と対立。 この全く関係ないような事柄が複雑に絡まり合い、梅ノ森学園に「血のブルマ事件」が勃発する。
第12話 迷い猫、決めた
無料
迷い猫オーバーラン! 第12話 迷い猫、決めた 梅ノ森学園を真っ二つにしたブルマ派とスパッツ派の決着をつけるべく、ついに体育祭のリハーサルが開始される。 盛り上がっている千世たちとは裏腹に、まだ自分がどちらの味方につくか決めきれていない希。 その希に、様子を見に来た文乃が言う。自分の気持ちに素直になればいいんじゃない、と。 それを聞いた希は、テーブルの上に並べたブルマとスパッツを見やり、心を決める。 そして、競技場に現れた希の穿いていたものは……。
第99話 「ニャンとかせんと、遷都物語!」
ねこねこ日本史 第4期 第99話 「ニャンとかせんと、遷都物語!」 飛鳥時代、猫たちが住む都はあふれる猫砂の問題に頭をかかえていた。キレイ好きな猫たちは、都を引っ越す遷都(せんと)の一大決心をする。だが、知らない土地が苦手な猫たちにとって遷都はとても大変!困難を乗りこえ無事に遷都ができるのか!? 【ゲスト声優】 早良親王 役:山田麻莉奈
第30話 猫は吉良吉影が好き
ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第30話 猫は吉良吉影が好き ある朝、しのぶから地下室で喉に大きな穴が開いたブリティッシュ・ブルー種の猫を見つけたという話を聞いた川尻。あの『矢』で射抜かれた猫なのではないかと考えた川尻が地下室へ様子を見に行くと、そこには死んだ猫の姿があった。猫に恐怖したしのぶがホウキを振り回した際に倒したビンの破片で喉を切って死んでしまったようだ。川尻は家の庭に猫を埋葬してやるのだが、翌日、猫を埋めた場所からは怪しげな植物が生えて…。
第97話「寒さと空腹は敵だ、旧石器時代!」
ねこねこ日本史 第4期 第97話「寒さと空腹は敵だ、旧石器時代!」 今からはるか遠い昔、ねこねこ日本は雪と氷におおわれた氷河時代だった。寒さに弱い猫たちはマンモスなどの毛皮をかぶって、食料となる獲物を捕まえる生活をしていた。しかし、小さな猫たちにとって大きな獲物を捕まえるのは苦労の連続!今日のご飯はどうなる!? 【ゲスト声優】 姉 役:山田麻莉奈
第106話 「私は幕末の宝だ、佐久間象山大先生!」
ねこねこ日本史 第4期 第106話 「私は幕末の宝だ、佐久間象山大先生!」 幕末、多くの猫たちを教え子に持つ佐久間象山(さくましょうざん)は、とても厳しい先生だった。しかし教え子たちは先生の長いヒゲに夢中でまるで勉強してくれない。異国から外国猫たちが来る混乱の中、ヒゲで遊んでいる場合なのか!?どうする象山!?
第101話 「私は人気脚本家、近松門左衛門!」
ねこねこ日本史 第4期 第101話 「私は人気脚本家、近松門左衛門!」 江戸時代、人形を使ったお芝居の人形浄瑠璃(にんぎょうじょうるり)が猫たちに流行していた。近松門左衛門(ちかまつもんざえもん)は、浄瑠璃の脚本家としてみんなの心にうったえかけるストーリーを書き上げるのだが、果たして人気は出るのだろうか!? 【ゲスト声優】 近松門左衛門 役:石田彰
第107話 「万葉集きっての歌姫、額田王!」
ねこねこ日本史 第4期 第107話 「万葉集きっての歌姫、額田王!」 飛鳥時代、万葉集にいくつもの歌が取り上げられている額田王(ぬかたのおおきみ)は、猫たちに大人気の歌人だった。額田王を気に入った天皇は、2匹の息子どちらかと結婚させたいと考える。モテモテとなった額田王だったが、果たしてどちらを選ぶ!?
第2話 君を呼ぶ
同居人はひざ、時々、頭のうえ。 第2話 君を呼ぶ 同居を始めた素晴と猫。猫のエサが切れていたことに気付きペットショップへと向かうが、普段触れ合わない動物たちに囲まれ動揺する素晴。すると、ショップ店員の「なな」に声を掛けられ、猫の名前を聞かれ、まだまだ名付けていなかったことに気付く。一緒に暮らしている“家族”なんだから名前をつけてとななに言われ、ひとまず考えてはみるものの、なかなか決まらない。そんな時、自室で『月と太陽』という思いでの本を見つける――
第1話 未知との遭遇
無料
同居人はひざ、時々、頭のうえ。 第1話 未知との遭遇 小説家・朏 素晴(みかづき すばる)は、本しか興味がなく、自分の創作を邪魔する他人が苦手。ひょんなことから猫を拾い、一緒に暮らし始める。猫の予測不能な行動を見ているうちに、小説のネタがどんどん浮かんでくる素晴。「お前は人間みたいに邪魔してこないし、想像をかきたてられるし、最高だよ」と思いきや、エサをばらまいたり、部屋の戸を引っかいたり、やっぱり厄介者!?しかしそれら全てに猫の“想い”があった――
第98話 「戦国一の世渡り上手!?真田昌幸!」
ねこねこ日本史 第4期 第98話 「戦国一の世渡り上手!?真田昌幸!」 戦国一の戦上手といわれた真田昌幸(さなだまさゆき)は、武田信玄からとても信頼され、「自分の目となって導いてくれ!」と頼まれる。引き受けた昌幸だったが、とつぜん信玄は目を閉じてしまう。果たしてどうやって信玄を導くのだ昌幸!? 【ゲスト声優】 浪人A 役:山田麻莉奈
第100話 「強いぞ!強いの!?つわもの加藤清正!」
ねこねこ日本史 第4期 第100話 「強いぞ!強いの!?つわもの加藤清正!」 加藤清正(かとうきよまさ)は天下人である豊臣秀吉のもと、一生懸命に戦っていた。しかし、同じく秀吉の家臣である石田三成とどうも気が合わず、いつもケンカになってしまう。そんな中、主君である秀吉が亡くなってしまう。どうする清正!? 【ゲスト声優】 小西行長 役:石田彰
第102話 「ノンストップ好奇心、徳川光圀!」
ねこねこ日本史 第4期 第102話 「ノンストップ好奇心、徳川光圀!」 水戸黄門として有名な徳川光圀(とくがわみつくに)だが、その本当の姿は別ものだった!?好奇心旺盛な光圀だが、好奇心がすごすぎて周りの家臣たちは大変な思いをする。果たして光圀はやりたいことを全部できるのだろうか!? 【ゲスト声優】 家臣 役:石田彰
第108話 「幸村ヒーロー伝説、真田十勇士!」
ねこねこ日本史 第4期 第108話 「幸村ヒーロー伝説、真田十勇士!」 徳川家康を追い詰めた真田幸村(さなだゆきむら)は、江戸時代に出版されたベストセラーによって有名となった。空前の人気となった幸村を中心に物語がたくさん描かれ、頼れる仲間、真田十勇士(さなだじゅうゆうし)が生み出される。彼らの活躍とはいったいどんなものなのか!?
第6話 がんこな海坊主! ジェラシー子猫物語
シティーハンター3 第6話 がんこな海坊主! ジェラシー子猫物語 捨て猫を拾い、店で飼おうとする美樹とかすみ。だが猫嫌いの海坊主が許すはずもなく、美樹とケンカになる。そんな中、仕事の依頼を装って美樹を呼び出したのは、美樹を妻にと企む男・左門字。彼の屋敷を訪れた美樹は、左門字親子に軟禁されてしまう。美樹も普通の生活に戻れると言う海坊主に、香は女心を説いて……。
第109話 「目指せお金持ち、小林一茶これにあり!」
ねこねこ日本史 第4期 第109話 「目指せお金持ち、小林一茶これにあり!」 江戸時代、俳句をつくる俳諧師(はいかいし)たちにはお金持ちが多かった。貧しい暮らしをしていた小林一茶(こばやしいっさ)は、俳諧師を夢見て師匠の元に弟子入りする。個性的な句をたくさん詠む一茶だが、果たしてお金持ちになれるのか!?