「ハル 動画 映画」の検索結果

今すぐ視聴する

映画ドラえもん のび太と雲の王国
映画ドラえもん 映画ドラえもん のび太と雲の王国 ひみつ道具で雲の王国を造って、楽しく遊ぶドラえもんたち。だが、いつのまにか、絶滅動物が暮らすふしぎな世界に迷いこんでしまった。そこは、地上よりはるかに発達した、天上人の国だった!
21話 涼宮ハルヒの溜息II
涼宮ハルヒの憂鬱(2009年放送版) 21話 涼宮ハルヒの溜息II 文化祭でハルヒが提案したのは「映画」上映だった。映画の中身は内緒。ハルヒの頭の中にしか、ストーリーがないって訳だ。着々とその準備に取りかかるハルヒだったが、どうも様子がおかしい。それもそのはず。主人公は「未来からやって来た戦うウエイトレス=朝比奈ミクル」なんだから。
22話 涼宮ハルヒの溜息III
涼宮ハルヒの憂鬱(2009年放送版) 22話 涼宮ハルヒの溜息III 「朝比奈ミクルの冒険」という自主制作映画に没頭中のハルヒ。勢い余って、神社の神主にはモデルガンをブッ放すわ、みくるには目からビームを出せ、という無茶苦茶な命令は出すわ、でキョンたちは振り回されっぱなし。果たして映画は無事、クランクアップするのだろうか・・・。
24話 涼宮ハルヒの溜息V
涼宮ハルヒの憂鬱(2009年放送版) 24話 涼宮ハルヒの溜息V 無事、映画制作もクライマックスを向かえた。ここまでの道中いろいろな事件が起きた。ハルヒとキョンのマジ喧嘩もそうだったが、猫がしゃべったり古泉の正体が垣間みれたり。何にせよ、映画は「フィクション」であるということをハルヒにも自覚させることができたから何とか世界もいつもの世界に戻った訳で・・・。
25話 朝比奈ミクルの冒険 Episode00
涼宮ハルヒの憂鬱(2009年放送版) 25話 朝比奈ミクルの冒険 Episode00 「血わき肉踊る超大作!」「夢のようなひととき!」…という誇大広告であおってはみるが、誰も期待していないだろうこの映画。なんとか上映することができたのだが、最初の一分で観客が置いてけぼりになるのは言うまでもない…。監督はあの涼宮ハルヒだからな!そうそう、この映画はフィクションであることを強く言っておこう!
23話 涼宮ハルヒの溜息IV
涼宮ハルヒの憂鬱(2009年放送版) 23話 涼宮ハルヒの溜息IV ハルヒの映画作りはまだまだ続く。それどころかどんどんエスカレート。みくるを汚い池に落とし、古泉とキスするようにいい、挙げ句の果てにみくるに「甘酒」飲ませて酔わせ、最後にはみくるの頭をメガホンでポンポンたたく。そんな光景に我慢ができる訳がない。本気で怒ったキョンはとうとうハルヒに手を上げてしまう!?
26話 ライブアライブ
涼宮ハルヒの憂鬱(2009年放送版) 26話 ライブアライブ ハルヒが監督した超スペクタクルマジカルラブロマンス映画は、なんとか上映に漕ぎ着けることができた。「よくやったぞ、俺」と褒めてくれるのは自分しかいない現実を確認し、疲れ気味に校内をぶらついて、たまたま体育館を覗いてみたのだが…。眠気が一気に吹っ飛んだ。壇上にあのハルヒが現れたのである!「今度は一体何をしようってんだ!?」という不安をよそに、長門の超絶ギターソロが始まった。ハルヒの熱唱に体育館は異常な盛り上がりを見せる…。
28話 サムデイ イン ザ レイン
涼宮ハルヒの憂鬱(2009年放送版) 28話 サムデイ イン ザ レイン 秋のごたごたがようやく納まったかと思えば、季節はすでに12月。「今年ってもう終わりなのか!」と人並みに驚きたいところだが、しかしまぁ、半年以上アイツと付き合わせられれば、非日常的な出来事も、普通に受け入れられるようになっていた…。慣れとは恐ろしいものだ…。で、今回の団長命令とやらは、ハルヒによって自主制作映画のスポンサーに仕立て上げられた商店街の電気屋から、ストーブを譲り受けて来るというものだ。ハルヒにしてはまともな用件なのが気にはなるが、部室にいても寒いので、俺は行くことにした。…にしても、…オレがいない間、アイツはいったい何をしているんだ?
#38 賞がとれたらイイナ!
おねがいマイメロディ #38 賞がとれたらイイナ! ある日突然、歌ちゃんの家の、お隣の家がなくなってしまった!一体どうして?ところが、もっと驚いたことに、翌朝、お隣にはお城が建っていた。そのお城は、人気映画シリーズ「ハルノスケシリーズ」に出てくるお城にそっくり。実は、お隣に引っ越してきたのは、そのハルノスケシリーズの監督、黒川監督だった。
第二話 二人の距離
School Days 第二話 二人の距離 言葉と付き合う事になった誠は、言葉を初めてデートに誘うが、言葉は暴走気味の誠に戸惑い気味…。翌日、デートの事を聞いた世界は誠の暴走っぷりにあきれるが、二人の為に持っていた映画のチケットを渡す。
パディントン(吹替)
パディントン パディントン(吹替) イギリス・ロンドン。真っ赤な帽子を被った小さな紳士が、はるばるペルーから家を探しにやってきた。英国紳士らしく、とっても丁寧な言葉遣いで道行く人に話しかける彼だったが、なぜか誰からも相手にしてもらえない。それは・・・彼が“クマ”だから!やっと出会った親切なブラウン夫人に“パディントン”と名付けられ、都会暮らしを始めてみたけれど、野生の本能が邪魔してドタバタの連続!それでも、純粋で礼儀正しいパディントンは、はじめは煙たがっていた心配性のブラウンさんや子供たちとも仲良くなり、やがて街の人気者になっていく。しかし「いつまでもブラウン一家のお世話になっていられない」と、一人で家を探すことに。そんなある日、彼をつけ狙う謎の美女・ミリセントに誘拐されてしまう!果たしてパディントンは無事に家を見つけることができるのか?そして、そこには、もっと素敵な何かが待っていた・・・!
パディントン(字幕)
パディントン パディントン(字幕) イギリス・ロンドン。真っ赤な帽子を被った小さな紳士が、はるばるペルーから家を探しにやってきた。英国紳士らしく、とっても丁寧な言葉遣いで道行く人に話しかける彼だったが、なぜか誰からも相手にしてもらえない。それは・・・彼が“クマ”だから!やっと出会った親切なブラウン夫人に“パディントン”と名付けられ、都会暮らしを始めてみたけれど、野生の本能が邪魔してドタバタの連続!それでも、純粋で礼儀正しいパディントンは、はじめは煙たがっていた心配性のブラウンさんや子供たちとも仲良くなり、やがて街の人気者になっていく。しかし「いつまでもブラウン一家のお世話になっていられない」と、一人で家を探すことに。そんなある日、彼をつけ狙う謎の美女・ミリセントに誘拐されてしまう!果たしてパディントンは無事に家を見つけることができるのか?そして、そこには、もっと素敵な何かが待っていた・・・!