「ハル 同居人はひざ、時々、頭のうえ。」の検索結果

「ハル 同居人はひざ、時々、頭のうえ。」に関する情報は見つかりませんでした。
「ハル」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

涼宮ハルヒの消失
無料
涼宮ハルヒの消失 涼宮ハルヒの消失 クリスマスが間近に迫ったある冬の日。学校に向かったキョンはいつもの日常と違うことに気づく。後ろの席にいるはずのハルヒがいない……。さらに驚くべき事に、その席に座っていたのは、(『憂鬱』にて)キョンを殺そうとして長門に消滅させられたはずの朝倉だった!
#01 エースなんて必要ないの
無料
はるかなレシーブ #01 エースなんて必要ないの 東京から来た遥を沖縄の空港で出迎えてくれたのは、いとこのかなただった。かなたとともに祖母の家に到着した遥は、家の前に広がる海に感激。駆け出した海辺でビーチバレーをする2人の少女と遭遇する。
#02 私を信じて
はるかなレシーブ #02 私を信じて 何も知らずに成美&彩紗ペアとの再戦を約束した遥。しかし、彼女たちは全国チャンピオンだった。1週間後の再戦に向け、遥は経験者のかなたからビーチバレーの特訓を受ける。
#03 昔の自分を取り戻したいって思ってる
はるかなレシーブ #03 昔の自分を取り戻したいって思ってる 転入先の高校で遥は双子ペアの紅愛&恵美理と出会う。彼女たちがビーチバレー部を作るため仲間を集めていると知った遥はすぐに入部する気に。かなたも一緒に入部することになるが……。
#04 私達にぴったりだと思わない?
はるかなレシーブ #04 私達にぴったりだと思わない? ビーチバレー大会へ参加することにした遥たち。大会へ向けて練習を重ねる中、遥はかなたに早く追いつきたいと感じる。そこで、かなたには秘密で、紅愛と一緒に特訓を始める。
#05 アンタの心が折れるまで
はるかなレシーブ #05 アンタの心が折れるまで ビーチバレー大会が始まった。遥&かなたペアの初戦の相手は、水着を取り合った相手、愛衣&舞ペアだ。リベンジマッチと意気込む遥。だが、舞たちにも負けられない理由があった。
#06 折れないよ、私は
はるかなレシーブ #06 折れないよ、私は 1セット目を先取した遥&かなたペアが、2セット目で苦戦を強いられる。早々に1回戦を勝ち抜けた紅愛&恵美理や祖母のソラが見守る中、遥は何度もブロックに挑戦するが……。
#07 もう友達でしょ
はるかなレシーブ #07 もう友達でしょ ビーチバレー支部に入部希望のあかりがやってきた。彼女はアイドル並みの人気を誇る成美&彩紗ペアのようになりたいと話すが、そこには彼女なりの、ある理由が隠されていた。
#08 約束守ってみせるから
はるかなレシーブ #08 約束守ってみせるから 紅愛と恵美理の母でプロコーチのマリッサが、遥たちを指導してくれることに。さっそくマリッサのスパルタ特訓を受けた遥&かなたは、改めてペアとして大切なことに気づく。
#09 これが私の気持ちです
はるかなレシーブ #09 これが私の気持ちです 全国大会への出場枠が1枠となり、遥&かなた、紅愛&恵美理のどちらかしか全国にいけないことに。あかりはそのことをいち早く知り、先輩たちにどう伝えるべきか悩んでしまう。
#10 アタシが戦いたかったのは
はるかなレシーブ #10 アタシが戦いたかったのは 沖縄予選決勝戦、遥&かなたと紅愛&恵美理の直接対決が始まった。実績で上回る紅愛&恵美理が優勢となる中、恵美理の脳裏に、攻撃を姉任せにしていた幼い頃の記憶が蘇る。
#11 ここまできたら真っ向勝負
はるかなレシーブ #11 ここまできたら真っ向勝負 決勝戦2セット目、かなたの目を見た紅愛は、ジュニア大会で、かなた&成美ペアに敗れたときのことを思い出していた。かなたの目にそのときと同じ力強さが戻っていたからだ。
#12 だから私たちは、かけがえのない一人を選ぶ
はるかなレシーブ #12 だから私たちは、かけがえのない一人を選ぶ 決勝戦最終セット。遥&かなたペアがマッチポイントを迎えた場面で、遥の渾身のジャンプドライブサーブが放たれた! 果たして全国への切符を手にするのはどちらのペアか!?
インクレディブル・ハルク
インクレディブル・ハルク(字幕) インクレディブル・ハルク 科学者のブルース・バナーは、恋人ベティの父、ロス将軍の命令を受けて人体への放射線抵抗を研究していた。ところがその研究実験中に事故が発生、多量のガンマ線を浴びたブルースは、怒りを感じて心拍数が200を越えると約2.7メートルもの巨大な緑色のモンスター=ハルクに変身する特殊体質となってしまう。それ以来、彼を利用しようとする軍の追跡を逃れ、ブラジルに身を隠して治療薬開発と細胞の解明に専念するブルース。しかし、ふとした出来事からブルースの居場所が割れてしまい、ロス将軍によって送り込まれた特殊部隊員ブロンスキーらに包囲されてしまう。だがその時ブルースはハルクへと変身、部隊を一蹴し、間一髪のとこで逃亡に成功するのだったが...。
予告編
無料
インクレディブル・ハルク(字幕) 予告編 科学者のブルース・バナーは、恋人ベティの父、ロス将軍の命令を受けて人体への放射線抵抗を研究していた。ところがその研究実験中に事故が発生、多量のガンマ線を浴びたブルースは、怒りを感じて心拍数が200を越えると約2.7メートルもの巨大な緑色のモンスター=ハルクに変身する特殊体質となってしまう。それ以来、彼を利用しようとする軍の追跡を逃れ、ブラジルに身を隠して治療薬開発と細胞の解明に専念するブルース。しかし、ふとした出来事からブルースの居場所が割れてしまい、ロス将軍によって送り込まれた特殊部隊員ブロンスキーらに包囲されてしまう。だがその時ブルースはハルクへと変身、部隊を一蹴し、間一髪のとこで逃亡に成功するのだったが...。
#57:「好き」って言葉を聞きたい…はるくま♡初めてのデート
イマっぽTV #57:「好き」って言葉を聞きたい…はるくま♡初めてのデート 「恋ステ」で誕生した人気カップル"はるくま"初めてのデート♡はるは、まりくまの「好き」を詰め込んだデートを贈る♡大喜びのまりくま。お別れの時、はるは「言葉で好きと言ってほしい時もある…」とまりくまに伝える…
#2 「Transformation;変移」
アクセル・ワールド #2 「Transformation;変移」 バーストリンカーになったハルユキを待ち構えていたのは、凶悪な骸骨ライダー――アッシュ・ローラーとの対戦と敗北。≪ブレイン・バースト≫の正体はポイントを奪い合う対戦格闘ゲームだった。訳も分からず敗北を喫したハルユキに、黒雪姫は≪ブレイン・バースト≫の原則を教える。ポイントを失えば≪加速≫の力も失ってしまう。まずは失ったポイントを取り返すため、再戦に備えてのレクチャーを受けるハルユキだったが……。
#3 「Investigation;探索」
アクセル・ワールド #3 「Investigation;探索」 チユリを挑発する黒雪姫にハルユキは戦々恐々。しかし、その裏には彼女がハルユキを加速世界に誘った本当の理由が隠されていた。ある事件で加速世界の≪お尋ね者≫となっていた黒雪姫は、最近学内ネットワーク上で、本来なら受けるはずのない対戦を挑まれ続けていた。執拗に迫る蒼いデュエルアバター――シアン・パイルの正体を探るべく、ハルユキに助力を求める黒雪姫。その容疑者には、あのチユリが浮上する―。
#2:24時間後の告白。最後の駆け引き
無料
今日、好きになりました。-第12弾 #2:24時間後の告白。最後の駆け引き ▼今日好き 気になる相手に今の気持ちを伝えたハル。 「負けたくない」 ハルのまっすぐな想いに彼女の気持ちは揺れる? 2日目の朝食後、想いを寄せる相手を誘い出すなつき…最後の駆け引き一体どうなる!? なつきの決めた相手とは? ▼スピンオフ!もう好き よしきの積極的なアプローチに距離が一気に縮まる!?
#6(特別編・前編):成立カップルの初デートに密着♡
今日、好きになりました。-第12弾 #6(特別編・前編):成立カップルの初デートに密着♡ まはる&かずき、ありさ&りゅうたのカップルデート前編 ▼まはる&かずき 「まはるにもっと好きになってもらいたい」そんなかずきのデートプランとは? 二人が交わした約束とは…? ▼ありさ&りゅうた 3週間ぶりの再会で緊張気味の二人は大阪定番スポットへ… 「ありさの好きな所どこ?」りゅうたは何て答える!?
#4 「Declaration;告白」
アクセル・ワールド #4 「Declaration;告白」 ハルユキがチユリと直結したと聞いてご機嫌ナナメの黒雪姫。シアン・パイルがチユリのニューロリンカーを通して対戦を挑んでいたという推測を告げる間もなく、立ち去ってしまう。彼女が妬いているのではと聞かされたハルユキだったが、劣等感からそれを認められない。つい冷たく当たってしまった彼の態度に、初めて激しい感情を露わにする黒雪姫。すれ違い、言い争うふたりの背後には、暴走した自動車が迫っていた……。
#5 「Aviation;飛翔」
アクセル・ワールド #5 「Aviation;飛翔」 シアン・パイルの正体が判明し、対戦を挑んだハルユキに浴びせられる、思いもよらぬ醜い言葉。≪加速≫の力を手に入れて変わってしまった彼に、自分の想いを、そしてチユリの想いをぶつけて戦うも、シアン・パイルの前になすすべもなく倒れ伏してしまう。ボロボロになったシルバー・クロウの前でベッドに横たわる黒雪姫。その姿は、ハルユキの胸に、守れなかった後悔と、優しく強い、あの言葉をよみがえらせ……。
#6 「Retribution;応報」
アクセル・ワールド #6 「Retribution;応報」 シルバー・クロウとシアン・パイルとの戦いで幕を閉じた≪黒雪姫襲撃事件≫。タクムは青のレギオンから脱退し、ハルユキとタッグを組んでレベルアップにいそしんでいた。黒雪姫が治療に専念している間、順調に成長していたハルユキだったが、あるミスを犯したことで、バーストポイント全損の危機に陥ってしまう。それを受けたタクムは、用心棒を雇うことを提案する。しかし、そのためには風変わりな条件を受け入れることが必要で……。
#8 「Temptation;誘惑」
アクセル・ワールド #8 「Temptation;誘惑」 領土戦でなかなか役に立てず、早く強くなりたいと焦るハルユキ。そんなある日、帰宅した彼をエプロン姿のかわいい少女が待っていた。2、3日あずかることになったハトコだという母の伝言と、気の利く彼女に世話を焼かれた気持ちよさで、素直に状況を受け入れてしまう。親戚とはいえ、かわいい女の子とふたりきりという魅惑の生活にドキドキするハルユキ。お風呂でくつろぐ彼だが、なんと彼女が一緒に入ろうとやってきて!?
#9 「Escalation;激化」
アクセル・ワールド #9 「Escalation;激化」 赤の王が黒雪姫と直接会って何をしたいのか。その理由もわからないまま、ハルユキの家で、黒雪姫と赤の王、そしてタクムを加えた4人の会談が始まる。上月由仁子と名乗った赤の王は、苦労の末にハルユキのリアルを割り出し、有田家に潜入した理由を語る。『あるもの』を破壊するために、シルバー・クロウの飛行アビリティを借りたい。その言葉に、黒雪姫は驚愕を露わにする。『それ』は亡きものにしたはずだ、と――。
#13 「Violation;侵入」
アクセル・ワールド #13 「Violation;侵入」 新学期。同じクラスになったハルユキとチユリ、そしてタクム。元の3人の関係に戻れるのではないかという淡い期待の中、チユリの猛烈なアタックに押し切られたタクムは、彼女に≪ブレイン・バースト≫をコピーすることに。ハルユキとタクムの心配をよそに、無事インストールに成功した彼女のデュエルアバターには、希有な力が備わっていることがわかり……。一方、梅郷中の新入生に、バーストリンカーがいる事が判明する――。
#15 「Destruction;崩壊」
アクセル・ワールド #15 「Destruction;崩壊」 秘密をばらされたくなければポイントを上納し続けろ。理不尽な要求を出す能美に対戦を挑むハルユキ。彼のアバター≪ダスク・テイカー≫を追いつめるも、意外な攻撃の前に敗北を喫してしまう。その上、自分の存在のすべてとも言える能力を失い、自信すら喪失する。いつもと違うハルユキの様子に訪ねてきたタクムにも、事情を打ち明けることができないばかりか、心にもないことを口にしてしまい……。
#7(特別編・後編):「最後にお願い」別れ際は一生の思い出
今日、好きになりました。-第12弾 #7(特別編・後編):「最後にお願い」別れ際は一生の思い出 まはる&かずき、ありさ&りゅうたのカップルデート後編 「高校生じゃ体験できないようなデートを、贈りたい」 そう言って、全てをシークレットに包んだ特別なデートのクライマックスとは?
#10 「Activation;出撃」
アクセル・ワールド #10 「Activation;出撃」 黒雪姫とニコがお泊りするという、いろいろな意味で心の休まらない夜を明かしたハルユキ。次の日も朝から早速、ハルユキ宅から登校中の黒雪姫とチユリが遭遇する、これまた危険なイベントに巻き込まれる。仲間外れにされている気分になったのか、チユリは自分にもブレイン・バーストをインストールしてほしいと言い出す始末。そんな愉快な日常の一方で、≪無制限中立フィールド≫での、クロム・ディザスター討伐ミッションが開始される――。
#7 「Restoration;修復」
アクセル・ワールド #7 「Restoration;修復」 用心棒(バウンサー)、≪アクア・カレント≫と無事に合流、ポイントが安全域になるまでタッグを組んで戦うことになったハルユキ。相手は巨大な≪サンド・ダクト≫と、その肩にちょこんと乗った≪ニッケル・ドール≫。ひとまわりレベルの高い、しかも連携技を繰り出す強敵相手に苦戦するが――。一方、黒雪姫のお見舞いに訪れたタクム。彼はレギオンを脱退しただけでなく、剣道部も辞めていた。そんなタクムに黒雪姫は意外な行動に出る。