「ハートシグナル 韓国 ジヘ」の検索結果

「ハートシグナル 韓国 ジヘ」に関する情報は見つかりませんでした。
「ハートシグナル 韓国」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

おすすめの作品

第41話
無料
金よ出てこい☆コンコン 第41話 ヒョンスが韓国に戻ると、モンヒや家族たちは性格が変わったヒョンスの姿に驚く。ヒョンスは出会った男の話をドクヒにするが...。
第5話 3年前に言えなかった秘密
内省的なボス 第5話 3年前に言えなかった秘密 3年前、ロウンの姉ジヘはファンギの秘書であり恋愛のアドバイザーでもあった。そんなジヘにひそかに思いを寄せていたウイルには、ファンギの妹イスという交際相手がいた。クリスマスイブを目前に、イスはウイルと婚約することに期待をつのらせ、ファンギは思いを寄せる女性とデートをする約束をしたのが...。
第13話 告白 Go Back
内省的なボス 第13話 告白 Go Back ロウンがしているネックレスを見て、ウイルを巡りジヘを恨んでいた過去を思い出したイス。ロウンがジへの妹だという事実をファンギから確認し、今回もウイルを奪われるのではないかと恐れを抱く。一方でロウンは、ファンギを巡ってヨンジョンと張り合っていた。
第14話 楽しいバレンタイン
内省的なボス 第14話 楽しいバレンタイン ジヘを死に追いやったのは自分だとロウンに告白したイスは会社の屋上から飛び降りようするが、駆けつけたファンギが間一髪のところで止める。ロウンはファンギに対してジヘを死なせたのは本当にイスなのかと問いかけたところ、ファンギは自分が守れなかったせいだと答えるのだが...。
第15話 99個の理由より大きな1個
内省的なボス 第15話 99個の理由より大きな1個 ロウンの父はロウンに対し、このまま会社に勤め続けるのかと聞くが、姉が導いてくれた会社であるし、自分の価値を認めてくれる人に出会ったのだから、会社を辞める気はないと答える。一方ウ記者はファンギに会い、ジヘが思いを寄せていたのはファンギであったと告げるのだが...。
第12話 何もしないことの難しさ
無料
内省的なボス 第12話 何もしないことの難しさ ロウンは、ファンギがすべてを知りながら1人で責任を感じて黙っていたことを知り、ファンギの心の支えになることを決意する。一方でロウンが姉ジヘの復讐をするためにブレイン広告に入社したことをウ記者から聞かされたロウンの父ウォンサンは、驚きつつもブレイン広告へ乗り込むのだが...。
第5話 絶望の果て
伝説の魔女~愛を届けるベーカリー~ 第5話 絶望の果て スインは懲役2年の刑を言い渡される。彼女が送られた韓国女子刑務所の10房にはボンニョ、プングム、ミオとその息子のクァンテンがいた。打ちひしがれ、生きる気力を失うスイン...。ウソクは差出人不明の手紙を受け取る。幼い頃の記憶がない彼は、手紙に書かれていたとおり春川の希望保育院で過去の手がかりを見つけようとする。難癖をつけられ、ヨンオクとケンカになったスインらは、刑務所長の命令で製パン技術を学ぶことになり...。
#544 【SHINeeオンユ&ミンホ,MAMAMOO出演】<興行突風の人気女子>特集<わたしの歌を歌って>1
ハッピートゥゲザー #544 【SHINeeオンユ&ミンホ,MAMAMOO出演】<興行突風の人気女子>特集<わたしの歌を歌って>1 【韓国2018年7月5日放送 ♯544 <興行突風の人気女子>特集<わたしの歌を歌って>1】興行突風の女性軍が大終結!また、公演の帝王特集の「わたしの歌を歌って」!デビュー10年目を迎えたSHINeeのオンユとミンホ、勢いのあるガールズグループMAMAMOOが登場!MAMAMOOがメンバー内で各自担当しているものとは?さらに、チャンスをかけて持ち歌対決では、SHINeeが切ない歌を大熱唱!
“深い亀裂”日韓初会合で歩み寄りは?更なる規制も
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 “深い亀裂”日韓初会合で歩み寄りは?更なる規制も  半導体材料など輸出規制強化から初となる、日本と韓国の実務レベル会合が12日、行われました。政治的報復を訴える韓国に対し強気な態度を崩さない日本。韓国へ放った規制がブーメランとして返ってくる危険性はないのでしょうか。  韓国に対する半導体材料の輸出規制が始まってから1週間余り。12日、日韓の事務レベル協議が行われました。その背景には韓国では日本製品の不買運動が…。一部の小売業者が日本製の食料品などを店頭から撤去しています。  韓国の世論調査会社がアンケートを行った結果「日本製品の不買運動に参加する」と回答した人が66.8%に上りました。韓国政府は日本側の輸出規制に対し、WTO(世界貿易機関)の理事会で、「日本の輸出規制が不当な報復措置である」と主張。康京和(カン・ギョンファ)外相もアメリカのポンぺオ国務長官と電話会談し、「アメリカの企業などにも悪影響を与えかねない」と懸念を伝えました。しかし、日本側が問題視しているのは、韓国の輸出管理体制です。事実、韓国から軍事転用可能な戦略物資がロシアなど第三国に不正輸出されたことが発覚。その数は150件以上とみられ、なかには日本が今回輸出を規制している「フッ化水素」が密輸された事案もありました。さらに、これらの物資が「北朝鮮に渡った可能性」を報じる韓国メディアも。韓国産業通称資源省は…。  韓国産業通称資源省:「いかなる証拠も発見できない」  出口の見えない対立のなか迎えた12日、韓国側の代表が輸出規制措置の撤回と協議を求めるため来日。経…
河野大臣「極めて無礼」 徴用工問題で韓国大使に
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 河野大臣「極めて無礼」 徴用工問題で韓国大使に  元徴用工訴訟を巡って日本政府が要請した仲裁委員会の開催について、期限の18日までに韓国側が回答しなかったことを受け、河野外務大臣は「極めて無礼だ」と韓国大使に抗議しました。  (政治部・山本志門記者報告)  韓国のナム大使が韓国側の提案を説明すると、河野大臣は通訳に割って入って強く抗議しました。  河野外務大臣:「ちょっと待って下さい。韓国側の提案は全く受け入れられるものではない。国際法違反の状況を是正するものでないということは、以前に韓国側にお伝えをしております。それを知らないふりをして、改めて提案するのは極めて無礼でございます。また、この旧朝鮮半島出身労働者の問題を他の問題と一緒にあたかも関連しているかのように位置付けるのはやめて頂きたい」  そのうえで、河野大臣は「韓国側が国際法違反の状態を野放しにせず、直ちに是正措置を取ることを強く求める」と強調しました。今後、日本側は国際司法裁判所への提訴なども視野に、韓国側の対応の変化を促していく方針です。韓国側は日本の輸出規制を巡っても強く反発し、日韓関係は出口が見えないまま悪化の一途をたどっています。