「バキ 4」の検索結果

今すぐ視聴する

第8話
三食ごはん- 漁村編 第8話 最後のメニューは回転ずしとシーフードピザ。豊富な海産物と精巧な技術が必要だ。冒険者ヘジン、料理王スンウォン、そして最強のアシスタントであるホジュンとチュ・ソンフンの4人による島で最後の晩さんだ。ソンフンは意外にも、娘の離乳食作りで熟達した包丁さばき、折り紙で鍛えた繊細な看板製作の技を見せる。一方、今まで磯釣りに成功していないヘジンは、決着をつけるべく最後の釣りざおを振るう。厳寒の中でも諦めない熱血釣り師の結末は...
第76話 ワタシ待つわ!響子突然のイミシン宣言
めぞん一刻 デジタルリマスター版 第2シーズン 第76話 ワタシ待つわ!響子突然のイミシン宣言 私、再婚の意思はあります。春になれば、きっと…。でも惣一郎さん、その人は頼りなくて…。だからお墓の後ろに隠れている五代さんも、早く保育園にいきなさ~いッ!? それに春までは…一人なんですから、私。
#4 胡桃そらのカエルのさばき方
陸海空こんなところでヤバいバル #4 胡桃そらのカエルのさばき方 ヤバいヤツらが、ヤバい場所でヤバいサバイバルに挑む“ヤバいバル”をお届けします。 250名以上オーディションした中から指令を超えて来る挑戦者はいるのか? まだ精製されてなく事故的に出会える未完成の挑戦者が楽しめます。 新番組の舞台は山奥...絶景の孤島など、あらゆる意味でヤバい場所です。 ロケバスから小型ワゴンに乗り換え山奥に降ろされます。連帯責任になります。 司令官の髙嶋政宏からは「サバイバルしながら10キロ体重を増やせ」など 極限ギリギリの中でアメとムチを使い分けます。 大自然の中でミッションをこなす挑戦者たちがどうなるかは誰もわからないままスタートするのがヤバいバル!
第14話 絶望という病
Re:ゼロから始める異世界生活 第14話 絶望という病 ただ守りたかった。その気持ちに嘘はないはずだった。いったいどこで間違ってしまったのだろう。何よりも大切にしたいと願った相手からの拒絶。取り返しのつかないことをしてしまったことを認められずにスバルは煩悶する。そんなときエミリアたちのいるロズワールの領地内で不穏な動きがあることを知らされたスバルは、自分であればきっと助けられるはずだと、レムやクルシュたちの反対を押し切ってエミリアの元に戻るのだが……。
第64話
朱蒙 第64話 チュモンたちは食糧調達のため海賊の住む地方を目指して国境封鎖を突破し、正体や素顔さえ知れない海賊の頭目プウィヨムを捜して、商人たちに手がかりを求める。一方、プブンノからチュモン死亡の報告を受けたテソは、今こそチョルボン攻略の好機と見て私財を軍費に差し出すよう家臣たちに命令する。クムワもテソに全権を与え、対チョルボン戦を推し進める。 商人の紹介でようやく海賊団と接触できたチュモンだったが、プウィヨムはチュモンの神がかりな弓技を見てもなお本物だということを信用しない。しかし、海賊狩りの役人に奇襲を受けた際、チュモンは華麗な弓さばきでプウィヨムの命を救い、プウィヨムはようやくチュモンとの交渉に応じる。危険な海に船を出すには相当な見返りが欲しいと言い放つプウィヨムに、チュモンは新しい国・高句麗での人間らしい生活を約束する。旧タムル兵の忘れ形見のプウィヨムはチョルボンの食糧調達に協力することを誓い、ソソノは危険も顧みず自分が船で米を仕入れてくると告げる。 ユファはチュモンを失いショックで倒れてしまうが、見かねたプブンノの口からチュモンが生きていると知らされ望みをつなぐ。テソはチュモンの死によるチョルボンの弱体化をヤンジョンに知らせてヒョントの協力を取り付け、漢とプヨの連合軍を挙兵して一気にチョルボンを攻め落とそうと計画する。その頃、チュモンはソソノに米調達を任せ、一路チョルボンへと引き返していた。
第14話 紅蓮の騎士
ソードアート・オンライン アリシゼーション 第14話 紅蓮の騎士 カーディナルから世界の命運を託され、キリトとユージオは、《セントラル・カセドラル》の最上階を目指す。中途では武具保管庫に置かれた膨大な武器の中から奪われた愛剣を無事に見つけた2人だが、そこに整合騎士デュソルバート・シンセシス・セブンの弓矢が襲い掛かる。彼の操る神器《熾焔弓》から放たれる無数の矢を辛くも弾き切った2人だが、矢を使い切ったはずのデュソルバートの弓にとある変化が起きる。
第24話 ぼくの英雄
ソードアート・オンライン アリシゼーション 第24話 ぼくの英雄 カーディナル、ユージオ、そしてアリスの想いを身のうちに宿し、キリトは再び立ち上がる。《人界》最強の存在であるアドミニストレータを倒すため、キリトが心意で強くイメージしたのは、かつて《SAO》を攻略したトッププレイヤーである《黒の剣士》の姿だった。この世界で出会ったすべての人の想いを胸に、二本の剣を携えたキリトはアドミニストレータとの一騎打ちに挑む。
映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ
映画クレヨンしんちゃん 映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ 映画館「カスカベ座」で遊んでいたかすかべ防衛隊だが、トイレに行ったしんのすけを残して、みんな忽然と姿を消してしまう。夜になり行方不明になったみんなを心配した野原一家。映画館を探しに来たが、延々と上映されている西部劇の映像に目を奪われているうちに、気が付けば一家は映画と同じ西部劇の街に立っていた・・・。  春日部に戻ろうと街をさまようしんのすけたちの前に、変わり果てたかすかべ防衛隊のみんなが!風間くんは乱暴な保安官に、マサオくんとネネちゃんは・・・なんと夫婦になっていた。みんなは春日部の記憶を失っており、それぞれ新しい生活を送っていたのだ。唯一記憶が残っていたボーちゃんと帰る約束をするが、この世界での生活が長引くにつれ、徐々に春日部の記憶を失い、この世界の生活に馴染んでゆくしんのすけたち。 果たしてしんのすけたちは、本当の自分を取り戻して春日部に帰ることができるのか?
第41話
朱蒙 第41話 テソは人質として漢の長安へ行くようチュモンに打診する。ヨンポは長安送りを免れるが、テソへの憎しみが頂点に達し、トチが集めた軍団に訓練を積ませ着々とテソ暗殺の準備を進める。チュモンは人質問題に関して深く悩むが、クムワと母ユファに危害が及ぶだろうとの懸念から、承諾することをテソに返答する。それを聞いて喜んだテソは、イェソヤを妻に迎えてふたりで長安へ行けば、お互い寂しさも紛れるのではと提案する。 その頃ヒョント郡では、この地に滞在して商いをしているヨンタバル商団がヤンジョンに追放を告げられる。ソンヤンの差し金であることを知ったソソノは我慢の限界に達し、ソンヤンを討つ決意を固める。ソンヤンは卒本(チョルボン)の大君長としての権威を確かなものとするため、プヨの後ろ盾を得るべくテソに卒本訪問を要請する。これに応じてピリュへやってきたテソは有事の際にはプヨが卒本を保護することを約束するが、そのかわり貢ぎ物を納めよと要求する。 テソはソソノを呼び出してチュモンの近況を伝えたのち帰途につくが、突然ケルのよろいを身につけた武装集団に襲われる。ケルの兵を装ったトチの暗殺軍団だったが、あわやと思われた瞬間、チュモンが現れ鮮やかな弓さばきで軍団を始末する。オイたちから暗殺計画を聞かされたチュモンは、再起の機会になるかもしれぬと動向を見守っていたが、ヨンポがケルの仕業に見せかけようとしていることを知り、急きょ現場に駆けつけたのだ。事実を知って怒るテソは、プヨに戻りヨンポの喉元に剣を突きつける。
第4話 旅立ち
ソードアート・オンライン アリシゼーション 第4話 旅立ち セルカが《果ての山脈》へひとりで向かったに違いないと考えたキリトとユージオは、彼女のあとを追う。だが洞窟の中で《ダークテリトリー》からやってきたと思しきゴブリンに遭遇、戦うことになる。キリトは剣を構えゴブリンたちと渡り合うが、ユージオは初めて見る《闇の存在》に身体が硬直し、立ちすくむ。果敢に戦うキリト。だがゴブリンの反撃が、彼に仮想世界では想像できない激痛を生み出し、恐怖で起き上がれなくなってしまう。窮地のキリトに、続けざまにゴブリンの刃が振り下ろされたそのとき……。
第4話 俺がガンバった結果
俺を好きなのはお前だけかよ 第4話 俺がガンバった結果 『黒幕』の正体が発覚し、学校中を駆け巡った『俺の悪行』の誤解は解けて平和な日常を取り戻した。けど、まだ取り戻せてないものがある! それは、俺にとって大切な、サンちゃん、ひまわり、コスモスとの絆。そう、仲直りがしたい! 俺はみんなと仲直りがしたいんだ! でもどうしてもその方法が……あん? 何だよ、パンジー? いつもはムカつく毒舌ばっか行ってくる癖に、こういう時だけ優しい言葉で背中を押しやがって……。わーったよ。自分の素直な気持ちを正面からぶつけることにするよ。それでいいんだろ、パンジー?
第37話
無料
朱蒙 第37話 摂政となりプヨの実権を掌握したテソはプドゥクプルと相談し、サチュルト勢力に迎合しつつ、専横を抑えるための巧妙な人事改革に着手する。オイたちは配下の兵を思い仕方なくテソに従うフクチとともに一度は宮殿に戻るが、希望のない宮中暮らしに見切りをつけて町に戻る。モパルモとムソンはオイたちに声をかけ、チュモンが生きている可能性があるから一緒に捜そうと誘う。 ハンベク族の村ではチュモンを拘束したソルタクが、イェソヤに自分の妻になれと迫っていた。イェソヤは拒むが、好意を寄せるチュモンを助けられず苦悩する。一方、ソルタクからチュモン捕縛の知らせを受けたヤンジョンは、半信半疑ながらも鉄騎軍に確認を指示し、またソソノの存在を知ったヤンソルランから便りを受け取り、テソへの怒りをあらわにする。テソはソソノへの歪んだ憎しみからヨンタバルを無実の罪で逮捕し、重罪人として投獄する。父の命乞いにきてひざまずくソソノを見たヤンソルランは、いっそソソノを殺してはとテソをそそのかす。ようやく病床を離れたクムワは宮中の争いに胸を痛め、ユファには手を出すなとテソに頼む。 その後、ハンベク族の村にきたモパルモとオイたちは、ついに鉄騎軍の手でヒョント城へ連行されていくチュモンを発見する。チュモンを救助するために山中で奇襲をかけ、モパルモから新鋼鉄剣を受け取ったチュモンは、見事な剣さばきで鉄騎軍をなぎ倒していく。