「バスプロとは」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

LIMIT MAKE #1
無料
BITE「LIMIT MAKE」 LIMIT MAKE #1 日本最高峰のバスフィッシング・トーナメンターである青木大介が、決められたエリアで自ら目標ウエイトを設定。そのウエイトを目指し、全力で立ち向かう様子を収めたドキュメント・ムービー「LIMIT MAKE」。
LIMIT MAKE #4
無料
BITE「LIMIT MAKE」 LIMIT MAKE #4 日本最高峰のバスフィッシング・トーナメンター、青木大介が、決められたエリアで自ら目標ウエイトを設定。そのウエイトを目指し己と戦う様子を収めたドキュメント・ムービー「LIMIT MAKE」。
LIMIT MAKE #9
無料
BITE「LIMIT MAKE」 LIMIT MAKE #9 青木自身、2度目の訪問となる岐阜県・五三川。厳冬期の1月に釣りをするのは初めて。しかもロケ当日は記録的な寒波が!完璧に不利なこの状況を青木はどう打開するのか?
LIMIT MAKE #12
無料
BITE「LIMIT MAKE」 LIMIT MAKE #12 「ボートで挑む霞水系秋の陣」 10月、大雨の影響で増水の続く、常陸利根川〜北浦へ。今回はトーナメンター青木の真骨頂、ボートでの釣り。大型の個体の少ないこの水域で4キロの目標をクリアできるか?
LIMIT MAKE #10
無料
BITE「LIMIT MAKE」 LIMIT MAKE #10 2017年5月、霞ヶ浦水系にて驚異の5000g超えを達成した青木。2018年は舞台を利根川水系に絞り、3本の合計重量4500gを目指す。しかし減水、そして田畑からの濁り水。まともに釣りを展開することが出来ない。果たしてこのタフコンディションを打開し、記録を叩き出すことが出来るのか!?
LIMIT MAKE #11
無料
BITE「LIMIT MAKE」 LIMIT MAKE #11 「青木大介が千葉県のリザーバーへ!」 酷暑が続く2018年の夏。青木は、岸釣りでは訪れたことの無い、亀山湖・三島湖へ。ボートの釣りとは違うアプローチ。減水の続く両湖。タフコンディションの中、4500gの目標を達成することができるか?
LIMIT MAKE #13
無料
BITE「LIMIT MAKE」 LIMIT MAKE #13 「青木、厳冬期の霞ヶ浦水系へ」 2019年1月、厳冬期の霞ヶ浦水系。青木はボートで3500gの目標達成を目指す。 朝の水温は4度。魚の活性は明らかに低い状況。シャッドをメインにゲームを組み立てていく。 数少ないバイトをモノにできるか?
ハヤブサ60周年記念番組 日米バスプロ対決(1st ROUND)
無料
ハヤブサ60周年記念番組 日米バスプロ対決 ハヤブサ60周年記念番組 日米バスプロ対決(1st ROUND) 日本のフックメーカーであるハヤブサ社の創立60周年を記念して開催された 日本とアメリカを代表するバスプロ同士がお互いのプライドを賭けて戦う対決企画。 この戦いには日本を代表するバスプロ、並木敏成、伊豫部健、青木大介の3名が チームJAPANとしてタッグを組んで参戦する。 対するホームのチームU.S.A.も現役メジャーリーグフィッシング選手フレッド・ロンバニスと 若手注目アングラー カール・ジョカムソン、バスマスタークラッシック出場経験がある マット・リードの3名が日本チームを迎え撃つ! 戦いの舞台は世界最高峰のトーナメント「バスマスターエリートシリーズ」も開催される テキサス州ダラス近郊の名門ルイスビルレイクが選ばれた。 完全アウェイで強敵に挑むチームJAPANの熱い戦いをお見逃しなく!
ハヤブサ60周年記念番組 日米バスプロ対決(2nd ROUND)
無料
ハヤブサ60周年記念番組 日米バスプロ対決 ハヤブサ60周年記念番組 日米バスプロ対決(2nd ROUND) 日本のフックメーカーであるハヤブサ社の創立60周年を記念して開催された 日本とアメリカを代表するバスプロ同士がお互いのプライドを賭けて戦う対決企画。 この戦いには日本を代表するバスプロ、並木敏成、伊豫部健、青木大介の3名が チームJAPANとしてタッグを組んで参戦する。 対するホームのチームU.S.A.も現役メジャーリーグフィッシング選手フレッド・ロンバニスと 若手注目アングラー カール・ジョカムソン、バスマスタークラッシック出場経験がある マット・リードの3名が日本チームを迎え撃つ! 戦いの舞台は世界最高峰のトーナメント「バスマスターエリートシリーズ」も開催される テキサス州ダラス近郊の名門ルイスビルレイクが選ばれた。 完全アウェイで強敵に挑むチームJAPANの熱い戦いをお見逃しなく!
内山幸也の実釣コマーシャル
無料
内山幸也の実釣コマーシャル 内山幸也の実釣コマーシャル 2019年に発売予定のダイワ新製品を使いバスプロ内山幸也が実釣コマーシャルに挑戦! 750g以上のバスを1匹釣るごとに1分のPRタイムが与えられるというルールを設定。 果たして内山は秋の霞ヶ浦水系を攻略し、何分のPRタイムをGETできるのか!?