「バンクシー 港区」の検索結果

「バンクシー 港区」に関する情報は見つかりませんでした。
「バンクシー」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

おすすめの作品

上皇さまが引っ越し後初めての外出 皇居の研究所へ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 上皇さまが引っ越し後初めての外出 皇居の研究所へ  上皇さまが28日午前、皇居にある生物学研究所を訪問されました。3月末に東京・港区の「仙洞仮御所」に引っ越してから外出されるのは初めてです。  上皇さまは午前10時ごろ、お住まいの港区高輪にある仙洞仮御所を出発し、皇居の生物学研究所に向かわれました。上皇さまは長年、ハゼなどの研究に取り組んでいて、皇居に住んでいた3月中旬までは頻繁に研究所に通われていました。しかし、仙洞仮御所に引っ越してからは新型コロナウイルスの感染が拡大していることを受けて外出を控えていたため、約2カ月半ぶりに研究所を訪問されたということです。皇居には1時間半ほど滞在されたということです。
名古屋市のマンションに包丁持った男性が立てこもり
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 名古屋市のマンションに包丁持った男性が立てこもり  20日午後、名古屋市のマンションで20代くらいの男性が包丁を持って家に立てこもっていると警察に通報がありました。  午後2時すぎ、名古屋市港区のマンションで父親を名乗る男性から「息子が包丁を持って家に立てこもっている」と110番通報がありました。警察によりますと、マンションの一室に立てこもっているのは20代の息子とみられ、母親とみられる女性も同じ室内にいるということです。警察が現場の状況を調べています。
きょうから営業延長の飲食店「まだみんな様子見」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 きょうから営業延長の飲食店「まだみんな様子見」  26日から営業時間を午後10時まで延ばす東京都内の飲食店では早速、仕入れを増やしています。  港区で魚料理を提供する飲食店では、26日から営業時間を午後10時まで延ばします。  魚可津・正木秀逸社長:「(豊洲も)少し混んでたね。まだ皆、様子見という感じかな。(仕入れは)多少、増やしたよ。1.5倍くらい」  浅草の仲見世通りでも再開する店が出始めています。この店は先月7日から臨時休業していました。  大海屋昆布海藻・杉本雅大さん:「きょうから営業再開でまだお客さんも来られないと思うので、午前10時から午後5時までやるつもりでいる」
宣言解除で時短要請緩和 飲食店では安堵と不安も
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 宣言解除で時短要請緩和 飲食店では安堵と不安も  緊急事態宣言の解除を受け、東京都内の飲食店は26日から営業時間短縮の要請が午後8時から午後10時閉店に緩和されました。麻布十番の居酒屋では安堵(あんど)する一方で、感染の第2波への不安の声も上がっています。  魚可津・正木秀逸社長:「長かったねえ。よく皆、やってきたなと思うよ」  港区麻布十番で魚料理を提供する居酒屋「魚可津」では、東京都からの営業時間短縮の要請を受けて先月10日から午後8時に閉店していました。今回の緩和を受けて早速、今月26日から午後10時までの営業に変更するということです。正木社長は緊急事態宣言の解除に安堵する一方で、感染の第2波への不安があると話しました。  魚可津・正木秀逸社長:「緊急事態宣言が出てすぐは売り上げが4分の1、5分の1まで落ちた。(緊急事態宣言に)戻んなきゃ良いね。もう一回休めって言われたら、皆、潰れちゃうだろうし」
名古屋市で立てこもり 20代の息子か…身柄を確保
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 名古屋市で立てこもり 20代の息子か…身柄を確保  名古屋市のマンションで20代くらいの男が包丁を持って家に立てこもりました。男は母親とみられる女性を人質に取っていましたが、20日午後に警察は男の身柄を確保しました。現場から報告です。  (前田怜実記者報告)  午後2時すぎから続いていた立てこもりですが、約3時間経った午後5時半ごろに男の身柄が確保されました。警察によりますと、午後2時15分ごろ、名古屋市港区のマンションで「息子が包丁を持って立てこもっている」と父親とみられる男性から110番通報がありました。部屋には当時、20代の男と母親がいるとみられていました。午後5時ごろ、捜査員が玄関に向かっていました。すると、玄関が開いて男が説得に応じている様子がうかがえました。そこから15分ほど経った午後5時13分ごろ、母親とみられる女性が部屋から出てくるのが確認されました。女性にけがはないということです。女性が出てきてから約10分後の午後5時24分ごろ、男の身柄が確保されました。警察はこれから男を任意同行して経緯や動機を詳しく調べるということです。
約5億円の申告漏れ指摘 前澤氏取締役の資産会社
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 約5億円の申告漏れ指摘 前澤氏取締役の資産会社  ZOZOの創業者・前澤友作氏が取締役を務める資産管理会社が東京国税局から約5億円の申告漏れを指摘されていたことが分かりました。  関係者によりますと、東京・港区の資産管理会社「グーニーズ」は去年までの3年間で約5億円の申告漏れを指摘されたということです。前澤氏が会社所有のプライベートジェットを私的に利用していたとして、東京国税局は利用料約5億円を法人所得に計上すべきと判断したとみられます。会社側は修正申告を済ませましたが、赤字分と相殺されて追徴課税はなかったということです。また、前澤氏個人も絵画の売却益などを巡っておととしまでの3年間で約9900万円の申告漏れを指摘され、追徴課税約4000万円を含めて修正申告したとみられます。前澤氏はツイッター上で「私は逃げも隠れもしないし、税務処理の方法でご指摘があれば惜しまず税金払いますので、税金はどうか有効活用願います」とコメントしています。
〔土曜〕#83:民主の女神周庭と生電話!/美容整形の最前線
The NIGHT 〔土曜〕#83:民主の女神周庭と生電話!/美容整形の最前線 民主の女神・周庭と生電話 北京語で教える小学校が増えている 香港警察の暴行 やりたい放題 警察は毒ガス入りの催涙弾を使っている デモ参加者の不可解な死 一国二制度への影響 香港デモの5大要求について 警察の暴走で生活の安全が脅かされている 日本のメディアに訴えたいこと「きちんと背景を知ってほしい」 香港区議会選挙について 元アイドルの整形美女MiRichan登場  合計900万円以上・10カ所整形美女 救急救命医から美容外科医に転身 今人気なのは「広瀬すずの鼻」 ダウンタイムなしの整形もある 日本と韓国の整形事情 整形失敗のケース 良い病院の選び方 自分のことを嫌いな人・他人の言葉を気にする人は整形しないほうがいい
東京都 きょうから休業要請緩和 図書館など再開へ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 東京都 きょうから休業要請緩和 図書館など再開へ  政府が緊急事態宣言を解除したことを受けて、東京都は26日午前0時から休業要請の段階的な緩和を始めました。  小池都知事:「解除されたが、これによってウイルスがゼロになったわけでは決してない。皆さんの『新しい日常』へのご協力をお願いしたい」  東京都は午前0時にロードマップの「ステップ1」に移行して図書館や博物館などが利用できるようになり、飲食店の営業も午後10時まで延長されます。次のステップに移行するかどうかは新規感染者数など7つの指標をもとに29日に専門家から意見を聞くなどして判断するとしています。25日午後8時にはレインボーブリッジと東京都庁が7つの指標に合わせて7色にライトアップされました。再び感染拡大の兆候が見られた時には「赤色」に点灯し、警戒を呼び掛けます。  魚可津・正木秀逸社長:「長かったねえ。よく皆やってきたなと思うよ」  東京・港区麻布十番にある居酒屋は売り上げが5分の1まで落ちたということで、再び感染が拡大することへの不安を口にしました。  魚可津・正木秀逸社長:「(緊急事態宣言に)戻んなきゃ良いね。もう一回休めと言われたら、皆潰れちゃうだろうし」
第2波に備え「無症状者もPCR検査を」18の知事が提言
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 第2波に備え「無症状者もPCR検査を」18の知事が提言  感染の第2波に備え、全国18の知事がPCR検査の拡充を求めました。飛沫(ひまつ)を受けずに済む新しいPCR検査の方法も出てきました。  新型コロナウイルスとの闘いは次のステップへと進もうとしているのでしょうか。ようやく新たな感染者が減るなか、今度は第2波が危惧されています。広島や茨城など全国18道県はその備えとしてPCR検査を症状のない人にも大規模に行うことなどを盛り込んだ提言を政府に提出していました。アメリカの研究者などで運営されるウェブサイトによりますと、日本のPCR検査数は欧米など各国と比べて少ないといいます。  PCR検査を巡っては次々と動きが。東京・港区のクリニックフォア田町では今月からPCR検査を始めました。PCR検査は主に大きな病院で行われていて、診療所としては都内で初めてだそうです。  クリニックフォア田町・村丘寛和院長:「元々、当院2フロアに分かれているので、1フロアを発熱外来にして、そうでない患者と動線を分けている」  発熱外来は基本的に予約制で、患者は待合室に多くて3人ほどにしています。検査では患者はケースの中に頭を入れ、医師も手袋がついた穴から手を入れて検体を採取します。検体は検査機関に送られ、4日ほどで結果が出るそうです。
オーシャンズ13
オーシャンズ13(字幕) オーシャンズ13 きっちり借りを返せる勝算はどのくらい? ダニー・オーシャン(ジョージ・クルーニー)率いる“オーシャンズ”にとって何よりも大切なのは仲間。さまざまな難関を突破してきた彼らにとってでさえ、もっともハードルが高く、リスクの大きいカジノを襲うとなれば、その仲間を守るためだけだ。だが、今回のターゲット“バンク”カジノに侵入するには運以上の何かが必要だった。冷酷無比なカジノ経営者のウィリー・バンク(アル・パチーノ)は、パートナーにすると約束したルーベン・ティシュコフ(エリオット・グールド)を裏切り、失意のルーベンは瀕死の状態で病院のベッドに横たわる。そのとき、バンクはまさか自分にとんでもないしっぺ返しが飛んでくるとは思いもしなかった。だが、ダニーにとって、ルーベンは仲間であり、師でもある。そこをバンクは甘く考えすぎた。ものすごく甘く。 確かにバンクはオーシャンズのオリジナル・メンバー11人のひとりを排除した。しかし、残りのメンバーはピンピンしているうえに、彼らに共通の目的を持たせてしまった。それは、バンクの生涯最高となるはずの夜――彼が自分の名をつけた新しいカジノ“バンク”のグランド・オープンに彼をつぶすこと。 オーシャンズは二重の戦略を立てる。まず、カジノ側がつねに勝つという前提をくつがえすことによってバンクを財政的に破綻させる。だが、それでは単に金だけだ。彼の個人的な誇りと喜び、つまり、ホテルの格付けにおいて、所有するホテルすべてで栄誉ある“5つダイヤ賞”を獲得した唯一の...