「パク ヒョンシク 歌」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

【SUPER JUNIORリョウク&ZE:Aパク・ヒョンシク】
無料
「イケメンブロマンス」 【SUPER JUNIORリョウク&ZE:Aパク・ヒョンシク】 K-POPファンにはたまらないツーショット!SUPER JUNIORのリョウクとZE:A のパク・ヒョンシク。お互いのコンサートにゲストとして出演するほど仲良しで 有名な2人。今回はどんなデートになるのか、男同士の熱い友情に思わず 心が揺すられる!
第13話
花郎<ファラン>(字幕) 第13話 アロを避けていたソヌはその理由を彼女に明かす。2人はお互いの気持ちを確かめ合い、幸せに浸る。そんな中、叔明(スンミョン)王女はウィファの元を訪れ、花郎の武芸を鍛えるために誰かが命を落とすまで対戦させるように命じる。さらに只召(チソ)太后からアロの暗殺を命じられた叔明王女は、狩り場にアロを呼び出して矢を放つが...。一方、パク・ヨンシルは王の印が入った腕飾りが仙門(ソンムン)に落ちていたことを知り、花郎の中から彡麦宗(サムメクチョン)をあぶり出す計画を立てて...。
第15話
花郎<ファラン>(字幕) 第15話 ジディに剣を向け、おまえが王なのかと問い詰めたソヌ。ジディをかばおうとしたアロは、ソヌの剣に斬られて傷ついてしまう。ソヌの態度は再び冷たくなり、アロは思い悩む。そんな中、国境付近では南扶余(ナムブヨ)(百済(ペクチェ))の挑発が続く。パク・ヨンシルは南扶余と和平を結ぶか戦をするかを決定するよう只召(チソ)太后に迫る。只召太后は和親のため、軍隊ではなく叔明(スンミョン)王女と花郎を使節団として南扶余に派遣すると宣言。アロは叔明王女に同行を命じられて...。
第1話
無料
花郎<ファラン>(字幕) 第1話 新羅第24代王の真興(チヌン)王 彡麦宗(サムメクチョン)は、摂政の母・只召(チソ)太后の命令で幼い頃に王宮を離れ、世間に顔を明かすことなく生きてきた。不眠に苦しむ彡麦宗は、街頭で聴衆を集めていたアロの話を聞いているうちに眠りに誘われ、彼女に興味を抱く。そんな中、只召太后は新羅の未来のために王の親衛隊を作ろうと考え、獄中のウィファに取引を持ちかける。一方、賎民の村で暮らすムミョンは、家族を捜したいという親友のマンムンと共に命懸けで都に潜入するが...。
第2話
花郎<ファラン>(字幕) 第2話 アロは彡麦宗から眠りにつくまで物語の続きを話してほしいと頼まれ、多額の報酬に惹かれてしぶしぶ依頼を引き受ける。一方、ムミョンは貴族を叩きのめしてマンムンを救出。しかし、「彡麦宗の顔を見た者を殺せ」という只召太后の命令によってマンムンは禁衛将(クミジャン)に追われ、ムミョンと共に深手を負う。アロの父アンジは山中で2人を発見するが、マンムンはまもなく息絶える。ムミョンはアンジの介抱で一命をとりとめ、親友を殺した者への復讐を誓うのだった。
第4話
花郎<ファラン>(字幕) 第4話 彡麦宗は偶然を装ってアロの家を訪問。アロは彼が真興(チヌン)王であるとは夢にも思わず、世間に姿を現わさない王の心情を理解できると語る。大臣たちが花郎の創成に猛反対する中、ウィファはスホとパンリュに罠を仕掛ける。彡麦宗はジディという偽名でウィファに会い、只召太后を倒すために花郎になりたいと宣言するのだった。そんな中、王の生誕を祝う儀式が行われ、ムミョンはマンムンを殺した禁衛将(クミジャン)を発見。只召太后の目の前で彼に襲いかかるが...。
第5話
花郎<ファラン>(字幕) 第5話 実父のみじめな姿に衝撃を受けたパンリュは、花郎となって権力をつかめという養父ヨンシルの言葉に従う。ムミョンことソヌも只召(チソ)太后の命令書を受け取り、アロを守るために花郎となることを決意。ソヌはアロに文字の読み書きを教わりながら、なぜか胸の高鳴りを感じて戸惑うのだった。一方、ジディは神国を変えたいというもう一つの本心をウィファに明かし、花郎となることを許される。そんな中、ソヌと彡麦宗は花郎の蹴鞠の試合に参加するが...。
第6話
花郎<ファラン>(字幕) 第6話 花郎の任命式当日。只召太后は花郎たちを誇らしげに眺めるが、アンジの息子ソヌがいないことに気づき、やきもきしながら彼を待ち続ける。その頃、ドゴの一味に監禁されたソヌとジディは、アロを救い出そうと奮闘していた。やがてジディはソヌと共に任命式の場に現れ、只召太后を驚愕させる。その後、花郎たちは居住空間である仙門(ソンムン)に入所。風月主(プンウォルチュ)となったウィファは花郎たちに酒を飲ませ、部屋割りを決めるくじを引かせるが...。
第7話
花郎<ファラン>(字幕) 第7話 同室で生活することになったソヌ、ジディ、スホとパンリュ、そしてヨウル。別室の花郎たちは、初日の朝からケンカを始めた5人を覗き見しながら、地獄の門が開いたと噂する。ウィファは「三度“不可”を言い渡された者は追放」という規則を掲げ、花郎の訓練を開始。パンリュはソヌの追放を目論んで挑発を繰り返し、これが原因で他の花郎を巻き込む大乱闘が起こってしまう。アロは花郎のケガの治療を依頼され、医者として仙門(ソンムン)に向かうが...。
第8話
花郎<ファラン>(字幕) 第8話 ジディに口づけをされたアロはソヌがやってきたことに気づき、あわてて医務室に戻る。ソヌは2人の間に流れる妙な雰囲気を感じ取り、ジディを殴って妹に近づくなと警告。だが、ジディは少しもひるまず、アロを好きになったとソヌに宣言する。ソヌはアロの前で兄らしく振る舞うべく、妹への接し方をスホに尋ねて...。そんな中、花郎たちは「道徳経」を課題とした初の筆記試験に臨む。仙門に残るため、ソヌは最善を尽くして合格を目指すが...。