「パク・チョロン」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

第3話
キツネちゃん、何しているの? 第3話 モーテルから出てきたビョンヒとチョルスは距離を置いて歩き、ビョンヒはチョルスに整理して行こうと話す。ビョンヒが子宮がんではないことを知ったチョルスは怒って、子宮の模型を海に投げてしまう。出勤したピョンガクは、ジュニのプロフィールと写真のファイルを不満そうに見ながら覆う。牽引車に車を繋ぐ間、ビョンヒはチョルスにお酒も飲んでないのにどうしてあんなことをしたのかと尋ね、チョルスは訳もなく話を逸らす。ビョンヒはスンヘからの電話に驚き、チョルスにアリバイを作ろうと言う。帰宅したビョンヒは、自分が夢見ていた初夜を思い浮かべて苦しみ、チョルスも子供の頃のビョンヒとのことを考えて落ち着かない。産婦人科を再受診したビョンヒは、幸いそれほど深刻ではないと診断され、すぐには手術しないと言う。ビョンヒは記事を完成させて伸びをすると、自分をミス・コと呼ぶファン社長にコ記者と呼んでくれと堂々と言う。
第9話
キツネちゃん、何しているの? 第9話 ビョンヒはヒミョンと昼食を食べながら、チョルスとの関係を誤解しないでほしいと話す。ビョンヒは夕食を奢ると言ってチョルスを素敵な場所に連れて行き、チョルスの心を受け入れられないと言う。その時ジュヒが近付くとビョンヒは嬉しそうに迎え、二人で楽しく遊べと言って立ち上がる。チョルスは横を通り過ぎるビョンヒの手を握って、ジュヒに自分が好きなのはビョンヒだと言うと、驚いたビョンヒを連れて出ていく。ジュニはピョンガクの電話を受けて飛び起きると、ピョンガクの家に行き出勤するピョンガクを見送る。チョルスは音楽を流したまま部屋で身動きせず、ビョンヒはそんなチョルスを心配に思いドアの前でチョルスを呼んでみるが答えがない。帰宅したビョンヒはチョルスの部屋の窓の近くでチョルスにあれこれ話し始め、じっと聞いていたチョルスは外に出てビョンヒに心配するなと、ただ数日休んだだけだと話す。セシボン創刊10周年イベント当日、ビョンヒはスーツを着て花束を抱えて現れたチョルスを見て驚く。
第1話
無料
キツネちゃん、何しているの? 第1話 成人男性誌セシボンの記者ビョンヒは、事務所のコンピューターの前で朱蒙のセットを背景にしたエッチな記事を書いている。ビョンヒは意欲的にキーボードを叩き、一人で演技までしながら鏡の前に立ち、あれこれポーズを取ってみたりもする。その時事務所に入ってきたヒミョンはビョンヒの姿を見て驚き、遅れて状況を知ったビョンヒは頭を抱える。旅行から帰ったチョルスは姉の家を探すが他の人の家に変わっていて、行くところがなくビョンヒの家のフェンスを越えて自分の家のように自然に入る。夕方、おかずを買って帰宅したビョンヒは、誰かがシャワーを浴びる音に驚く。 怒ったスンヘはチョルスに向けてビデオテープを投げつけ、辛うじて命拾いしたチョルスはビデオ店のくぐり戸に繋がる倉庫のような空間を、住宅兼作業室として使うようになる。ジュニはファッションショーの舞台リハーサルでピョンガクから酷い言葉を聞き、ピョンガクは出て行くジュニを見ると再度待機するよう言う。産婦人科を初めて訪れたビョンヒは、奇妙な姿勢で診察を受けなければならないことに悲鳴を上げ、子宮筋腫という診断に目を丸くする。
第2話
キツネちゃん、何しているの? 第2話 地下鉄4号線に乗ったビョンヒは、子宮模型ボックスを抱いてドアの前で泣いているところに、自分のことを社長だととんでもない呼び方をするチョルスの電話を受ける。席を取って座ったビョンヒは、うとうとしながら目が覚めると、終点の烏耳島駅に降りる。舞台から降りてきたジュニは、メインモデルと言い争って髪の毛を掴んで戦い、遅れてきたピョンガクはジュニを引っ叩く。ビョンヒは占い師に愛嬌がないと言われ失望し、焼き貝屋で焼酎を飲みながらスンヘと通話する。あたふたと烏耳島駅へ走って行ったビョンヒは、ちょうど終電が出発したところだと聞いて、スンヘに電話して迎えに来るよう頼む。スンへは倉庫で塗装しているチョルスに鍵を投げ、烏耳島に行ってこいと言う。嫌々烏耳島に行ったチョルスは、酒を飲んで居眠りしているビョンヒを見つけて背負っていく。地面に座り込んでいたビョンヒがお尻の下にあった車のキーを海に投げてしまうと、チョルスは絶叫する。仕方なくチョルスはビョンヒを背負って近くのモーテルに向かう。
第4話
キツネちゃん、何しているの? 第4話 昼寝で奇妙な夢を見たビョンヒは、眠りから覚めて周りを見回すと急いで産婦人科に駆けつける。ビョンヒは女医に、先生のアドバイス通りにしたと、妊娠したかどうかわかるかと尋ねる。診療室を出たビョンヒは表情が明るくなって、チョルスの倉庫部屋を訪ねて行く。ビョンヒはわざと深刻な表情で、ワインを開けろと、今日は重要な日だと言う。チョルスは緊張したまま病院に行ってきたかと聞き、チョルスを驚かせようと表情管理したビョンヒは、突然スンヘがドアを叩くと驚いて逃げてしまう。チョルスは、出産を控えたビョンヒが自分の髪を掴んで恐ろしく睨み、スンナムとスンヘが口論する夢を見て飛び起きる。ヌードモデルとの撮影をやっと終えたビョンヒは、ヒミョンの病院に行って騒がしい診療を終えて出てくるピョンガクと出くわす。ヒミョンはビョンヒに回答用紙を差し出しながら、次からはメールで送ればいいと話す。重い気持ちで帰宅したチョルスはビデオ店でビョンヒと出くわし、ビョンヒに子供は自分が責任を取ると言う。
第6話
キツネちゃん、何しているの? 第6話 ビョンヒはスンヘに、ヒミョンとホテルに行っただけで出てきた話をし、ビデオ店にいたチョルスも聞くことになる。公園で向き合ったビョンヒとチョルスは言い争いながら、チョルスはビョンヒに誰でも簡単に会うなと警告する。ピョンガクの家から出られずにいたジュニが火災警報器を作動させて抜け出すと、ピョンガクはジュニを感心するような眼差しで見る。ビョンヒはあの夜の失敗を元に戻せたらどんなに良いかと想念に陥る。酒に酔ったピョンガクは一人で歌いながらファン社長を家に呼ぶ。ビョンヒがファン社長に男の純潔について質問すると、自問していたファン社長は突然「まさにそれだ!」と、来月の創刊10周年のカバーストーリーで扱おうと言う。ジュヒが帰宅するチョルスのスクーターの前に立ち塞がると、チョルスはジュヒを後ろに乗せる。ビョンヒは家に帰ろうとスンヘのビデオ店の前をコソコソ歩いて行くとスンヘとばったり出くわし、スンヘはビョンヒにチョルスと何があったのかと尋ね始める。その時スクーターに乗って来るチョルスとジュヒを見つけたビョンヒは、ジュヒがチョルスの恋人で、烏耳島に一緒に来ていたと言ってしまう。
第10話
キツネちゃん、何しているの? 第10話 チョルスの奇襲キスに驚いたビョンヒは廃車場から急いで抜け出し、チョルスはビョンヒを追いかけて話をしようと言うがビョンヒは走って行ってしまう。帰宅したビョンヒはベッドに横になって唇にそっと触れ、胸が震えるのを感じる。食事に行ったビョンヒとヒミョンは、そこでジュニとピョンガクに会い、ビョンヒはジュニをトイレに呼び出して、どうしていつもピョンガクと一緒にいるのかと尋ねる。チョルスは、ビデオ店に来ているビョンヒとヒミョンを見ると、挨拶もせず部屋に入って大きな音で音楽を流す。ヒミョンはジュニに会ってカン・ウンミの話をしながら、ビョンヒがとても心配していると話す。ヒミョンとの約束で陽気なビョンヒは会社を出るとチョルスと出くわし、ビョンヒがスクーターに乗らないと言うとチョルスはバッグを奪って逃げる。結局ビョンヒはチョルスのスクーターに乗って約束の場所に向かい、建物に入っていくビョンヒを見ながらチョルスは気が重い。ビョンヒと踊っていたヒミョンはビョンヒにプロポーズし、ビョンヒは戸惑った顔でヒミョンを見る。
第12話
無料
キツネちゃん、何しているの? 第12話 ビョンヒは連絡なくヒミョンの病院を訪ね、手術を終えたヒミョンは喜んでビョンヒを迎える。ヒミョンがビョンヒの家に挨拶に行く日程を変えなければならなそうだと言うと、ビョンヒはためらうことなく日付を前倒しにしようと答える。外に出たビョンヒは外車に乗ろうとするジュニを見かけ、ピョンガクとの関係を知ったビョンヒはピョンガクのオフィスに攻めていく。驚いたピョンガクは飛び上がり、追いかけてきたジュニは自分と話そうと言ってビョンヒを止めるが、ビョンヒはジュニと会うなと言いながら高価な陶磁器を持ち上げる。ビョンヒとスンナムはジュニがショーに出られないように部屋に閉じ込め、スンナムはチョルスに電話して今日一日だけ助けてくれと頼む。喜んでビョンヒの家に駆けつけたチョルスはビョンヒと目が合い、スンナムはビョンヒを部屋に送る。門を見張っていたチョルスはジュニが窓から出ようとすると出られないように塞ぎ、フェンスの周りで家の中を窺うピョンガクを見つける。突然お腹が痛くなってうずくまったビョンヒはスンヘに電話し、スンヘが席を立った隙にチョルスが電話に出る。
第18話
ルームメイト2 第18話 #1 14年ぶりにgod宿舎を訪ねたパク・チュニョン #2 パク・チュニョンとデニー、そして青い風船! #3 ボリョンちゃんが来たよ~ #4 バラエティの神!ナム・ヒソク登場!
第21話
ルームメイト2 第21話 #1 中年たちの華麗なる「花金」パーティー! #2 パク・チュニョンと亮平の韓国語先生が来た! #3 悪魔犬オイ、強靭な女戦士になる?