「パク・ヘナ」の検索結果

「パク・ヘナ」に関する情報は見つかりませんでした。
「パク・ヘ」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

ウンギョ 青い蜜 R-18
無料
ウンギョ 青い蜜 R-18 ウンギョ 青い蜜 R-18 文壇から尊敬されている70歳の詩人、イ・ジョギョ(パク・ヘイル)と彼の天才的な才能に嫉妬した30代の弟子ソ・ジウ(キム・ムヨル)の間に、初々しい若さと不思議な色気を持つ17歳の女子高生ウンギョ(キム・ゴウン)が現れる。 彼女はイ・ジョギョには欲望の、ソ・ジウには劣等感の種となっていくが・・・ 貪るように互いを求め合う、三人の嫉妬と欲望を描いた愛のドラマ
第6話 愛はどう変わるんだ?
内省的なボス 第6話 愛はどう変わるんだ? サイレントモンスターの社員たちの飲み会があり、社員たちは酔いつぶれたのだが、ファンギがこっそりとタクシーに乗せるなどして家に送っていた。その際、酔ったロウンはファンギに対して、姉を死に追いやった怒りをぶつけたのだが...。
第2話 ごめん 謝るよ
内省的なボス 第2話 ごめん 謝るよ ブレイン広告の共同代表ウン・ファンギは社屋の屋上で謝罪の言葉を繰り返していたのだが、それを偶然、新入社員のチェ・ロウンが目撃する。実はファンギはミュージカル女優であったロウンに謝りたかったのだが、彼女は女優を辞め、ファンギが知らない間に入社していたのであった。
第3話 僕は気さくな人じゃない
内省的なボス 第3話 僕は気さくな人じゃない バイク便のライダーだと勘違いされたファンギは荷物を持ってクライアントの元へと走り続けていた。現場で荷物を待つロウンの前に暴走するバイクが突っ込んできたところをファンギが助ける。実はそのロウンは、自殺した姉の復讐をするためにブレイン広告に入社したのであった。
第4話 誰にも会うな
内省的なボス 第4話 誰にも会うな ファンギを代表として社内ベンチャーの形で立ち上げられたサイレントモンスターに配属されたロウン。彼女がペントハウスにいるファンギの様子をこっそり探っていたところ、ファンギが深夜に外出しては朝に戻っていることを突き止めたのだが、謎は深まるばかりであった。
第5話 3年前に言えなかった秘密
内省的なボス 第5話 3年前に言えなかった秘密 3年前、ロウンの姉ジヘはファンギの秘書であり恋愛のアドバイザーでもあった。そんなジヘにひそかに思いを寄せていたウイルには、ファンギの妹イスという交際相手がいた。クリスマスイブを目前に、イスはウイルと婚約することに期待をつのらせ、ファンギは思いを寄せる女性とデートをする約束をしたのが...。
第7話 脇役の品格
内省的なボス 第7話 脇役の品格 クリスマスに2人で児童養護施設へ慰問に訪れたロウンとファンギ。慰問のステージが終わったあとファンギは、自殺した秘書はいい人だったのだが褒めてあげられずに後悔していることを打ち明ける。一方のロウンも、姉が死に、それを追うようにして母親も病死したことを打ち明ける。
第8話 非社交的な社交性
内省的なボス 第8話 非社交的な社交性 児童養護施設“白い雲学園”の児童たちとマレーシアを旅行中のサイレントモンスターの社員たち。そこに空港で女の子が無くしてしまったぬいぐるみを捜していたファンギが遅れて来ただけでなく、別の急用で一行からは外れていたウイルまでも合流したのだが...。
第9話 耳を傾ければ
内省的なボス 第9話 耳を傾ければ 酒を飲みながら本音をぶつけ合うファンギとウイル。どちらも、自分は相手のことを慎重に考えたうえで言動していると主張する。結局、本題に入らずに酔いつぶれた2人だったが、そこに立ち会っていたロウンに対し、ファンギは意外な一面を見せたのであった。
第10話 くだらないことは最も価値のある告白
内省的なボス 第10話 くだらないことは最も価値のある告白 ウイルのそっけない態度に寂しさを感じつつも結婚の決意は揺らがないイス。一方、ウイルの心は、ファンギと親しそうにするロウンに向いていた。そのロウンは、偶然イスに会った時、自分と同じネックレスをイスがしていることに気付く。
最終話 内省的でも大丈夫
内省的なボス 最終話 内省的でも大丈夫 ブレイン広告関係の問題が報道され窮地に立ったファンギの父は、ウイルの責任にして危機を脱しようとファンギに提案する。それに激怒したファンギは、自分が責任を取って会社を辞め、ブレイン広告をウイルの手に託そうと決心するのだが...。
第4話
マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~ 第4話 ソンサンの社長 モ・スンジェの陰謀により、カーチェイスシーンの撮影中に事故に遭ってしまったウングァン。ソルによる命懸けの救出劇で一命を取り留めたウングァンだが、ミウンとの過去を思い出し仕事へのモチベーションをすっかりなくしてしまう。事故をきっかけに24時間体制の密着警護をすることになったソルは、直近の予定であったウングァンのロシア行きが中止になることを知ると他の手立てを打とうとするが...。
第5話
マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~ 第5話 ウングァンがチ代表率いる芸能事務所 チューイング エンターからの独立を決めたことにより、ロシアのヴィクトル会長の邸宅に無事 潜り込んだソル。当初の作戦ではウングァンが会長と行動している隙にソルが木彫り像を奪取する予定だったのだが、ボディーガードに厚い信頼を寄せてしまっているウングァンのせいで作戦変更を余儀なくされる。作戦中 警備員に見つかってしまったソルは、目くらましのため近くにいたドハを抱き寄せる。
第6話
マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~ 第6話 ボディーガードを辞めるため、ウングァンたちに横柄な態度を取るソル。自分のせいで彼の態度が変わったと誤解したドハは嫉妬も心配もするなとソルに告げるが、ソルはろくに耳を貸さない。スタッフと共にウングァン宅で酒を飲んだ次の日、体調不良を理由に辞意を表明するソル。取り付く島もないソルの態度に、彼を弟のように思っていたウングァンはいじけてしまう。ソルの退職を知ったドハは、彼を説得しようとするが...。
第7話
マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~ 第7話 2つ目の木彫り像がブラックオークションに出品されることが分かったため、ウングァンのボディーガードを続けることになってしまったソル。退職の意思を撤回してオークション参加時に必要な指輪を手に入れるべく、ソルはドハの勘違いを利用することに。ドハとソルの関係性が変わったことにいち早く気づいたウングァンは、ソルを呼び出し問いただそうとするが、訪問先のレストランでミウンの息子 ジェヨンと遭遇する。
第8話
マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~ 第8話 ドハの父親 ミョンソクが仮釈放されたとの連絡を受け、ソルを伴って帰宅するドハ。ミョンソクがゴールド フィンガーとしてゴースト要員Yと接点を持っていたことを知るソルは、ドハの彼氏だと名乗りドハとミョンソクの信頼を手に入れる。一方 ソウル市長候補のペク・インス率いる白蛇団から元ゴースト要員のソ・ギチョルを引き抜いたスンジェは、オークション参加に必要な指輪を奪取するようギチョルに指示する。
第9話
マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~ 第9話 国情院のチーム長 チャン・テホに刺激され、ミョンソクはソンサン社長 スンジェに取引を持ちかけることに。スンジェが快諾したことにより気をよくしたミョンソクは、さらにウングァンへ不動産投資を勧めるが、父親の詐欺行為に嫌気が差したドハは泣いて取り乱す。ドハから指輪の隠し場所を聞き出したソルは彼女のもとを去る決意をするが、スンジェからミョンソクに贈られた腕時計に盗聴器が仕掛けられていることに気づき...。
第10話
マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~ 第10話 時限爆弾の信管から、ドハを拉致したのが白蛇団のギチョルであることを突き止めたソル。ギチョルが指定した時間までにドハを救出するため、ソルは国情院を辞めたうえで議員のペク・インスに接近することに。一方 自分の妻がウングァンとの関わりを絶っていないことに腹を立てたスンジェは、ミウンと息子と引き離し、ウングァンとの会食の席に彼女を同席させる。映画への投資を提案するスンジェだが、ウングァンは承服せず...。
第11話
マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~ 第11話 警察も国情院も信用ならないなか、ウングァンと協力することでドハを救出したソル。ドハの身にこれ以上の危険が及ぶことを避けるため、ソルは自身が国情院の要員であることを明かしドハの前から姿を消す。一方 ソンサンと指輪の取引ができなくなったミョンソクはロバート・ユンの名前を出してインスに近づく。会食の席で会って以来 ミウンの様子が気になって仕方がないウングァンは、秘密裏にソルのアジトを訪れて...。
第12話
マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~ 第12話 殺人罪で逮捕されたドハの父 ミョンソクを救うため、ソルのアジトを訪れたウングァンとドハ。ブラック オークション作戦のために大金が必要だとソルに告げられ、その金額に動揺するウングァンだったが、ドハのために私財を投じることに。ソルが信用できないドハは担保としてソル自身を要求し、ウングァンはカネを貸す条件としてミウンとの密会を提示する。これによりソル・ウングァン・ドハによる最初の作戦が幕を開けるのだった。
第13話
マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~ 第13話 所属事務所の大株主兼 韓流スターとしてアジア投資フォーラムに潜入したウングァンは、2つ目の木彫り像を落札するためドハと共にブラック オークションに挑む。しかしスンジェの依頼で木彫り像を狙っているヤマトのせいで、入札金額が400万ドルにまで跳ね上がってしまう。追い詰められたソルたちは、ドハによるかく乱作戦を実行に移すことに。その頃 フォーラム会場の暗部では、再びインスの駒になったギチョルが待機していた。
第14話
マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~ 第14話 投資フォーラムでの爆破事件が国情院の元要員によるテロだと報道されたことにより、ドンヒョンはスパイ容疑で拘束され、ソルたちには尾行や監視がつく事態に。そのうえ活動費の清算ができない状況となり、債務者としてのソルの立場が悪化してしまう。一方 スンジェに再び取引を持ちかけられるも断固として拒否したテホだったが、国情院長 イム・ソクフンが木彫り像入手に失敗して帰国したうえ辞意を表明し、追い詰められてしまう。
第15話
マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~ 第15話 ドハはソルを守るため恋人作戦を提案し、ソルもそれを受け入れることに。この作戦によりソルが尾行をまくなど一定の効果を上げていたが、ドハが再び傷つくことを心配しているウングァンにとっては懐疑的だった。3つ目の木彫り像を入手する作戦から外されたソルは、独自に像の所在地を調べつつ、ロバート・ユンの正体を密告した裏切り者を捜し始める。ユンが残した日誌の暗号を解読するため、ソルは手始めにミョンソクに接触し...。
第16話
マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~ 第16話 テホに撃たれ橋から転落したソルだったが、一命を取り留めギチョルの手当てを受ける。一方 ソルと連絡がつかないことを心配したドハはソルのアジトへ。大ケガをして帰宅したソルに驚き、献身的に看病する。釈放されたドンヒョンはソルの置き手紙を受け、テホの動きを追跡することに。3本の鍵を手に入れたスンジェとテホは、ソンサンの前会長が残した莫大な裏金と不正の記録を手に入れるため、ソンサン物産の倉庫へ向かい...。
第17話
マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~ 第17話 ソルのケガをきっかけに、偽装工作ではなく本気で彼を思うことにしたドハ。ドハの覚悟を知ったウングァンは、ソルに家族として一緒に生きようと告げる。その頃 ミウンの機転で逮捕を免れたスンジェは、祖父が作った裏金で奨学財団を設立するという記者会見を行っていた。ソルはゴースト要員 Yを名乗る者からの連絡を受け、ドンヒョンと共にソンサンの秘密倉庫へ。聖ミカエルを描いた絵の中からソンサンビルの図面を発見する。
第18話
マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~ 第18話 秘密倉庫に存在しなかった分のビデオテープを捜すためソンサンビルの社長室に忍び込んだソルは、インスと敵対してしまったスンジェのために彼のゴーストになることを提案する。スンジェはインスとソンサンの財務理事に裏切られたことで、ソルの提案を受け入れることに。その頃 ウングァンとドハはミウンのマネージャーだったチ代表から、彼女が毎週月曜にアンナム聖堂へ通っていたことを聞かされ顔色を変えるのだった。
第19話
マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~ 第19話 国会議員ペク・インスの不正の証拠と初代ゴースト要員の資料である消えたテープを見つけ出すため、ソルとミウンが手を組むことに。ソルはミウンの働きにより、ソンサンのモ・ビョンド会長がスンジェに残したのはVIPラウンジの録画装置と遺言状であることを突き止める。作戦中 インスがミウンの息子 ジェヨンの誘拐をもくろんでいることを知ったソルは、インスを潰すためドンヒョンたちと行動に出る。
第20話
マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~ 第20話 ドハに心配をかけないよう彼女には何も知らせずに作戦を進めていたソルだったが、ドハがすべて理解していることを知り任務完了を急ぐことに。モ・ビョンドの肖像画の裏に隠された金庫から探し求めていたテープを見つけたソルは、それらをドンヒョンに託し意気揚々とドハの元へ向かう。すべて終わったとドハに告げるソルだったが、国情院長にテープを届けに行ったドンヒョンが事故に遭う。連絡を受けたソルは慌てて現場へ向かい...。
第21話
マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~ 第21話 ドンヒョンの敵討ちに1人 奔走していたソルだったが、ドハの真剣な思いを受けて再びウングァンたちの元へ戻ることに。一方 スンジェはソクフンから、妻 ミウンが国情院の要員だったことを知らされて衝撃を受ける。そのソクフンも、インスから資料のコピーがあるはずだと告げられ、ミウンと接触することに。指名手配中のソルは、スンジェが持つ国情院長の弱みを手に入れるため、ミウンやウングァンたちを動かすのだった。
最終話
マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~ 最終話 スンジェが出演する生放送番組を利用し、スンジェとソクフンの両方を追い詰めたソルたち。これによりソルの指名手配も無事 解かれるが、国情院に復帰したテホはソルにも復職するよう告げる。生放送番組の成功により社会派俳優として認知度が上がったウングァン。意識が戻り順調に回復するドンヒョン。仕事の合間にギチョルの娘を見舞うドハ。それぞれに安息の日々が訪れようとしていたが、休暇中のソルはなぜか穏やかでない顔で...。