「パリピ選手権 釈迦」の検索結果

「パリピ選手権 釈迦」に関する情報は見つかりませんでした。
「釈迦」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

第九話 無明の夜こそ、笑みを燃べよ
なむあみだ仏っ!-蓮台 UTENA- 第九話 無明の夜こそ、笑みを燃べよ マーラの策略により、煩悩は炎とともに本堂へと広がり、梵納寺は破壊された。残りの輪光をも失い愕然とする一同。煩悩に背後から襲われた釈迦如来の姿はどこにもなく、仏たちに不安がよぎるが、釈迦如来が残した「やるべきことをキチンとね」という伝言の通り、梵納寺の再建に動く。
第一話 煩悩の犬は追えども去らず
無料
なむあみだ仏っ!-蓮台 UTENA- 第一話 煩悩の犬は追えども去らず 煩悩の化身・マーラから人々を救う為、釈迦如来により天界から現世に呼ばれた帝釈天と梵天。仏たちの拠点である梵納寺にて十三仏との共同生活がはじまるも、天界と現世の違いに困惑してばかり。そんな中、帝釈天と梵天は釈迦如来からある命を受けて――。
第七話 過去へは戻れぬが、未来は進める
なむあみだ仏っ!-蓮台 UTENA- 第七話 過去へは戻れぬが、未来は進める 餃子パーティーが行われている最中、帝釈天が突如、梵納寺から姿を消す。帝釈天が向かう先には阿修羅がいた。帝釈天。帝釈天から目を離したことを悔やむ梵天は釈迦如来の力を借りて、彼を追う。対決する阿修羅と帝釈天。彼らを切り裂いた悲しい過去とは......?
第十話 疑心の果実に種はなし
なむあみだ仏っ!-蓮台 UTENA- 第十話 疑心の果実に種はなし 遂に動き出したマーラ。街中にあふれる煩悩から、人々を避難させる仏たち。一方、アジトに辿り着いた帝釈天と梵天は、行方知らずの釈迦如来を見つけるが、溢れ出すマーラの煩悩に今にも飲み込まれそうである。更に二人の前には、赤い目を光らし自我を失った阿修羅が立ち塞がりーー。
第六話 過ちを赦すなら、罪人の顔をみよ
なむあみだ仏っ!-蓮台 UTENA- 第六話 過ちを赦すなら、罪人の顔をみよ 梵納寺に戻った帝釈天たち。大日如来は、仏たちにマーラの罠にはまり輪光を失ったことを告白する。仏たちは輪光の欠片探しに追われることに......。そんな時、帝釈天と梵天は、阿弥陀如来から「釈迦如来が抱える悩みの理由」を探るよう命じられる。そんな中、記憶力に長ける虚空蔵菩薩から興味深い話を聞いて――。
第十一話 煩悩なければ悟りもまたなし
なむあみだ仏っ!-蓮台 UTENA- 第十一話 煩悩なければ悟りもまたなし 自我を取り戻した阿修羅と共にマーラに挑む帝釈天と梵天。だが輪光の力を手に入れたマーラのパワーは凄まじく、その脅威は人々を避難させる仏たちにも迫りつつあった。果たして輪光は大日如来に戻るのか。
第二話 友に勝る財宝なし
なむあみだ仏っ!-蓮台 UTENA- 第二話 友に勝る財宝なし 平穏な日々が続き、おとなしく梵納寺に待機する帝釈天と梵天だが、お互い顔を合わせれば揉めてばかりいる。そんなある日、帝釈天は普賢菩薩から「梵納寺には【普賢菩薩派】と【文殊菩薩派】があり、菩薩たちはいずれかの派閥に属している」と聞かされて――。
第五話 ひとつの嘘が百の嘘に通ずる
なむあみだ仏っ!-蓮台 UTENA- 第五話 ひとつの嘘が百の嘘に通ずる 大日如来と偶然の再会を果たした帝釈天と梵天。これで一安心と思いきや、大日如来は梵納寺に帰ることを拒む。必死に説得を試みる中、梵天の提案で、事態は思わぬ方向へと動き出す。そして、どうやら大日如来には帰りたくない『ある理由』があるようでーー。
第八話 見ぬと消失は同意にあらず
なむあみだ仏っ!-蓮台 UTENA- 第八話 見ぬと消失は同意にあらず 進むべき道を違えたかつての仲間、阿修羅との激闘の末、深い傷を負った帝釈天。薬師如来の懸命な手当のおかげで傷は癒えるもどこか元気がない。そんな帝釈天の態度に梵天はやきもきしている。一方仏たちは、これ以上マーラの力を増大させぬように手分けして輪光を探しに向かってーー。
第十二話 意馬心猿と、和解せよ
なむあみだ仏っ!-蓮台 UTENA- 第十二話 意馬心猿と、和解せよ マーラとの戦いを終えて、梵納寺には再び平和な時間が流れていた。 二大護法善神である帝釈天と梵天、十三仏たち、そして、梵納寺に馴染みつつある阿修羅。一時休戦したマーラとの戦いを通して生まれた新たな感情とともに、今すべてが動き始める。
第三話 当然の陰に咲く花を見よ
なむあみだ仏っ!-蓮台 UTENA- 第三話 当然の陰に咲く花を見よ 梵納寺の台所を取り仕切る観音菩薩が頭を抱えている。その原因がいつも一緒にいる弟の勢至菩薩にあると考えた梵天は、少し距離を置くようにと提案する。しかし、姿を見せない弟を心配した観音菩薩は、その所在を帝釈天に探らせる。一方、勢至菩薩は、煩悩を追跡していた弥勒菩薩と行動をともにしていて――。
第四話 地に足つかねば願い達せず
なむあみだ仏っ!-蓮台 UTENA- 第四話 地に足つかねば願い達せず 突如現れた煩悩に腹部を貫かれる梵天。弥勒菩薩、観音菩薩、勢至菩薩らによって梵納寺に運ばれ、傷の手当ては薬師如来に委ねられた。今までとは違う凶悪な煩悩が現れたことで、大日如来を再び梵納寺に呼び戻すことが決まるも行方が分からない。大日如来の捜索に、外の世界に詳しい地蔵菩薩と大日如来の化身である不動明王が向かうことになりーー。
無病息災願い「大根だき」 京都の師走の風物詩
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 無病息災願い「大根だき」 京都の師走の風物詩  無病息災を願って熱々のダイコンを頬張る京都の師走の風物詩「大根だき」が千本釈迦堂で始まりました。  大根だきは鎌倉時代から続く行事で、釈迦が悟りを開いた12月8日に奉納したダイコンを厄よけとして参拝者に振る舞ったのが始まりとされています。食べると1年間、無病息災で過ごせるといわれていて、用意されたダイコンは直径1メートル以上ある大鍋で炊き上げられ、朝早くから訪れた参拝者に振る舞われました。大根だきは7日と8日の2日間、1杯1000円で振る舞われます。
法隆寺で恒例「お身拭い」新年前に仏様もサッパリ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 法隆寺で恒例「お身拭い」新年前に仏様もサッパリ  奈良県斑鳩町の世界遺産「法隆寺」で、仏像に積もった1年分のほこりを払い落とす師走恒例の「お身拭い」が行われました。  仏様にきれいな姿で新年を迎えてもらおうと、毎年、この時期に行われています。まず、国宝の釈迦三尊像などの仏像から魂を抜く法要が行われました。この後、僧侶たちは仏様に傷を付けないよう、はけや竹の先に和紙を付けたはたきで1年間にたまったほこりを丁寧に払い落としていきました。今年もあと3週間余り。仏様もサッパリとした表情で新しい年を迎える準備が整いました。