「パワハラ なべ」の検索結果

「パワハラ なべ」に関する情報は見つかりませんでした。
「パワハラ」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

Wの悲喜劇特別版「Mの悲喜劇」~オッサンって一体何?~
無料
Wの悲喜劇 〜日本一過激なオンナのニュース〜 Wの悲喜劇特別版「Mの悲喜劇」~オッサンって一体何?~ 日本がダメなのはオッサンのせい?「謎の生物」オッサンの生態にSHELLY・りゅうちぇるが迫る2時間。セクハラ&パワハラ加害者が出演して若者・女性被害者と対決!熟年離婚されたオッサンは、離婚に踏み切った妻たちのキツイ言葉に思わずフリーズ... Wの悲喜劇特別版「Mの悲喜劇」は男子も女子もオッサンも見て結構!
神戸市・教師いじめ問題 前校長はパワハラを謝罪
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 神戸市・教師いじめ問題 前校長はパワハラを謝罪  神戸の小学校で起きた教師同士のいじめ問題で前の校長が取材に応じ、被害教師へのいじめに気付けなかったことや教頭時代のパワハラについて謝罪しました。  東須磨小学校では、20代の男性教師が同僚から激辛のカレーを食べさせられるなどのいじめを受けて休職しています。当時の校長だった男性がANNの取材に応じました。  前校長の男性:「校長の執務室で執務をしていることが多いので、自分がいじめやいじりの場面を見たことがなかった。気付くことができなかったことが申し訳ない」  また、教頭だった当時、他の学校との飲み会に被害教師を強制的に参加させたことについて、パワハラだと認めて謝罪しました。  前校長の男性:「(欠席が自分の)顔に泥を塗るとか顔を潰すということは、恫喝(どうかつ)はしていないが、言いました。後々、有益だと本人にプラスになると思って声を掛けた。悪気はなかったが、申し訳ないと思う」
#40 ゲストに宮崎謙介・金子恵美夫妻を迎え元議員だから話せる話題のN国についてほろ酔いトーク!
無料
NewsBAR橋下【毎週木曜よる11時〜】 #40 ゲストに宮崎謙介・金子恵美夫妻を迎え元議員だから話せる話題のN国についてほろ酔いトーク! 今回のゲストは宮崎謙介・金子恵美夫妻のお2人! 2人が一言物申したい!と思う話題のニュースをピックアップ! N国・立花党首の参院選後の動向についてやN国に入党した丸山穂高さんについて同期の宮崎さんが熱弁! 他にも自民党・石崎徹衆院議員のパワハラ疑惑問題も! 更に2人が橋下さんに政界復帰と新党結成をお願い?! 『NewsBAR橋下』。ぜひ、お見逃しなく!! 番組公式Twitterアカウント @abemanews_barHT
パワハラ|Sparkle College -MONEY-
無料
Sparkle Sparkler パワハラ|Sparkle College -MONEY- 【Sparkle Sparkler 毎週月〜木曜日 13:00 〜 16:00 生放送!】AIR-G Sparkle Sparklerで放送中のコーナー『Sparkle College』。聴くと役立つ!ためになる!情報を、その道のスペシャリストがわかりやすく解説。「MONEY」では、知っていると得するマネー術や気になっているけど実はわからない!という言葉など、ファイナンシャルプランナーが伝授!

おすすめの作品

第2話 不気味なナベリウス
無料
ファンタシースターオンライン2 エピソード・オラクル 第2話 不気味なナベリウス 多くの犠牲を出した新人訓練から、無事に生還したアッシュとアフィン。 アークスとして初の任務に就くことになった二人は、新人訓練で助けた謎の少女、マトイと共に再びナベリウスに降り立つ。 指揮官のコハナと共に、ナベリウスで活発化したダーカーたちを殲滅しようとする三人。 しかし、そこで新たな脅威に直面する……
第9話 哀しみのマイルストーン
無料
灼眼のシャナⅡ 第9話 哀しみのマイルストーン 先の大戦の残り香が漂うニューヨーク、エンパイアーステートビルにマージョリーはいた。 対するは“穿徹の洞”(せんてつのほら)アナベルグ。だが、彼女が纏う青く燃えるトーガから次々に放たれた炎弾は、一向にアナベルグに当たる様子がない。 その時、鈎爪が青いトーガを切り裂く。シュドナイによる不意打ち。絶対の危機に、半人前のフレイムヘイズ“魑勢の牽き手”(ちせいのひきて)ユーリィが駆けつける…。 自らの過去を語り出したマージョリー。だが、その最中、ふいに話をやめ佐藤たちに質問を投げかける。「もし、仮にあんたたちがフレイムヘイズだとして…」。ある訳もない前提の質問、その意図とは…。
ENLIGHT #5
無料
BITE「ENLIGHT」 ENLIGHT #5 6月後半、スポーニング後のビッグバスを狙い西湖、河口湖へ。光大郎の十八番ともいえる「スピナベサイト」を駆使し、自己最高記録に並ぶ56.5cmを筆頭に50アップを連発する!
第八話 『ストライキングフィスト』
超可動ガール1/6 第八話 『ストライキングフィスト』 冠の企みで、『ストライキングフィストIII』の世界に 囚われてしまった春人。ノーナ、ベルノア、すばるの三 人は彼を救出に向かうが、そこには強大な敵が待ち構え ていた――!
第296話 ベンが初恋?アイドル犬とご対メーン♡
キテレツ大百科 第296話 ベンが初恋?アイドル犬とご対メーン♡ ベンがドッグフードのCMに出ているゴールデンレトリバーを好きになったようだ。恋煩いで3日も餌を食べない有様。そんなベンに朗報が!CM制作にトンガリのパパが関わっていたことから、その犬・シンシアに会えることになったのだ。ところが夢が叶ったはずなのにベンの様子がおかしい。まさか、恋の相手が違うのか?
#258 (韓国2018年12月30日放送) 「EndそしてAnd」
スーパーマンが帰ってきた 〜#258 #258 (韓国2018年12月30日放送) 「EndそしてAnd」 【EndそしてAnd】(韓国2018年12月30日放送) 3姉弟は、児童心理専門家の元を訪れる!3姉弟の行動や特徴を徹底解剖!そこで、パパに与えられた新たな課題とは?またナウンとゴヌは、パパと一緒にカフェでデート!ナウンがキュートなベール姿を披露!さらにウィリアムとベントリーは、パパと一緒にQueenに変身する!終盤、結婚式で人生初のバージンロードを歩く!
Krush.55 2015年6月12日 東京・後楽園ホール
Krush 2015 Krush.55 2015年6月12日 東京・後楽園ホール (本編内にある試合告知は過去に開催された試合の告知です)2015年6月12日、後楽園ホールにて行われたKrush.55。2014年11月のK-1で大怪我を負った山崎秀晃、半年ぶりの再起戦。コロンビアからの刺客・ジョアン・カナベラルを相手に、自身の保持するKrush -63kg王座の3度目の防衛戦に臨む。果たして金の拳は、その輝きを取り戻すの事ができるのか。(本編内にある試合告知は過去に開催された試合の告知です) *スマートフォンをご利用の方はブラウザでもご覧いただけますが、スマートフォンアプリでのご視聴をおすすめします。 *Wi-fi環境下でのご利用をおすすめします。
#10 コンセプト評価ステージ公開!最終的なベネフィット20万票を獲得するチームは?
PRODUCE X 101 #10 コンセプト評価ステージ公開!最終的なベネフィット20万票を獲得するチームは? 【日本独占配信】 I.O.I、Wanna One、IZ*ONEらを輩出した話題の大型サバイバルプログラム「PRODUCE」シリーズ第4弾。 芸能事務所でトレーニングを受けてきた練習生はもちろん、自分の力で夢に向かっていく個人練習生も年齢制限内の男性なら国籍に関係なく志願が可能となり、個人練習生の募集規模が大幅に拡大されたことが今シーズンのポイント! 2019年期待の大型新人グループ・X1誕生の瞬間をお見逃しなく! ※日本独占配信・・・Mnet、Mnet Smartでの放送・配信は除く
#445 びっくり箱ステッキ
ドラえもん #445 びっくり箱ステッキ スネ夫が持っていた箱が開いた瞬間(しゅんかん)、おもちゃのネコが飛び出てきて、おどろきのあまり悲鳴をあげて逃げ出してしまうのび太。 帰宅したのび太は、ドラえもんからびっくり箱だったのでは?と言われ、くやしくてたまらない。しかえしのために「びっくり箱を出して」とドラえもんに頼みこみ、『びっくり箱ステッキ』を出してもらう。このステッキでたたいたものは、開けるものならなんでもびっくり箱になるというのだ。 まずはステッキでたたいた引き出しを開けてみたところ、中から鬼のような人形が飛び出し、のび太はまたもや悲鳴をあげながらおどろいてしまう。その叫び声を聞いたママが部屋にやってくるが、ママが引き出しを開けて出てきたのは、のび太の0点の答案用紙…。びっくり箱ステッキの効果は一度だけなのだ。 その後、火にかけていたナベで、ママをおどろかせることに成功したのび太は、スネ夫をおどろかせようと出かけるが…!?
働く人の2人に1人が「職場でハラスメント起きた」
最新の経済ニュース【随時更新】 働く人の2人に1人が「職場でハラスメント起きた」  働く人の2人に1人が「職場でハラスメントが起きたことがある」と答えました。  日本生命が先月下旬にインターネットで行ったハラスメントに関するアンケート調査によりますと、「職場でハラスメントが起きたことがある」と答えた人は51.3%に上りました。ハラスメントの種類では「パワーハラスメント」が約9割で最も多く、無視したり暴言を吐いたりする「モラルハラスメント」や「セクシャルハラスメント」を上回りました。今年5月にはパワハラの防止措置を企業に義務付ける改正法が成立しましたが、ハラスメントの量について尋ねたところ、以前と「変わらない」と答えた人が66.4%で「減った」という回答を大きく上回りました。ニッセイ基礎研究所は「ハラスメントに対する意識や感じ方には性別や世代による違いがあり、防止に向けては共通認識を徹底する必要がある」としています。