「ヒナまつり 二話 動画」の検索結果

「ヒナまつり 二話 動画」に関する情報は見つかりませんでした。
「二話 動画」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

第十二話 ヤバいすみぺーランド
上坂すみれのヤバい○○ 第十二話 ヤバいすみぺーランド 神の見えざる手。 -アダム・すみぺ-
第二話 ヤバいフィットネス-前編-
上坂すみれのヤバい○○ 第二話 ヤバいフィットネス-前編- 適度の運動は、健康を生み、育て、長もちさせる -アリストテレス-
第二話 『地球ロボット・オズマ』
超可動ガール1/6 第二話 『地球ロボット・オズマ』 ノーナに続き、アニメのなかで彼女のサポート役だった オズマのフィギュアまでもが動き出してしまう。いった い、なぜ……!? そんななか、自分がフィギュアである と知ってしまったノーナは――。
第二話 育手・鱗滝左近次
鬼滅の刃 第二話 育手・鱗滝左近次 炭治郎は冨岡義勇の導きにより、鬼になってしまった妹・禰豆子とともに狭霧山を目指す。 夜の道中、炭治郎はお堂から血の匂いを嗅ぎつける。誰かが怪我をしているのかもしれないと駆け寄ると、なんとそこにいたのは、人を喰らう鬼。 突如、鬼に襲われた炭治郎は、斧でなんとか応戦するが、鬼の圧倒的な力に、たちまち鬼に組み伏せられてしまう。 鬼がとどめを刺そうとしたとき、助けに入ったのは――。
第十二話 橋上決戦・ザブザ再び!!
NARUTO -ナルト- 第十二話 橋上決戦・ザブザ再び!! チャクラコントロールの修業を続けるナルトは、謎の少年と出会う。「大切なものを守るためにはどこまでも強くなれる」と語る少年。それは、ナルトが抱いていたものと同じ気持ちだった。どこかで共感しあうふたり。だがそれ以上のことは語らず、少年はどこかへ消えていった。少年は何者なのか? ナルトに近づいた理由は?
第二十二話 気合120% ナウでロックな挑戦状!
NARUTO -ナルト- 第二十二話 気合120% ナウでロックな挑戦状! 試験会場に現れた、オカッパ頭にゲジゲジまゆ毛の少年・ロック・リーが、サスケに勝負を挑んできた。その挑戦を受けて立つサスケだが、目にもとまらぬ早さで次々とワザをしかけるリーに、防戦一方に追いこまれる。リーがどんな術を使っているのか確かめようとするサスケ。しかしなぜか写輪眼でも見極めることができず……。
第二話 小鬼を殺す者
ゴブリンスレイヤー 第二話 小鬼を殺す者 鎧を着た銀等級の男、ゴブリンスレイヤー。手段も選ばず、ただひたすらにゴブリンのみを退治し続けている彼は、 辺境の街のギルドを利用する冒険者の多くから敬遠されていた。 ゴブリンスレイヤーに助けられて以来、一緒にゴブリン退治をしている女神官は、 彼と行動を共にしていくうちに、ゴブリンスレイヤーの持つ信念や悩みを徐々に理解していく。
第十二話 ある冒険者の結末
ゴブリンスレイヤー 第十二話 ある冒険者の結末 小鬼王(ゴブリンロード)率いるゴブリンの大軍勢と辺境の街にいる冒険者たちの戦いが始まった。 敵の大群に立ち向かう妖精弓手、鉱人道士、蜥蜴僧侶をはじめとしたギルドの仲間たち。 しかし更なる強敵が冒険者たちに襲い掛かる。 苛烈を極める戦闘の中、ゴブリンスレイヤーは一人、小鬼王の前に姿を現す…。
第十二話 グッドモーニング アゲイン SAGA
ゾンビランドサガ 第十二話 グッドモーニング アゲイン SAGA 【第12話】 《さくら》の記憶が戻らない。 まったく「持っとらん」「持っとらん」とうらめしかやつだ。 だが、ここで諦める巽幸太郎ではない。 自分を信じろ。 俺は必ずアルピノのステージに『フランシュシュ』を立たせる。 そこからがプロジェクトの本当の始まり。 『ゾンビィランドサガ・プロジェクト』の始まりなのだ。                        ―――――《巽幸太郎》の日記より
第二話 I♡HIPHOP SAGA
ゾンビランドサガ 第二話 I♡HIPHOP SAGA ただのゾンビィだったメンバー全員が自我に目覚め、《さくら》も安心したようだ。 ようやくここからアイドルグループとしての活動を始められる。 まずは、あいつらにゾンビィバレをした時の恐怖を叩きこまなければ。 グループ名も『デス娘(仮)』だと方向性が偏りそうなので、今変えてしまおう。 思い付かないので、今度にしよう。 あとは、アイドルグループにふさわしい初舞台の用意だ。 何か良いイベントはないものか。                        ―――――《巽幸太郎》の日記より
第二話 友に勝る財宝なし
なむあみだ仏っ!-蓮台 UTENA- 第二話 友に勝る財宝なし 平穏な日々が続き、おとなしく梵納寺に待機する帝釈天と梵天だが、お互い顔を合わせれば揉めてばかりいる。そんなある日、帝釈天は普賢菩薩から「梵納寺には【普賢菩薩派】と【文殊菩薩派】があり、菩薩たちはいずれかの派閥に属している」と聞かされて――。
第二百二十二話 暁、始動
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第二百二十二話 暁、始動 再びカカシの元につく事になったナルトだが、修業の成果を見せる為にサクラとタッグを組み、かつて行ったサバイバル演習でカカシに挑む事になる。一方、砂隠れの里では風影となった我愛羅の近くで不審な動きがおこる。遂に“暁”のメンバーが砂に降り立ったのだ。
第二百四十二話 チヨの奥の手
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第二百四十二話 チヨの奥の手 「自らが傷ついても必ずサソリを捕まえ、大蛇丸の事を吐かせる」と宣言するサクラの猛々しい覚悟はチヨバアの心に大きく響く。サソリの攻撃にさらされるサクラを守るため、チヨバアはこの戦いのためにだけ持ち出した、因縁の傀儡を口寄せする。
第二百五十二話 風影の帰還
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第二百五十二話 風影の帰還 我愛羅と共に砂隠れに凱旋するナルト達。しかしサソリから得た情報を報告する為、直ぐに木ノ葉に戻る必要があった。別れを惜しむ一同。一方、森はずれの荒野では“暁”のゼツと手下トビの前に、満身創痍のデイダラが現れる。さらに木ノ葉では謎の少年サイをカカシ班に潜入させようという動きが……!?
第二話 二人の距離
School Days 第二話 二人の距離 言葉と付き合う事になった誠は、言葉を初めてデートに誘うが、言葉は暴走気味の誠に戸惑い気味…。翌日、デートの事を聞いた世界は誠の暴走っぷりにあきれるが、二人の為に持っていた映画のチケットを渡す。
第十二話 スクールデイズ
School Days 第十二話 スクールデイズ 世界から逃げ出すように街を彷徨っていた誠は、クリスマスツリーの下で言葉と再会し、聖夜を共に過ごす。誠の家に向かう二人を偶然目撃した世界は、事実を確かめるかの様に誠の家に押しかけるが…。
第二百三十二話 隠居ババアの決意
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第二百三十二話 隠居ババアの決意 “暁”のアジトを突き止め、直ちに我愛羅奪還に発とうとするカカシ班。里の警備を命じられてしまったテマリに代わって同行の名乗りをあげたのはチヨバアだった。一方、パックンは砂へ向かう途中のガイ班の元に辿り付いていた。パックンの案内のもと直接アジトを目指すガイ班だが、その動きは既に敵の知る所だった……。
第二話 運命の御曹司様!?の巻
無料
御曹司ボーイズ 第二話 運命の御曹司様!?の巻 77人の候補の中から最終選考の10人に残った麦(平祐奈)。だが何者かに背中を押されプールに落ちるハプニングに見舞われる。泳げない麦を救ってくれたのは、意外にも陸(磯村勇斗)だった。まさかのファーストキス……。しかし陸の想定外な態度に、印象は最悪なものに。その放送を見つめる大雅(飯島寛騎)と謎の美女・椿(山下リオ)。彼女の正体は? フリートーク、社交ダンスの選考会を経て、プリンセスは3人に絞られるーー。
第十二話 裏切りのヒーローの巻
無料
御曹司ボーイズ 第十二話 裏切りのヒーローの巻 水族館で大雅(飯島寛騎)からキスを迫られる麦(平祐奈)。カメラに撮られていると気付いた大雅は番組プロデューサーにこの映像は使うなと詰め寄る。こんな企画、庶民に夢を見させただけだという大雅に、麦はショックを受け「もう私辞めたい」とその場を去る。一方、椿(山下リオ)の元を訪れていた陸(磯村勇斗)は、幼少期に陸・大雅・椿を襲った悲劇を思い出していた。翌日、陸はパーティをキャンセルし、麦の実家であるパン屋を訪れるーー。
第二話 のっぺら坊
ゴールデンカムイ 第二話 のっぺら坊 杉元とアシㇼパは埋蔵金の手がかりを求め、北海道一の商業都市である小樽の街へと出向く。あまり有益な情報は得られなかったが、帰り道に後をつけてきた脱獄囚のひとりを罠で捕えることに成功。その男を尋問し、脱獄囚たちは殺し合いの末に散り散りとなり、刺青を彫った男が「のっぺら坊」と呼ばれていたことを聞き出す。そんな中、男が何者かによる遠方からの射撃で殺される事態が発生し、杉元とアシㇼパに緊張が走るッ……!
第十二話 誑かす狐
無料
ゴールデンカムイ 第十二話 誑かす狐 札幌を発った杉元たちは、長沼にあるアシㇼパの親戚の村を訪れる。村には占いが得意なインカㇻマッという女性が滞在しており、彼女のよく当たる占いに村人は浮き足立っていた。杉元たちに会うなり、アシㇼパが父親を探していると言い当てるインカㇻマッ。アシㇼパは驚きながらも、占いなどに惑わされまいと警戒を強める。一方、高い的中率に目を付けた白石はインカㇻマッを競馬場に連れていき、占いで馬券を当てようとする……。
第二話 私を見つけられる?
デート・ア・ライブⅢ 第二話 私を見つけられる? 士道の元に、突如届いた十二枚の写真とメッセージ。 「この中に私がいる。誰が私か、当てられる?」 当てられなければ、士道の周囲から『誰か』が消える——それは七罪(なつみ)からの挑戦状だった。 既に誰かが消され、七罪が入れ替わっているかもしれない。そんな状況の中、士道は十二枚の写真の人物たちとデートすることで真贋を見極めることに。
第十二話 五河士道を攻略せよ
デート・ア・ライブⅢ 第十二話 五河士道を攻略せよ 鳶一折紙の霊力を封印し、世界は平穏を取り戻りした。そして繰り返される来禅高校の日常。しかし、そんな平穏な時間を破ったのは、他でもなく—— 五河士道が体力測定で出した異常な記録。それが破綻をもたらす最初の兆候……やがて、破綻はその姿を明らかにしていき——。変容していく関係、かつてない相手。だが『デートして、デレさせろ』——この合言葉だけは変わらない。
第二話 斬れ、高杉 アイのために!
BAKUMATSU 第二話 斬れ、高杉 アイのために! 巨城スサノオ内にて高杉が対峙したのは、刻(とき)を超え連れてこられたスサノオ・十二将の一人、真田幸村だった。高杉は城深くの工場で、先進的に発達した文明技術の陰で、依然として虐げられる民の姿を見る。さらに無限斎の口から唐突に発せられる、高杉の師・吉田松陰の言葉。激昂した高杉は、無限斎に激闘を挑みかけるが――。一方城外では、それぞれの大切なものを守るために、動き出す志士たちの姿があった――。
第二話 偽りの戦端
Fate/Zero 第二話 偽りの戦端 アインツベルンの森の中で戯れる切嗣と娘のイリヤスフィール。その微笑ましい様子を城から見つめていたセイバーは、召喚された時から、一度も口をきこうとしない切嗣の人柄を理解できずにいた。また、聖杯戦争の舞台となる冬木市では、7人目の英霊が召喚されようとしていた。
第十二話 聖杯の招き
Fate/Zero 第十二話 聖杯の招き 一人冬木市のホテルに潜みながら、各陣営の動向を追い続けていた切嗣。中でも、自分を追っていると思しき綺礼の動機が分からず、切嗣は苛立ちを募らせる。一方、アイリとセイバーは、市内の屋敷に拠点を移していた。日本風の家屋を興味津々で見て回るアイリ。セイバーは、そんなアイリの振る舞いの中にふとした違和感を覚える。
第二十二話 この世全ての悪(アンリマユ)
Fate/Zero 第二十二話 この世全ての悪(アンリマユ) 未だ、アイリスフィールの消息がつかめず、憔悴しきった表情で冬木市を探し回るセイバー。しかし切嗣はセイバーに見向きもしない。一方、戦う意義を得た綺礼は、切嗣を待ち受ける。第四次聖杯戦争の最後の一日が幕を開けようとしている。そんな気配を感じ取ったウェイバーもまた、決意を固める。
第二十二話 新月の夜に
ゴールデンカムイ(第二期) 第二十二話 新月の夜に 網走監獄が近づくにつれ、のっぺら坊が本当に父かもしれないことに不安を募らせるアシ(リ)パ。そんな彼女を勇気づけたのは、小樽から苦楽を共にしてきた杉元の存在だった。ついに網走へと到着した杉元たちは、白石の発案でトンネルを掘って監獄内への侵入を目指す。アイヌの漁師を装って作業を進めること数日、トンネルは土方が指定した地点まで到達。だが、杉元たちが出口から顔を出すと、そこには看守部長の門倉の姿が……。
第十二話 決戦、巨城スサノオ!
BAKUMATSU 第十二話 決戦、巨城スサノオ! 刻の奔流の中で無限斎の正体を目の当たりにした高杉と桂。目指すは決戦の地、巨城スサノオ。いつものごとく高杉を諌める桂と、坂本、慶喜らの姿があった。一方城内では、近藤たち新撰組も各々に動きを見せる。さらに時辰儀からはまるで『意思』を持つかのように、不気味な瘴気が黒く立ち上り始める。そんな中突如スサノオ城に轟音が鳴り響き渡り――。今、激動を生きる志士たちのイキザマを懸けた戦いが、ついに最終局面を迎える!
あいつには渡さない 第二話 背徳のかぶら蒸し
無料
あなたには渡さない あいつには渡さない 第二話 背徳のかぶら蒸し 板長の旬平(萩原聖人)が行方をくらませてから、矢場(青柳翔)は『花ずみ』本店の板場を任されるように。新メニュー作りに励む一方で、たびたび想い人である多衣(水野美紀)のことを考えていた。と、そこへ、多衣が本店を訪問! しかもそこでの会話の流れで今度は矢場が多衣の家を訪れることに!! 矢場は緊張MAX状態で多衣の家へ向かい――。