「ビッグバス 滋賀」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

奥技 #6
無料
奥技 奥技 #6 夏のリザーバー 大雨、のちビッグバス!? 「奥技」第6弾のフィールドは夏のリザーバー。 ロケ前日まで台風による大雨が降り、リザーバーの本流は濁流、激ニゴリ。魚たちの気配を隠してしまった。 そんな状況では、バスはエサを追いかけず身をひそめるのが通説。 しかし奥田はあきらめない。ビッグバスに出会えるパターンはあるのだろうか。
ENLIGHT #5
無料
BITE「ENLIGHT」 ENLIGHT #5 6月後半、スポーニング後のビッグバスを狙い西湖、河口湖へ。光大郎の十八番ともいえる「スピナベサイト」を駆使し、自己最高記録に並ぶ56.5cmを筆頭に50アップを連発する!
奥技 #3
無料
奥技 奥技 #3 早春・北湖 ジグヘッドリグ 奥田学の技が満載「奥技」の第3弾のテーマは、ジグヘッドリグ。 スタンダードなリグなのだが、デカいバスを獲るひとつのメソッドとしてぶれないパワーを持っている。 季節は3月の後半、北湖の水温はまだ一桁。そんな状況の中、琵琶湖のビッグバスを引き釣り出す!
宝の山 2.0 #13
無料
宝の山 2.0 宝の山 2.0 #13 強風の影響で河口湖を断念し、ホームである北浦をフィッシング!!準レギュラーになりつつある、いつもの怪魚も釣れて、そしてビッグバスも!!なんとその大きさは!?
BIG FISH BATTLE 川村光大郎vs関和学in遠賀川(前半)
無料
BIG FISH BATTLE BIG FISH BATTLE 川村光大郎vs関和学in遠賀川(前半) BIG FISH BATTLE第七弾 !決戦の舞台は、福岡県遠賀川。岸からアプローチできる場所が多く超人気のハイプレッシャーフィールドだ。今回の対決は関和学と川村光大郎が激突!前日に大雨が降り、フィールドの状況が激変!お互い陸っぱりを得意とするだけに激戦必至!ビッグバスを仕留めたのはどっちだ!?
BIG FISH BATTLE 川村光大郎vs関和学in遠賀川(後半)
無料
BIG FISH BATTLE BIG FISH BATTLE 川村光大郎vs関和学in遠賀川(後半) BIG FISH BATTLE第七弾 !決戦の舞台は、福岡県遠賀川。岸からアプローチできる場所が多く超人気のハイプレッシャーフィールドだ。前半川村は前日降った大雨の影響を考慮したポイント選定でバスをキャッチするもサイズが伸び悩む状況。一方、関和も夏と秋が入り混じる難しいコンディションに翻弄されていた。午前中に攻めた上流を後にして下流域に行くか決断を迫られる関和。タフコンディションの中、ビッグバスを仕留め勝利を手にしたのは!?
ポイズンアドレナ(スピニング) 267M-2(加藤誠司解説)
無料
ジャッカル×シマノ新製品発表会 ジャパンフィッシングショー2018 ポイズンアドレナ(スピニング) 267M-2(加藤誠司解説) 新生アドレナの中では異色ともいえるロングパワースピン。長さを感じさせない軽快な操作性を備えつつ、ベリーからバットにかけてはしっかりとパワーを持たせることにより、はるか遠くに着水したルアーにもキレのあるアクションを与え、ビッグバスの硬い口にも確実にフッキングさせることが可能。オカッパリ、ボートを問わず、アン グラーを新たなテクニックの世界へ導きます。PEラインでもトラブルの少ないオールKガイド仕様です。
「MAGSLOWL」超炸裂!野池のビッグバスハンティング!!
無料
Megabass channel 「MAGSLOWL」超炸裂!野池のビッグバスハンティング!! 頭は振らず、細く(薄く)シェイプされたテールだけを左右に振って泳ぎ、極めてナチュラルに魚にアプローチします。スローリトリーブでもしっかりと振るテールアクションは、マグドラフトと使い分けることで、アングラーの戦略に大きな幅を持たせてくれることでしょう。
滋賀で交通事故相次ぎ4人死亡 路面凍結が原因か
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 滋賀で交通事故相次ぎ4人死亡 路面凍結が原因か  6日夜、滋賀県で路面凍結によるとみられる交通事故が約2時間の間に4件相次ぎ、合わせて4人が死亡しました。  午後7時前、大津市和邇中の国道161号で会社員の松下凌也さん(20)が運転する車が凍結した道路でスリップして停車。その後、後ろから来たトラックに衝突され、松下さんは死亡しました。さらに、午後9時ごろには滋賀県多賀町の交差点でスリップした26歳の女性の車に救護のために駆け寄った辻田四郎行さん(72)が、後ろから来た車にはねられて死亡しました。26歳の女性も道路に倒れていて、意識不明となっています。そのほか、大津市や滋賀県近江八幡市でも路面凍結による事故が2件あり、2人が死亡しました。気象台によりますと、6日の大津市は午後7時に気温0度を観測し、この冬一番の冷え込みとなっていました。
求刑放棄…無罪確定へ 滋賀・患者殺害やり直し裁判
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 求刑放棄…無罪確定へ 滋賀・患者殺害やり直し裁判  17年前に滋賀県の病院で患者を殺害したとして殺人の罪で服役した元看護助手のやり直しの裁判で、検察は求刑を放棄して結審しました。元看護助手の無罪が確定する見通しです。  西山美香さん(40)は2003年5月、看護助手として勤めていた滋賀県東近江市の湖東記念病院で男性患者の人工呼吸器を外して殺害したとする罪が確定し、12年間服役。しかし、出所後に大阪高裁が「自然死の疑いが残っている」として裁判のやり直しを認めていました。10日はやり直しの裁判の2日目で、検察側は「すでに取り調べ済みの証拠に基づき、適切な判断を求める」と述べるにとどめ、有罪や無罪の求刑はしませんでした。一方、弁護側は「男性は自然死で、警察は犯罪性のない出来事を事件に仕立て上げた」と改めて無罪を主張しました。  西山美香さん:「曖昧(あいまい)な、有罪か無罪かはっきりしない(論告だった)。(裁判所に)どのような内容の判決説明をして頂けるのか」  判決は来月31日に言い渡されます。