「フィギュア」の検索結果

今すぐ視聴する

第二話 『地球ロボット・オズマ』
超可動ガール1/6 第二話 『地球ロボット・オズマ』 ノーナに続き、アニメのなかで彼女のサポート役だった オズマのフィギュアまでもが動き出してしまう。いった い、なぜ……!? そんななか、自分がフィギュアである と知ってしまったノーナは――。
第三話 『今日知ったことは明日覆る』『ふたりのクリスマス』
超可動ガール1/6 第三話 『今日知ったことは明日覆る』『ふたりのクリスマス』 動くフィギュアの存在あっさりと受け入れたかに見えた、 春人の妹・ミコト。しかし、彼女は謎を解くためにノー ナに迫るのだった。一方、春人は昔からのオタク友達で ある冠成次郎とオタク談義に花を咲かせるが――。
第四話 『勇者ベルノア』
超可動ガール1/6 第四話 『勇者ベルノア』 春人とノーナの前に現れた第二の動くフィギュア・ベル ノア。RPG『ドラグリウスサーガ』の主人公であり戦 闘マニアの彼女は、いくら説明しても現実を受け入れら れない。さらにはノーナの隠された力までが発動し――。
第五話 『ドラグリウスサーガ』
超可動ガール1/6 第五話 『ドラグリウスサーガ』 新たな動くフィギュア・クサビの不思議な力で『ドラグ リウスサーガ』の世界に入り込んでしまった春人。勇者 であるベルノアと共に竜魔王を倒すための旅に出るが、 彼女は深い悩みを抱えていたのだった――。
第七話
無料
超可動ガール1/6 第七話 【最新話】「超可動ガール1/6」毎週月曜日25時00分に最新話を放送!【Abemaビデオで最新話無料】
第六話 『ラブしても ラブしても』
超可動ガール1/6 第六話 『ラブしても ラブしても』 『ドラグリウスサーガ』の世界から、なんとか帰還した 春人たち。しかし、その冒険のなかでベルノアは春人に 好意を抱いてしまっていた。正妻を自称するノーナとベ ルノア、ふたりの愛を賭けた戦いが始まる……!
第一話 『君は超可動ガール』
無料
超可動ガール1/6 第一話 『君は超可動ガール』 在宅プログラマーの房伊田春人は自他共に認める“どマ ニア”。なかでもアニメ『少女→惑星探査』の大ファン だった。そんな彼が買ってきた1/6スケールのフィギュ ア・ノーナが、生きているかのように動き出して――。
ザギトワ選手が無免許運転?インスタ投稿で発覚か
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ザギトワ選手が無免許運転?インスタ投稿で発覚か  現役の金メダリストにまさかの疑惑だ。女子フィギュアのザギトワ選手(17)が無免許運転をし、罰金を科される見通しだと地元メディアが報じた。  フィギュアスケートで去年の平昌(ピョンチャン)オリンピック金メダリスト、ロシアのザギトワ選手にある疑いが発覚した。ロシアの地元メディアによると、ザギトワ選手は先月末、シーズンやアイスショーを終えて父親の誕生日を祝うためウドムルト共和国のイジェフスクに帰郷。その田舎道で無免許のまま自動車を運転した疑いが持たれているのだ。  なぜ、無免許運転が発覚したのか。ザギトワ選手は1日に自身のインスタグラムで音楽をかけながら車を運転する動画を投稿したという。地元メディアは、この動画とみられる映像を使って報じている。ロシアでは運転免許は18歳からの取得で、投稿時のザギトワ選手は16歳だった。また、免許がなくても教官が同乗するなど教習のための特別な車であれば許可されるが、そうではなかったと警察は判断したとみられる。容疑が確定すれば、罰金額は日本円にして約8500円から2万5500円になる。
世界で人気“不機嫌ネコ”死ぬ CMや映画にも出演
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 世界で人気“不機嫌ネコ”死ぬ CMや映画にも出演  「不機嫌な顔」で人気だった雌のネコ「グランピー・キャット」が死にました。7歳でした。  2012年に飼い主がインターネットに写真を投稿したところ、一躍有名になり、CMや映画への出演のほか、ブロードウェイミュージカル「キャッツ」の舞台にも登場。また、蝋(ろう)人形館で有名な「マダム・タッソー」にもフィギュアが展示され、オバマ前大統領がその顔をまねしたこともありました。しかし、14日に尿路感染症による合併症で死んだことを飼い主が明らかにしました。ネット上にはファンから多くの追悼メッセージが寄せられています。
ダンテのフェイスマスク
アンティーク・ハンター ダンテのフェイスマスク まずは自転車の博物館を訪ねるドリュー。そこには「ボーンシェーカー」と呼ばれる初期の自転車など世界的に見ても珍しい品が所蔵されている。ここではチャペルチェアやコルクのヘルメット、消防車のライトなどを購入。その後、彼は右腕のティーと共にエディンバラの骨董品店に向かう。所狭しといいものが並ぶ店で、卓上ライトやのど飴の缶、ダンテのフェイスマスクなどを入手。そして最後に訪ねたのはブリストルにある築750年の家。北極探検のフィギュアのセットやおもちゃの車などを見つけて興奮するのだった。