「ブラジル バラエティ」の検索結果

「ブラジル バラエティ」に関する情報は見つかりませんでした。
「ブラジル」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

#31 ブラジルからラジオセルフィー!後編!!
無料
福山雅治と荘口彰久の「地底人ラジオ」 #31 ブラジルからラジオセルフィー!後編!! 【福山雅治と荘口彰久の「地底人ラジオ」 毎週日曜日 22:00 〜 23:30 放送!】 今週の「福山雅治と荘口彰久の『地底人ラジオ』」は...、 波乱のブラジルからのラジオセルフィー後半戦!更にディープなブラジル文化に触れる学長一行!! 先週に引き続き、リスナーの皆様からいただいている「今週の福山さんに聞いてみた」コーナーも! 今週も内容おてんこ盛りでお届けいたします! 番組メールアドレス chiteijin@shiburadi.com
リオデジャネイロ
世界の美味しい旅 リオデジャネイロ 今回の舞台はブラジルのリオデジャネイロ。アーロンは3人のトップシェフを訪ね、それぞれの料理を味わう。マグロの炭火焼きや、くり抜いたカボチャの中にエビを入れた料理、流行のフェジョアーダなどを堪能する。地元の伝統料理に触れたら、いよいよ料理バトルだ。カーニバルやボサ・ノバで知られるブラジルの地で、イギリス人シェフのアーロンは一体どこまで戦えるのだろうか。
ブラジル・パラティ
世界の美味しい旅 ブラジル・パラティ リオデジャネイロから200キロほど離れた所に位置するパラティは、まるで楽園のよう。美しい浜辺が広がっている。しかしアーロンはのんびりしていられない。シーフード料理で地元のシェフと対戦するのだ。まずは、いつものようにシェフを訪ね、料理を食べることに。地元シェフが愛する魚とバナナの料理とは一体どんなものなのだろうか。
第9話 僕が爆丸で爆丸が僕で/ブラジルから来た少年
爆丸アーマードアライアンス 第9話 僕が爆丸で爆丸が僕で/ブラジルから来た少年 【僕が爆丸で爆丸が僕で】 自作のレーダーをつかって新しい爆丸のバトリクスを見つけたウィントン。しかしふとした事がきっかけで、そのバトリクスとウィントンの体が入れ替わってしまう! 【ブラジルから来た少年】 ペペというサッカーの有名な選手から爆丸バトルの挑戦を受けたシュンは、新しい爆丸のランパリアンでバトルに挑む!!
K-1 OUTSTANDING #23
K-1 OUTSTANDING K-1 OUTSTANDING #23 8・24 K-1大阪大会「日本vs世界・5対5」。日本の2連続KO勝ちで迎えた後半戦では、ブラジル代表の木村“フィリップ”ミノルが登場。元プロボクサーの大泉翔とのパンチ対決に挑む。そして、野杁正明はスイス国内でタイトルを獲得しているサミ・ラミリ。林健太はトルコの19歳の新鋭デニス・デミルカプと激突。
新K-1伝説 #51
新K-1伝説 新K-1伝説 #51 9月19日「K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN ~スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント~」より、一回戦の模様をお届けします。初代スーパー・フェザー級王者・卜部功也は、過去に敗北しているカリム・ベノーイとの再戦。“孤高の空手家”小宮山工介は、“ブラジルのピットブル”パウロ・テバウと対戦。
新K-1伝説 #4
新K-1伝説 新K-1伝説 #4 2014年11月3日に旗揚げした新生K-1。第4回目の放送は、格闘技界で今最も熱い-65kg世界トーナメントの模様をお届けします! 魔裟斗が認めた天才HIROYA、"魔裟斗の遺伝子を継ぐ男"左右田泰臣、そしてブラジル代表・木村"フィリップ"ミノルなど個性豊かなファイターが集結! 果たしてその頂点に輝いたのは!?
新K-1伝説 #5
新K-1伝説 新K-1伝説 #5 木村“フィリップ”ミノル(ブラジル/Fighting Kairos/マイウェイジム)特集。スーパーファイト/K-1 -65kg Fight/3分3R・延長1R ゲーオ・フェアテックス vs 木村“フィリップ”ミノル。スーパーファイト/K-1 -65kg Fight/3分3R・延長1R HIROYA vs 木村“フィリップ”ミノル など。
豊かさのニューノーマル=新しいあたりまえ
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 豊かさのニューノーマル=新しいあたりまえ 今回のテーマは「豊かさのニューノーマル」。ニューノーマルとは、以前は考えられなかったようなことが、定着して”あたりまえ”になること。成長著しいアフリカでは、電線もない地域に、いきなり太陽光発電システムが届き、支払いはスマホでモバイル決済。私たちの想像をはるかに超えた“一足飛び”の発展をつたえます。北欧フィンランドでは、「無条件で国からお金がもらえる」という「ベーシックインカム」の社会実験を取材。先進国の未来の働き方を考えます。さらに、人気急上昇中の「ブラジルのトランプ」に単独インタビュー。政治の世界の「ニューノーマル」現象とは?
疲れる土
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 疲れる土 私たちの足元にいつもある「土」。しかし決して当たり前にあるものと思ってはいけない。土は長い年月をかけてできた自然の恵みの集大成とでもいうべきもの。私たちが一方的に使うだけならいつかは失われてしまう。森や水、石油や鉱物と同じように...。その「土」が疲れている。劣化し悲鳴をあげている土に対して、人間は何ができるのだろう?イスラエルでは、“点滴”を施すことで砂漠土での作物栽培を可能に。ブラジルは、不毛だったはずの赤い土を造り替え、一大農業国にのし上がった。エジプト、ウクライナ、そして日本。各国の「土」事情をチームGLOBEが取材。私たちは「土」とどう向き合うべきなのかを考える。
米国務省 国外への渡航を地域別に判断へ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米国務省 国外への渡航を地域別に判断へ  アメリカの国務省は新型コロナウイルスの感染防止のため海外への渡航を一律で中止するよう勧告していましたが、これを解除することを発表しました。  国務省は3月からアメリカ国民に対して海外への渡航警戒レベルを4段階で最も高い「渡航してはならない」に引き上げていましたが、これを解除し、今後はこれまで通り国や地域別にそれぞれのレベルを適用することを発表しました。世界での感染状況が国や地域によって異なるため、個別の対応が必要だと判断したとみられます。日本と韓国についてはレベル3の「再検討を求める」という勧告になり、1段階緩和されました。ロシアや中国、ブラジルについては引き続き渡航の中止が求められています。
#30 ブラジルからラジオセルフィー!前編!!
無料
福山雅治と荘口彰久の「地底人ラジオ」 #30 ブラジルからラジオセルフィー!前編!! 【福山雅治と荘口彰久の「地底人ラジオ」 毎週日曜日 22:00 〜 23:30 放送!】 今週の「福山雅治と荘口彰久の『地底人ラジオ』」は...、 日本を遥か遠く離れた”ある国”から、旅感溢れる放送をお届けいたします! リスナーの皆様からいただいている「今週の福山さんに聞いてみた」コーナーや、 現地に生息すると言われている、未確認生物UMAの謎に迫る!!? 今週も内容おてんこ盛りでお届けいたします! 番組メールアドレス chiteijin@shiburadi.com
「Build Back Better」よりよい明日はどこに
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 「Build Back Better」よりよい明日はどこに コロナが変えた世界から様々な問題が見えてきた。立て直すのは簡単じゃない、でも今考えてみたい。よりよい明日をどう描くかをー。ブラジルのスラム街・ファベーラでは「路地の大統領」が動きだした。アメリカ・ロサンゼルスでは我々がかつて目にしたことのない「美しい空」が市民の心を揺さぶる。そして日本では“非接触”な新しいテクノロジーの数々が生まれている。「格差の拡大」「環境破壊」...人類が直面する難問。新型コロナウイルスによって、私たちは大きな打撃を受けたが、一方で立ち止まる機会を得たのかもしれない。踊り場にいる私たちは、どこに向かって進むべきなのか。取材を通し、“未来への岐路”で何をなすべきかを考える。
第6話 潜入捜査
S.W.A.T.(吹替) 第6話 潜入捜査 ジムはロングビーチ署時代にやっていた潜入捜査が再開されたために、高級車ばかりを狙う窃盗団に「クーパー」という偽名で潜り込む。そして窃盗団の取引相手がユルゲン・リクターであることを知る。リクターはあらゆる捜査機関にマークされながらも逮捕を免れてきた伝説の盗難車ディーラーで、ブラジルの心霊術など怪しげなカルトを信奉する男だった。
第6話 潜入捜査
S.W.A.T.(字幕) 第6話 潜入捜査 ジムはロングビーチ署時代にやっていた潜入捜査が再開されたために、高級車ばかりを狙う窃盗団に「クーパー」という偽名で潜り込む。そして窃盗団の取引相手がユルゲン・リクターであることを知る。リクターはあらゆる捜査機関にマークされながらも逮捕を免れてきた伝説の盗難車ディーラーで、ブラジルの心霊術など怪しげなカルトを信奉する男だった。
インド洋で貨物船が座礁 燃料の油が周辺に大量流出
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 インド洋で貨物船が座礁 燃料の油が周辺に大量流出  海運会社「商船三井」が運航する貨物船がインド洋のモーリシャス沖で座礁し、その後、燃料の油が周辺の海に大量に流れ出ていることが分かりました。  商船三井によりますと、中国からシンガポールを経由してブラジル方面に向かっていた貨物船「WAKASHIO」が先月26日にインド洋のモーリシャス沖で座礁しました。乗組員20人は救助されましたが、船は損傷し、対応を進めるなかで今月6日、積んでいた燃料の重油が海に流出しているのが確認されたということです。流れ出た油は周辺のサンゴ礁などにも影響を及ぼす恐れがあり、AP通信によりますと、モーリシャス政府は7日に「環境緊急事態」を宣言しました。フランス政府に事態の収拾に向けた支援を求めているということです。貨物船を運航する商船三井は現地への職員派遣などを通して関係者と協力し、早期の事態解決に向けて全力で取り組むとしています。
Ep.1 待ちわびたビザ
90Day フィアンセ Ep.1 待ちわびたビザ 90日以内に結婚するか否かの決断を迫られた4組の国際カップルを追う。ブラジル人のキーリャムと婚約中のアランは、彼女を喜ばせるためハリウッドに連れていく。マイクはロシア人の恋人、アジザを入国させるため資金を工面する。バツイチ子持ちのルイスはフィリピン人のアヤに夢中。コロンビア出身の陽気なパオラは婚約者のラスが暮らすオクラホマにやってくるが、保守的な土地柄になじめるか不安を感じる。
Ep.1 リオからの出発
無一文!南米トラベル Ep.1 リオからの出発 ロブとジェームズはブラジルのリオデジャネイロにやってきた。もちろんお金は持っていない。ここからアルゼンチンに向かう予定だ。野宿をしたり、小屋やトイレで寝たりする。バス代を稼ぐために働くことも。そんな彼らは知らないうちに危険なバイク集団のテリトリーに侵入してしまった。
行き過ぎた動物愛
倒錯の心理 行き過ぎた動物愛 人間は食物連鎖の頂点にいると考えがちだが、動物と人間の区別をつけない人々もいる。ニュージーランドには犬に車の運転をさせる男性。イギリスには農場で豚やポニーになりきる人々。そしてブラジルには"娘"である犬に結婚式を挙げさせる女性まで。動物を愛することは素晴らしいが、彼らの行動は禁断とされるべきなのか?
新K-1伝説 #10
新K-1伝説 新K-1伝説 #10 第10回放送は、11月21日、史上初の3大タイトルマッチを開催した「K-1 WORLD GP 2015 ~THE CHAMPIONSHIP~」国立代々木競技場第二体育館大会から、【K-1 WORLD GP -65kgタイトルマッチ】ゲーオ・ウィラサクレック(王者/タイ/ウィラサクレック・フェアテックスジム)vs木村“フィリップ”ミノル(挑戦者/ブラジル/Fighting Kairos/マイウェイジム)の一戦を放送します。1月に行ったスーパーファイトでは木村が判定でゲーオを下し、大金星を挙げました。タイトルマッチという舞台でも木村が勢いそのままにベルト奪取なるか。王者ゲーオが本来の実力発揮でリベンジを果たし王座防衛となるか-。また、11月14日「Krush.60」後楽園ホール大会で行った【Krush -65kgタイトルマッチ】王者・NOMAN(DTS GYM)vs挑戦者・山崎秀晃(K-1ジム・チームドラゴン)の試合映像も公開します!
メキシコシティ
世界の美味しい旅 メキシコシティ あまり地元から離れたことのないアーロンが今回やって来たのは2000万人以上が暮らすメキシコシティ。まずは紫トウモロコシのケサディージャを食べたり、メキシコの“キャビア”を味見して伝統料理を学ぶ。地元のトップシェフたちと出会い、伝統的な家庭の朝食を楽しんだ後は、いよいよ料理バトルだ。果たしてアーロンは、メキシコ料理で地元の人々をうならせることができるのだろうか。
メキシコ・プエブラ
世界の美味しい旅 メキシコ・プエブラ アーロンはメキシコの町プエブラに来ていた。メキシコを代表する料理が生まれた町だ。イギリスから出たことのなかった彼にとってプエブラの味は斬新だった。しかし、旅行とはいえ、のんびりはしていられない。わずかな滞在期間で郷土料理を学ぶだけでなく、地元のシェフと対戦できるほどの腕を身につけねばならないのだ。とても無茶な挑戦に見えるが、果たして審査員が下した判定は?
クアラルンプール
世界の美味しい旅 クアラルンプール 今回の舞台はマレーシアの首都、クアラルンプール。わずか数日の滞在期間でマレーシア料理を学び、トップシェフの隠し味が何かを探るのは容易ではない。アーロンは有名な郷土料理ルンダンや人気の屋台料理ポピアなどを試食して対戦メニューを決める。地元のフードライターを審査員に迎え、バトルは街の熱気以上に熱くなる。アーロンはこの戦いを制することができるのだろうか。
シドニー
世界の美味しい旅 シドニー 地元のトップシェフが作る料理を求め、アーロンがオーストラリアのシドニーにやって来た。韓国料理から着想を得た屋台料理や、非の打ちどころのないミートパイ、ちょっと変わった鹿肉料理を食べ、どんな料理で戦うかを決める。今回、料理バトルの審査員をするのは地元の美食家たちだ。アーロンはオーストラリア料理をマスターし、美食家たちをうならせることができるだろうか。果たして勝負の行方は?
ペナン島
世界の美味しい旅 ペナン島 アーロンはマレーシアのペナン島に足を伸ばしていた。まずはトップシェフたちが作ったシャコ料理やイカ料理、カリー・カピタンを食べ、地元の料理について学ぶ。しかし料理には自信のあるアーロンでも、ペナン島の郷土料理は難しく、期間内でマスターできないのではと不安を抱く。果たして地元の人々は彼の料理にどんな評価を下すのだろうか。
豪州・ダーウィン
世界の美味しい旅 豪州・ダーウィン イギリス人のシェフ、アーロンが料理の幅を広げるため冒険の旅に出る。今回、彼はオーストラリア大陸の北に位置する都市ダーウィンに来ていた。カンガルーやバラマンディなどの食材を使った料理や、町で人気のハンバーガーを試食して料理バトルのメニューを決める。どの料理を選んでも彼に勝ち目はなさそうなのだが...。審査員としてバトルに参加した地元の人は一体どんな評価を下すのだろうか。
第36話 クラウスは倉臼と書いて日本人
無料
ハヤテのごとく! 第36話 クラウスは倉臼と書いて日本人 なにやらブラジルでタマと一緒に過ごす夢によってうなされ、夜中に目が覚めたクラウス。夢のことをナギに話すと、夢は潜在的な欲望の具現化ということで、ナギはクラウスに引退をしてもいいと伝える。だが、クラウスは、自分が引退したら三千院家はダメになるのではないかと心配するが、ナギはまったく心配していないと言う。面と向かって、心配ないと言われかなり落ち込むクラウス。そんな様子を心配したマリアは、クラウスに引退しないように説得するのだった。
「誕生パーティーでWi-Fiに…」モーリシャス座礁
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「誕生パーティーでWi-Fiに…」モーリシャス座礁  座礁の原因なのでしょうか。モーリシャス沖で重油が流出した事故の直前に、乗組員らが誕生日パーティーを開き、Wi-Fiに接続するため島に近付いたと証言していることを現地メディアが報じています。  青い海に漂う、魚の死骸。そのすぐ先には、貨物船が座礁しています。商船三井が運行する「わかしお」。流れ出た重油の回収が続くなか、地元メディアは驚くべき情報を報じました。  「Wi-Fiに接続するため、島に接近」。これは、乗組員3人が捜査当局に話したもの。記事によれば、座礁直前となる先月25日夜、船員は「乗組員の誕生日」を祝っていたといいます。さらに、Wi-Fiに接続するため船で陸に近付いたというのです。  情報端末をインターネットなどに接続するWi-Fi。専門家によれば、規格は世界で統一されています。  ITジャーナリスト・井上トシユキ氏:「よほど条件が良いと200から300メートルは(電波が)いくんですけど、洋上で乗組員の人々がプライベートでネット(Wi-Fi)を使うのは、かなり難しい」  中国からブラジル方向に向かっていた、わかしお。モーリシャスでは陸から20キロ以上離れて進むはずでしたが、実際は2キロ弱の地点で座礁しました。その原因は、Wi-Fiなのか。  ただ、複数の「海運会社」によれば、船には一般的に「衛星」を使った「インターネットのシステム」が載せられています。「船員も使える」ケースがほとんどだといいます。  気になる情報も。経済誌の「フォーブス」によれば、船は座礁前、「陸地…
10.13ONE日本大会も振り返る! ONE Championship「ONE: DAWN OF VALOR」2019.10.25 後編
ONE Championship 2019 10.13ONE日本大会も振り返る! ONE Championship「ONE: DAWN OF VALOR」2019.10.25 後編 2019年10月25日にインドネシア・ジャカルタで開催された「ONE Championship ジャカルタ大会」出場選手の試合をAbemaTVで公開!!大盛況&興奮!10.13ONE日本大会も振り返る!世界最高峰の総合格闘技「ONE Championship」から目が離せない!! <メインカード> ▼ONE WELTERWEIGHT WORLD CHAMPIONSHIP ゼバスティアン・カデスタム(スウェーデン) vs キャムラン・アバゾフ(キルギス) ▼LIGHTWEIGHT KICKBOXING レギン・アーセル(オランダ) vs ニキー・ホルツケン(オランダ) ▼ATOMWEIGHT プリシラ・ヘルタティ・ルンバン・ガオール(インドネシア) vs ボズヒナ・アントニア(ミャンマー) ▼STRAWWEIGHT KICKBOXING フェデリコ・ローマ(アルゼンチン) vs ワン・ジュングァン(中国) ▼BANTAMWEIGHT ジョン・リネカー(ブラジル) Vs ムイン・ガフロフ(タジキスタン) ▼FLYWEIGHT エコ・ロニ・サプトラ(インドネシア) vs カジ・エビン(フィリピン)