「ブロマンス 小説」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

1部 現世に召喚
無料
トッケビ~君がくれた愛しい日々~ 召喚スペシャル 1部 現世に召喚 死神(イ・ドンウク)とサニー(ユ・インナ)がナビゲート! 制作発表会から撮影の裏側まで、物語の名シーンを交えながらお届けします。トッケビ✕ウンタク、死神✕サニ-カップル、そして、トッケビ✕死神のブロマンスなど、仲睦まじいメイキングも!
【PR】オススメ番組「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」
無料
トッケビ~君がくれた愛しい日々~ 【PR】オススメ番組「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」 【韓流ドラマの最高傑作】 キミを見つけた。恋を知った。 究極のオトナ男子と天真爛漫なヒロインのピュアすぎる恋の行方は...!? 最上級のトキメキに包まれる、胸キュン♡ファンタジー・ラブロマンス。
【BTS (防弾少年団) ジョングク&SHINHWA ミヌ】
「イケメンブロマンス」 【BTS (防弾少年団) ジョングク&SHINHWA ミヌ】 防弾少年団のマンネ、ジョングクと最長寿グループ、SHINHWAのイ・ミヌ。 番組初の年の差ブロマンス!大先輩と芸能界マンネが一緒にクライミングに挑戦 したり、美味しい焼肉を食べに行ったりと。微笑ましいシーンや胸が温かくなる シーンが満載!
【VIXXエン&イ・ウォングン】
「イケメンブロマンス」 【VIXXエン&イ・ウォングン】 今回、ブロマンスの2人の向かったのは、花市場。大好きな花の香りに包まれ て常に上機嫌。たくさんの花の前に、意外なリアクションをとる花美男(イケメン) 2人。また、カフェやドライブをしながらお互いの第一印象などを語るが、、、 エンにとってイ・ウォングンの第一印象は最低だった!?!?その訳とは?
2部 天界に召喚
トッケビ~君がくれた愛しい日々~ 召喚スペシャル 2部 天界に召喚 死神(イ・ドンウク)とサニー(ユ・インナ)がナビゲートする、「トッケビ(原題)」の裏側すべて見せます!「トッケビ召喚スペシャル PART2」。キャストの素顔が詰まったNGシーン、コン・ユ✕イ・ドンウク✕ユク・ソンジェ仲良し3人組の笑いが絶えないアドリブも満載! 話題を集めたCGや特殊メイクの秘密も大公開!
第7話 初恋
トッケビ~君がくれた愛しい日々~ 第7話 初恋 全国一斉の大学修学能力試験を終えたウンタクが帰宅すると、シンと死神とドクファがケーキで出迎えてくれた。これに感激したウンタクは、「トッケビさんと映画を観に行きたい」と願い事をし、2人で映画館に行くことに。楽しいデートになるはずだったが、シンの失態で台なしに。後日、ウンタクは推薦入試を受けに行った大学で、偶然にも初恋の相手テヒと再会する。2人が楽しそうに話す姿を目撃したシンは嫉妬し、テヒのもとに乗り込むが...。
第8話 花嫁の証明
トッケビ~君がくれた愛しい日々~ 第8話 花嫁の証明 ついにウンタクが剣の柄をつかむが、トッケビは痛みと恐怖からウンタクを突き飛ばしてしまう。驚いて気を失いながらも「トッケビの花嫁だと証明できてよかった」と笑うウンタクに、シンは複雑な表情を浮かべる。一方、シンが大破させた車の映像を見たドクファは、財閥と死神の力を最大限に使って事態を収拾する。剣が動いたことにショックを受けるシンと、古い掛け軸の絵を見て涙を流した死神だが、いつものように言い争う気力はなく...。
第9話 行方不明
トッケビ~君がくれた愛しい日々~ 第9話 行方不明 死神から剣の秘密を聞いたウンタクは、シンの前から姿を消すことを決意し家出する。シンは心当たりのある場所を捜し回るが、ウンタクを見つけることができず、最終手段として死神に“処理漏れ”の申請を出すよう頼む。そして申請を出した途端にウンタクの名簿が届き、シンはウンタクを救出しに向かうのだった。一方の死神は、サニーの記憶を消した罪悪感から彼女に連絡ができず、帽子で姿を消してサニーに会いに行くのだが...。
第10話 掛け軸の女性
トッケビ~君がくれた愛しい日々~ 第10話 掛け軸の女性 サニーの記憶を消したことを忘れ、うっかり彼女の本名を口走ってしまった死神。なぜ自分の本名を知っているのか、正体は何なのかとサニーは死神に詰め寄り、はぐらかそうとした彼の手をつかむ。手が触れ合ってしまったことでサニーの前世を見た死神は、彼女の前世の顔が掛け軸に描かれていたシンの妹と同じであることに驚き、失われた自分の記憶とサニーの前世、シンとの間には何か因縁があるのかもしれないと思い悩む。
第2話 「恋人号泣!始まったグッドバイ」
グッド・バイ 第2話 「恋人号泣!始まったグッドバイ」 既婚者なのに複数の彼女がいるダメ男の田島毛(大野拓朗)に、「彼女たちとグッドバイしたら?」と思わずアドバイスをしてしまった別所(夏帆)。すっかりその気になった田島毛は、太宰治の小説「グッド・バイ」に登場する妻役を演じる女性の役を、別所にお願いしたいという。結婚指輪まで用意してきた田島毛に引きずられるように、別所は妻のフリをして、しぶしぶ彼女に会いに行く。最初に別れを切り出す恋人は、小説と同じく美容師のりりこ(佐津川愛美)にしたという田島毛。りりこが働く美容院に着くと、田島毛は別所を女房だと紹介してさっさと出て行ってしまう。後に残された別所は「いつも主人がお世話になっております」と声を絞りだすのだが...。