「プロ野球 延長」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

第12話 「コドクなグルメ」
グラゼニ 第12話 「コドクなグルメ」 夏之介が密かに憧れている女性がいる。定食屋のバイトのユキちゃんだ。彼女考案の唐揚げチャーハンが大好きな夏之介は時々店に食べに行く。だが彼女は夏之介がプロ野球選手であることを知らないうえになんと大阪テンプターズの大ファン。その彼女が店の常連客たちとテンプターズの試合を見に神宮球場へ来た。ブルペンの夏之介は気になって仕方がない。そして上位打線を迎えたところでマウンドに夏之介が立った——。
第23話 「契約更改・前編」
グラゼニ 第23話 「契約更改・前編」 プロ野球界は契約更改の真っただ中。渋谷章と大野雪雄は好条件で一発更改した。次は夏之介の番である。契約更改の前夜、夏之介は景気付けに憧れのユキちゃんのバイト先、定食屋「キッチン味平」に行く。客たちに顔バレしたことがきっかけで、やっとユキちゃんに夏之介は認識された。契約交渉でも頑張ろうとあらためて決意する夏之介。だが張り切って交渉に臨んだ夏之介に提示された球団の査定は、予想以上に厳しいものだった。
第1話 「僕の職場」/「谷間」
無料
グラゼニ 第1話 「僕の職場」/「谷間」 凡田夏之介はプロ野球・神宮スパイダースの左の中継ぎ投手だ。入団8年目の26歳。年俸1800万。毎試合、打者の年俸をチェックし、肩を作って出番に備える。今日の対戦相手は大阪テンプターズの代打の代打、右打者の土井。2人の子供を抱えて社会人野球から26歳で入団した4年目の選手で年俸は700万。今日打たなければ2軍降格。来年の契約も危うくなる。だが夏之介は全力で立ち向かう。明日は我が身だからだ。
プロ野球で400勝 金田正一さん死去 86歳
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 プロ野球で400勝 金田正一さん死去 86歳  プロ野球で通算400勝を挙げた金田正一さんが東京都内の病院で亡くなったことを読売巨人軍が発表しました。86歳でした。以下が巨人軍の発表です。  元国鉄、巨人軍投手でロッテの監督も務めた金田さんが6日午前4時38分、急性胆管炎による敗血症のため、東京都内の病院で亡くなりました。86歳。通夜・告別式は近親者のみで行われます。喪主は長男・賢一さん。後日、「お別れの会」を行う予定とのことです。愛知県出身。享栄商高を中退して1950年に国鉄・現ヤクルトに入団。65年に巨人軍に移籍して5年間プレーし、前人未到の400勝を達成した69年限りで引退しました。背番号「34」は巨人軍の永久欠番になっています。以上、読売巨人軍広報部。
第15話 「首位浮上」
グラゼニ 第15話 「首位浮上」 樹六破は試合前の練習でホームラン性の当たりを連発するが、試合ではまったく打てない。肝心の勝負どころでボール球に手を出してチャンスを潰し、守備でも足を引っ張って、夏之介が負け投手になってしまう。翌日、大差の負け試合でやっとプロ入り初ヒットを打って樹は大喜びしたが、監督はチャンスに弱い樹の2軍落ちを決意。夏之介は樹を叱咤し、「もっとプロ意識を持て」とカツを入れる。
第24話 「契約更改・後編」
グラゼニ 第24話 「契約更改・後編」 球団の査定と夏之介の希望額の差は、わずが100万。されど100万。100万のために夏之介は必死にアピールして粘る。だが球団は絶対に認めようとしない。激しいやりとりの末、とうとう険悪なムードに……。ところが、最悪な状況から脱却する方法を思案する夏之介に、とある情報がもたらされる。それはビッグスター同士の芸能ゴシップ。夏之介はそれ見て、あることを閃いた。
第2話 「習性」/「友達(ダチ)」
グラゼニ 第2話 「習性」/「友達(ダチ)」 中継ぎ投手の凡田夏之介はコーチから「悲しき習性」を指摘される。夏之介は自分の年俸1800万より下の選手には滅法強いが、上の選手にはやたら打たれる。5000万以上の選手はそこそこ抑えるのだが。案の定、今日も年俸が上の選手に打たれた。翌日、夏之介は年俸が同じ打者と初めて対戦した。同じ年俸ならどうなる? 投手と打者の勝負には引き分けはない。夏之介にとって一番負けたくない相手だった。
第3話 「県人会」
グラゼニ 第3話 「県人会」 神宮スパイダースに山梨県人会なるものがある。リーダーはOBで解説者の徳永。彼は成績不振の若手外野手の大野と凡田夏之介に同郷の先輩としてカツを入れた。大野には年間30本塁打のペースに乗せるため今から4試合で本塁打を4本打てと、夏之介には防御率を2点台まで下げろと、厳しいノルマを課した。これはプロで生き残るために必要な数字なのだと。2人はノルマ達成を目指して試合に臨んだ。
第4話 「引退へのレール」/「プロになれなかった男」
グラゼニ 第4話 「引退へのレール」/「プロになれなかった男」 凡田夏之介の今日の相手は瀬戸内カーナビーツの41歳のスーパースター、年俸4億の土手来。去年、夏之介がデッドボールを当てて手首を骨折させた選手だ。最近やっと復帰したが24打席ノーヒット。今日打たなければ球団は土手来に引退勧告することになっていた。この因縁の対決で、土手来は夏之介を打って引退勧告を白紙撤回させるのか?それとも夏之介が抑えて土手来に引導を渡すイヤな役目を演じてしまうのか?
第5話 「安全な株・危険な株」
グラゼニ 第5話 「安全な株・危険な株」 野球マンガのモデルになることになっ凡田夏之介は、マンガ家の牧場の取材を受けた。ところが発売されたマンガ雑誌には、野球マンガではなく牧場のヒット作のパート2が掲載されていた。牧場は締切り直前になって、当たるかどうかわからない野球マンガを諦め、ヒット作のパート2という安全な株を選んだのだ。そんなとき抑えのエース瀬川が不調で2軍に落ち、夏之介が新ストッパーの候補にあがった。