「ヘルマン」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

第5話 家族の食卓
灼眼のシャナⅡ 第5話 家族の食卓 ヴィルヘルミナによる、シャナ以上に厳しい鍛錬。 その甲斐あってか、悠二は徐々にだが新たな力を身に付けようとしていた。まだ確実ではないものの、それを「存在の力を操れるようになった」成果とヴィルヘルミナは言う。 一方、鍛錬を休んだ理由として、ヴィルヘルミナにシャナは「都合が悪い」とだけ伝えていた。いや、本当の理由は他にあった。とある抑えようのない気持ちが苛立ちとなり、シャナの態度を悪化させているのだ。 そしてついに、シャナはその苛立ちをヴィルヘルミナにぶつけてしまう。 そんなシャナの苛立ちを知ってから知らずか、悠二はその翌日、史菜の屋敷へと足を踏み入れる。
第6話 ポジション分け
神之塔 -Tower of God- 第6話 ポジション分け ラヘルと出会い、クンが選んだ行動とは。 ポジション選別が始まり、課題に苦戦しながらも 少しずつ仲を深めるメンバーたち。 それを遠くから見つめ思いを巡らせるのは…。
第10話 悲しみの先に
神之塔 -Tower of God- 第10話 悲しみの先に 深い傷を負ったラヘル。 彼女は、夜との再会を果たし何を思うのか。 色々な思惑が入り乱れる中、先へ進むためにそれぞれがした決断。 悲しみの先に待つものとは。
第12話 潜鱼狩り(後編)
神之塔 -Tower of God- 第12話 潜鱼狩り(後編) 様々な思惑が交錯し、混沌とする最終試験会場。 巨大な陰謀に翻弄されながら、戦士達は果敢に戦場を駆ける。 試験が佳境を迎える中、夜が、ラヘルが、示す決意とは。
第13話
無料
相続者たち 第13話 ラヘルは、ヨンドにタンが婚外子であるという事実をなぜ隠したのかと問い詰めるが、ヨンドはラヘルに秘密を漏洩してはいけないと警告する。一方、キム会長はタンを家から追い出しジェホにウンサンの留学準備をするように命令する。
第14話
無料
相続者たち 第14話 ラヘルはタンの家を訪れ、ギエに保護者会議の時になぜウンサンの母親として来たのか尋ねる。ウォンは帝国グループの人事異動を発表してキム会長の人々を根こそぎ異動させる。一方、ラヘルはウンサンが働くカフェでケータリングを注文し、ウンサンはチャニョンとボナのパーティーにアルバイトの姿で行くことになる。
第15話 炎の生まれた日
灼眼のシャナ 第15話 炎の生まれた日 天道宮から虹が登った。 その輝きは天道宮を離れていたヴィルヘルミナの目にも入っていた。 ショッピングモールで徒と対峙していたヴィルヘルミナは、その場から逃げる様に、天道宮へ踵を返す。 だが一足遅く、天道宮の中にいたシャナの前には、ひとりの徒が現れていた。 新たなフレイムヘイズ、新たな炎髪灼眼の誕生を阻止するため、現れたその男の名はウィネ。 シロを驚かせ、徒を天道宮へ招いてしまった責に動揺するシャナに、戻ってきたヴィルヘルミナは言う「この生活は不要になった」「もう大丈夫」だと。 それは、新たな道、フレイムヘイズへの扉が開かれた瞬間だった。
第20話 非情のヴィルヘルミナ
灼眼のシャナ 第20話 非情のヴィルヘルミナ 悠二の頬に涙が流れた。 それは、もう死んでいる自分に温かい体と心があると言われたから。生まれ育った温かな街を思い出したから。悠二の心が自分と共にいないことに気付き、戸惑うシャナ。 その時、ひとりの人物が現れた。ヴィルヘルミナ。フレイムヘイズになる前の自分を知り、フレイムヘイズになろうとした自分を知る存在に、シャナは暫しの安息を得る。 だが、ヴィルヘルミナの目的は、零時迷子を徒に渡さないため如何にするか…その策を実行すること。そこにはミステスである悠二の破壊も含まれていた。
第20話 茜色の死闘
灼眼のシャナⅡ 第20話 茜色の死闘 ザロービの計略を推測し、自らの力で最前の策を成し遂げた悠二の元へ、シャナとヴィルへルミナが合流した。だが、安心する間もなく新たな攻撃が3人を襲う。 シャナの体を刻む無数の刃、ヴィルへルミナと悠二を飲み込んだ巨大な茜色の炎。それが一瞬にして同時に行われたのだ。 そして、崩壊した商店街の瓦礫の上にかろうじて立ちあがった悠二の胸に、剣が突きつけられる。剣の主の名は“懷刃”サブラク。悠二を繁華街に誘ったザロービも、その動向を睨み照準を付けていたビフロンスも、サブラクが張った罠でしかなかったのだ。 気配を消し、時とともに傷を広げる自在法を操る敵に、ヴィルヘルミナ、マージョリー、そしてシャナ、3人のフレイムヘイズが翻弄される。
「日の丸液晶」赤字続き ヘルスケア参入で増収狙う
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 「日の丸液晶」赤字続き ヘルスケア参入で増収狙う  経営再建中の「日の丸液晶」ジャパンディスプレイが6年連続の赤字となりました。今後は収益性の高いヘルスケア分野に参入する方針だということです。  ジャパンディスプレイの今年3月期の決算は、新型コロナの感染拡大によるスマホ需要の減少で液晶パネルの売り上げが落ち込み、1014億円の最終赤字となりました。3月に投資顧問会社の「いちごアセットグループ」から金融支援を受け、債務超過を解消し、今後も白山工場の売却など構造改革を進めるとしています。  ジャパンディスプレイ・菊岡稔社長兼CEO(最高経営責任者):「リアルタイムでの健康管理を増進するこういった展開も視野に入れています」  一方、今後は生体センサーやディスプレイの技術を活用して収益性の高いヘルスケア分野に参入すると発表しました。