「ベイスターズ ジャイアンツ」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

【Abemaプロ野球キャンプレポート!】横浜DeNAベイスターズ編
無料
AbemaNews 独自取材特集 【Abemaプロ野球キャンプレポート!】横浜DeNAベイスターズ編 去年、惜しくもクライマックスシリーズを逃した、横浜DeNAベイスターズ。球界を代表するホームランバッターに成長した筒香選手を中心に、ドラフト1位ルーキー上茶谷投手の活躍にも期待が寄せられる。ラミレス監督体制4年目にして、伝説となった1998年以来の優勝を狙う。ファンと選手との触れ合いを大切にする球団の取り組みも紹介。沖縄・宜野湾での春季キャンプをレポート!
DeNAの綾部翔投手に無期限謹慎処分 少女と関係発覚
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 DeNAの綾部翔投手に無期限謹慎処分 少女と関係発覚  プロ野球の横浜DeNAベイスターズは、綾部翔投手が未成年の少女と関係を持ったことが発覚したとして無期限の謹慎処分とすると発表しました。
第1話 マカオでの作戦
無料
名もなき英雄<ヒーロー> 第1話 マカオでの作戦 韓国の諜報機関である中央情報局のペク・シユンはジヌやソアンと共に韓国の銀行を買収しようとしていたベイスター香港の実態を暴くためマカオで作戦を決行するが、すんでのところで作戦が失敗し、ジヌが殺されてしまう。その事件の責任をとることになり、刑務所に収監されるシユンだが、3年後、ついに出所の日が訪れる。シユンは事件の謎を解くべく多くの諜報員が集まる「バー隣人」に向かうが、店長のファンは店を売り払おうとしていた。
第2話 スーパーヒーロー
名もなき英雄<ヒーロー> 第2話 スーパーヒーロー 「バー隣人」のアルバイトで脚本家志望のジョンヨン、そしてショッピングモール建設のために自ら経営するカフェの明け渡しを迫られていたソミは、ある晩、立ち退きを迫るチンピラたちに絡まれるが、正体を隠したシユンに助けられる。一方、刑事のテホは中央情報局出身のソヌに勧められ、中央情報局を退職した者たちの監視を請け負う清渓企画の雇われ社長となるが、監視の対象者の1人であるソ・ジュンソクが何者かにより殺害されてしまう。
第3話 予期せぬ再会
名もなき英雄<ヒーロー> 第3話 予期せぬ再会 ジョンヨンとソミは帽子のマークとマスクからチャンギュが自分たちを助けてくれた恩人だと勘違いして喜ぶ。一方、バー隣人を訪れるソアンだが、シユンが店長をしていいることに驚く。予期せぬ再会に喜ぶソアンだが、シユンは自分はジヌを守れなかったクズだと言い、ソアンのことを突き放す。テホはソ・ジュンソク殺害事件の真相を探るべく、ひそかに動いていたが、龍門企画のパク・ソヌに捜査には関わるなと念を押されてしまう。
第4話 忍び寄る影
名もなき英雄<ヒーロー> 第4話 忍び寄る影 「バー隣人」の元店長のファンに勧められ、シユンが向かった先はジヌの母親が切り盛りする食堂だった。温かい笑顔で迎えてくれたジヌの母親に対し、ジヌの死に責任を感じているシユンは“ジヌが死んだ時、同じ部署ではなかった”とウソをついてしまう。ファンにからかわれたと思ったシユンはファンに怒りをぶつけるが...。一方、ソヌにソ・ジュンソク殺害事件のことを嗅ぎ回っていることを知られたテホは水責めを受けることになる。
第5話 “影”の正体
名もなき英雄<ヒーロー> 第5話 “影”の正体 ミスクの店“昔食堂”で朝ご飯を食べるシユン。前の晩、地上げ屋10人以上を病院送りにした乱闘騒ぎの主犯はシユンだと確信したミスクはシユンを問い詰めるが、シユンは知らぬ存ぜぬを決め込む。朝ご飯を済ませ、バーでトレーニングをしていると、開店には早い時間にもかかわらず、チャンギュがやってくる。昨晩の乱闘騒ぎの一部始終を目撃していたチャンギュはシユンを“影の兄貴”と呼び、武術を教えてほしいとしつこく頼み込む。
第6話 危険な取り引き
名もなき英雄<ヒーロー> 第6話 危険な取り引き ニュースター・インベスト社長ユン・サンミンはボンチョルとともにバー隣人へ押しかけ、チャンギュにしつこく絡み始める。このバーでのやりとりで“影”の正体はチャンギュかシユンのどちらかだと確信し、サンミンはボンチョルに2日間以内に正体を突き止めるように命じる。一方、ファン元店長は自ら綴った回顧録をネタにして、スヒョクに中央情報局が3年前のマカオの作戦に関わった人々に手を出さないよう取り引きを持ちかけるが...。
第7話 新たな決意
名もなき英雄<ヒーロー> 第7話 新たな決意 “影”の正体はチャンギュに違いないとサンミンに話すボンチョル。サンミンはボンチョルの話を疑いつつも、公権力を使って“影”を処理することをちらつかせる。そんな中、シユンに会うためにバー隣人を再び訪れるソアン。心を閉ざし、かたくなな態度を取り続けるシユンをソアンは優しく抱き締める。一方、チャンギュは仕事の依頼主だという男に出会い、成果を出せば中央情報局に特別採用してやると、うまい話を持ちかけられる。
#487 ジャイアンの歌がやめられない
ドラえもん #487 ジャイアンの歌がやめられない ついついおせんべいばかり食べてしまうママ。気をつけようと決意した矢先にまたおせんべいに手を伸ばしてしまい、「おせんべい中毒かしら…」とつぶやく。その様子を見たのび太が、“中毒”を治す道具はないのかとドラえもんにたずねると、逆に中毒にする道具ならあると言って、『ヤメラレン』を取り出した。 さっそくのび太は、チューインガムとヤメラレンを一粒、ママに差し出す。ガムをかみながらおせんべいを食べることはできないため、ママを“チューインガム中毒”にしてしまおうと考えたのだ。 そんなとき、ジャイアンがリサイタルのチケットを配りにやって来た。チケットを押し付けられたのび太は、しずかちゃんやスネ夫を誘おうとするが、二人とも家から出てこない…。 しかたなく、ドラえもんと共にリサイタル会場の空き地に向かったのび太は、「どうせ聞かされるなら、ジャイアンの歌を好きになればいいんだ!」とひらめき、ヤメラレンを使って“ジャイアンの歌中毒”になることを思いつくが…!?