「ベネズエラ 野球」の検索結果

今すぐ視聴する

第9話 重圧と真価
メジャー 第5シリーズ 第9話 重圧と真価 初戦の対戦相手、ベネズエラ代表のシルヴァに偶然空港で出会い、挑発された吾郎。投球練習にも、おのずと力が入る。佐々木監督は寿也に「6番・DH」での先発出場を伝える。一方、ベネズエラの先発がサンチェスだと知って驚く吾郎。ベネズエラは、日本チームの実力を低く見積もり、エースのモンタナを温存してきたのだ。
第12話 呪縛
メジャー 第5シリーズ 第12話 呪縛 ドミニカ対ベネズエラ戦を観にきた吾郎たちだったが、ドミニカのスタメンには主力選手がほとんどいなかった!体調不良の選手をベネズエラ戦で休ませ、日本戦に勝つほうが簡単と考えたらしい。日本は、ドミニカ戦に負けると、決勝リーグに進めない可能性がある。一方その翌日、清水は日本人少女の和香と知り合うが…。
第10話 磨かれた牙
メジャー 第5シリーズ 第10話 磨かれた牙 ワールド・カップ、対ベネズエラ戦。6回裏のピンチで初登板した吾郎は、いきなりシルヴァと対戦。初球から敵にダブルスチールを許し、集中力を欠く寿也に「しっかりしろ!」と活を入れる吾郎。そして立ち直った寿也と吾郎のバッテリーは、「あの球」を使う。予断を許さぬ展開に対し、佐々木監督の采配は…!?
第11話 男じゃねぇ!!
メジャー 第5シリーズ 第11話 男じゃねぇ!! 日本代表のミーティング中、クローザーの天童がベネズエラ戦の投手起用を批判した。好投を否定された吾郎も怒り出す。その場はおさめた佐々木監督だが、次の韓国戦では吾郎をクローザーにし、天童は中継ぎとして使うことを決断。それを知り衝撃を受ける天童。一方の吾郎は、大役を任せられたと燃えあがる。
第16話 それぞれの覚悟
メジャー 第5シリーズ 第16話 それぞれの覚悟 日本対キューバの試合は、寿也の決勝打で日本が勝利した。日本代表は、アメリカ対ベネズエラ戦の勝者と決勝を戦うことになる。一方、ジュニアが息子として懸命に説得しても、日本戦のマウンドに上がり吾郎と投げ合う、という決意を変えないギブソン。思いあまったジュニアは、監督のヘリングに真実を話し、あることを頼む。
第17話 アメリカの誇り
メジャー 第5シリーズ 第17話 アメリカの誇り アメリカ対ベネズエラ戦の終盤。このままではアメリカが負けるかという場面で、ギブソンが突然の登板。ギブソンの病気を知る監督はピッチャー交代をためらうが、ジュニアが「投げさせてやってほしい」という。彼は、体への負担が少ないこの場面を、父の花道にしてやりたいと考えていたのだった。

おすすめの作品

ベネズエラ
ザ・秘境生活 ベネズエラ 今回、エドが挑むのはベネズエラにある神秘的で危険なグランサバナ。ジャングルには毒ヘビやジャガーなど危険な動物が潜んでいる。さらに雨や寒さも影響し、かつてないほど苦戦を強いられる。1日目はシェルターもなく、あわや低体温症になりかける。洪水がいつ起きてもおかしくない状況で、腹を空かせたジャガーがうろつく中、シェルターを作り、食料を確保せねばならないのだが...。
第9話 いくらで買います?/なるほど!関係ないな!俺たち!/ベネズエラ
生徒会役員共 第9話 いくらで買います?/なるほど!関係ないな!俺たち!/ベネズエラ 生徒会の活動やイベントなどを知らせるため、新聞を作ろうとするシノ。新聞部の協力を得て制作は進められたが、案の定ランコやアリアがボケるせいで作業は脱線しっぱなし。だがここで、タカトシが意外な才能を発揮し、全桜才学園女子を涙の海に沈めてしまう。シノが楽しみにしていた体育祭が、明日に迫った。準備やリハーサルを済ませて、生徒会一同は思い思いの夜を過ごす。結局、シノはワクワクしすぎて一睡もできずに体育祭に突入。タカトシは借り物競走で引っ張りだことなる。体育祭も後半戦に入り、白熱した順位争いが続く。最終競技となるサークル対抗リレーでは、シノたちも生徒会チームとしてエントリーする。『学園の種馬』とコールされたタカトシから、シノ、アリアと手渡されたバトンは、最終走者のスズに託される。
第2話 新しい仲間
メジャー 第3シリーズ 第2話 新しい仲間 通学中に突然、目の前に現れた吾郎から、聖秀高校に入って野球部を作ると聞いた清水は、嬉しさ半分、心配半分。クラスで吾郎に一目ぼれした中村は、「マネージャーになってあげる」と積極的にアタック。吾郎は男子生徒7人を野球部に誘うが、誰も野球に関心がない。そこへ「俺をエースで4番にしろ!」という藤井が現れ…。
第1話 帰ってきた…
無料
メジャー 第2シリーズ 第1話 帰ってきた… プロ野球選手の父・茂野の移籍で、三船町へと帰ってきた吾郎。三船東中学校へ転校早々、野球部の不良部員・牟田、及川から至近距離でノックを受けていた友人・小森を助ける。また一緒に野球ができると再会を喜ぶ小森に、吾郎はなぜか「サッカー部に入る」と告げる。吾郎は野球をあきらめてしまったのか!?
第1話 ゼロからのスタート
無料
メジャー 第3シリーズ 第1話 ゼロからのスタート 海堂高校をやめた吾郎は、旧友・小森たちがいる三船高校の野球部に入るつもりだったが、夏の大会予選の三船高校の試合を見て考えを変え、他の高校の編入試験を目指すことにする。 そんな吾郎に、母・桃子は「勝手やった自分の学費は、自分でかせぎなさい」と厳しい。そこで編入が決まるまで、吾郎はアルバイトを始めるが…。
第3話 父から子へ
メジャー 第3シリーズ 第3話 父から子へ 今シーズン負け続きの吾郎の父・茂野。気晴らしをして朝帰りも多いため、桃子も機嫌が悪い。吾郎は理事長に野球部設立をかけあうが、まず同好会として承認し、正式な部として認めるかは今後の活動次第だという。そのころ藤井は田代たちから、「神奈川には海堂高校があるから、吾郎の計画は不可能だ」と笑いとばされていた。
第4話 無謀な賭け
メジャー 第3シリーズ 第4話 無謀な賭け 野球部の顧問・山田のつてで、強豪・帝仁高校との練習試合が決まった吾郎たち。吾郎のボールは帝仁選手たちの度胆をぬき、バットに当てることもできない。だが、田代が「清水がキャッチャーで公式戦は戦えない」とクレームをつけた。そこで藤井がキャッチャーに名乗り出たが、吾郎の剛速球はどうにも捕れそうにない…。
第7話 突然の訪問者
メジャー 第3シリーズ 第7話 突然の訪問者 やる気を試した茂野のテストに、全員合格した聖秀の選手たち。翌年の春までに大会予選を勝ち抜けるチームにするため、茂野と樫本のコーチのもと、猛練習が始まった。そんなある日、グラウンドに見知らぬ少年が現れる。練習を見ていた少年に「草野球以下」だと言われて腹をたてる藤井。さらに少年は、吾郎に勝負を申し出る。
第20話 隙なし!マニュアル野球
メジャー 第3シリーズ 第20話 隙なし!マニュアル野球 ついに始まった海堂との決戦。1回表、海堂の先発・市原を甘く見て、三振する吾郎。田代が打った内野への打球も、ショート・泉が華麗な守備でアウトに。吾郎は、「自分たちの1年間が吾郎の1年間に負けるはずがないという、絶対的な自信がある」という寿也の言葉の意味を理解する。しかし、あくまでマイペースの吾郎は…。
第24話 策謀の結末
メジャー 第3シリーズ 第24話 策謀の結末 海堂高校を相手に、ついに1点リードした聖秀。そして海堂は、眉村を登板させる。打席に立つ吾郎は、眉村との勝負に燃えるが…。9回裏、聖秀の勝利まであと3人。追いつめられた海堂は、江頭が選手たちを責め、バント作戦の徹底を命じるが、寿也はその指示に逆らう。そんな寿也に、江頭は野球部からの除名を宣告する。