「ベルトホルト」の検索結果

「ベルトホルト」に関する情報は見つかりませんでした。
「ベルト」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

第123話 ワガハイが チンチン電車だった頃・・・
キテレツ大百科 第123話 ワガハイが チンチン電車だった頃・・・ その人の前世が分かるという道具“前世探知機”。その道具を使って調べると、コロ助の前世がチンチン電車だったことが判明する。どうしてコロ助の前世がチンチン電車なんだろう? 疑問に思った英一が調べると、実はコロ助の心臓に使われているスプリングは、以前、都電の部品として使われていたものだったことが判明する。
Krush.64 2016年3月20日 東京・後楽園ホール
Krush 2015 Krush.64 2016年3月20日 東京・後楽園ホール 2016年3月20日、後楽園ホールにて行われたKrush.64。今大会ではベテラン、寺戸伸近がベルト獲りに動き出す。数々のベルトを手中に収めてきた寺戸が、未だ届かないKrushの王座。満を持して挑むタイトルマッチ、迎え撃つ王者は堀尾竜司。若きKrush -55kg王者・堀尾のここが正念場。はたしで軍配はどちらに上がるのか。(本編内にある試合告知は過去に開催された試合の告知です) *スマートフォンをご利用の方はブラウザでもご覧いただけますが、スマートフォンアプリでのご視聴をおすすめします。 *Wi-fi環境下でのご利用をおすすめします。
第13話 戦士、バナージ・リンクス
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第13話 戦士、バナージ・リンクス バンシィに急襲されたバナージは、ユニコーンガンダムと共に身柄を拘束され、ラー・カイラムに収容された。そのバナージがアルベルトの腹違いの弟だと聞かされ驚くリディ。アルベルトの叔母マーサは、リディの父ローナンから引き渡されたミネバをバナージに口を割らせるための駒とすべく超大型輸送機ガルダへ移送した。八方塞がりの状況下、『ラプラスの箱』への新たな座標を秘匿し続けるバナージに、ロンド・ベル司令ブライトは歴代ガンダムパイロットと同じ可能性を認めて励ますと、カイ・シデンを通じてミネバ奪還の共同作戦をガランシェールへ伝達。救援にネェル・アーガマを派遣する段取りも図り、バナージをミネバのいるガルダへ送り出す。
【独占コメント】愛鷹「3月タイトルマッチで必ずベルトを取る」
K-1 WGP 2019.11.24 冬のビッグマッチ 第1弾 横浜 【独占コメント】愛鷹「3月タイトルマッチで必ずベルトを取る」 2019年11月24日(日)に横浜アリーナで開催されたK-1 WGP 2019.11.24 冬のビッグマッチ 第1弾 横浜をAbemaTVにて配信!
第5話 激突・赤い彗星
無料
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第5話 激突・赤い彗星 オードリーを救うため、バナージはアナハイム社の重役アルベルトの力を借りて出撃した。赤い彗星の再来と呼ばれるフル・フロンタルの駆るシナンジュと激突したユニコーンガンダムはデストロイモードに変身するが…。
第2話 太陽神(アポロン)
無料
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ 第2話 太陽神(アポロン) 神の宴で主催者のアポロンから、ベルを賭けた派閥間の決闘――【戦争遊戯(ウォーゲーム)】を持ちかけられたものの、これを断固拒否したヘスティア。しかし翌朝、ベルとヘスティアの本拠地(ホーム)に【アポロン・ファミリア】の襲撃が。アポロンが気に入った子供は、地の果てまで追い回される――かつて同じ憂き目に合ったダフネとカサンドラから、そう聞かされるベル。  街中に追手が配置され、ベルとヘスティアが提案を呑むまで、どこまでも追い込む……それこそがアポロンの狙いだった。そしてヘスティアを連れ、逃げ惑うベルの前に、【太陽の光寵童(ポエブス・アポロ)】ヒュアキントスが立ちはだかる――
第270話 両さん大きくなる
こちら葛飾区亀有公園前派出所 第270話 両さん大きくなる またも絵崎の発明品の実験台にされる両津。 今度は食べると大きくなるまんじゅう!? 始めはとまどう両津であるが、大きなったのをいいことに徐々に調子にのり・・
第16話 サイド共栄圏
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第16話 サイド共栄圏 連邦軍から追われる身となったネェル・アーガマが選んだ苦肉の策、『袖付き』との共同戦線。それに反発するクルー達に受け入れを命じたオットーは、フロンタルから本音を引き出そうとする。ミネバからも『箱』を手に入れて何をする気か? と問われたフロンタルは、地球を除く月と各サイドが経済的な結びつきを強めて連邦を弱体化させるという「サイド共栄圏」構想を明かす。その結果、引き起こされる悲劇を予見して失望するミネバだったが、『ラプラスの箱』への最終座標がインダストリアル7のメガラニカだとフロンタルに伝えてしまうのだった。一方、アルベルトからバンシィ・ノルンを受け取ったリディは、ユニコーンガンダムを追って出撃する。
第8話 ラプラス、始まりの地
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第8話 ラプラス、始まりの地 連邦側の捕虜になったマリーダは、バナージに「それでも」と言い続けろ、ユニコーンガンダムに眠るもうひとつのシステムを呼び覚ます力になる、と助言する。そのマリーダは地球へ移されることになる。サイアムの孫娘で現ビスト財団当主代行マーサ・カーバインの指示だ。アルベルトに財団の命綱である『ラプラスの箱』の開放阻止を命じたのもマーサだった。一方、バナージはパラオでラプラス・プログラムが新たに示した座標、宇宙世紀元年にテロで爆破された首相官邸ラプラスの跡地へ向かう。ダグザに強制され、一度は反発したバナージだが、オットーからバナージ救出作戦を主導したのがダグザだと知らされ、ユニコーンガンダムを出撃させたのだ。
第10話 灼熱の大地から
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第10話 灼熱の大地から 地球に落ちたユニコーンガンダムとバナージを助けたガランシェールが西サハラ砂漠に不時着した。地球潜伏のジオン残党軍は地球連邦の首都ダカールを襲撃する陽動作戦を展開。連邦政府の中心人物ローナンはブライト・ノアにガランシェール探索を命じる。リディと共に地球に降りたミネバは自分が政治利用されるのを怖れてマーセナス家から姿を消すが、地球生まれの老人が語る「宇宙移民を実行した人々の善意」という言葉でなすべきことに気づき、追っ手の者達に身を預ける。同じ頃、アルベルトの叔母マーサは強化人間のマリーダを手駒とするべく再調整を施す。一方、ジンネマンはジオン残党軍と接触するためバナージを連れて砂漠の横断を敢行する。
第14話 死闘、二機のユニコーン
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第14話 死闘、二機のユニコーン ミネバとマリーダ奪還作戦を仕掛けるガランシェール隊。その阻止をマリーダに命じるアルベルト。ユニコーンガンダムのバナージはデストロイモードに変身したバンシィに苦戦する。一方、マーサ達の手を逃れたミネバはリディの救いの手を拒み、バナージが受け止めてくれると信じて空に身を投げた。バナージはその願い通りにミネバを助けてガランシェールに届け、マリーダとジンネマン救出のため再びガルダへ向かった。ガンダムへの憎しみに囚われたマリーダだが、ジンネマンの出現に心を乱される。リディの憎悪はバンシィもまたガンダムだという事実をマリーダに突きつけ、混乱してバンシィから吐き出されたマリーダをジンネマンは助けるのだった。
K-1 OUTSTANDING #7
K-1 OUTSTANDING K-1 OUTSTANDING #7 “Krush”の名称が冠される最後の大会となった「Krush.99」において、最終決戦として行われたのはKrushスーパー・フェザー級タイトルマッチ。高校生のうちに王座戴冠を目論む西京佑馬と、ようやく手にした虎の子のベルトを手放す訳にはいかない島野浩太朗。それぞれの思惑が交錯する、その勝敗の行方は。
K-1 OUTSTANDING #13
K-1 OUTSTANDING K-1 OUTSTANDING #13 K-1初開催となる6.30両国大会で組まれたタイトルマッチは、一度はベルトを失ったものの、2018年11月にムエタイ新最強伝説の健在を示し圧倒的な力でK-1スーパー・ライト級王座に返り咲いたゲーオ・ウィラサクレックが、脅威の身体能力を誇る安保瑠輝也の挑戦を受ける注目の一戦。破壊と創造。伝説の結末は。
K-1 OUTSTANDING #27
K-1 OUTSTANDING K-1 OUTSTANDING #27 K-1唯一のマスクマン・左右田泰臣が、頂点への足掛かりとして狙いを定めたKRUSHスーパー・ライト級王座。前回の奪取失敗から1年半ぶり2度目の挑戦へ。対する王者は、これが初防衛戦となる鈴木勇人。共にKRUSH王者の肩書を手にK-1のトップ戦線へ昇り詰めたい所だけに、激戦必至。ベルトの行方は果たして。
K-1 OUTSTANDING #29
K-1 OUTSTANDING K-1 OUTSTANDING #29 9月16日 KRUSH.105。そのメインはKRUSHスーパー・フェザー級タイトルマッチ。王者は、高校生のうちにベルトを戴冠するという目標を達成した西京佑馬。対するは、7年間もの長きにわたりKRUSHを主戦場に活躍してきたレオナ・ペタス。前回の対戦はレオナが勝利しているだけに、互いの意地が激突する。
ONE DAY #51 長谷川賢
ONE DAY ONE DAY #51 長谷川賢 格闘家の1日(One day)に密着しながら、「いつか(One day)頂点に・・」という熱い思いをリアルに描く、格闘家ドキュメンタリー。6月29日、アジア最大級の格闘技イベントONE Championshipに出場する長谷川賢選手。初参戦でミドル級王者、オングラ・エヌサンとベルトを賭け対戦。その結果は?
新K-1伝説 #37
新K-1伝説 新K-1伝説 #37 6月12日に行われた、超破壊型打撃格闘技「Krush.66」から2大タイトルマッチの激闘をお届けします。Krush-53kgの初代王座を手にするのは、ベテランの上羽優希か、新鋭の武居由樹か。そして第4代Krush-63kg王座決定トーナメント決勝戦では、佐々木大蔵と平本蓮が激突。憧れの先輩や師匠が巻いてきた由緒あるベルト。その行方は果たして。
新K-1伝説 #76
新K-1伝説 新K-1伝説 #76 2月25日に行われたK-1 WORLD GP 初代ライト級王座決定トーナメントもついに決勝戦。激闘を勝ち抜いた日本の平本蓮と中国のウェイ・ルイが、初代チャンピオンの座をかけて激突。18歳の平本がK-1史上最年少チャンピオンになるのか。快進撃を続けるルイが中国人初のK-1チャンピオンになるのか。果たしてベルトの行方は。
新K-1伝説 #96
新K-1伝説 新K-1伝説 #96 8月6日に行われたKrush.78より注目のタイトルマッチ、第5代Krush -65kg王者・中澤純と、Krushに突如現れたマスクマン・左右田泰臣の試合の模様をお届けします。王座決定トーナメントを勝ち抜き遂に手にしたKrushのベルトを、K-1から来襲した謎の刺客を相手に中澤は守る事が出来るのか。
新K-1伝説 #104
新K-1伝説 新K-1伝説 #104 9月18日に開催されたK-1 WORLD GP 初代ウェルター級王座決定トーナメントより、準決勝にコマを進めたのはこの4人。初戦KOで飾ったモハン・ドラゴンと、一回戦敗退したものの勝者バダザリアンの負傷により代打出場となった山際和希。Krush王者の貫録を見せつけた塚越仁志と、木村ミノルとの因縁にケリをつけた久保優太。ベルトに手をかけるのは果たして。
新K-1伝説 #106
新K-1伝説 新K-1伝説 #106 9月18日に開催されたK-1 WORLD GP 初代ウェルター級王座決定トーナメントより、K-1の2大王者が登場。スーパー・フェザー級王者・大雅は“ギリシャの鉄の拳”スタウロス・エグザコスティディスとのスーパーファイトに。フェザー級王者・武尊は“チャイニーズ・クラッシャー”ワン・ジュングァンとベルトをかけて対決。
新K-1伝説 #110
新K-1伝説 新K-1伝説 #110 11月5日に開催されたKrush.82より、三度目の決着戦。王者・寺戸伸近に久保賢司が挑むKrush -55kgタイトルマッチの模様をお届けします。2010年3月のKrushでは寺戸がKO勝ち。2017年4月のK-1では久保のKO勝ち。互いの存在意義をかけて対決するこの試合で、最後にベルトを手にするのは。
新K-1伝説 #134
新K-1伝説 新K-1伝説 #134 同郷・愛知県出身の先輩後輩が、3月21日に行われた新生K-1最大のビッグマッチ「K'FESTA.1」で運命の一騎打ち。野杁正明の持つK-1スーパー・ライト級のベルトに、3連続KO勝利で勢いに乗る大和哲也が挑戦。前回の対戦では、先輩である大和が勝利したものの、4年ぶりとなる2度目の対戦の結末やいかに。
新K-1伝説 #139
新K-1伝説 新K-1伝説 #139 6月17日、遂に開幕したK-1 WORLD GP 第2代フェザー級王座決定トーナメント。まずはこの男が出ないと始まらない。フェザー級戦線の立役者、小澤海斗が一回戦に登場。そしてベルトを獲るためにK-1に乗り込んできた男、村越優汰。それぞれの思惑と野望を胸に秘め、迎えるトーナメント初戦の結末やいかに。
新K-1伝説 #141
新K-1伝説 新K-1伝説 #141 新チャンピオンここに誕生。6月17日に行われたK-1 WORLD GP 第2代フェザー級王座決定トーナメントもファイナルへ。ベスト4に勝ち進んだのは、ジョージ・バレラ、村越優汰、芦澤竜誠、西京春馬。1日3試合の過酷なワンデートーナメントを制して、念願のベルトを手にするのは。そしてその驚きの結末とは。
新K-1伝説 #143
新K-1伝説 新K-1伝説 #143 6月17日に行われたK-1さいたま大会より、ウェルター級の2大決戦に、木村“フィリップ”ミノルと城戸康裕が登場。復活を遂げた木村は、代打出場となった山際和希と。前回の大会でウェルター級転向後の初勝利を挙げた城戸は、日本の強豪との対戦も豊富なマサロ・グランダーと対戦。ウェルター級のベルトに近づくのは。
新K-1伝説 #145
新K-1伝説 新K-1伝説 #145 6月30日に行われたKrush.89は、三大タイトルマッチを開催。女子アトム級は王者・松下えみと443。バンタム級は王者・軍司泰斗と金子晃大。スーパー・フェザー級は王者・郷州征宜と島野浩太朗の王座戦。キャリアもバックグラウンドも様々な選手が頂点のベルトを目指し、また新たなKrushの時代が生まれる。
新K-1伝説 #148
新K-1伝説 新K-1伝説 #148 8月5日に行われたKrush.91では、1年半ぶりの再戦となる中澤純 vs 篠原悠人がKrushスーパー・ライト級王座を賭けて実現。同王座の決定トーナメント準決勝で対戦し、勝利した中澤が決勝も制しベルトを手に。一方の篠原は、この敗戦からの5連勝でやっとつかんだこのチャンス。王座への道が再び交錯する。
新K-1伝説 #157
新K-1伝説 新K-1伝説 #157 9月24日に行われた「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~初代クルーザー級王座決定トーナメント~」。準決勝に勝ち上がったのは、シナ・カリミアン、K-Jee、杉本仁、ブバッカ・エル・バクーリ。日本人が意地を見せるのか。外国人が規格外のパワーで押し切るのか。ベルトに手をかけるのは果たして。
Krush.81 10.1 後楽園ホール
Krush 2017 Krush.81 10.1 後楽園ホール 超攻撃型打撃格闘技「Krush.81 10.1 後楽園ホール」をAbemaTVにて配信!第2代Krush-58kg王者・小澤海斗の3度目の防衛戦。挑戦者は6月のK-1で小澤からダウンを奪い、判定で勝利した西京春馬。小澤のベルトをかけたリベンジマッチ!-60kg タイトルマッチ、王者・安保璃紅vs挑戦者・郷州征宜も実現!他にも、江川優生、鍋島好一朗、闘士、横山巧、明戸仁志、山本直樹 等が参戦!!