「ペルソナ5 アニメ 22」の検索結果

「ペルソナ5 アニメ 22」に関する情報は見つかりませんでした。
「ペルソナ5 アニメ」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

おすすめの作品

「とある科学の超電磁砲T」スペシャル特番
「とある科学の超電磁砲T」スペシャル特番 「とある科学の超電磁砲T」スペシャル特番 TVアニメ『とある科学の超電磁砲T』のキャスト出演による生番組の放送が決定しました! 出演は、佐藤利奈さん、新井里美さん、豊崎愛生さん、伊藤かな恵さん、浅倉杏美さん を予定! TVアニメ『とある科学の超電磁砲T』の初公開情報をお届けしていきますので、是非ご覧ください! ■出演 佐藤利奈さん、新井里美さん、豊崎愛生さん、伊藤かな恵さん、浅倉杏美さん ※この番組は3/22に放送されたものです
第222話 インドとインドネシア
あたしンち 第199話〜第662話 第222話 インドとインドネシア “タチバナ家”は日本のどこにでも存在し、誰もが共感できる、等身大の幸せな家庭。料理がヘタでよくも悪くも大雑把な母、トイレのドアを開けっ放しにする無口でマイペースな父、ちょっとマヌケな女子高生の娘・みかん、一見クールな中学生の息子・ユズヒコ。家族みんなで楽しむことのできるアニメの決定版をお届けします。
第3話 パンの耳などの食べ方 他
あたしンち 第3話 パンの耳などの食べ方 他 “タチバナ家”は日本のどこにでも存在し、誰もが共感できる、等身大の幸せな家庭。料理がヘタでよくも悪くも大雑把な母、トイレのドアを開けっ放しにする無口でマイペースな父、ちょっとマヌケな女子高生の娘・みかん、一見クールな中学生の息子・ユズヒコ。家族みんなで楽しむことのできるアニメの決定版をお届けします。
第4話 満期のアレを… 他
あたしンち 第4話 満期のアレを… 他 “タチバナ家”は日本のどこにでも存在し、誰もが共感できる、等身大の幸せな家庭。料理がヘタでよくも悪くも大雑把な母、トイレのドアを開けっ放しにする無口でマイペースな父、ちょっとマヌケな女子高生の娘・みかん、一見クールな中学生の息子・ユズヒコ。家族みんなで楽しむことのできるアニメの決定版をお届けします。
第5話 まーたおかあさんでしょ 他
あたしンち 第5話 まーたおかあさんでしょ 他 “タチバナ家”は日本のどこにでも存在し、誰もが共感できる、等身大の幸せな家庭。料理がヘタでよくも悪くも大雑把な母、トイレのドアを開けっ放しにする無口でマイペースな父、ちょっとマヌケな女子高生の娘・みかん、一見クールな中学生の息子・ユズヒコ。家族みんなで楽しむことのできるアニメの決定版をお届けします。
第6話 吉岡、こつン 他
あたしンち 第6話 吉岡、こつン 他 “タチバナ家”は日本のどこにでも存在し、誰もが共感できる、等身大の幸せな家庭。料理がヘタでよくも悪くも大雑把な母、トイレのドアを開けっ放しにする無口でマイペースな父、ちょっとマヌケな女子高生の娘・みかん、一見クールな中学生の息子・ユズヒコ。家族みんなで楽しむことのできるアニメの決定版をお届けします。
第7話 母、すてられないっ 他
あたしンち 第7話 母、すてられないっ 他 “タチバナ家”は日本のどこにでも存在し、誰もが共感できる、等身大の幸せな家庭。料理がヘタでよくも悪くも大雑把な母、トイレのドアを開けっ放しにする無口でマイペースな父、ちょっとマヌケな女子高生の娘・みかん、一見クールな中学生の息子・ユズヒコ。家族みんなで楽しむことのできるアニメの決定版をお届けします。
第2話 Blueprint<思惑>
Another 第2話 Blueprint<思惑> 鳴が気になる恒一は、姿を見かけては自分から声をかけていた。だが、恒一の質問に鳴が答えることはなく、ただ「気をつけたほうがいいよ」と、忠告ともとれる言葉を口にするだけだった。クラスメイトの勅使河原や望月は、そんな恒一の様子に戸惑いを隠せない。それでも鳴のことを知ろうとする恒一は、放課後に彼女のあとを追いかける。夕暮れの住宅街で、たどり着いた先にあったのは……。
第3話 Bonework<骨組>
Another 第3話 Bonework<骨組> 古びた人形だらけの工房で、鳴と出会った恒一。鳴は恒一に26年前の3年3組に起きた、ある出来事を語る。それは、一人の生徒の死にまつわる不思議な話だった。恒一は勅使河原や桜木たちにもその話について尋ねるが、誰もが困ったような表情を見せ、口を固く閉ざしてしまう。そんな時、恒一は亡くなった母親が「26年前の3年3組」の一員だったことを叔母の怜子から聞かされる……。
第4話 Putflesh<輪郭>
Another 第4話 Putflesh<輪郭> ある生徒の突然の、理不尽な事故死により「3組の呪い」の噂は一気に信憑性を増した。恒一は鳴という不思議な存在と26年前の話が、一連の出来事と繋がっているように思えてならなかった。工房で再び出会った鳴は、そんな学校の変化に気づいていたが、相変わらず恒一に詳しいことを話そうとはしない。3年3組には怯えたような空気が満ち、対策係の赤沢も頭を悩ませるが……。