「ホ・ギョンファン」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

第24話
華政[ファジョン] 第24話 ジュウォンは貞明公主をかばって刺客に斬られるが、一命をとりとめる。貞明公主は、この件を自分の力で解決したいと光海君に伝え、一人でホ・ギュンの隠れ家に乗り込む。その頃ホ・ギュンは、自分を始末しようとしたジュソンに、共に死ぬか生き延びるかどちらかを選ぶよう迫っていた。ホ・ギュンが黒幕のジュソンを道連れにするとにらんだ光海君は、イチョムに謀反の偽装を指示し、ホ・ギュンに罠を仕掛ける。貞明公主はホ・ギュンと密会し、ジュウォンを刺したせいで王に追われていると嘘をつく。追い詰められたホ・ギュンは光海君の暗殺計画を企て、貞明公主に協力を求めるが...
第25話
無料
華政[ファジョン] 第25話 火器都監に潜り込んだホ・ギュンは、火薬倉庫に地雷火を仕掛ける。貞明公主は、火器都監の火薬もろとも光海君を吹き飛ばすのがホ・ギュンの本当の計画だと知り、火薬倉庫へ向かい爆発を止めようとする。片やジャギョンから貞明公主の伝言を聞いた光海君とジュウォンは、急いで火器都監へやってくるが、間もなくして中から爆発音が聞こえてくる。その時、爆発する建物の中から貞明が出てくるのだった。貞明公主が火器都監の爆発を阻止した直後、光海君はホ・ギュンを捕えるよう命ずる。爆発が失敗に終わったと知ったホ・ギュンは逃げ道を探すが、すでに城門は封鎖されていた。焦ったホ・ギュンが自害を試みようとした時、ジュソンにより捕えられてしまう。
第21話
華政[ファジョン] 第21話 約束の日、ファイが慶運宮を訪ねるも仁穆大妃は何者かの書状を受け取り、出かけた後だった。ファイがホ・ギュンの罠だと気づいた時はすでに遅く、同じく書状を受け取り集まった重臣らとともに、仁穆大妃は謀逆の罪で捕らえられる。そんな中、ジュソンと会っていたホ・ギュンを怪しく思ったイヌは、ホ・ギュンに刀を突きつけ問い詰める。ホ・ギュンは、光海君に恨みを持つ者同士、ファイと手を組んだと答え、数珠が貞明公主の物だと話す。それを聞いたイヌは“観音の目”が貞明公主の証しだったと知り、ファイを問い詰める...
第18話
華政[ファジョン] 第18話 光海君が自分のことを知っていたというファイの証言により、尋問は一時中断される。同じ頃、イヌはファイの指示で騒動の日に負傷していなかった職人とその職人が着ていた作業着を見つけるため奔走していた。一方、ファイの証言で重臣たちが焦るなか、イヌの文を受け取った光海君は、真犯人が他にいることを知る。犯人である職人を推薦したユン・ドハの名を名簿に見つけた光海君は、ジュソンの家にホ・ギュンを送る。しかし、王の部下であるはずのホ・ギュンがユン・ドハを自害に見せかけて刺し殺したため、光海君は結局、黒幕のジュソンを捕らえることができなかった。騒動が一件落着したファイは、腕につけていた数珠をなくしていることに気づく...
第20話
華政[ファジョン] 第20話 ホ・ギュンは、イヌの知り合いがなくした数珠と、慶運宮の門番がゲシに報告していた数珠が同じものだと気づく。そして数珠の持ち主であるファイを連れ去り、その正体と目的を聞き出そうとする。ホ・ギュンの狙いが光海君だと知ったファイは、自分の目的も光海君を王座から引きずり下ろすことだと明かし、仁穆大妃に会わせてほしいと要求、手を組もうと提案する。一方、明の使節団は出兵を拒んだ光海君を挑発するため、先に慶運宮を訪れて仁穆大妃に挨拶をする。憤った光海君は重臣を集め、明への対処について意見を求める。結局、火器都監を離れると決心したファイは、ジュウォンに自分がいると迷惑がかかるからと別れを告げ、屋敷を出ていく。
第23話
華政[ファジョン] 第23話 光海君の前に女の姿で現れたファイは、母を救うため、正体を明かし、取引を持ちかける。母まで殺されたくないという貞明公主の告白に衝撃を受ける光海君だが、ジュウォンに貞明公主をかくまうよう命じる。そんな中、収儀が開かれ、光海君を陥れようとするホ・ギュンは、仁穆大妃を死罪にするよう主張するが、光海君は死罪にも廃位にもしないと宣言する。ジュウォンの屋敷にかくまわれた貞明公主は、ついに母との再会を果たす。だが、仁穆大妃は光海君を信用してはならないと言いながら、予言を知るイチョムとゲシからも逃げるよう忠告する。そんな中、ジュソンはホ・ギュンと貞明公主を始末するため、ジュウォンの屋敷に刺客を送り込むのだが...
宣祖(ソンジョ)暗殺計画
王の顔 宣祖(ソンジョ)暗殺計画 ヌルハチの登場によって部族統一を進め、いつの間にか北方で強大化していた女真族。光海君(クァンヘグン)は、ホ・ギュンから受け取った女真の密旨の内容に驚き警備を固めるが、間者らはすでに王宮に深くまで侵入していた。そんな中、宣祖(ソンジョ)がカヒを寵愛することにキム貴人(クィイン)は激しい嫉妬を燃やし、ドチに相談する。ドチは新たな計略を立て始めるが...。
謀反の罪
王の顔 謀反の罪 王宮内に捕らえられていたドチが行方をくらます。そんな中、カヒはソン内官から預かっていた「龍顔秘書(ヨンアンビソ)」を、ひそかに光海君(クァンヘグン)に手渡すのだった。それから6年後。王妃の産んだ嫡男である大君(テグン)を世子(セジャ)として推す一派と対立していたホ・ギュンは、光海君の支持者たちを集めて頻繁に会合をひらいていたが、謀反の罪で捕らえられてしまう。
第11話
華政[ファジョン] 第11話 ファイは江戸で偶然再会したジュウォンが火器都監の役人として光海君に仕えていることを知り、複雑な思いを抱く。一方、ジュウォンはファイが貞明公主であるとは夢にも思わず、硫黄を独占する商人イダチとの橋渡しを頼む。倭国で硫黄の闇取引が見つかれば即刻死罪となるが、ファイは朝鮮に帰るため、危険を承知でジュウォンに協力する。同じ頃、光海君は国境の視察へ向かう。表向きは視察を兼ねて境界地域に新しい武器を与えるという名目であったが、実際は内密の任務にあたっていたホ・ギュンを救出するためだった。
第6話
タンタラ~キミを感じてる 第6話 連絡が途絶えてしまったソクホを待ち続けるハヌル。 ある時、信号待ちしているとトラックに乗っているソクホを見かける。トラックの名前を覚えて帰ったハヌルは、しらみつぶしに港を当たっていく。 そしてようやくソクホの名前を知る人と出会い、ついにソクホを探し当てる。 ハヌルが近づいていってもソクホはイヤホンを外さないまま、ハヌルの存在を完全に無視する。 ハヌルはソクホが作った曲で歌いたい、みんな集まって待っているとひと言残して帰ってくる。 ハヌルの言葉に励まされたソクホは、タンタラバンドを始めるために、まずはKTOPのジュハンに会い、どんな妨害にも屈することなく突き進み、ハヌルのぬれ衣を晴らすと宣戦布告する。 そして皆が待っているマンゴーに戻ったソクホ。ソクホが必ず帰ってくると信じ、バンドのメンバーたちを支えていたミンジュは、ソクホの姿を見るなり涙を流す。 バンドのメンバーはソクホからのメールに驚き、食事もそこそこに事務所に集合する。