「ボス 3話」の検索結果

今すぐ視聴する

第3話 僕は気さくな人じゃない
内省的なボス 第3話 僕は気さくな人じゃない バイク便のライダーだと勘違いされたファンギは荷物を持ってクライアントの元へと走り続けていた。現場で荷物を待つロウンの前に暴走するバイクが突っ込んできたところをファンギが助ける。実はそのロウンは、自殺した姉の復讐をするためにブレイン広告に入社したのであった。
第13話 告白 Go Back
無料
内省的なボス 第13話 告白 Go Back ロウンがしているネックレスを見て、ウイルを巡りジヘを恨んでいた過去を思い出したイス。ロウンがジへの妹だという事実をファンギから確認し、今回もウイルを奪われるのではないかと恐れを抱く。一方でロウンは、ファンギを巡ってヨンジョンと張り合っていた。
episode3 体だけの関係?
オークワード~不器用ジェナのはみだし青春日記~ episode3 体だけの関係? とうとう結ばれたかのように見えるジェナとマッティ。所構わず体を求めてくるマッティに応じ続けるジェナは、自分たちの関係は本当に恋人同士と呼べるのか、何度体を重ねてもどこか物足りなさを感じていた。とある週末,マッティからパーティに一緒に行こうと誘われるが、二人の関係に自信のないジェナは行くべきかどうか悩み始める...。
第13話 グッバイCITY さよならの贈りもの(後編)
シティーハンター3 第13話 グッバイCITY さよならの贈りもの(後編) 謎の男に襲われ逃げ込んだ廃ビルで、ソフィーはリョウに銃口を向け、トリガーを引いた。彼女は恋人・ロバートを殺した相手に復讐するため、リョウの前に現れたのだった。一方そんな二人の命を狙っていたのは、犯罪組織のボス・ギネス。リョウは重傷にも関わらず、ソフィーに連れ去られた香の救出に出向き……。
第3話 キラー・クイーン
魔王様、リトライ! 第3話 キラー・クイーン ヤホーの街に着いた九内とアク。ふたりを追いかけてきたルナに、九内は智天使について尋ねるが、力尽きて消滅したという。その頃「三聖女」の次女、キラー・クイーンがヤホーの街に向かっていたが、そこでは三聖女を亡き者とするため、サタニストたちが暗躍していた―――。
第3話 記憶喪失
無料
被告人 第3話 記憶喪失 ソノになりすましたミノは急いで兄の葬儀を済ませるが、自分を疑うジョンウに強い苛立ちを覚える。妻子殺しの罪で服役中のジョンウは、何度も記憶喪失を繰り返しては刑務所で大暴れしている。最後の記憶は4ヶ月前のハヨンの誕生日。国選弁護人もサジを投げる中、ジョンウの事件に興味を持ったウネは弁護に名乗り出る。
第13話 挑発
無料
被告人 第13話 挑発 事件の全容を思い出したジョンウは、自分の記憶が戻ったと知ればミノがハヨンを殺す危険があると考え、裁判の上告を放棄する。死刑が確定したジョンウの前に、ジュニョクに頼み込み警察に身柄を拘束させたミノが現れる。ジョンウはミノの手口に乗せられないように、ひたすら記憶が戻っていないふりをするのだった。
第23話 最善の方法
被告人 第23話 最善の方法 ミノは会社の不正資料を持って父を訪ねるが、口論のうち、突然胸の痛みで倒れた父を振り切って部屋を出てしまう。すべての罪を父になすりつけ、不起訴となったミノは、会長の座を引き継ぐことになる。一方、検事として復職を果たしたジョンウは、ミノ、そしてジュニョクに対し、1つずつ全て捜査していくことを誓う。
第23話 「バザー part1」
無料
フリージ 第23話 「バザー part1」 「バザー part1」 今日はウム・サイードが何かを一生懸命作っている。近所のバザーで売る、伝統的なアラビアの「お香」の玉だ。そこへ、バザーの事務局をしているウム・アラウィが来て、「そういう煙の出るものは、発がん性があるから、危険物扱いとなって、登録料が高いわよ」と言われ、その発言にウム・サイードが切れて、部屋の中で、ものの投げ合いに発展。「で、ウム・ハマスは何を売るの?」「あたしは果物のジャムよ。近所の果物を買い占めたわよ。」ということで、バザー当日を迎えるが、誰の売り上げもさっぱり。ウム・ハマスは在庫の山と、果物の山を見てうなだれるが、そこへ、謎の一味が現れ「この果物、全部買ってやるよ。」と持ち掛けられる。二つ返事でウム・ハマスは売ってしまうが、そこにはある条件が・・・。どうやら、その裏で、正体不明のボスが何か悪事を企てているようで、4人はその悪事に巻き込まれていくのだが…。
第13話 危機感
あなたはひどいです 第13話 危機感 ヘダンの存在が、自分の人気にも影響を及ぼすと危機感を抱いたジナは、ヘダンがテレビ出演できないようにテレビ局へ圧力をかける。更にヘダンの元へ行っては、表だった活動はするなと忠告する。けれどヒョンジュンの心強い支えもあり、ヘダンはジナの嫌がらせにも屈せずにテレビ出演への準備を進める。一方、パク会長は、ジナの過去を辿るうちにギョンスの存在を知る。パク会長は幼い盲目の少年とジナとの関係に胸騒ぎを覚える。