「ポプテピピック アニメ 12」の検索結果

「ポプテピピック アニメ 12」に関する情報は見つかりませんでした。
「アニメ 12」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

第12話 雪にまつわるエトセトラ
テレビアニメ いとしのムーコ 第12話 雪にまつわるエトセトラ いよいよ冬も本番!今日もムーコは雪遊び。こまつさんが「カッコいい」と憧れるアレのモノマネに余念がない。一方、雪が降り積もり屋根に上るこまつさんを見てムーコは…?
ページ12 魔法帝は見た
テレビアニメ「ブラッククローバー」 ページ12 魔法帝は見た ブラックマーケットを散策中、ひったくり被害にあった老婆を見かけたアスタは急いで犯人を追いかける。それを見たセッケも「アスタにだけいい格好はさせない!」と、自分自身の魔法で創り出した“青銅の流星魔車輪(セッケシューティングスター)”に乗って犯人を追い詰める。だが、ひったくり犯が隠し持っていた毒のナイフで攻撃されてしまい……!? 一方、入団試験で対戦した因縁の相手、サリム・ド・ハプシャスの護衛を依頼されたユノは、金色の夜明け団の先輩クラウス・リュネットと、同期のミモザ・ヴァーミリオンとともに任務につくことになる。
ページ55 ファンゼルという男
テレビアニメ「ブラッククローバー」 ページ55 ファンゼルという男 アスタがその男ファンゼル・クルーガーと出会ったのは、魔導書(ルビ:グリモワール) 授与式の少しあとだった。魔法騎士団入団試験に向け、唯一の武器である“反(ルビ:アンチ) 魔法の剣”を使いこなす特訓をしていたアスタは、離れ離れになった婚約者、ドミナント・コードを探すファンゼルと偶然出会う。物体に纏わせた“風魔法”を剣のようにして使うファンゼルは優れた剣術の使い手で、アスタは彼の指導の下、さらなる特訓に励むことになる。 そんな中、ファンゼルを狙う者が現れる。
ページ65 ただいま
テレビアニメ「ブラッククローバー」 ページ65 ただいま 魔女王が覚醒を待ち望んだバネッサの魔法で、皮肉にも魔女王は、自身の“完全なる計画”を打ち砕かれた。自分の間違いに気付いた魔女王は、アスタたちや傷ついた森、魔女たちをその強大な力で回復させると、バネッサに「好きにするがいい……」と言い渡す。そして、白夜の魔眼が集めている魔石について尋ねるアスタたちに、魔石もアスタの持つ剣も、もともとは、高い魔力を持ちながら今は滅びた、伝説の“エルフ族”の持ち物だったことを話して聞かせる。
ページ68 死闘!? ヤミVSジャック
テレビアニメ「ブラッククローバー」 ページ68 死闘!? ヤミVSジャック 大勢の人々でにぎわう星果祭。そんな中アスタは、偶然、ヤミ団長と“翠緑の蟷螂”団のジャック団長が屋台を並べる場所を通りかかる。互いをライバル視し、ときには地形が変わるほどの激闘を繰り広げるふたりはここでも互いに張り合い、争い(?)に巻き込まれたアスタはヤミ団長の屋台を手伝って呼び込みをさせられるハメに。だがどちらの屋台も売り上げは芳しくなく、ついには……!?
ページ70 二つの新星
テレビアニメ「ブラッククローバー」 ページ70 二つの新星 星果祭もクライマックスを迎え、いよいよ9つの魔法騎士団の1年間の功績発表が始まった。功績発表では、各騎士団がその年に取得した名誉の証、“星”の数が競われる。人々が見守る中、発表された順位は、1位“金色の夜明け”団に続き、2位には何と“黒の暴牛”団!? そしてこの功績に最も貢献した団員として、アスタとユノが壇上に呼ばれることになる。 着実に実績を積み上げていることを実感するアスタとユノ。 そんなふたりに、さらなる実績を積むチャンスが訪れる!
ページ52 強い方が勝つ
テレビアニメ「ブラッククローバー」 ページ52 強い方が勝つ ダイヤモンド王国に攻め込まれたキテンの町を救うため、現場へと急行した“金色の夜明け(こんじき の よあけ)”団。彼らを援護すべく、ヤミ団長とともにアスタたちも現場へと駆けつける。 風の精霊であるシルフの「ベル」と協力し、より強力な魔法を使えるようになったユノは、ダイヤモンド王国の八輝将(はっきしょう)、ラガスと戦うことになり、両腕のケガで戦うことができないアスタはフィンラルやチャーミーとともに人々を避難させるため町中を駆け回る。 魔法騎士団員(まほうきしだんいん)たちがそれぞれの戦いを繰り広げる中、ヤミ団長が向かったのは?
ページ53 仮面の奥
テレビアニメ「ブラッククローバー」 ページ53 仮面の奥 ダイヤモンド王国との戦いの最中、敵の副将ロータス の攻撃から、“金色の夜明け”団のヴァンジャンス団長を助けたヤミ団長。ヴァンジャンス団長と一対一で対峙したヤミ団長は、以前から心に引っかかっていたことを確かめるため、彼にいつもつけている仮面をはずすよう詰め寄る。 一方、人々を護って町中を駆け回っていたアスタたちはユノと出会うが、そこにフィンラルの異母弟、ランギルス・ヴォードが現れる。幼い頃から才能を認められ、エリート魔法騎士団“金色の夜明け”団の副団長にまでなったランギルスは、いまだにうだつの上がらない兄、フィンラルを見下していたが、そんな弟にフィンラルが言い放った言葉とは?
ページ54 もう二度と
テレビアニメ「ブラッククローバー」 ページ54 もう二度と キテンの町での攻防が終わり、アスタがヤミ団長の紹介で、魔法帝(まほうてい)直属の回復魔道士(かいふくまどうし)、オーヴェンに両腕のケガを診てもらうことになった。オーヴェンはクローバー王国一の回復魔道士といわれる医者だが、そのオーヴェンからアスタに下された診断はあまりにも残酷なものだった……。 偶然そのことを耳にしてしまったフィンラルから事情を聞き、ショックを受ける“黒の暴(くろ の ぼうぎゅう)牛”団の仲間たち。それでもアスタは諦めも絶望もせず前を向こうとする。そんなアスタの姿に仲間たちは?
ページ56 続・ファンゼルという男
テレビアニメ「ブラッククローバー」 ページ56 続・ファンゼルという男 魔法騎士団入団試験を目指すアスタが、剣の特訓中に出会ったファンゼルに稽古をつけてもらってから数ヵ月後、アスタは、ヤミが団長を務める “黒の暴牛”団の一員となっていた。そんな中 “黒の暴牛”団のアジトに、偶然ファンゼルがやってくる。ファンゼルは、ノエルが魔法のコントロールのために使っている杖に見覚えがあった。それは行方知れずの婚約者ドミナが作った魔導具で、彼女の行方を知る手がかりをつかみ喜ぶファンゼル。ところがそこに再び、ファンゼルを狙う者が現れる!
ページ57 潜入
テレビアニメ「ブラッククローバー」 ページ57 潜入 アスタの腕を治すため、アスタの剣の師匠、ファンゼルに助けを求めたノエルとフィンラルは、ファンゼルの婚約者ドミナの提案で、古代の“呪術魔法(じゅじゅつ まほう)”を解除する方法を知る“魔女の森(まじょ の もり)”の女王、“魔女王(まじょおう)”のところへ行くことになる。 魔女の森出身のドミナの案内のもと、アスタを連れてファンゼルやファンゼルの教え子マリエラとともに目的地に潜入するノエルたち。ところが途中でアクシデントが起き、潜入がバレてしまう! 仕方なく強行突破で魔女王のもとにたどり着いた一同だったが、そこにはすでに先客がいた。それはドミナと同じく魔女の森出身のバネッサだったが……。
ページ64 運命の赤い糸
テレビアニメ「ブラッククローバー」 ページ64 運命の赤い糸 魔女王との約束どおり、アスタたちは襲撃者から魔女の森を救った。だが魔女王の本当の狙いは、アスタが持つ剣と、それを使うことができるアスタ自身だった。強大な自分自身の魔法でアスタを強引に傀儡(かいらい)と化し、仲間を拘束した魔女王は、意識のないアスタを操ってノエルを手にかけようとする。それを見て必死の嘆願をするバネッサだが、魔女王は聞き入れようとしない。 自分の無力さを思うバネッサ。 そのとき、アスタや仲間たちを助けたいと強く願うバネッサの秘めた力がついに目覚める!
ページ66 白夜の魔眼のひみつ
テレビアニメ「ブラッククローバー」 ページ66 白夜の魔眼のひみつ 白夜の魔眼とダイヤモンド王国の襲撃から魔女の森を救ったアスタたちが、無事“黒の暴牛”団のアジトに帰ってきた。アスタの腕も完治し、“黒の暴牛”団の仲間はもちろん、アスタのことを心配していた“金色の夜明け”団のユノ、クラウス、ミモザもほっと胸をなでおろす。だが、クローバー王国に強い憎しみを持つ白夜の魔眼や、いまだ小競り合いの続く隣国ダイヤモンド王国が今後どのような攻撃を仕掛けてくるかわからない。そのことを心配するクラウスが、ユノとミモザにあることを提案する。
ページ67 楽しいお祭りWデート
テレビアニメ「ブラッククローバー」 ページ67 楽しいお祭りWデート クローバー王国で、1年の中で最も大きなお祭りとして人々に親しまれている“星果祭(せいかさい)”が行われることになった。星果祭では毎年、国を護る9つの魔法騎士団の功績発表があり、人々の楽しみのひとつとなっている。 “祭り”ということで、団長のヤミをはじめ思い思いにお祭りを楽しもうと盛り上がる“黒の暴牛”団。ノエルもこのチャンス(?)にアスタと一緒にお祭りを楽しもうと考えるが、アスタはこの星果祭にある人物を呼んでいた。 それは、海底神殿の戦いで知り合ったキアトとカホノの兄妹で……。
ページ71 無冠無敗の女獅子(おんなしし)
テレビアニメ「ブラッククローバー」 ページ71 無冠無敗の女獅子(おんなしし) 星果祭での魔法騎士団の功績発表後、アスタとユノは、“紅蓮の獅子王(ぐれん の ししおう)”団の新団長、メレオレオナが、団員たちを前に怒りに燃える姿を目にする。フエゴレオン前団長の姉であるメレオレオナは、今回の不本意な功績発表に納得がゆかず、負傷によって離脱した弟フエゴレオンのことを「愚弟」と言い放つが、これにもうひとりの弟レオポルドやほかの団員たちが反論。メレオレオナ団長のもと、己を鍛えなおすため、一同は温泉地で“合宿”を 行うことに。この合宿に、なぜかアスタとユノ、ヤミ団長とシャーロット団長、さらには偶然通りかかったノエルまで強制参加させられることになり……!?
第12話 『究極の一刀』
【テレビアニメ】キングダム 第1シリーズ 第12話 『究極の一刀』 右龍の回廊へ突入した信たちの前に、人斬り長・左慈が立ちふさがる。圧倒的な強さを誇り、常に一刀で敵を仕留めるという左慈の剣は強靭な山の民をも真っ二つに斬り捨てる。味方の兵も立ちすくむ中、迷うことなく立ち向かう信。互いに一歩も引かず激しく打ち合う二人だが、信の剣がわずかに左慈を傷付けると左慈は激高し…!
第12話 『高狼城攻略』
【テレビアニメ】キングダム 第2シリーズ 第12話 『高狼城攻略』 向の証言で呂不韋と太后の不義を知った政陣営は、一気に相手を叩くべくその事実を触れ回る。その効果はすぐ現れ、呂不韋陣営を大きく揺るがすこととなる。一方、高狼城を攻める秦国軍は敵の巧みな防御術の前に苦戦を強いられていた。幾日たっても戦局は動かず、飛信隊も強固な城壁を前に手が出せない。そんな中、玉鳳隊は?
第1話 『無名の少年』
無料
【テレビアニメ】キングダム 第1シリーズ 第1話 『無名の少年』 紀元前245年。春秋・戦国時代の中国、西方の秦国で、天下の大将軍を目指し鍛錬に励む二人の少年・信と漂がいた。ともに戦災孤児で下僕として働いていた二人だが、ある日、大臣・昌文君が現れ漂を王宮で仕官させると告げる。「行き着く場所は同じだ」だと誓い合い別れる二人。しかし、その後王弟の反乱が勃発し…。
第2話 『運命の出会い』
【テレビアニメ】キングダム 第1シリーズ 第2話 『運命の出会い』 漂から託された地図を元に黒卑村へと向かった信は、そこで漂と瓜二つの少年・政と出会う。この少年こそ秦王嬴政-後の始皇帝であった。混乱する信の前に政の命を狙う刺客・朱凶が現れ「漂を殺したのは自分だ」と嘲笑う。怒りに我を忘れ剣を振るうものの手も足も出ず倒れ伏す信。しかし、漂の無念を思う信は再び立ち上がる。
第3話 『友よ…!』
【テレビアニメ】キングダム 第1シリーズ 第3話 『友よ…!』 刺客・朱凶に続き、今度は王弟が差し向けた大軍に囲まれ逃げ場を失う信と政。強行突破を図る二人の前に河了貂という子供が現れ「抜け道がある」と言う。貂の手引きで軍の包囲を掻い潜ろうとする中、政は「漂は万が一のための影武者だった」と告げる。逆上する信に政は「漂はそのことを十分にわかっていた」と逆に声を荒げる
第4話 『王と剣』
【テレビアニメ】キングダム 第1シリーズ 第4話 『王と剣』 漂の思いを知った信は自分達の路のため政についていくことを決意。「その為に利用するだけだ」と言う信と「お前はただの剣だ」と言い返す政。更に「金の為」と言う貂も加えた一行は昌文君を筆頭とする大王派臣下との合流地を目指す。連日の疾走の末、合流地に辿り着いた三人は昌文君らを待つが、そこに新たな刺客・ムタが!
第5話 『折れない心』
【テレビアニメ】キングダム 第1シリーズ 第5話 『折れない心』 ムタと対峙した信は、初めて感じた殺気に恐怖し、本来の力が出せない。しかし政の檄で自分が無意識に退がっていたことを知り、不退こそが自分の武器だと確信。殺気の呪縛から解放された信は戦いの最中に進化し始める。 一方咸陽にて勢力争いに全く興味を示さなかったはずの伝説の大将軍・王騎が王宮に届けたものとは?
第6話 『大将軍への道』
【テレビアニメ】キングダム 第1シリーズ 第6話 『大将軍への道』 政の無事に涙する昌文君に対し、漂の死の怒りをぶつけようと信は剣を振り上げる。しかし昌文君の副官・壁は信の手を止めると、最後まで傍にいた者として漂の様子を語りたいと言う。憮然とする信に壁が語る漂は、堂々たる王であり英雄のようで、信は次第に心打たれる。己の未熟さに気付いた信は改めて将軍になる路を政に問う
第7話 『恐ろしき山の民』
【テレビアニメ】キングダム 第1シリーズ 第7話 『恐ろしき山の民』 王宮奪還のため、加勢となる軍勢を求めて山の王に会いに行く一行。壁から荒ぶる山の民との壮絶な戦いの一端を聞かされ緊張する一行だが、信だけは「味方にする値打ちがある」と意気揚々。その背に政と昌文君は何かを感じ取る。更に先を目指す一行だが、いつの間にか奇妙な仮面を被った夥しい数の山の民に取り囲まれており…
第8話 『それぞれの夢』
【テレビアニメ】キングダム 第1シリーズ 第8話 『それぞれの夢』 山の民に連れられ、たった一人で山の王の元へと向かった政。その後を追い山の民の王国に乗り込んだ信、貂、壁の眼前に現れたのは想像を絶する堅牢な要塞であった。驚愕する三人。そしてその背後に山の民が音もなく忍び寄る。一方山の王・楊端和は助力を求める政の申し出を一蹴。積年の恨みを晴らすため首を刎ねると宣告する
第9話 『いざ咸陽へ』
【テレビアニメ】キングダム 第1シリーズ 第9話 『いざ咸陽へ』 楊端和の心を動かし、信たちが山の民と共に昌文君らの元へ戻ってきた。勢いにのり、早速王都・咸陽へと攻め込む作戦会議を始める一同。しかし政側の勢力はおよそ三千。対する敵・竭氏の軍は八万。兵力差があると喚く信だが、政は「悪くない」と言う。その頃王宮では、自分に従う大軍勢を前に笑みを浮かべる王弟・成蟜がいた
第10話 『王都突入』
【テレビアニメ】キングダム 第1シリーズ 第10話 『王都突入』 咸陽に到着した信たちは政の発案で全員山の民に扮装。いざ王宮へ。策が功をなし城門を潜り抜けた一行は王宮へと通じる門の前へとやってくる。そこで立ち止まった政は王宮をまっすぐ見つめ、「全ての始まりはここだった」と語りだす。政と漂が出会い、信と政が出会った運命の始まりの場所。今ここに、決着の戦いが始まる!
第11話 『激戦開始』
【テレビアニメ】キングダム 第1シリーズ 第11話 『激戦開始』 信の活躍で朱亀の門を突破した一同は、勢いのまま、おびき出した竭氏に襲い掛かる。そして竭氏の喉元まで山の民の刃が迫った時、無数の矢が!?実は此度の動きに不審を感じていた肆氏が弩行隊を率い潜んでいたのだ。睨み合う両者の中、政は敵前に姿を現して注意を引き付け、その間に信・壁らが別働隊として本殿へと攻め入る
第13話 『ランカイ吠える』
【テレビアニメ】キングダム 第1シリーズ 第13話 『ランカイ吠える』 ついに本殿へと踊りこんだ信たち。しかし成蟜は玉座に悠然と構えたまま。信は、一同を下等な輩と蔑む成蟜に真っ向から挑みかかるが、次の瞬間、巨大な化け物・ランカイが牙をむく。成蟜のペットであり護衛役を果たすランカイの凄まじい破壊力に誰も手を出せずにいる中、山の民・バジオウがひとり前へと進み出る。
第14話 『剣の力』
【テレビアニメ】キングダム 第1シリーズ 第14話 『剣の力』 成蟜の一言で野獣と化したランカイに、壁の言葉を受け、剣と一体となった信が挑む。その渾身の一撃と気迫はランカイの戦意を打ち砕き、倒されるランカイ。そして後がなくなった成蟜は逃げ出し、竭氏は最後のあがきを見せるもついに討ち取られるのである。一方、広間では乱戦の真っただ中、政の前に王騎が現れる。