「ポーカー 番組」の検索結果

今すぐ視聴する

5月#1:1回戦〜鬼龍院翔×塚本高史
無料
GACKTプロデュース!POKER×POKER〜業界タイマントーナメント 5月#1:1回戦〜鬼龍院翔×塚本高史 記念すべき5月トーナメントでは 【ヴィジュアル界代表・鬼龍院翔】 vs【俳優界代表・塚本高史】 【アイドル界代表・矢口真里】 vs【YouTuber界代表・マックスむらい】 今週は鬼龍院翔vs塚本高史をお届けする!試合開始直後、まさかの展開が!!
5月#2:1回戦〜鬼龍院×塚本高史&矢口真里×マックスむらい
無料
GACKTプロデュース!POKER×POKER〜業界タイマントーナメント 5月#2:1回戦〜鬼龍院×塚本高史&矢口真里×マックスむらい 記念すべき5月トーナメントでは 【ヴィジュアル界代表・鬼龍院翔】 vs【俳優界代表・塚本高史】 【アイドル界代表・矢口真里】 vs【YouTuber界代表・マックスむらい】 今週は鬼龍院翔vs塚本高史の決着編!矢口真里vsマックスむらいも開戦!!
5月#3:1回戦〜矢口真里×マックスむらい決着
無料
GACKTプロデュース!POKER×POKER〜業界タイマントーナメント 5月#3:1回戦〜矢口真里×マックスむらい決着 記念すべき5月トーナメントでは 【ヴィジュアル界代表・鬼龍院翔】 vs【俳優界代表・塚本高史】 【アイドル界代表・矢口真里】 vs【YouTuber界代表・マックスむらい】 今週は矢口真里vsマックスむらい決着。果たして決勝で鬼龍院翔と戦うのはどちらだ?!
5月#4:決勝戦(鬼龍院翔×矢口真里)&ラスボスマッチ
無料
GACKTプロデュース!POKER×POKER〜業界タイマントーナメント 5月#4:決勝戦(鬼龍院翔×矢口真里)&ラスボスマッチ 記念すべき5月トーナメントでは 【ヴィジュアル界代表・鬼龍院翔】 vs【俳優界代表・塚本高史】 で鬼龍院翔が泣きのおかわりで決勝進出! 【アイドル界代表・矢口真里】 vs【YouTuber界代表・マックスむらい】 では矢口真里が大逆転で決勝へ! 5月決勝は【ヴィジュアル界代表・鬼龍院翔】 vs【アイドル界代表・矢口真里】 さらに王者を待ち受けるのはGACKTからの刺客・・・ラスボスマッチも開催!
#37 ストリップを掲げた闇ポーカー
チーターズ~浮気調査団~ #37 ストリップを掲げた闇ポーカー 依頼人が恋人・配偶者の浮気調査を依頼。これを探偵事務所『チーターズ』が調査し報告をする。そして依頼人と調査対象者との直接対決!そして、カップルと浮気相手の顛末までを描く!
#3: 全然ポーカーフェイスじゃないじゃない!!
L 礼香の真実 #3: 全然ポーカーフェイスじゃないじゃない!! 「先生の方が頭がかた~い」小学校を卒業した礼香は、中学・高校も密かに正幸に想いを寄せ続けていた。成績優秀な正幸だったが、勉強において正幸をライバル視する真一と、真一の肩を持つ教師の芥川にことごとくコケにされ悔しい想いをさせられていた…。そんな正幸の様子を目の当たりにし憤る礼香は、復讐の手初めに放課後に芥川を呼び出し…
第2話 超能力をみがけ
エスパー魔美 第2話 超能力をみがけ 魔美が高畑の部屋で超能力の実験をしていると高畑のいとこ黒雪妙子が現れて、魔美と妙子はポーカー勝負をすることに。その勝負中にも超能力はスキルアップして、勝負に勝つ魔美。しかし高畑はまだ自分をエスパーだと勘違い。魔美は、エスパーは自分だと高畑に言えないまま、超能力に磨きをかけていくことを決意する。
Krush.60 2015年11月14日 東京・後楽園ホール
Krush 2015 Krush.60 2015年11月14日 東京・後楽園ホール 2015年11月14日、後楽園ホールにて行われたKrush.60。今大会では“難攻不落のポーカーフェイス”NOMANの持つKrush -65kg王座に、“GOLDEN FIST”山崎秀晃が挑戦。-63kgの王座戴冠経験のある山崎が、階級を上げて実現したこのタイトルマッチ。Krush初の2階級制覇に山崎が挑む。(本編内にある試合告知は過去に開催された試合の告知です) *スマートフォンをご利用の方はブラウザでもご覧いただけますが、スマートフォンアプリでのご視聴をおすすめします。 *Wi-fi環境下でのご利用をおすすめします。
持ち場を守れ
ストリート・アウトロー 持ち場を守れ 仲間が集うポーカー大会でモンツァ(4位)が結婚を控えるデイブ(3位)に対戦を要求。自身の現在のランクに憤るマーダーノヴァ(2位)。舌戦の末、再戦が決定したチャック(7位)とフリップ(6位)。そんな中ビッグチーフはデイブに結婚式を執り行うよう依頼される。結婚式を翌日に控え、モンツァとのレース前にテスト走行を行うデイブだったが、その顔が青ざめる出来事が起こってしまう。
第26話 ポーカーなら無敵/ 逝き先は地獄の方で宜しかったでしょうか
「鬼灯の冷徹」第弐期 第26話 ポーカーなら無敵/ 逝き先は地獄の方で宜しかったでしょうか 鬼灯による「マルキ・ド・サドとレーオポルト・ファン・ザッハ・マゾッホの生涯」の朗読が終わる。座敷童子たちは静かに立ち上がり、完全な無表情のまま拍手し続ける。おそらくスタンディングオベーションなのだろうが、シュールな光景に、物陰から様子をうかがっていた唐瓜は震え上がる。接客業をするわけではないが、座敷童子は女の子。こんな無表情のままでいいのだろうかと、唐瓜はふと心配になってしまう。/何度言っても汚すぎる字が直らない書類に、葉鶏頭の堪忍袋の緒が切れる。怒髪天の葉鶏頭に、汚い字の主・烏頭は言葉なんざ伝わりゃいいんだと応戦するが、鬼灯はその内容が伝わってないから問題なんだと返す。誤字脱字なく正しい日本語を使うべき派の葉鶏頭と、誤字脱字があろうが大事な事が伝わればいい派の烏頭。どちらの主張も間違ってはいないが、みんなはどちら派なのか。鬼灯は意識調査をして多数決をとることに!