「ミサイル迎撃」の検索結果

「ミサイル迎撃」に関する情報は見つかりませんでした。
「ミサイル」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

「弾道ミサイル遠からず見る」日朝対話も否定的
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「弾道ミサイル遠からず見る」日朝対話も否定的  北朝鮮高官は28日に発射した飛翔(ひしょう)体を弾道ミサイルと発表した安倍総理大臣を非難する談話を出し、新たな発射を警告しました。  朝鮮中央通信は30日朝、北朝鮮外務省の日本担当の副局長が「写真を見てもロケット砲とミサイルを見分けられていない」と安倍総理を非難する談話を伝えました。北朝鮮メディアは、28日に発射したのは「超大型ロケット砲」だと報じていました。また、「真の弾道ミサイルが何かを遠からず、それも非常に近くで見ることになるかもしれない」と日本上空を通過するミサイルの発射を示唆しました。そのうえで、日本が弾道ミサイルだと発表したことについて「『北朝鮮の脅威』と奇声を発すればアメリカが喜ぶと打算した」と批判し、安倍総理が求める日朝の対話に否定的な考えを示しました。
ミサイル発射に総理「国際社会に対する深刻な挑戦」
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 ミサイル発射に総理「国際社会に対する深刻な挑戦」  北朝鮮が弾道ミサイル2発を発射したことを受け、安倍総理大臣は「国際社会に対する深刻な挑戦だ」と強く批判しました。  安倍総理大臣:「我が国の領域やEEZ(排他的経済水域)内への落下は確認されていませんが、北朝鮮の度重なる弾道ミサイルの発射は我が国のみならず国際社会に対する深刻な挑戦です」  また、「アメリカや韓国など国際社会と連携しながら、警戒監視などに全力を挙げる」と強調しました。防衛省によりますと、今回のミサイルの飛行距離は約380キロで、高度は約100キロだったということです。日本政府関係者は、弾道ミサイルは「短距離」のタイプで、先月31日に北朝鮮が「超大型放射砲」として発射したものと似ているという分析を示しました。また、2発が発射された間隔は30秒で前回の3分間隔よりも縮まっていて、「北朝鮮ミサイルの技術が着実に進んでいる」と警戒感を示しています。
北朝鮮、今年13回目の“飛翔体発射” EEZ外落下か
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 北朝鮮、今年13回目の“飛翔体発射” EEZ外落下か  政府は28日午後、北朝鮮から弾道ミサイルとみられる飛翔(ひしょう)体が発射されたと発表しました。  政府関係者によりますと、発射された飛翔体は2発だということです。日本の領域や排他的経済水域には落下していないとみられます。政府は「北朝鮮による弾道ミサイルなどの度重なる発射は国際社会全体にとっての深刻な問題だ」としたうえで、引き続き警戒監視に全力を挙げるとしています。北朝鮮は先月31日に短距離弾道ミサイルを発射していて、今回の飛翔体の発射は今年に入って13回目となります。また、韓国軍によりますと、咸鏡(ハムギョン)南道ヨンポ一帯から飛翔体2発が発射されたということです。
北朝鮮巡り安保理緊急会合へ 静観の米が開催要請
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 北朝鮮巡り安保理緊急会合へ 静観の米が開催要請  北朝鮮による挑発がエスカレートするなか、国連の安全保障理事会がアメリカの要請で11日に北朝鮮の核・ミサイル問題に関する緊急会合を開くことが分かりました。  アメリカ国務省によりますと、会合はアメリカが開催を要請し、11日午後に公開で行われる予定です。北朝鮮の相次ぐミサイル発射や挑発行為が拡大する可能性など、朝鮮半島の最新情勢について幅広く議論するとしています。今年5月以降、北朝鮮はミサイルなど飛翔(ひしょう)体の発射を繰り返していますが、ヨーロッパの国々が中心になって安保理での議論を呼び掛けてきました。北朝鮮との非核化交渉が膠着(こうちゃく)しているアメリカは静観の姿勢を取り続けていましたが、今回、北朝鮮批判に転じるかどうかが焦点となります。
韓国軍「飛翔体は先月と同じロケット砲」と説明
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 韓国軍「飛翔体は先月と同じロケット砲」と説明  28日夕方、北朝鮮が弾道ミサイル2発を発射しました。韓国軍は、発射されたのは「弾道ミサイル」ではなく「飛翔(ひしょう)体」としていて、先月31日と同じく「超大型ロケット砲」と推定されると発表しました。  韓国軍によりますと、北朝鮮は午後5時ごろ、東部の咸鏡(ハムギョン)南道連浦(ヨンポ)付近から日本海に向けて飛翔体を2発発射し、飛距離は約380キロ、高度は約97キロだったということです。北朝鮮が先月31日に発射した飛翔体と同様の「超大型ロケット砲」とみられ、韓国軍関係者は、「事前に関連動向を監視していた」と説明しています。北朝鮮は、新型兵器の実戦配備に向けて技術開発を進めるとともに、「年末まで」と期限を区切っている非核化交渉に進展がないなか、アメリカを牽制(けんせい)する狙いがあるとみられます。
北朝鮮「重大問題を決定」 今月下旬に会議開催へ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 北朝鮮「重大問題を決定」 今月下旬に会議開催へ  北朝鮮メディアは朝鮮労働党が今月下旬に会議を開き、「重大な問題を決定する」と報じました。アメリカとの非核化交渉が難航するなか、核・ミサイル開発を再開する可能性があります。  朝鮮中央通信は4日朝、朝鮮労働党が今月下旬に中央委員会総会を開催することを決めたと伝えました。「重大な問題を討議し、決定する」としていて、ICBM(大陸間弾道ミサイル)の発射や核実験再開の方針を決める可能性があります。また、4日付の労働新聞は、金正恩委員長が白馬に乗って中国との国境にある白頭(ペクトゥ)山に登った様子を報じました。金委員長は重大な決定をする際に白頭山を訪れていて、「敵の策動が日増しにひどくなっている時ほど、攻撃思想で闘わなければならない」と述べたということです。非核化交渉が難航するなか、北朝鮮はアメリカとの対決姿勢を強めるとみられます。
国連安保理 北朝鮮への非難にアメリカ加わらず
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 国連安保理 北朝鮮への非難にアメリカ加わらず  北朝鮮のミサイル発射を受けて、国連の安全保障理事会が非公式に会合を開きました。ヨーロッパ各国が発表した北朝鮮を非難する声明にアメリカは加わりませんでした。  安保理は4日にイギリスやフランスなどの要請を受けて、先週にミサイルを発射した北朝鮮の対応について協議しました。北朝鮮がさらに、「クリスマスプレゼントに何を選ぶかはアメリカ次第」と非核化交渉に譲歩を求めていることに批判が上がりました。  ピアス英国連大使:「(北朝鮮の言うプレゼントとは)人々が望むギフトとは思えない。北朝鮮が本当に必要なのは完全な非核化に向けた具体的な措置だ」  会合後、ヨーロッパの6カ国は北朝鮮を強く非難する声明を発表しました。しかし、アメリカや中国などは同意せず、安保理全体で一致した見解は出せませんでした。
米韓首脳が電話会談「半島情勢厳しい」認識共有
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米韓首脳が電話会談「半島情勢厳しい」認識共有  アメリカのトランプ大統領と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は電話で会談し、北朝鮮のミサイル発射など「情勢は極めて厳しい」との認識を共有するとともに、北朝鮮との対話継続で一致しました。  韓国大統領府は7日、トランプ大統領の要請で米韓首脳が電話会談をしたと発表しました。北朝鮮がミサイル発射を繰り返し、さらなる軍事的挑発の兆候を見せるなか、「最近の朝鮮半島情勢は極めて厳しいとの認識を共有した」としています。また、米朝の非核化交渉で成果を出すために対話を続けることで一致したということです。北朝鮮は非核化交渉の期限とする年末に向けてアメリカへの牽制(けんせい)を強めていて、対応策を話し合ったとみられます。トランプ大統領は3日、北朝鮮に対して「必要なら軍事力を行使する」と述べ、北朝鮮が反発する談話を出していました。
“排気”の跡も 北朝鮮がロケットの燃焼実験か
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 “排気”の跡も 北朝鮮がロケットの燃焼実験か  アメリカのCNNテレビは衛星写真を分析した結果、北朝鮮がロケットエンジンの燃焼実験を行った可能性があると報じました。  CNNテレビは北朝鮮の東倉里(トンチャンリ)にある西海(ソヘ)衛星発射場の衛星写真を分析した結果、ロケットエンジンの燃焼実験が行われた可能性が高いと報じています。7日と8日にかけて撮影された衛星写真には、発射台の右にある円で囲まれた部分に排気によって土が吹き飛ばされた跡があると指摘しています。北朝鮮のメディアは東倉里の西海衛星発射場で7日午後、「非常に重要な」実験が行われたと発表していて、日本政府の関係者はミサイルのエンジンの燃焼実験だと見ています。米朝交渉が膠着(こうちゃく)するなか、北朝鮮が弾道ミサイルの発射を示唆してアメリカを牽制(けんせい)している形です。
北朝鮮が飛翔体発射 河野大臣「直ちに抗議」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 北朝鮮が飛翔体発射 河野大臣「直ちに抗議」  北朝鮮が弾道ミサイル2発を発射したことを受け、河野防衛大臣が会見しました。
北朝鮮「重大実験」 大陸間弾道ミサイル前触れ?
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 北朝鮮「重大実験」 大陸間弾道ミサイル前触れ?  8日に北朝鮮が「非常に重大な実験」を行ったと発表しましたが、アメリカのメディアの分析で、ロケットエンジンの燃焼実験を再開させたとみられることが分かりました。  北朝鮮のメディアは東倉里(トンチャンリ)の衛星発射場で7日午後に非常に重大な実験が行われたと発表しました。アメリカCNNは今回、実験が行われた東倉里にある衛星発射場の衛星写真を分析した結果を報じました。7日と8日にかけて撮影された衛星写真には排気によって土が飛ばされた跡があると指摘しています。  実は、この施設は去年6月の米朝首脳会談でトランプ大統領がすでに取り壊されたと主張していた場所です。今回の実験は、まさにICBM(大陸間弾道ミサイル)を示唆するアメリカへのクリスマスプレゼントなのでしょうか。  一方、この人は黙っていません。北朝鮮の重大な実験の発表について直接、言及はしないものの、金委員長について強く警告しました。年末には北朝鮮が定めた非核化交渉が期限を迎えます。
安倍総理「国際社会に対する深刻な挑戦だ」
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 安倍総理「国際社会に対する深刻な挑戦だ」  北朝鮮が弾道ミサイル2発を発射したことを受け、安倍総理大臣は「国際社会に対する深刻な挑戦だ」と強く批判しました。
北朝鮮が飛翔体を発射 海上保安庁
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 北朝鮮が飛翔体を発射 海上保安庁  海上保安庁は28日午後5時3分、北朝鮮からミサイルが発射されたとみられると発表しました。海上の船舶などに対し、落下物などへの注意を呼び掛けています。
海兵隊歩兵学校
密着!米軍演習 海兵隊歩兵学校 過酷さで知られるアメリカ軍隊のトレーニングの模様をリアルに伝えるシリーズ。今回は海兵隊歩兵学校の訓練に密着する。機関銃や肩撃ち式のミサイル、空対地ロケット弾などの威力を紹介。また、海兵隊の優れた訓練法に迫る。
葬られた危機~イラク日報問題の原点~
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2019【土曜放送】 葬られた危機~イラク日報問題の原点~ 湾岸危機で日本はアメリカから自衛隊を派遣するよう求められた。しかし当時は派遣できる環境になく、代わりに民間の輸送船がペルシャ湾に向かった。 外務省は「日本政府の指揮下で安全に航行する」と説明していたが、実態は異なり、アメリカ軍の指示で危険な海域に入りミサイル攻撃に晒されていた。攻撃の事実は極秘とされ、以後、自衛隊の海外派遣が本来任務となっていく。 番組では、海外派遣を支えてきた「隠ぺい」の原点を探る。
第42話 戦えワタル!!魔神殿の攻防
魔神英雄伝ワタル 第42話 戦えワタル!!魔神殿の攻防 忠臣であるザン3兄弟やドン・ゴロを“用済み”とばかりに消すドアクダー。その冷酷さと、それを怒るワタルたちの壮絶な睨み合い。ドンゴロが放ったミサイルから、ヒミコを身を呈して守る邪虎丸の虎王にも注目したい。“ヨメ”を守る男気を感じる。クラマも新魔神・空王丸で登場。
「非常に重大な実験」北朝鮮がエンジン燃焼実験か
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「非常に重大な実験」北朝鮮がエンジン燃焼実験か  北朝鮮メディアは衛星発射場で7日、「非常に重大な実験」が行われたと報じました。  朝鮮中央通信は東倉里(トンチャンリ)にある西海(ソヘ)衛星発射場で午後、「非常に重大な実験」が行われたと報じました。「近く、朝鮮の戦略的地位を変化させるうえで重要な作用をする」としていて、弾道ミサイル発射に向けたエンジンの燃焼実験の可能性があります。アメリカのCNNは5日、同じ衛星発射場で大型の輸送コンテナが確認されるなど、新たな活動の兆候があると報じていました。
第25話 愛の国際親善?! ライバルはブロンド美人
シティーハンター 第25話 愛の国際親善?! ライバルはブロンド美人 とある場所でリョウが会った金髪美女の正体は、兵器の密輸ルートを追って日本にやってきたスイーパー「エンジェル・ハート」だった。高性能コンピューターをパートナーに密輸組織を追い詰めるエンジェルに協力するリョウだが、二人の乗ったヘリはミサイルに撃墜されそうになり……。
トランプ大統領「金委員長とは良好」挑発には“釘”
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ大統領「金委員長とは良好」挑発には“釘”  アメリカのトランプ大統領は、新たにミサイルを発射する構えを見せている北朝鮮に対して挑発的な行動を控えるよう釘を刺しました。  トランプ大統領:「北朝鮮が敵対的な行動に出たら私は驚く。金正恩委員長とは良好な関係を築いてきた。しかし、何らかの敵意があることは間違いない」  トランプ大統領は金委員長との良好な関係を強調する一方、アメリカへの批判を続ける北朝鮮を牽制(けんせい)しました。さらに、「金委員長は私が来年、選挙を控えていることを知っているはずだ。彼が選挙を邪魔するようなことはしないと思っている」と述べ、トランプ政権の外交実績に傷を付けるような行動は控えるよう釘を刺しました。
第26話 光る島
巨神ゴーグ 第26話 光る島 核ミサイルが島に迫る。消沈するキャリア・ビーグルの面々。だが、悠宇はゴーグとともにガイルタウンに向けて進み始める。「行くんだ、皆のところに」。そして行動をともにするビーグルの面々。悠宇とゴーグの冒険物語は感動のフィナーレへ!
イージス・アショア 新屋演習場への配備見直しへ
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 イージス・アショア 新屋演習場への配備見直しへ  政府は地上配備型のミサイル防衛システム「イージス・アショア」の秋田県の新屋演習場への配備計画について、見直す方向で検討に入ったことが分かりました。  新屋演習場への配備計画を巡っては、防衛省が間違ったデータをもとに報告書を作り、住民への説明会では職員が居眠りするなど誠意を欠いた対応を行ったため、地元の自治体や住民の反発が強まっていました。こうしたことから政府はゼロベースで見直し、新屋演習場を除く青森県や山形県などの19の候補地を新たな配備先として検討する考えです。現在、候補地の測量やインフラ整備などについて再調査を行っていて、早ければ来年3月にも再調査の結果をまとめる方針です。
北朝鮮サバイバル
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 北朝鮮サバイバル 今回のテーマは、「北朝鮮サバイバル」。核・ミサイルで体制の「サバイバル」をはかってきた金政権。一方で、そのもとで暮らす人々も、自らの生活をかけて日々「サバイバル」をはかり、北朝鮮経済を支えている。北朝鮮外交が歴史的な節目を迎える中、あえて経済と人々の暮らしに焦点をあて、体制の陰で人々がどうやって生き延びようとしているのかを取材した。 中国の特派員が国境付近で撮影した、北朝鮮国内の最新映像には、凍った川に穴をあけて洗濯する女性たちや、木炭車とみられる車に群がる人々がとらえられていた。過酷な環境の中でたくましく生きる人々の姿を紹介する。 また、北朝鮮の企業と長年取引を続けてきたオランダ人ビジネスマンや、北朝鮮の大学に留学したイギリス人学生の話などを通して、「私たちが知らない北朝鮮」の姿を伝える。
立憲・枝野氏「危機管理能力失っている」官邸枠巡り
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 立憲・枝野氏「危機管理能力失っている」官邸枠巡り  立憲民主党の枝野代表は「桜を見る会」を巡り、政府・与党側がジャパンライフ元会長に宛てた招待状は事実上、官邸の推薦枠だったとして「危機管理能力を失っている」と強く批判しました。  立憲民主党・枝野代表:「マルチ商法的なものに推薦した方、手を貸した、それが政府関係者ならその責任から逃れることはできない。首相官邸周辺が危機管理能力を失っていると思います」  また、枝野代表は今の安倍総理大臣を「一流棋士なら投了しないとおかしい。棋士なら二流三流だ」と将棋に例えて皮肉りました。安倍総理が28日に北朝鮮がミサイルを発射した後に会食に出掛けたことについても「危機管理について大変ちぐはぐだ。一日も早く辞めて頂きたい」と批判しました。中曽根元総理が死去したことについては「立場や意見は違うが、日本の歴史に大きな足跡を残された」と哀悼の意を表しました。
北朝鮮巡りトランプ氏「必要であれば軍事力行使も」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 北朝鮮巡りトランプ氏「必要であれば軍事力行使も」  ロンドンを訪れているトランプ大統領は、挑発を続ける北朝鮮について金正恩委員長との良好な関係を強調する一方、必要であれば軍事力も行使すると述べました。  アメリカ、トランプ大統領:「金委員長とは良好な関係だ。今後、どうなるか見てみよう。彼はミサイルを撃つのが好きだ。だから私は『ロケットマン』と呼んでいるんだよ。米軍は強い。もし必要であれば、米軍の力を用いることもある」  トランプ大統領は、挑発を続ける北朝鮮に対して対話を続けるよう牽制(けんせい)しました。米朝の非核化交渉は完全な非核化を求めるアメリカに対して、北朝鮮が先に制裁緩和を求めるなど膠着(こうちゃく)状態が続いています。一方、部分合意を目指している中国との貿易協議についてトランプ大統領は、「期限を設けていない。来年の大統領選挙後の合意もあり得る」と述べました。香港人権法の成立に中国が反発を強めているなか、米中による貿易戦争が長期化する見通しを示した形となりました。
「敵意ある行動はすべて失う」トランプ氏が警告
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「敵意ある行動はすべて失う」トランプ氏が警告  北朝鮮に対し、アメリカのトランプ大統領は「敵意ある行動に出ればすべてを失う」と警告しました。  トランプ大統領はツイッターで、金正恩委員長について「もし敵意ある行動に出れば失うものが非常に多い。実際はすべてを失う」と強く警告しました。弾道ミサイルの発射などを念頭に置いたものですが、北朝鮮メディアが衛星発射場で「非常に重大な実験」を行ったと発表したことについては直接、言及していません。トランプ大統領はさらに、「金委員長は私との特別な関係を失うことや11月の大統領選挙の邪魔をすることを望んでいない」と牽制(けんせい)しています。非核化については「NATO(北大西洋条約機構)、中国、ロシア、日本、そして、すべての世界はこの問題で一致している」と北朝鮮に譲歩するよう迫りました。また、アメリカのエスパー国防長官はFOXテレビのインタビューで「我々は常に準備ができていて、北朝鮮と戦争が起これば今夜にも勝利する」と述べ、「交渉の窓口は常に開いている」と北朝鮮に対して非核化交渉の再開を促しました。
第8話 葵は想像以上のスペックを発揮するようです!
超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 第8話 葵は想像以上のスペックを発揮するようです! 七光聖教の存在に激怒するギュスターヴは迸る怒りのそのままに、天の炎、ラージュソレイユを解き放つ。 突然の攻撃に混乱を極めるドルムント。 そんな状況にあって、司は落ち着き払っていた。全ては想定していたこと。皆が為すべきことを為せば、必ず切り抜けられるはず。 司が作成した避難計画によって、ドルムントは最悪の被害を免れる。 だが、天の炎は止まらない。放たれた炎の精霊たちは、街を焼き尽くさんと攻撃を続けていた。ミサイルも効かない窮地に立たされた時、世界最高の剣豪、一条葵が名乗りを上げる。