「メジャー 2話」の検索結果

今すぐ視聴する

第12話 呪縛
メジャー 第5シリーズ 第12話 呪縛 ドミニカ対ベネズエラ戦を観にきた吾郎たちだったが、ドミニカのスタメンには主力選手がほとんどいなかった!体調不良の選手をベネズエラ戦で休ませ、日本戦に勝つほうが簡単と考えたらしい。日本は、ドミニカ戦に負けると、決勝リーグに進めない可能性がある。一方その翌日、清水は日本人少女の和香と知り合うが…。
第22話 終わらない夢
メジャー 第5シリーズ 第22話 終わらない夢 10回表、自らマウンドに立ったギブソン。少年時代の約束をついに実現した、吾郎の心のうちは…。日本とアメリカ、どちらも引けない真っ向勝負。寿也は吾郎のため、ジュニアは父のため、自分のバットで試合に決着をつけようと打席に立つが…11、12、13回…延長は、2人の白熱した投手戦が続く展開に!
第2話 二人の温度差
メジャー 第5シリーズ 第2話 二人の温度差 吾郎は清水の約束をすっぽかした。清水が自分に友情以上の気持ちをもっていることに気づいた吾郎は、日本代表チームの練習相手となる若手選抜に、自分が参加できなくなったと知っても上の空。翌日、聖秀高校でトレーニングをしていた吾郎の元へ、意外な人物が訪れアドバイスを与えるが、吾郎がとった行動は…。
第2話 鮮烈デビュー!
メジャー 第6シリーズ 第2話 鮮烈デビュー! いよいよメジャーが開幕! 吾郎はホーネッツの開幕第3戦の先発として初登板を果たす。 ついにメジャーのマウンドに立った感慨とともに、さらに頂点を目指す決意をする吾郎は序盤から落ち着いた態度で快調なピッチング。 やがて「メジャー初先発でノーヒットノーラン」という史上初の記録を意識し始めるが…。
第12話 暗黙のルール
メジャー 第6シリーズ 第12話 暗黙のルール 快進撃が続き、首位コヨーテスと2ゲーム差に迫ったホーネッツ。そんな中、「荒くれマードック」と呼ばれる問題児がトレードで加入。チームの皆が恐れる中、キーンやワッツは冷静。吾郎は、「自分も問題児扱いされたから」と気にしない。 だがチームに合流した翌日、マードックはいきなり自分勝手で危険なプレーを見せる。
第2話 トライアウト
メジャー 第4シリーズ 第2話 トライアウト メジャーの4番・ボルトンに簡単に打たれた吾郎だったが、トライアウトの1次テストにはなんとか合格した。次のテストは試合形式。だがその合格条件は、テスト生同士で即席のチームを作り、格上の1Aチームを相手に10対0から逆転勝ちしなければならない、という厳しいものだった!
第22話 残されたチャンス
メジャー 第6シリーズ 第22話 残されたチャンス ホーネッツとコヨーテスの優勝決定戦に、もう1点もやれない場面で登板した吾郎。だが、投げ込み不足で球は走らず、ノーアウト満塁のピンチでシルヴァと対決することに。 かろうじて乗り切った吾郎だったが、血行障害に気づいたキーンは、「お前の行為は身勝手な自己満足に過ぎない」と、吾郎に降板を迫るのであった。
第12話 嘘つき!
無料
メジャー 第4シリーズ 第12話 嘘つき! メンフィス・バッツは遠征12連戦で9勝3敗で東地区2位に。吾郎とサンダースが始めた意識改革も、選手たちに伝わりはじめた。同じころ日本では、小森が大学の野球部で練習に汗を流していた。だが、1年生の小森は球拾いばかり。ただ、155キロの速球で昨夏の甲子園をわかせたピッチャー・武内は別格の扱いだった…。
第22話 運命の1球
メジャー 第4シリーズ 第22話 運命の1球 吾郎は手にデッドボールを受けるが、ここで降板はできないと、「グリップに当たった」と嘘をついて1塁へ。しかし、この回は結局無得点となり。その裏、手を痛めた吾郎は制球が定まらず、連続四球により、ランナー1、2塁でギブソン・ジュニアを打席迎える。ナインは吾郎に交代を薦めるが、吾郎は降板しないと言い張る。
第2話 夢はひとつ!
メジャー 第2シリーズ 第2話 夢はひとつ! 不良たちがいなくなった野球部だが、以前の野球部員たちが全く戻ってこない。山根たちが邪魔をしていることに気づく小森。さらに、チームメイトの大林まで、牟田、及川におどされてしまう。 助けを求める大林に、吾郎は「野球が好きなら簡単にあきらめるな」と言う。小森と大林は勇気を出し、新入部員の勧誘を始めるが…。
第12話 海堂への切符
メジャー 第2シリーズ 第12話 海堂への切符 実技試験の最終テストは、5人1組による4チームのトーナメント戦。寿也と同じAチームになり喜ぶ吾郎だが、無名の軟式出身だと他のメンバーに見くびられ、外野を守ることに。対戦相手Dチームの新見は、Aチームのピッチャーの元チームメイト。相手の弱点を知り抜いた新見の作戦に翻弄され、Aチームは先制されてしまう。
第22話 海堂の秘密
メジャー 第2シリーズ 第22話 海堂の秘密 吾郎に退部を勧める二軍監督・静香。その言葉の裏には、20年前のある事件があった。海堂でマニュアル野球が絶対の掟となった、その重い理由を知った寿也は、マニュアルに従うしかないかもしれないと考える。だが吾郎は、「ますますマニュアル野球に負けるわけにはいかなくなった」と、寿也に決意を告げる。
第2話 新しい仲間
メジャー 第3シリーズ 第2話 新しい仲間 通学中に突然、目の前に現れた吾郎から、聖秀高校に入って野球部を作ると聞いた清水は、嬉しさ半分、心配半分。クラスで吾郎に一目ぼれした中村は、「マネージャーになってあげる」と積極的にアタック。吾郎は男子生徒7人を野球部に誘うが、誰も野球に関心がない。そこへ「俺をエースで4番にしろ!」という藤井が現れ…。
第22話 真っ向勝負
メジャー 第3シリーズ 第22話 真っ向勝負 雨でリズムを崩した海堂・市原から、1点を返した聖秀。反撃は1点止まりだったが、市原に「これ以上失点したら即、降板だ」と告げる江頭。だが5回表、この日3安打目のヒットで大河が出塁。阿久津がブルペンに行くのを見て、焦る市原。それを知った寿也は、3番・吾郎を歩かせて田代との勝負を選ぶが…。
第12話 三船戦開始!
無料
メジャー 第3シリーズ 第12話 三船戦開始! 陽花戦が終わったあと「これ以上無理を続ければ選手生命は保障できない」と医師から警告された吾郎。顧問・山田が、茂野にも「試合に出さないでほしい」と頼まれたことを伝えると、吾郎は「わかった」と素直に引き下がった。しかし、2回戦の三船高校戦の日の朝、大河が球場に向かう途中、待っていた吾郎が言った言葉は…!
第2話 二つの友情
メジャー 第1シリーズ 第2話 二つの友情 おとさんのような野球選手をめざして、練習を続ける吾郎。そんな吾郎に強引に誘われて野球を始めた寿也だったが、だんだんと面白さが分かってくる。 一方、吾郎のためにバッターとして再起することを誓(ちか)った茂治。その復帰(ふっき)をかけたテストで、親友・茂野はピッチャー役をかって出る。一軍エースの投げる球に、苦戦(くせん)する茂治。果たしてテストの結果は――?
第12話 ギブソンからの招待状
メジャー 第1シリーズ 第12話 ギブソンからの招待状 ウォリアーズの通訳・日下部が吾郎をたずねてきた。メジャーに復帰したギブソンが、吾郎をメジャーリーグのオールスターゲームに招待したい、という。最初は反発した吾郎だったが、世界一の野球を見たい、とアメリカ行きを決意する。 病み上がりの桃子の代わりに、清水と一緒にサンフランシスコに来た吾郎。オールスターゲームでは、メジャーリーガーたちのファイン・プレーに感銘を受ける。そして、マウンドに上がったギブソンが、「この試合、ストレートだけで勝負する」と宣言したことを知る
第22話 決戦前夜
メジャー 第1シリーズ 第22話 決戦前夜 準々決勝の相手は、あの横浜リトル! はりきる吾郎は、小森のケガが全治1か月の重傷だと知る…。代わりのキャッチャーを決めるテストで、だれも吾郎の速球を捕れない中、キャッチャーをやると名乗り出たのは清水だった。 横浜リトルの練習試合を偵察に行き、高校生相手に圧勝するのを見て意気消沈(いきしょうちん)する前原たち。だが、清水がたった1日で吾郎の球を捕ったのを目にすると、打倒横浜リトルを目指し、チーム全員がまとまっていく。 そんなとき、涼子から吾郎に「会いたい」という電話が…。